【例文あり】自己PRでアルバイト経験を伝える最強の構成

【例文あり】自己PRでアルバイト経験を伝える最強の構成

就活で必ず質問されるのが、自己PRです。

このとき、「どのような内容を伝えると良いのか分からない」「アルバイトでの経験だったら強みを生かせたけど、使って良いのかな」と思う人は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、自己PRで企業が注目しているポイントからアピールできる内容、自己PRにうまく生かす方法、自己PRの構成などを紹介します。

この記事を読めば、アルバイト経験も自己PRになること、自己PRで伝えるとNGなこと、逆に魅力的に伝える方法などが例文と共にわかります。

自己PRでアルバイト経験を題材にして、企業から高い評価を得たいと思う人はぜひ最後まで読んでください。

【この記事を読んでわかること】

・自己PRで企業が注目しているポイント

・アルバイト経験からアピールできる内容

・アルバイト経験そのものを自己PRに生かす方法

・自己PRの最強の構成

【この記事をおすすめしたい人】

・アルバイトの経験を自己PRにしても良いのか迷いがある人

・アルバイト経験のアピールでNGな内容を知りたい人

・魅力的にアルバイト経験をアピールしたいと思う人

・例文を参考にして自己PRを考えたい人

目次目次を全て表示する

【アルバイト経験の自己PR】自己PRで企業が注目しているポイント

自己PRでアルバイト経験の何を伝えたら良いのか分からないという場合は、面接官が知りたいと思っていることを考え、その点をおさえた自己PRを作ると良いでしょう。自己PRのアルバイト経験で、面接官が知りたいことは以下の通りです。

人柄

そのアルバイトを選んだ理由、アルバイト経験のなかで楽しかったことや、やりがいを感じたことは何なのかという点からは、その人の性格や人柄を確認することができます。

面接官が自己PRでチェックしているのは、まずはその人がどんな人なのか、その会社の社風に合いそうかどうかという点です。

ものの考え方

アルバイトを選ぶポイントからは、その人の物の考え方や価値観が分かります。

何を重視してそのアルバイトをしようと思ったのかという理由は、就職活動の際の企業選びにも通じるところがあります。志望動機とのブレがないかどうかも、面接官が気になるポイントのうちの1つです。

困難の乗り越え方

自己PRにアルバイトの経験を使う際には、アルバイトをするなかで困難な思いをしたことを伝えるのもよくある手段です。

困難な思いをしたときに、どのような気持ちでどのように行動し、結果どうなったのかの3点から、面接官はその人の困難の乗り越え方をチェックします。

仕事をしていくと、トラブルが発生することもあります。そのようなときに、トラブルを前向きに捉えて乗り越えて行ける人を会社は求めています。

会社で活躍できそうな要素

正社員とは立場や責任が異なるものの、アルバイトでの活躍は立派な仕事です。

面接官は、アルバイト経験すなわち仕事経験の自己PRから、その人が自社に入社した場合に、どのような活躍をしてくれそうかをチェックします。

会社で活躍できそうな要素、すなわちコミュニケーション能力が高い、臨機応変に対応できる、社交的でチームワークを重んじた行動が取れるなどがアピールできればOKです。

面接官が就活生のアルバイト経験を含んだ自己PRを聞いたときに、自社で働く就活生の姿が想像できるような自己PRに仕上げましょう。

【アルバイト経験の自己PR】アルバイトの経験は自己PRで使えるのか

就職活動の自己PRで、アルバイトの経験を話しても良いのだろうかと悩む学生も少なくありません。

アルバイトの経験は話す内容や伝え方によって、立派な自己PRとして使うことができます。

学生時代にまわり周りの人よりも特別で貴重な体験をした人は、ごくわずかしかいません。大学生活のほかに、自己PRで話せる経験といえばアルバイトくらいしか思い当たらないという人が大半です。

多くの学生はアルバイトといっても、「お小遣いを稼ぎに行っていただけで、それでも自己PRになるの?」と不安に思うことでしょう。

しかし、目的がお小遣い稼ぎだったとしても、得たものはそれだけではないはずです。それはアルバイトの種類を問わず、どんなアルバイトでも、人は必ず何かを感じているものです。アルバイトの経験が自己PRに使えるかどうかが問題ではなく、「面接官に何を伝えるか」が大きなポイントになることを念頭に置いておきましょう。

【アルバイト経験の自己PR】アルバイト経験からアピールできる内容は?

