就活で失敗しないために!履歴書の志望動機を徹底解説

はじめに

就活において、あなたが入社を希望する企業に対して一番最初にアピールするのが履歴書の志望動機です。

数ある企業の中から、なぜ、その企業を志望するのかを伝える重要な内容になります。

企業としては能力がある人なら誰でもいいから採用したいわけではありません。

自社の社風や事業内容についてしっかりと理解し、企業理念に共感を持ち、一緒に働きたいと思える人物を探しています。

企業が知りたいポイントが現れるのが志望動機であるため、企業としては最初に目にする履歴書の志望動機をとても重視しているのです。

就活の最初の一歩で失敗しないために、履歴書の志望動機に書くべきポイントや書き方を徹底解説します。

履歴書に記載する志望動機が重要な3つの理由

履歴書の志望動機は、自社への思い入れがどれだけあるかを測る指標になります。

入社意欲が高い人ほど企業のことを詳しく研究したうえで書いていることがわかりますし、自分がその会社でどのような活躍をしたいのか、将来の姿が具体的に思い浮かぶように書かれています。

一方で、エントリーはしても本命ではない、選考の練習にしたいといった意欲しかないと、内容が薄くなり、どの企業でも通用するようなありきたりで汎用性のある内容になるケースが少なくありません。

本命はもちろんですが、本命がダメだった場合に備え、1つでも多くの内定を得たいと考えているなら、1社1社の志望動機をしっかりと考えていく必要があるのです。

特に重要となる3つの理由を押さえて、志望動機に活かせるようにしましょう。

入社意欲を確認するため

企業理念のもとで同じ方向を向いて業績に貢献してくれる人、一緒に働きたいと思える仲間を見つけるためにも、志望動機の内容は大きなカギを握っています。

しかも、企業としては就活生のほとんどが自社1社だけでなく、複数の企業にエントリーしているのもわかっています。

就活生が1つでも多く内定を得たいと思っているのに対し、企業側では内定を出して辞退者が出ないようにしたいと考えるのは当然の成り行きではないでしょうか。

書類選考や何度もの面接、連絡のやり取りなど手間やコストをかけて内定を出したにも関わらず、入社してもらえないのでは、かけたコストや時間が無駄になってしまいます。

最悪の場合、予定していた人数が集まらない場合や採用のし直しをしなくてはならず、労力もコストもかさむばかりです。

こうしたリスクを避けるため、履歴書に記載された志望動機から入社意欲の高さを選別しているケースが少なくありません。

企業研究を行っているかを知るため

志望動機にはその企業を志望した理由となる、創業者の想いや企業の沿革や業績、事業の内容をはじめ、今後の戦略や将来ビジョン、中長期計画などを踏まえ、企業に感じた魅力がアピールされるのが通常です。

もっとも、第一志望でない場合や、多数の企業にエントリーしている就活生ほど、1つ1つの企業の研究が浅くなり、就活生でなくても知っているような事業内容や商品名、サービス内容などを挙げる場合や企業理念や創業者の実績に感銘を受けたなど、ありきたりな内容にとどまってしまいます。

これに対して、その企業に本当に魅力を感じて、その一員となりたいという人は企業の魅力や強み、将来性はもちろん、まだ足りていない部分や改善すべき内容までしっかりと研究をしています。

なぜなら、入社したい人にとっては、企業の将来は自分の将来にも関わるので、企業が抱えている課題や弱点、不安要素も知っておきたいと思うからです。

そのうえで、自分がどう貢献でき、企業の将来を担う存在になれるかを具体的にアピールしてきます。

入社意欲の高さと企業研究の深さは基本的には比例するので、ぜひとも入社したいと思うなら、自分の会社だとイメージして、徹底的に企業研究を行いましょう。

将来性を知るため

その企業で本気で働きたいと高い入社意欲を持っている方は、明確な将来ビジョンを描いています。

ビジネスパーソンとしての将来プランではなく、その企業で成長していく姿を描いたもので、他の企業では成し得ないプランです。

志望動機にそうした将来ビジョンが掲げられていれば、入社意欲の高さがわかるとともに、企業の業績に貢献してくれる人材なのか、企業が求めている人物像と合致するかがわかります。

