大学生が部活に入るメリット・デメリットを徹底解説!迷ったら入部で!

大学に進学を決め、キャンパスライフに思いを馳せている皆様の中には「部活を続けようか、サークルにしておこうか…」と悩んでいる人はいませんか?確かに部活の練習はハードですし、時間だって取られてしまいます。けれど大学生にとって部活に入ることには非常に大きなメリットがあるものです。

本記事では大学生の部活についてメリットを徹底的にご紹介していきます。ただし、当然ながらデメリットもありますので、そちらについても隠す事なく大公開。メリット・デメリットをしっかりと見据えて、部活に入るかサークルにするかを決めてください。入部に悩む人にとって、気になる情報がきっと見つかるはずです。迷ったら入部で!

大学生の部活事情とは?

高校生までは部活に入るということは特に珍しいことではありません。多くの人は何かしらの部活に所属し、充実した時間を過ごしたはずです。一方で大学に入りますと、多くの人は部活を選択しなくなります。気軽で楽しいサークルもありますし、アルバイトに時間をかけたいという人も多いからです。

そのため同級生で部活を考えている人は一人もいないなんてことも普通です。そんな中で「部活に入ろうか…」と考えますと、「やっぱりやめてサークルにしておこうかな…」なんて心が揺らいでしまうこともあります。そんな皆様に向け、大学生の部活事情についてご紹介したいと思います。

まず大学生の部活ですが、高校までの部活とはちょっと雰囲気が異なるものです。わざわざ部活を選んでいるということもあり、真剣度合いが高い傾向にあります。大学の部活を経て、プロのスポーツ選手になるという人も珍しくはありません。

また高校までの部活メンバーは同じエリアで育った人がメインです。一方で大学では様々なエリアから人が集まってきます。勉強している内容も、将来の夢も様々です。異なるバックボーンを持つ人が集まって一つの目標に向かうのですから、高校までにはない独特の雰囲気が生まれます。

なお、部活というと先輩による理不尽な世界というイメージもありますが、大学での部活はそうなりにくい傾向にあります。それなりのレベルの部活動ですと、それなりのメンバーばかりです。比較的スマートに部活動を楽しめるというのも大学ならではです。

大学生が部活に入る3つのメリット!

続いては大学生が部活に入るメリットについてご紹介していきたいと思います。はっきり言って、部活にはメリットだらけです。それでは早速、その詳細について見てゆきましょう。

就職活動が有利になる!

大学生が部活をする最大のメリットともいえるのが就職活動が有利になるということです。どれくらい有利になるのかと言いますと、有名大学で運動部に所属していれば、それだけで人気企業の内定が取れるというレベルです(もちろん普通に就活をする大前提です)。実際、人気企業の内定者を見てみますと、運動部出身という人を多く見かけます。

就職活動においてなぜそれほどの人気になるのでしょう?その秘密の一つが気力と体力です。大学でわざわざ部活に所属していたということは気力と体力が約束されているということに他なりません。社会人として活躍するためには、それらは非常に重要な要素です。多少の残業ではビクともせず、クライアントとのタフな交渉にも心が折れない。企業側からすればそんなスタッフが欲しいに決まっています。

またストレス耐性があるということも大きなアピールポイントです。最近では新卒で採用してもすぐに辞めてしまう人が後を絶ちません。大学生の皆様には想像がつきにくいかもしれませんが、採用活動にはすごくお金がかかるものです。また入社間もないスタッフはお金を生み出しません。給料を払って仕事を教えているという状態です。

新卒採用者が仕事を覚え、会社にとって利益を生み出すようになり、これまでの投資を回収できるようになるためには3年ほどかかります。それ以前に辞められてしまいますと、企業にとってはお金が出てゆくだけです。そのため、ストレス耐性が高く、辞めにくい人材というだけで、企業は喉から手が出るほど欲しくなるものです。

さらに、先輩の言うことに絶対服従という体育会系マインドも企業にとって喜ばれる要素です。新卒採用者にはとにかく仕事を覚えてもらわなくてはなりません。先輩社員は仕事の合間に後輩の教育もしなくてはなりません。「とりあえずコレをやってみて」と言った時に「ハイ!」と言えるタイプなのか「なぜそれをするのでしょう?」と疑問を持つタイプであれば、どちらが重宝されるのか、考えるまでもありません。仕事をしていく上で疑問を持つことは大切ですが、とりあえずやってみるという姿勢も大切です。

大学外での出会い・交流が生まれる!