アルバイトの経験は、立派な自己PRになるものです。

なぜならば、アルバイトの経験はサークルや部活、ゼミなどと違い対価があるからです。

アルバイトをしている場合、対価として賃金が発生します。

また、アルバイトを始める理由は人それぞれですが、趣味ではなく、仕事を依頼されて任されるという要素が強いです。

ですから、アルバイト経験は、人に任されて仕事をしていき、自分がどう考えて動き、どういった成果が出たのかということが、アピールできる内容になるでしょう。

継続力

アルバイトで自己PRをする場合、自分の「継続力」のことを書いていくのも良いでしょう。

一つのアルバイトを長く継続している場合、コツコツと長く仕事ができることをアピールしていくのもおすすめです。

なぜならば、その継続力で、企業側に「入社後も長く続けてくれそう」ということを印象付けることができるからです。

また、これから社会人として働いていく時に、携わっていく仕事はアルバイトよりも大規模なものであり、長時間にわたって取り組んでいくものとなります。

そのため、アルバイトを通じて継続力があるということをアピールすることによって、社会人として活躍するにあたり、必要なものを備えていると企業側から思われるでしょう。

臨機応変な対応力

「臨機応変な対応力」も、アルバイトを通して身につけた自己のPRとなります。

アルバイトといえど、マニュアル通りに働いていれば良いわけではありません。

時には、マニュアルが通じない時もあります。

そうした時の対応力は自己PRとしてアピールすることができます。

臨機応変な対応力が評価されるのは、物事を常に冷静かつ客観的に見ているところです。

冷静で客観的に見ていることで、何かアクシデントが発生した場合や予測不能なことが起こっても、焦らずに落ち着き、現状を把握して対応できます。

そういった部分を企業側は評価しており、自分のアピールポイントとして訴えていくことが可能です。

リスク回避力が高いと言い換えることもできます。

効率

自己PRとして「効率」に着目して、アピールすることも良いでしょう。

アルバイトですが、一つの仕事をずっとやっていれば、当然のことながら、効率は上がります。

企業に就職してからも、その効率性は非常に重要です。

やはり、企業側としても、効率性のある人間は率先して、採用していきたいと思っています。

「効率」をアピールするためには、具体的にどういったことをやってきたか、自分の考えはどうなのか、結果としてどうなったかを企業に伝えなければいけません。

与えられた仕事を自分でどういった風に捉えて、それをどういった方法で効率化していったかということ書きましょう。

課題→自分の考え→行動→検証といった流れで書くことで、企業側にアピールすることができます。

 

アルバイト経験を活かした自己PRの活用法は?

アルバイト経験はどのような形で自己PRとして活用することができるのでしょうか。アルバイト経験の活用法をご紹介します。

同業種での経験をアピール材料に

同業種でのアルバイト経験は、そのまま就職活動の自己PRでアピール材料として使えます。どのような点に気を付けて仕事を取り組んでいたのか、自分のどのようなところを生かして会社に貢献できたのかなど、具体的なエピソードを盛り込みながら伝えましょう。

仕事への姿勢をアピール材料に

アルバイトとはいえ立派な仕事です。どのように仕事に取り組んだのか、仕事への姿勢や自分の長所で仕事に生かせる点などをアピール材料に使いましょう。仕事への姿勢をアピールする場合には、短期のアルバイトではなく長期間行ったアルバイトのほうが、説得力のある自己PRになります。

課題をもって仕事に取り組む姿勢と、その課題をクリアしていく課程をアピールしましょう。

特別な体験をアピール材料に

アルバイトのなかでもリーダーに立っていた人や、教育係として活躍したことがある場合にも、積極的にアピールしたいところです。

当たり前のエピソードは面接官も聞き飽きているところがあるため、上手にアピールする必要があります。

しかし、特別な体験はそれだけでインパクトが強いため、アピール材料として使うのに最適です。積極的に活用しましょう。

 

【アルバイト経験の自己PR】アルバイト経験そのものを自己PRに活かす方法

アルバイト経験を直接的に自己PRのアピールに生かせる内容は、主に3パターンあります。

まず、志望企業と同業種で働いた経験です。

同業種での経験は知識の豊富さと即戦力としての魅力があります。

次に、仕事に対して取り組む姿勢です。

これは、仕事への姿勢を体験ベースで把握できると入社後のイメージが伝わりやすいです。

最後は、バイトリーダーなど役職を担っていた特別な体験で、これは差別化になり印象に残りやすいです。

【アルバイト経験の自己PR】アルバイト経験のアピールでNGな内容

自己PRにアルバイト経験を盛り込むとき、勘違いしがちなパターンがいくつかあります。アルバイト経験で自己PRしたいときのNGポイントをチェックしておきましょう。

業務や職種の内容のみ

内定がなかなかもらえないという就活生のなかには、自己PRでのアルバイト経験の盛り込み方を間違えている人も少なくありません。

よくあるのが、自己PRをしているつもりでも単にアルバイトのPRになってしまっているというケースです。どのようなところでどのような仕事をしていたかという内容のみを長々と語られても、面接官は困ってしまうだけです。

