【例文付き】面接で短所を「緊張しやすい」と答える際の必勝法とは

面接で短所を答えるときに、緊張しやすいと答えても良いのでしょうか。

人事担当者に良い印象を持ってもらえるだろうか、緊張しやすいと伝えると採用を見送られるのではないかと心配になります。

ここでは、面接で短所を緊張しやすいと答える際の必勝法を紹介します。

どのように伝えれば良いのか、面接をどう乗り切るのかと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

【短所で緊張しやすいと答えるときの必勝法】なぜ企業は短所を面接で聞くのか

lp044_cont05-6

企業の面接にて、短所は何ですかと聞かれることが増えています。

長所と短所をあわせて聞かれることもあれば、長所は聞かれずに短所だけ聞かれることもあります。

長所は自身のアピールできる面で、企業にとって貢献できる良い面でもあるため積極的にアピールしたいと考えるでしょう。

しかし短所といわれると、どう答えて良いか迷ってしまいます。

なぜ企業は短所を面接で聞くのか、真意を知り面接に備えましょう。

自分のことを客観的に見れているかを知るため

企業では、自分のことを客観的に見れる学生を採用したいと考えています。

自身のことをよく知っていて、どんなときにメリットが活かせるのか、そしてどんなときにデメリットが出てしまうのかわかっている学生のほうが採用されやすいです。

人間誰しも長所だけではなく短所があります。

そして短所をどう活かすのか、また短所である面が出たときにどう対応するのかと、スムーズに行動できる学生は重宝されます。

社会人としてどう振舞うのかと悩むことがありますが、自分のことを客観的に見ることで答えは見えてきます。

会社の社風や仕事内容にマッチしているかを判断するため

短所は誰しも持っていますが、その短所は会社の社風や仕事内容にとって危険なものではないかと見られます。

社風や仕事内容にマッチしない場合、入社してもうまくやっていけないでしょう。

緊張しやすいのであれば、他人とたくさん話をする場面が多いと不安です。

またどんどん積極的に取り組んでくれるだろうか、新しい事業を任せられる人材だろうかと判断されるでしょう。

短所を長所と見ることもできます。

短所を活かしながら仕事ができるか、また仲間とスムーズにやっていけるかどうか見られています。

課題解決能力があるかどうかを確認するため

自分の短所を知っていると、課題解決能力に期待できます。

緊張しやすい場面ではどうするのか、緊張してしまったらどうするのかと、いざというときに行動できる人であれば安心です。

これからたくさんの人の前で自己紹介をしなくてはいけない、プレゼンをしなくてはいけない、お客様の前で話をしなくてはいけないといった、緊張しやすい人にとって辛い場面ではどうするのか見られています。

短所をうまくカバーして、乗り切っていける人は成長していきます。

【短所で緊張しやすいと答える時の必勝法】短所も長所に変わる!

pixta_50159041_M

緊張しやすいという短所は、大きな弱点ではなく、緊張するのは誰しもあることです。

有名な歌手や俳優などでさえ、ステージに立つときは緊張するといいますし、オリンピック選手などの成績を残しているアスリートも、毎試合、緊張の連続です。

緊張するからこそ慎重になり、ミスをおかすこことなく、立派にやり遂げられるという側面もあります。

つまり、短所を短所とだけ捉えてネガティブに考えるのではなく、長所に変わるように伝えればいいのです。

たとえば、短所にまつわるエピソードを語る際に、ゼミで発表する機会があり、緊張すると頭が真っ白になるのでは、と不安だった経験があるとしましょう。

その際、緊張でせっかく研究した内容や自分のまとめた考えを伝えられないのは悔しいと思い、原稿をしっかりと整え、何度も練習して臨んだ結果、拍手喝さいを浴びた、わかりやすく優れた発表だと評価されたなどのような、短所が長所に変わった話ができれば、印象もグッと高まります。

このように、自分の短所は「緊張しやすいことです。」で終わってしまうのではなく、緊張しやすいから、日頃どのような心がけをしているのか、緊張を緩和するための対策や、緊張してもきちんと役割や目的を果たせるよう工夫していることや努力をしていることを示せれば、短所も、あなたのいいところとして伝えることができるます。