部活を続けていますと大学内はもちろん、大学外での出会い・交流が生まれるというメリットもあります。例えば同じ部活の卒業生が試合を見に来るなんてことは良くある話。社会人の先輩と話をするということは学生にとって世界を大きく広げてくれます。普通のサークルですと、ここまで密なつながりは生まれません。

先輩との人脈は進路を決めることにも大きな役割を果たしてくれます。大学生にとって「働く」ということはなかなか想像がつかないものです。そこで社会人の先輩の話を聞くことは会社の雰囲気や業界の動向を知る上で、大きなアドバンテージを生み出してくれます。先輩との話をきっかけに進路を決めるなんてことも珍しいことではありません。

また部活を続けていますと他大学の学生と交流も生まれるもの。大学によってその生活スタイルは様々です。それを自然と知れることも世界を知るきっかけとなってくれます。

大学生は自分の可能性を大きく伸ばせる絶好の機会です。部活を通じて人脈を築くことは大きなメリットと言えます。また部活を通じで知り合った人と一生の繋がりになるなんてこともあるものです。

学生時代に達成感を味わえる!

学生時代に達成感を味わえるという点も見逃せません。一般的な大学生ですと、サークルとアルバイトにあけくれ、日々を過ごす事になります。それはそれで楽しいものですが、達成感を感じる機会は少ないものです。研究を頑張るといっても、学部や修士で出来ることは限られています。コレと言った達成感を感じないまま大学を卒業してしまった…なんて人も珍しくありません。

一方で部活は達成感の宝庫です。練習を通じできなかったことができるようになる瞬間はグッとくるもの。またキツイ練習を経てからの試合ですから、勝っても負けてもそれなりの達成感を感じられます。

達成感は自分を成長させてくれる大きな原動力です。大学生の間に味わった達成感は一生の宝になり得ます。ダラダラとした日々に抵抗がある…という人にとって、部活はこれ以上ない世界を提供してくれます。

大学生が部活をするデメリットは無いの?

大学生の部活には大きなメリットがあるものですが、その一方でデメリットももちろんあります。そんなデメリットについてもご紹介していきますので、メリット・デメリットをしっかりと比較して、部活に参加すべきか考えてみてください。

自分の時間が取りにくくなる

部活動最大のデメリットともいえるのが自分の時間が取りにくくなるということです。大学生と言えば、自由な時間を利用して、旅行に出かけたり、アルバイトをしてみたりと、自分の時間を楽しみたいもの。

一方で部活をしてしまいますと、平日は日々の練習に参加しなくてはなりません。部活でヘトヘトになった後でアルバイトをするというのはなかなか現実的ではありません。アルバイトが可能となるのは週末のみです。そんな週末も試合があればそちらが優先です。部活とアルバイトをやっている場合、友人と遊ぶ時間はほとんどないと言ってよいでしょう。

社会人になると、友人と時間を合わせるのは非常に難しくなります。そのため友人との旅行は大学生ならではの楽しみともいえます。そんな経験をしてみたいという人にとっては部活を選択するのかは悩ましい部分と言えます。

とはいえ、大学卒業シーズンには友人と旅行に出かけるチャンスもあります。部活をすると全く自分の時間が無いというワケでは無いのでご安心ください。

それなりに費用がかかる

部活をするためにはそれなりの出費も覚悟しなくてはなりません。個人用の用具の購入、合宿の費用など、部活動には思わぬ出費がつきものです。一方でアルバイトはやりにくい状況ですから、実家や奨学金に頼ることになってしまいます。

一人暮らしなど、実家に経済的負担をかけている…という人ですと、特に部活に参加しにくいものです。そういった場合には寮を利用するなど、金銭的負担を減らす方法を考えてみてください。

まとめ:大学生の部活は超楽しい!迷ったら入部!

大学生の部活事情から、部活をするメリット・デメリットとご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?部活を始めてしまいますと、自分の時間はなかなか取れませんし、それなりの費用もかかるものです。けれど有利になることやかけがえのない人脈ができること、そして達成感が得られることなど、デメリット以上のメリットが存在しています。

「大学でも部活やりたいけど、部活ってキツいしなぁ…」とお悩み中なのであれば、せっかくのチャンスですから参加することをおすすめします。おそらく大学卒業時には入部を悩んでいたことも忘れて「部活が大学一番の想い出」と言っています。そして卒業後には素敵な就職先が決まっているはずです。高校までとは一味違う大学での部活、楽しいですよ。

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