履歴書の志望動機を書く際のフレームワーク

企業によって、履歴書とエントリーシートの提出が求められるケースと、履歴書だけを求めるケースがあります。

とくに後者では、履歴書の志望動機が、選考を突破し、内定を得るために重要なカギを握ることになります。

どんな書類であれ、志望動機は、内定を得るために重要な要素です。

なぜその企業を志したのか、数ある企業の中で、なぜその企業で仕事をしたいのかは、企業にとって、もっとも知りたいところだからです。

企業に自分を売り込むために、いかに志望動機を構成すべきか、フレームワークについてご紹介いたします。

結論:私は〇〇という点で貴社を志望しました

履歴書に志望動機を書く際は、まず結論からスタートさせましょう。

結論とは、あなたがその企業の何をポイントにして入社したい、仕事をしたいと考えたかです。

企業にとって、一番知りたいポイントとなります。

数多くの企業の中から、どうして自社を選んだかは、その人の入社意欲の高さや、仕事をしていくうえでの熱意を知るために、重要な判断材料となるからです。

そのため、どの企業でも通用するような汎用性のある内容ではなく、同業他社と比べた差別化ポイントであったり、その企業ならではの強みや魅力などをポイントとして挙げたりすることが大切です。

そのためには、しっかりと業界研究と企業研究を行い、他社も含めた差別化ポイントを理解しておかなくてはなりません。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇と考えたためです

結論を述べたら、次に理由を述べます。

履歴書の志望動機が弱くなってしまうNGパターンとして、理由から述べて、結論に至る方が少なくありません。

理由や経験談、余計な前置きなどを最初に挙げると、何がいいたいのかがわかりにくくなります。

多くの就活生から応募があり、少人数の担当者が選考のための限られた時間を使って履歴書に目を通していくので、最初の書き出しで一番知りたいことが出てこないと、読み飛ばされてしまい、選考落ちにつながるリスクもあります。

最初に結論を明確にしたうえで、次に理由を述べるフレームワークを踏襲しましょう。

理由は、最初に述べた結論に至ったのはなぜかを示すことであり、その企業を志望するに至った具体的な経験をアピールすることがポイントです。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

結論、理由と書いた後に、その会社での活躍につながるようなエピソードを紹介しましょう。

エピソードを紹介するためには、まずは自分の過去の経験の棚卸しが必要です。

業界研究や企業研究に基づき、その企業がどのような人物を求めているかや、志望している職種や仕事にどのような能力が求められているかを理解し、それにつながるようなエピソードがなかったかを取捨選択していきます。

エピソードのシチュエーションは、とくに問われません。

部活動やゼミでの研究、海外留学などの学生としての経験や、アルバイトやインターンでの経験、災害ボランティアや福祉ボランティアなどの経験でも、企業にアピールしたい能力や強みが発揮できた経験であれば、種類は問いません。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードを選ぶうえで、もう1つのポイントとなるのが、なんらかの問題に直面したという経験です。

ただ過去の経験を話すだけではメリハリがなく、昔話や思い出話、美談などで終わってしまい、印象にも残せないどころか、「だから何?」と思われかねません。

そこで、経験の中で問題に直面し、それを自分の行動によって乗り越えたり、解決したりしたというエピソードを書くことが大切になるのです。

多くの応募書類を読んでいく中で、こんな問題に直面して、この学生はどうしたのだろうと興味を持たせることが大切です。

あなたのエピソードを初めて目にする選考者がイメージしやすいよう、直面した問題について、わかりやすい状況説明をしましょう。

行動:そのため、私は〇〇を行いました

次に、直面した問題に対して、あなたがどのような行動をとったのかを記します。

ここでの行動が、入社後の活躍に結びつくような内容であることがポイントになります。

「こんな行動がとれる学生なら面接で実際に会って話してみたい」「こんな行動がとれる人材を欲していた」と思わせるために、必要なフレームワークです。

もちろん、勝手なエピソードを創り出すのではなく、自分に本当にあった話を真摯に伝えることが大切です。

エントリーした企業がどのような人物を求めているか、その企業で仕事をしていくうえで、どのような能力が求められているかを理解し、それにマッチする行動をアピールできるとベストです。

結果:その結果、〇〇になりました

行動に出た話で自己満足してしまう人や、自分の強みをアピールできたと思い込んでしまう方も少なくありません。

ですが、行動に出たところでエピソードを完結させるのではなく、行動によって出た結果まで、しっかり伝えることが大切です。

なぜなら、仕事をしていくうえではプロセスだけでなく、成果を出すことが求められるからです。

いかにお客様に満足を与えても、取引先との商談に力を入れても、商品の購入やサービスの利用に結びつかなかったり、リピートをしてもらえなかったりしては、企業の利益には結びつきません。

