商社の一般職ってどんな仕事?倍率がとにかく高い?

商社の一般職ってどんな仕事?

現在人気の商社一般職ですが実際の仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

商社の一般職の仕事内容やその年収などについて解説していきます。

商社の一般職の仕事内容は?

商社の一般職といってもその仕事内容は様々です。

かつてはお茶汲みや単純な事務作業などだけしていれば良いと言われていた時代もありましたが今や都市伝説化しています。

商社の一般職の仕事内容は主に以下のようなものになります。

  • 書類作成・管理

  • 発注業務

  • メーカーとの連絡

  • 出荷業務

  • 雑務

基本的に会社全体の業務がスムーズに行えるように手助けをするような業務が多く、会社の顔的な役割も果たしています。

他の部署と連携をとったり、他社の人と連絡をとったりとかなりコミュニケーション能力が求められます。

商社の一般職の年収はどれくらい?

商社一般職の年収は世間的に高年収だと言われています。

では実際どうなのでしょうか?

大手商社一般職の年収は以下のようになります。

  • 伊藤忠商事:1,520万円

  • 三菱商事:1,607万円

  • 三井物産:1,430万円

  • 丸紅:1,389万円

  • 住友商事:1,389万円

こちらは2019年の大手商社の平均年収をまとめたものです。

流石に新入社員でこのような額に届くことはないと思いますが、1年目から年収500万円という話もよく耳にします。

商社の一般職はかなり待遇が良いと言えるでしょう。

商社の一般職に入るための条件とは?

高年収・好待遇の商社一般職ですが、当然入社を希望する人もたくさんいます。

では商社の一般職に入社するためにはどのような条件があるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

高学歴

基本的に商社一般職の募集要項には大学卒は必須条件と記載されています。

ですので大学を卒業していれば誰にでも入社できるチャンスはあるのです。

しかし、大手商社には早稲田、慶応、上智など名門大学の出身者が多いことも事実です。

名門大学から何人採用するという目標を掲げている人事部も存在するそうです。

全ての商社がそうだとは言えませんが、学歴フィルターにより選考を受けても落とされてしまうということも十分にありえますので、大手商社を受ける際はご注意ください。

英語は必須

商社の一般職では基本的に英語は必須の能力となっています。

一般職では海外の企業とやりとりしたり、国際電話で海外の人と話したりといった業務に携わらなければならない場合もあり、その際ある程度英語が話せないと仕事にならないでしょう。

TOEICで少なくとも700点、欲を言えば800点を取れるほどの英語力が欲しいところです。

もし商社の一般職を受けたいと考えているならば、かなり早い段階で英語の勉強を始めましょう。

コミュニケーション能力

商社の一般職は他の企業の事務職と異なり、仕事内容が多岐に渡ります。

中には他の部署と連携したり、他社の職員と話したりといったことも多くなってきます。

会社の潤滑油的な働きをしなくてはいけないことも多々ありますので、コミュニケーション能力はあった方がいいでしょう。

また会社にもよりますが商社の一般職には飲み会文化が根強く残っているところも多いので、そういった場で上司や同僚とコミュニケーション取れる人の方が仕事がうまくいくでしょう。

海外に溶け込める

一般職は言われたことをやっていればいいと言うわけではありません。

時には自分で判断し、臨機応変な仕事をすることが求められます。

そのため海外に行ってもすぐに馴染めるようなアグレッシブさがあった方が仕事を円滑に進めることができるでしょう。

先ほどの英語力もそうですが、外国人の社員に対して臆せず発言できるような気持ちをもっていたいものです。

商社の一般職に就職するメリットとは?

商社の一般職には入社した後のメリットがたくさんあります。

そんな商社の一般職に就職するメリットについて解説していきます。

急な転勤になる可能性が少ない

一般職には転勤がない、もしくは転勤の辞令が降っても拒否できる権利がある場合が多いです。

その代償として転勤の可能性がある総合職に比べて給料は落ちますが、かなり安定的に仕事に取り組むことができます。

あまり転勤せずに一箇所でじっくり働きたいと言う方にはおススメです。

他の一般職に比べて給料が高い

商社の一般職は他の業種の一般職に比べ給料が高いというメリットがあります。

新入社員の一般職の平均年収は250〜350万円なのに対して、商社の一般職の平均年収は300〜400万円といわれています。

新入社員の平均年収でこれくらいなので、30代くらいになってくると年収600万円も余裕で見えてきます。

大手商社になってくると年収1000万超えも夢ではありません。

ガンガン稼いで裕福な暮らしをしたいという方にはオススメの職種だと言えるでしょう。

福利厚生が充実している

商社は比較的福利厚生を充実させている傾向があり、総合商社ともなれば充実度も格段にあがります。

そのため育児休暇や産休などもきちんと取れる会社が多いです。

年収がもともとかなり高いので育休や産休で長期間休んでいても、平均的なサラリーマンの年収よりも高い給料をもらえることでしょう。

また育休や産休などから復帰した後も仕事に戻ることができる制度も充実している会社も多いので女性にはかなり嬉しいですね。

商社の一般職に就職するデリットは?