志望している職種や携わるかもしれない業務において、ライバル企業とのコンペでプレゼンをする機会があるとか、取引先との商談や顧客などの前で話す機会がある、接客の仕事など人前に出る仕事などの場合、「緊張しやすい」ことは、本人にとっても不安材料になるかもしれません。

ですが、緊張の度合いは人それぞれだとしても、緊張することは誰しもあることです。

場慣れしすぎて、業務をいい加減に捉えて、緊張しなくなるほうが不安です。

緊張することは必ずしも悪いことでもなければ、短所でもないとポジティブに考え、緊張するからこそ得られるメリットや、緊張しながらも物事をうまくこなすために行っている工夫や努力に焦点を当てて答えるようにしましょう。

最終的にポジティブな内容やポジティブに受け取られる印象の話で終われば、あなたの人となりを、魅力を持って伝えることができます。

【短所で緊張しやすいと答えるときの必勝法】人事から見た短所が緊張しやすいの方のイメージ

pixta_24406681_M

短所で緊張しやすいと答えた場合、人事担当者はどんなイメージを持つでしょうか。

緊張しやすいと答えても良いのだろうか、悪い印象を持たれて採用を見送られないかと心配になります。

第三者から見ると、緊張しやすい人とはどういう風に見られるかを知り面接に備えましょう。

本番に弱い

緊張しやすい人は、本番に弱いというイメージを持たれます。

会議で発表をするとき、お客様の前でサービスや商品説明をするとき、プレゼンをするときなどさまざまな場面で能力を発揮できるか不安になります。

仲間だけであればスムーズにそして堂々と話ができていたのに、知らない人がたくさんいると緊張してしまうという人も多いです。

お客様にしっかり説明して、契約を勝ち取りたいというときに活躍してもらえないのではないかと懸念されやすいでしょう。

本番に弱いという面をカバーするため、発表をする前にはしっかり練習をするなど、ぶっつけ本番を迎えることは避けるのがベストです。

他人よりもたくさん練習する、頭で文章を覚えて紙を見なくてもスラスラ言えるようにするなど、本番に余裕を持って備えることで緊張しにくくなります。

人前で話すことが苦手

緊張しやすい人は、人前で話をすることが苦手です。

1人2人であれば話ができても、何人か集まると話ができずに頭から内容が飛んでしまうこともあるでしょう。

会議で発言をする、お客様の前で説明をする、開発した商品をアピールするなど、人前で話をする際はハキハキ話をしてわかりやすいように説明しなくてはいけません。

緊張しやすいとどう説明していいかわからなくなり、相手にうまく伝わらないケースが多いです。

人前で話をすることが苦手な場合は、しっかり文章を組み立ててわかりやすい説明を心がけましょう。

人前で話をしているうちに緊張して、紙や画面を見ながら説明することができなくなるかもしれません。

頭でも覚えておき、スムーズに説明できるようにすることが大切です。

【短所が緊張すること】短所を回答する際の構成

pixta_38063448_M

「短所なんて内定をもらうのに差しさわりそうだから話したくない」「当たり障りなく回答できる方法はないだろうか」と考えている方は多いのではないでしょうか。

ですが、短所がない完璧な人間などいませんし、企業はあなたを落とすために短所を聞いているわけではありません。

自分の弱点を把握していること、そして、短所を改善したいと努力していることを伝えれば、あなたのいい部分をアピールできます。

つまり、短所をあなたの強みに変えるには、回答する際の構成がカギを握っているのです。

あなたの魅力をアピールできる、短所を回答する際の構成についてご紹介します。

結論:私の短所は緊張しがちなところです

短所を尋ねられたら、まずは結論から答えます。

「緊張しがち」が短所なら、それを一言伝えれば問題ありません。

緊張しやすいことが短所だと回答するからといって、緊張しているような演出をする必要はありません。

緊張しやすいからこそ、面接に向けて一生懸命練習してきた方もいるはずです。

努力の成果を発揮して、落ち着いて通る声でハキハキと回答しましょう。

一方で、本当に緊張してしまい、心臓がバクバクという方は、一度深呼吸して気持ちを落ち着けましょう。

緊張しがちなのが短所だと伝えているわけですから、面接官も急かせたりはしませんので、まずは結論をしっかり伝えます。

そうすることで、気持ちも落ち着き、練習の成果も少しずつ出て来るはずです。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇ということがあったからです

次に、なぜ自分の短所は緊張しがちなところだと思うのか、そのキッカケとなった経験を具体的に説明しましょう。

緊張しやすいのは子供の頃からという方も多いと思いますが、人から笑われた、間違ったことを言って恥ずかしい思いをしたなど、緊張しやすさを助長した経験などを簡潔に伝えます。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

次に、あなたが経験した短所にまつわるエピソードを披露します。

気をつけたいのは、緊張した経験を述べるだけや、緊張したことで失敗した話をしたり、どれだけ自分が緊張しやすいかを明らかにしたりするためのエピソードではないという点です。

全体の構成でいうと、結論→理由→エピソード→まとめの結論という起承転結の流れの「転」の部分にあたります。

「短所は緊張しがちなことで、こんな大変な経験から緊張しやすくなったのですが、今はそれを改善するために努力をしているのですと」、話の流れを転じるのがポイントです。

そのため、短所を克服したいと思うに至ったエピソードを選ぶことが必要です。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードのシーンを簡単に説明したら、あなたが緊張しやすいことで直面した問題を伝えましょう。

「発表の場で頭が真っ白になって何も話せなかった」「ピアノの発表会などで手が震えて弾けなくなった」など、緊張が招いた失敗談やアクシデントなどを挙げましょう。

行動:今の現状が〇〇のため、私は〇〇しなければいけないと考えました

問題に直面したことで、あなたが考えたことを伝えます。

「緊張しやすいから発表会には参加しないようにしている」「人前で話す役割を避けている」など、消極的な取り組みや考えではいけません。

同じような問題に直面しないよう、自分の短所を改善しなくてはと思ったことを伝えます。

〇〇しなければいけないと考えたことを、具体的に伝えましょう。

改善:そのため、今〇〇を行い、短所の改善を行っております

短所を回答する際の構成で、重要なカギを握るアピールポイントです。

短所を改善しようと努力していることを、具体的に伝えます。

改善に向けた努力をしていることを話すことが、短所の話をあなたの魅力に変える重要なカギを握っています。

「短所を話すなんて嫌だな」「緊張しがちなんて言ったら内定をもらえないかもしれない」と気にされている方も、今、改善努力をしている具体的な取り組みを伝えることで、不安も払拭できるはずです。

ビジネスパーソンとして求められることは、問題に直面し、弱点があっても、それを乗り越えようと努力をすることや、状況を把握して問題を解決しようという能力です。

そして、自分の弱点や問題点を把握し、改善努力を重ねて成長していくことが求められます。

緊張しがちなのは短所だから仕方ないと漫然としているのではなく、自分を変えよう、乗り越えたいと努力し、成長を続けていく人を企業では求めています。

短所の回答で、この構成を踏むことで、成長できる人間だとアピールできるのです。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

最後のまとめとして、短所を克服するための努力を踏まえ、どのように企業に貢献できるかを伝えましょう。

短所を回答するというのは、自分のマイナス面を答えなくてはならず、その企業に対するアピール材料にはならないように思えます。

そのため、最後の結論が企業に対する貢献アピールになるとは驚かれる方もいるかもしれません。

最後の結論が企業へのアピールに行き着くのは、エピソードの構成において、自分の短所を改善したいと考えた経験談を話し、今実際に取り組んでいる改善のための行動を話すことができたからです。

つまり、短所を面接で回答するうえでは、構成はとても重要です。

緊張しやすいので長く話すのは苦手だったり、短所を一言伝えて終わりにしたいほどドキドキしていたりするかもしれませんが、しっかりと構成を踏むことで、内定獲得に向けたあなたの成長姿勢をアピールすることができます。