プロセスはもちろん大切ですが、企業では結果が出せることも求められます。

結果が出せることを示すためにも、自分の強みとなる行動によって、どんな結果が出せたのかまで、しっかり書きましょう。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

エピソードの結果を書いたところで、筆を止めてしまってはいけません。

フレームワークにおいてエピソード紹介のステップが多いため、満足してしまう方もいますが、最後の一押しが大切です。

紹介したエピソードをもとに、「こんな経験をして、こんな行動をとれる人物なので、貴社でこれだけの活躍ができる」「こんな風に貢献できる」とアピールをしましょう。

「だからこそ、貴社に必要な人材なのだ」「採用することにメリットがあるのだ」ということを伝えるのが、最後のフレームワークの結論となります。

履歴書に志望動機を書く際のポイント

履歴書に志望動機を書く際には企業が知りたいと思っているポイントを踏まえて書くことが大切です。

企業のことをよく研究しているか、将来像を描いているか、どう貢献してくれるのかから、入社意欲の高さを推し量っています。

この点を踏まえ、わかりやすく具体的にアピールするのがポイントです。

次のポイントを踏まえて、面接で実際に会ってみたいと思わせる志望動機を書き上げましょう。

企業が求める人物像を把握し、記載する

まずは企業が求める人物像を把握しましょう。

企業研究の一環にもなりますが、企業のホームページの採用ページなどに掲げられる社長メッセージや人事担当者からのメッセージなどから把握ができます。

また、各部署や職種ごとに求められる人物像は、先輩社員からのメッセージや体験記などから理解できます。

その人物像に自分がマッチすることを、自分の強みや得意なことなどを活かして活躍できることを示しましょう。

会社のビジョンと自分のビジョンの方向性を合わせる

会社が組織として同じ方向を目指す企業理念をはじめ、将来、企業が向かっていくビジョンについて、しっかりと研究し、自分のビジョンと方向性を合わせましょう。

企業が革新や変革を目指しているのに、今の状態が好きと言っていては方向性が合いません。

方向性が合わない方は、将来的に存分な活躍ができないとみなされてしまうことがあります。

なぜその会社でなければいけないのかを記載する

同じ業種の企業は山ほどありますし、やりたい職種や仕事ができる企業も数えきれないほどあります。

にもかかわらず、その会社を選んだ理由を記載することで、高い入社意欲を示すことができます。

履歴書に書く志望動機例

上記のポイントに留意しながら、具体的に志望動機を書いてみましょう。

例を3つほどご紹介しますので、書き方の参考にしてください。

医薬品メーカーの開発職

私が御社を志望したのは、〇〇の新薬開発に他社を先駆けて力を入れているからです。

私は大好きだった叔父を○○の病で亡くしましたが、その際に医師から、まだ治療薬が確立されていないと告げられました。

もし薬があれば助かったかもしれないと思うと、自分と同じような悲しみを味わう方を少しでも減らすために新薬の開発に取り組みたいと考えました。

そのために薬学部を目指して進学し、御社が新薬開発に向けて巨額の投資を行い、プロジェクトを遂行していることを知ったのです。

何度も挫折しかけてもあきらめない取り組みは、患者やその家族に希望の光を与えています。

薬学部では○○の新薬開発に役立つ免疫製剤を研究するゼミで研究を重ねてきました。

自分の想いがプロジェクトの目的に重なり、ぜひとも開発チームの一員になりたいと志望しました。

薬剤師の資格とゼミでの研究成果を活かして、新薬開発を他企業に先駆けて実現させたいです。

アパレルメーカーのデザイナー職

私が御社を志望したのは、誰もが気軽に着られる快適で実用的でデザイン性も高い世界で愛されるファッションが一番だと考えるからです。

私自身も愛用しておりますが、御社の衣服は生まれたばかりの姪っ子から、80代の祖母まで親しまれています。

安いから、着心地がいいからという理由に加えて、多くの方がデザインがおしゃれだからと口にされます。

リーズナブルなのに素材が良く、デザイン性にも優れて、しかも万人受けするファッションを私もデザインしたいと考えました。

御社のデザイナーである〇〇氏のインタビューを読み、人体構造や気候変動など細かく分析していることを知り、ますます興味を抱いています。

大学ではデザイン工学を学び、時代や環境の変化に合わせたデザインの重要性について研究をしてきたので、その経験を活かして、私も世界の方に愛されるファッションをデザインしたいと志望しました。