商社の一般職に就職するメリットをいくつか上げてきましたが、もちろん大変なこともあります。

そんな商社一般職のデメリットを紹介します。

業務がとにかく大変

商社の一般職は他の一般職に比べてかなり激務です。

商社は商品の販売が主な仕事となりますので、それらの商品を仕入れたり契約したりするのには多種多様な契約書が必要です。

その契約書を作成・管理するのが一般職の仕事となっています。

そのため覚えることも多く、最初のうちはかなり大変でしょう。

さらに書類関係の仕事だけではなくメーカーとのやりとりや、発注・出荷業務、雑などもこなさなければいけないためゆったりと仕事をしている暇はありません。

商社の中には月の平均残業時間が50時間を超える企業もあるそうです。

もし商社の一般職に就職したら残業から逃れることはできないでしょう。

パワハラやセクハラが発生しやすい

商社は今現在でも男性の体育会系のノリが横行している会社も少なくありません。

そのため新入社員に対するパワハラや、女性社員に対するセクハラが発生しやすい環境にあります。

実際に発生したパワハラの事例としては密室で罵倒・暴力を行使し新入社員を1年で退職まで追いやった、飲み会の席で新入社員を裸にしてビールをかけたなんてこともあったそうです。

しかし商社には社内でパワハラ・セクハラを内部通告できるシステムが出来上がっているところも多いので、入社後パワハラやセクハラに悩んでいたらこのような制度を使いましょう。

パワハラやセクハラがあるか、会社はどのように対応してくれるかなどはOB訪問などでそれとなく聞いてみるといいでしょう。

飲み会などが多いところも多数

先ほども言いましたが商社はまだまだ男性社会で体育会系のところが多いです。

そのため飲み会が多い企業も少なくありません。

お酒が一切飲めないという人には商社の一般職は向いていないかもしれません。

もしそれでも商社の一般職に入社したいという場合は、お酒を飲まない立ち回り方を学ぶか、事前にOB訪問をして飲み会事情を聞いたりして、飲み会が少ない会社に入ったりした方がいいでしょう。

もちろん全ての商社がそうだというわけではありませんのでご注意ください。

商社の一般職は倍率がとにかく高い?

こちらは就職する前のデメリットとなります。

商社の一般職はかなり人気となっており、とにかく倍率が高いです。

大手商社の伊藤忠商事では2015年、総合職の倍率は74倍でしたが、一般職の倍率は184倍だったそうです。

これはかなり驚異的な数字で、他の大手商社もこのような状況です。

大手商社出なくてもかなり倍率が高くなることが予想されますので、受けるのであれば覚悟を決めましょう。

商社の一般職に向いている人とは?

この章では商社の一般職に適性がある人の特徴について説明します。

今一度自分を振り返ってみて当てはまるか考えてみてください。

トラブルに臨機応変に対応できる人

商社はトラブルが頻発します。

その度に対応に追われるのは一般職の人たちです。

そのためどんなトラブルが起きても臨機応変に対応できるような人は商社の一般職に向いています。

上司の指示を仰ぎながら自分で最良だと思うことを判断して仕事に取り組む必要があるため、柔軟さも求められます。

とにかくタフな人

商社の一般職はとにかく激務です。

そのため打たれ強い、とにかくタフな人でないと激務に耐えかねて退職していってしまいます。

せっかく高い倍率を突破して商社の一般職に就職したのに、仕事が忙しすぎて耐えられなくなってしまってはもったいないですよね。

事前に企業についてリサーチしたり、OB訪問をして業務の内容を聞いたりして自分に務まるかを今一度考えてみましょう。

まとめ

ここまで商社の一般職について解説してきました。

商社の一般職は就活生に人気で、大手商社では倍率が200倍近くになることも珍しくありません。

人気とは裏腹に、仕事の内容はかなり大変で、業務も多岐に渡っているのです。

しかしそんな業務に慣れてしまえば、高収入、転勤なし、福利厚生などのメリットもあります。

これから就職活動をする学生は是非商社の一般職を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