構成をしっかりと行ったら、緊張せずに話せるよう練習を重ね、改善努力の成果を見せましょう。

【短所で緊張しやすいと答えるときの必勝法】短所である「緊張しやすい」を面接で魅力的に伝える4つのポイント

lp043_cont05-7

短所である緊張しやすいを、面接で魅力的に伝えるにはどうすれば良いでしょうか。

緊張しやすいと人前で話ができないのではないか、プレゼンなどが苦手なのではないかといった印象を持たれます。

マイナス面を強く見られないよう、うまく伝えることが大切です。

ここでは面接で魅力的に伝えるための4つのポイントを紹介します。

緊張しやすいという意味を改めて考える

面接で魅力的に伝えるため、緊張しやすいという短所の意味を改めて考えましょう。

人前で話をすることが苦手、うまく説明できないといった短所である面があります。

しかしそれだけではなく、「物事を慎重に進められる」「ミスや失敗がないよう注意できる」と良い面があります。

発表する前に緊張しにくいようミスがないように確認する、ゆっくり物事を進めて失敗しないように注意することができる人ともいえます。

緊張しやすいを言い換えて話す

緊張しやすいと伝えると、この人は大丈夫だろうかと悪い印象を与えることがあります。

面接ではストレートに伝えることは避け、言い換えて話をしましょう。

物事を慎重に進められる

緊張しやすい人は、できる限り緊張しないようにと考え事前に備えられる人ともいえます。

しっかり準備をして、物事を慎重に進められるためミスや失敗が少ないです。

他人よりも準備をしっかりできる

緊張しやすいため、ぶっつけ本番はとんでもないと考える人が多いです。

会議で発表しないといけないことがある、事前に練習をしておこうなどと事前にしっかり準備を行います。

どう説明すればわかりやすいかよく考えられた発表であることが多く、相手に伝わりやすいというメリットがあります。

プレゼンした内容に質問があった場合も、どんな質問があるのかと事前に予め予測して答えを準備していることが多いです。

質問に対して答えをスムーズに返せる傾向があり、相手に好印象を与えられます。

あなたの短所が緊張しやすいという理由を明らかにする

なぜ緊張しやすいのか理由を明らかにしましょう。

なんとなく短所は緊張しやすいと思ったからと答えるのではなく、緊張しやすいと感じたキッカケを話すとわかりやすいです。

自身を客観的に見て、緊張しやすいのはなぜか理由を明確にして面接に備えましょう。

結論から話す

「私の短所は緊張しやすいことです。

なぜなら~」といったように、緊張しやすいことを先に伝えましょう。

結論から話をすることで、何を言いたいのか相手に伝わりやすくなります。

面接では数分と時間が限られており、その制限時間の中でうまく伝えなくてはいけません。

うまく文章をまとめるとともに、結論から話をすることで全体的にすっきりとして印象になります。

【短所で緊張しやすいと答えるときの必勝法】短所が緊張しやすいの例文

pixta_35720860_M

では続いて、短所は緊張しやすいことですと答える場合の例文を見ていきましょう。

どんなエピソードがあり緊張しやすいと感じたのか、自身にも当てはまるところがあるか参考にしてください。

例文①

「私の短所は緊張しやすいことです。

授業でグループを組んで課題に取り組んだ際、同グループのメンバーと進めることに緊張してしまい発言できませんでした。

伝えたいことがあったのに伝えられず悔しい思いをしました。

それから少しずつでも良いので、積極的に伝えたいことを伝えるようにしています。

仕事で意見があるときも黙ってしまうのではなく、どんどん伝えていきたいです。」

例文②

「私の短所は緊張しやすいことです。

学生時代から人前で発表することに苦手意識を感じていたのですが、緊張を和らげるために事前に練習に励みました。

暗記するほど繰り返し練習した結果、大きく緊張せず発表ができました。

今後もこの教区員を仕事に活かし、積極的に取り組んでいきたいです。」

例文③

「私の短所は緊張しやすいことです。

学生時代人前で発表した際、いろいろ質問されてうまく答えられずに失敗してしまいました。

それからどんな質問があるのか予測を立て、質問に対してすぐに答えられるよう準備をしました。

その結果、人前で発表することに対しての苦手意識が薄くなりました。

社会人になってからも、発表前には事前にしっかり準備をしたいと思います。」

まとめ

pixta_53909287_M

面接で短所を緊張しやすいと答える場合、マイナス面ばかり伝わらないよう注意しましょう。

緊張しやすいのでこんなことに気を付けていますなどと、人事担当者に良い印象を持ってもらうことが大切です。

慎重にことをすすめる、事前に準備ができると良い面もあります。

緊張しやすいということは、マイナス面ばかりではないということを忘れないでください。

短所は誰でもあるので、自分のことを客観的に見て緊張しやすい面が出るときはどうするべきか、社会人としてどう課題に取り組んでいくのか改めて考えましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