面接官が聞きたいと思っているのは、仕事内容ではなく、仕事を通じて就活生が成長した点や苦労した点などです。業務内容ではないので注意してください。

単なる面白エピソード

自己PRでアルバイト経験を話そうとし、単なる面白エピソードを盛り込んだだけというのも、ありがちなパターンです。面接官は「面白い話を聞かせてください」と言っているのではありません。

面白エピソードをどうしても話したいという場合は、エピソード部分が長くならないように気をつけ、そのエピソードから得られたこと、学んだことを中心に構成しましょう。

アルバイト先や仕事への不満や悪口

アルバイト先の仕事や、働くスタッフへの不満や悪口を口にするのはタブーです。人間性や信頼性が疑われてしまうだけで、メリットは何もありません。

基本的に自己PRに盛り込むときには、ネガティブな印象にならないことにする必要があります。不満が多い職場であれば、それをどう解決に導いたかという話であれば、自己PRとして使えます。

「バイト」などの略語を使う

学生の間では当たり前に使っていても、公の場には不向きな言葉はたくさんあります。アルバイトの経験を話すときに「バイト」や「バイト先」など、アルバイトを略すこともNGです。

就活生はまだ大学に在学している場合が多く、学生気分のまま就職活動をすることになります。しかし、面接官がチェックしているのは学生のあなたの姿ではなく、社会人としてのあなたの姿です。社会人として相応しくない言葉使いやフレーズは、採用試験では使わないように注意しましょう。

【自己PRはアルバイト】アルバイト経験から自己PRを探す方法

どんなアルバイト経験でも、自己PRとしてアピールすることが可能です。

しかし、アルバイト経験を話す時に、単にアルバイトの内容や業務などの話だけをするのはよくある失敗例になります。

企業側が聞きたいのは、そのアルバイト経験を通じて、自分自身がどういった風に考えて行動し、結果としてどうなったか、ということです。

アルバイト経験をアピールする際は、その点に注意してください。

あくまでも自己PRとして文章を考えていきましょう。

なぜそのアルバイトをしたのか

企業側は、「なぜそのアルバイトをしたのか」ということを知りたい場合があります。

きちんとそのアルバイトを選んだ理由を言う必要があります。

決して「高時給だったから」や「楽にお金をもらえそうだったから」と言ってはいけません。

そう言ってしまうと、企業からすると、「単にお金のためか」という風に捉えられて、マイナスな印象を持たれます。

たとえば、販売業や飲食業のアルバイトの方は、アルバイトを選んだ理由として「人と話すことが好きだから」という風に伝えると、快活なイメージを持たれることがあります。

企業で実際に仕事をするにあたり、快活なイメージな人のほうが、人間関係を円滑にすることができることをアピールすることが可能です。

アルバイトの中で大変だったポイント

アルバイトの中で大変だったポイントを企業側が質問してくる場合があります。

アルバイトを通じて苦労したポイントを話すことは、エントリーシートや面接などでも難しい質問です。

難しいからこそ、ほかの人との差をつけるために、きちんと答えを準備してから文章を作成していきましょう。

企業側が、なぜアルバイトを通じて苦労したポイントを質問するかというと、「苦労してもその企業で働き続けてくれるかどうか」ということを知りたいからです。

苦労したらすぐ投げ出してしまう人は、企業側にとっても、「すぐ辞めてしまう人」だと思われ、採用したいと思いません。

やはり企業側は苦労しても、長く働いてくれる人を採用していきたいと考えています。

アルバイトを通じて得られた経験

企業がアルバイトの経験で苦労したポイントを聞くことにはまた違う理由があります。

それは、苦労したポイントをどのような想いで乗り越えて、その結果何を得られたのかを知りたいからです。

企業は、苦労したこと自体を知りたいというわけではありません。

その人の苦労して乗り越えたことから、人間性や人柄を知ることによって、企業に入社した後の働き方をイメージしているのです。

また、その人が何を得たかということで、その人自身がどういった風に成長していくのかを見ており、苦労して得たことの学びを企業側は知りたいと思っています。

社会人になると、困難に直面する場面が多いです。

企業側としては、その苦労から学んで得たことを行動として表す人材が欲しいと考えています。

【アルバイト経験の自己PR】アルバイト経験を魅力的にアピールするコツ

アルバイト経験を自己PRとして魅力的に伝えるにはどうすればいいのでしょうか?

