【例文付き】面接で短所を「慎重」と答える際の必勝法とは

面接で短所を聞かれることがあります。

短所を聞かれた際に、「慎重」だと答える学生もいるでしょう。

「慎重」に関しては、短所ともいえますし長所ともいえます。

あえて短所として答えるときは、どういった点に注意すれば良いか見ていきましょう。

【短所で慎重と答えるときの必勝法】なぜ企業は短所を面接で聞くのか

企業の面接にて長所と短所を教えてくださいと聞かれることが多いです。

ではなぜ、企業は短所を面接で聞くのでしょうか。

長所だけではなく、なぜ短所も聞かれるのか理解することでスムーズに答えられるようになります。

自分の長所は自慢できる点なので、堂々と話ができる人も多いでしょう。

しかし短所となると、自分のダメなところを他人に伝えることになるので、伝えても良いのだろうか、悪いことではないだろうかと心配になります。

そのため、長所と比べると短所について話をするときにうつむき加減になってしまったり、自信がないまま答えてしまうことがあります。

短所を長所のようにはっきりと伝えられるよう、なぜ短所を聞かれるのか理解しましょう。

自分のことを客観的に見れているかを知るため

自分の短所を聞かれたときに、スムーズに答えられる人は少ないかもしれません。

就活の面接に向けて答えを用意している学生はスムーズに答えられるかもしれませんが、一般的に短所はスムーズに答えが出せない人が多いです。

短所を知っている、答えられるということは自分のことを客観的に見れているということになります。

自分のことを第三者視点で見つめ、客観的に見ることで短所も自然に見えてきます。

客観的に見れる人は自身の悪いところを理解していて、またどういうときに悪いところが出やすいか知っている人です。

悪いところをできるだけ出さないように、悪いところから出たら極力抑えられるようになどと注意ができるようになります。

会社の社風や仕事内容にマッチしているかを判断するため

「慎重」と短所について答えるときは、会社の社風もしくは仕事内容にマッチしているか確認しましょう。

スピードを求められる仕事や業界では、「慎重」にやりすぎると仕事が進まず結果皆に迷惑をかけることになります。

短所を「慎重」と答えて良い企業や業界、答えてはいけない企業や業界があります。

「慎重」であるということは、一つの仕事に対して仕上がるまで時間がかかることを意味します。

時間をかけることによってミスをなくしたり、品質の良いものができあがるという点では良い意味になります。

しかし社風や仕事内容によっては、「慎重」である人の採用は避けたいと考えることがあるので注意しましょう。

課題解決能力があるかどうかを確認するため

「慎重」であることに対し、課題解決能力があるか確認されます。

一つひとつ仕事をこなしていけるか、「慎重」である短所をカバーしながらゴールに向かえるか試されます。

仕事には納期があることがほとんどですが、納期までに仕事をこなさなくてはいけません。

そのため「慎重」になりすぎると、納期ギリギリになってしまったり、もしくは仕事が間に合わないこともあるでしょう。

間に合わないことで他の社員に迷惑をかける、お客様に迷惑をかけて信頼をなくすということもあります。

社会人としてルールを守らなくてはいけません。

【短所で慎重と答えるときの必勝法】人事から見た短所が慎重の方のイメージ

では、短所で「慎重」と答えたときは人事から見るとどのようなイメージを捉えられるでしょうか。

「慎重」は短所ではなく長所としても使えるため、短所として答えたときにどのようなイメージを持たれるか知っておきましょう。

作業を開始するまでに時間がかかる

「慎重」に作業に取り掛かるため、他の人と比べて作業を開始するまでに時間がかかることが考えられます。

どう取り組んでいけば良いのかと、作業へ入る前に考え込む癖もあるでしょう。

そして考えすぎてスタートが遅くなり、納期までに時間がなくなり最後は慌てるということもあります。

他人よりもスタートが遅いことを自覚したうえで、作業を開始するために考えるための時間はいついつまでと区切りをつけたほうが良いでしょう。

作業が途中で滞ることがある

「慎重」に作業を進めた場合、作業が途中で滞ることがあります。

これで良いのかと振り返ることがありますが、その際に「慎重」に振り返り作業を行ってしまい時間がかかってしまいます。

またこのまま進めていっても良いのか、スピードが早すぎやしないかと不安になり考え込んでしまうため、気がついたら納期までギリギリになっていたということもあるでしょう。