ファミレスのメニュー開発部門

私が御社を志望したのは、子どもから高齢の方まで愛されるバラエティ豊かで、こだわりのあるメニューの開発に取り組みたいと考えたからです。

御社のファミレスが自宅の近くにあったので、家族でのお祝い事をはじめ、外食といえば、家族や祖父母と利用してきました。

若者向けのボリューミーな洋食系が多いファミレスも多い中、さっぱり系の和食やカロリーや塩分を表示した健康に配慮したメニューもあるので、安心して利用しやすいお店となっています。

食品アレルギーがある方には店内への持ち込みを許可するなど、食べることの大切さやみんなでテーブルを囲む時間の大切さへの配慮がなされていると思いました。

私は大学のゼミで食品アレルギーについて研究をするとともに、管理栄養士の資格も取得いたしました。

専門知識や資格を活かしながら、食品アレルギーがある方でも食べることができるメニューを開発できたらと考えています。

社長による消費者向けのメッセージにおいて、ベジタリアンやムスリムなど食べられないものがある方であっても、みんなが同じテーブルを囲んで楽しめるお店にしたいと将来ビジョンを語っていたので、そのビジョンの達成に貢献したく志望いたしました。

IT業界のエンジニア職

「僕がIT業界のエンジニアを志望したのは、ロボットコンテストでロボットを見かけたことでした。

御社のエンジニアである○○氏がかつて在籍していた会社で作成したロボットを見て、憧れたことが一つの理由です。

このため、在学中はロボットエンジニアリングに興味を持っていたのですが、途中から通信技術や人工知能に興味を持つようになったので、どちらかといえばハードではなく内部のソフトやロボットとの関わり方に興味を持つようになりました。

また、○○氏の著作を拝読し、実際にどういう人が求められているのか、またテクニカルな面ではなくソフトの面でも充実している弊社で働きたいと思い、志望しました。

入社後はロボティクスはもちろん、エンジニアリングの技術を活かして活躍できるエンジニアになりたいと思っています。」

不動産業界の営業職

「私がこちらの会社を志望した動機は、弊社が女性にも優しく、快適な家を増やしたいということを目標の一つに掲げていたことです。

私は大学入学をきっかけに一人暮らしを始めましたが、様々な住環境を知り、様々な生活があることを知って、より女性に優しい環境に需要があるという点を知り、とても納得しました。

また、たくさんの人が関わる中で、女性は特にライフスタイルが変わりやすいという側面があるため、長期で住めることや家族みんな、地域のことまで考えている御社に感銘を受け、こちらの会社なら面白い仕事ができそうだと思っています。

入社後は、どちらかといえば営業だけではなくマンション運営やサポート、販売後のサポートやその後のことにまで力を入れている点を重視し、できるだけ活発な活動をしていきたいと思っています。

また、より良い改善案を積極的に取り入れ、より魅力的な商品開発ができるように工夫したいと思っています。」

コンサルティング業界のコンサルタント職

「コンサルティング業界を志望したのは、自分が地方出身ということもあり、地方の様々な現状を見てきたからです。

御社は人にも環境にも自然にも優しい環境コンサルティングという点を重視しているため、地方再生や地方活躍の経験も豊富で、様々な活躍ができると思ったために志望しました。

また、社員の方が魅力的で、サマーインターンでお会いした○○さんが仕事について熱く語る姿を見て、とても素敵な方だと思いました。

熱意を持って仕事をしたいと思い、チームビルドやチームプロジェクトに参加したいと思っています。」

コチラでは、12業界の志望動機例をご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。
志望動機を書こう!あなたの志望する業界別の例文集

まとめ

履歴書の志望動機は、企業にエントリーした際に真っ先にチェックされる選考材料となります。

最初の第一歩でつまずくと、就活がうまくいきません。

企業としては無駄なコストや労力をかけずに、自社に入りたいと本気で考える人の中化レア自社が求める人物を選びたいと考えています。

そのためには企業のことをしっかり研究し、その企業でないと成し得ない将来ビジョンなどを描き、自分の強みを活かそうと志望している人を選びたいのです。

それが伝わる志望動機を書くことで、選考突破が目指せます。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