またチームを組んで作業を進めていた際、「慎重」な人のところで作業が滞ってしまい、他のチームメンバーに迷惑をかけることもあります。

チーム戦の場合も、個人で作業を行う場合も作業が途中で滞っていないか、考えすぎていないか注意しながら進めることをおすすめします。

【短所で慎重と答えるときの必勝法】短所である「慎重」を面接で魅力的に伝える4つのポイント

短所である「慎重」を、面接で魅力的に伝えるにはどうすれば良いでしょうか。

ストレートに私は慎重だから、納期ギリギリになってしまいます、スタートするまでが遅いですと伝えることは避けましょう。

ストレートに短所である部分を伝えるのではなく、短所であるが長所に活かせるところもある、仕事をするうえで注意していきたいなどと前向きに伝えることが大切です。

他の言葉に言い換える方法もあるので、面接でどう伝えるのか事前によく考えましょう。

慎重という意味を改めて考える

「慎重」であるということはどういうことか、他人にどう見られるのか改めて意味を考えましょう。

自身のことを客観的に捉え、見ることができれば、自然と見えてきます。

「物事に取り掛かるのが遅い」「途中で作業が滞ることがある」という短所もあるでしょう。

しかし短所だけではなく長所もあります。

「ミスがないかしっかり見直しできる」「品質の良いものが仕上がる」「どんな方法が良いかしっかり考えられる」などと良い面もあります。

短所である面ばかり目がいきがちですが、長所である部分もあるため面接ではうまく長所の面を打ち出すと良いでしょう。

慎重を言い換えて話す

「慎重」という言葉を、別の言葉に言い換えることができます。

「慎重」とストレートに採用担当者に伝えると、悪いイメージを持たれるかもしれません。

いくつか例があるので見ていきましょう。

安全に進めることができる

「慎重」に進めるということは、安全第一にゆっくり進めることができるということです。

たとえば工場で作業をするときに、機械を誤って動かしてしまうと最悪ケガにつながることもあるでしょう。

操作ミスをせず、慎重に進めることで安全に作業ができます。

安全第一、ケガをしないようにといった仕事に携わる場合ぜひ採用したい人材になるでしょう。

間違えが少ない

「慎重」に進めることによって、ミスの回数を減らすことができます。

たとえば個人情報を入力する仕事など、「慎重」さが求められる場面があります。

お客様から聞いた連絡先の電話番号を誤って入力してしまうと、別の人に電話がつながってしまいますし、お客様に連絡ができず困ります。

「間違えが少ない」と言い換えて、良い印象を持ってもらいましょう。

あなたの短所が慎重という理由を明らかにする

短所が「慎重」であると伝えるとともに、なぜ短所であるかという点も述べましょう。

面接で伝える際に、エピソードを交えて説明するとわかりやすいです。

なぜ「慎重」だと感じる場面があったのか、エピソードがあると真実味も増します。

ただストレートに「慎重」だと伝えるだけではなく、なぜそう感じたのか理由をまとめておきましょう。

結論から話す

面接で伝える際、はじめに「私の短所は慎重なことです」と伝えましょう。

結論から話すことで、何を言いたいのか理解してもらいやすいです。

ダラダラとエピソードを説明し、最後に短所は「慎重」ですと伝える学生もいますが、何を伝えたいのか理解がしづらくなります。

面接時には結論を話し、その後簡潔にエピソードを話し、最後に仕事をするうえでどう注意したいかなど伝えるようにしましょう。

【短所で慎重と答えるときの必勝法】短所が慎重の例文

短所で「慎重」と答えるときは、どう伝えれば良いでしょうか。

最初に結論を持ってきて、その後はどうすれば良いかと迷う学生も多いでしょう。

ここでは例文をいくつか記載します。

自身の場合はどうなるのかと置き換え、参考にして文章作成をしてください。

例文①

「私の短所は慎重です。

大学の課題に取り掛かる際に、ミスをしないようにと考え取り組むスピードが遅かったです。

結果、期限がギリギリになってしまいました。

今後はどう課題に取り組むのか考える時間は何分にするなど、時間を決めて取り組んでいきたいです。」

例文②

「私の短所は慎重なところです。

大学の授業でグループを組み課題に取り掛かりましたが、私はミスをしないようにと考え進めた結果、時間がかかり他のメンバーに迷惑をかけました。

今後社会人になってからは、他人に迷惑をかけないよう時間配分を決め進めていきたいです。」

例文③

「私の短所はゆっくり進めるところです。

飲食店でアルバイトをしていましたが、お客様の注文を間違えないようにと考えすぎて他のスタッフと比べると、仕事をするスピードが遅かったです。

お客様を結果お待たせすることも多く迷惑をかけたので、周りの様子も見ながらミスなく適度なスピードで進めていきたいです。」

まとめ

面接時に短所を「慎重」と答える際は、短所の面がストレートに出ないよう注意する必要があります。

短所でもあり、長所でもある「慎重」という面を良いようにアピールできるよう考えましょう。

時には言葉を言い換え、短所でもあり長所でもあるという面を押し出すなど工夫して面接に臨んでください。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