アルバイト経験を上手に伝えるにはいくつかのポイントを抑える必要があります。

以下のポイントを意識してアルバイト経験に関する自己PRを作成しましょう。

エピソードは一つでOK

自己PRでアピールするエピソードは一つでかまいません。

多いほうがいいとかんっが得る方もいますが、企業はエピソードの量で判断しているわけではないのです。

企業は自己PRでエピソードの濃さを重視しています。

自分の強みが特にアピールできるエピソードを説明しましょう。

エピソードは量より質を重視して、具体的に説明することを意識しましょう。

挫折や問題解決したエピソードを伝える

企業は結果よりも過程を重視してエピソードを聞いています。

そのため、自己PRでは過程での苦労に焦点を当てて説明しましょう。

アルバイト経験でどのような課題を見つけ、どのように解決したのか説明できると、課題解決能力の高さが印象付けられます。

企業に入社後も課題解決能力は必要です。

課題解決能力の高い学生は入社後も重宝されますので、過程に焦点を当てて、苦労した経験を説明しましょう。

人柄に結び付けてアピール

自己PRでアルバイト経験をアピールする際には、自分の人柄に結び付けて自分らしさを示しましょう。

自己PRで自分の経験をアピールだけだと自分の強みが正しくアピ―ルできません。

自分の人柄に絡めてアピールすると企業が自社との相性を図ることができます。

人柄を結びつけてアピールすることを意識してください。

どんなときにどんなことを考えてどのような行動をとったのか、詳細に説明しましょう。

企業に貢献できることをアピール

自己PRで自分の経歴や能力をアピールした後は、最後に企業でその力が貢献できることをアピールしましょう。

自己PRで自分の強みをアピールしても、自分の強みが企業に活かせなければ意味がありません。

自分の強みや経験が、企業に入社後も活かせることを自分から伝えるようにしましょう。

自分の強みを活かして企業に貢献できることを最後にアピールしましょう。

【アルバイト経験の自己PR】自己PRの最強の構成

自己PRにアルバイト経験を盛り込むときのコツをご紹介します。文章としてうまく伝えられないと悩む方は、文章を考えるヒントにしてみてください。

結論を先に

仕事で話をするときは、結論を先に述べることが大切とされています。応募書類や面接でのトークも同じで、長々と前置きを話すのではなく結論を先に述べましょう。説明を先にしてしまうと、話を聞いているうちに面接官は、「結局何が言いたいの?」と感じてしまいます。

結論を裏付ける具体的なエピソードや課題

結論を先に述べたあとには、その結論に真実味や説得力を持たせるために、具体的に合ったエピソードを追加します。

例えば、アルバイト経験で得たコミュニケーション能力を仕事にも生かしたいという内容を伝えたとします。それだけではアルバイトでどのようにコミュニケーション能力が養われたのか、またその内容が本当かどうか伝わりません。

自分がアルバイトリーダーになってから、自分が中心となってアルバイト同士の関係を改善することに努め、アルバイトの離職率を半年で〇%改善させたなどのエピソードがあれば、結論に具体性が加わります。

どのように取り組んだか

アルバイトの経験を自己PRに使うときには、どのように取り組んだのか、目標や姿勢などを盛り込みます。課題を持って仕事をしていたという仕事に対する姿勢や、課題解決のために努力ができることなどが伝わり、印象が良くなります。

経験をどんな風に生かしたいのか

アルバイト経験を自己PRに盛り込むことの最終目的は、そういった経験を経た自分がその会社でどのように活躍していきたいかという点です。単にアルバイト経験を語るのではなく、これから先の将来の話につなげることが重要です。

その会社に入ってどんなことがしたいか、自分の能力のどんな点が生かせるのかをアピールすると、面接官もその人の活躍する姿が想像しやすくなりますよ。

【アルバイト経験の自己PR】アルバイト経験の自己PRの例文

自己PRを伝えるときは、最初に結論を述べることが大切です。

結論を伝えたら裏付けとなるエピソードや課題にどのように取り組んだのかを具体的に伝えます。

最後は、アルバイトの経験を入社後にどのように生かすのかを伝えます。

アルバイトの内容を述べるだけや不満と感じる内容にならないように注意して、一つのエピソードに絞り具体的に伝えましょう。

次の例文をチェックしてどのように進めていくと良いのか参考にしてください。

例文1:飲食店でのアルバイト

私の強みは、コミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力を発揮したのは、3年間勤めたファミリーレストランのアルバイト経験です。

アルバイトを始めた頃は、アルバイトの大半が半年以内に辞めてしまうという問題がありました。

私がバイトリーダーを務めることになった際に、以前より課題だと感じていたアルバイト同士のコミュニケーション不足の改善に取り組みました。

定期的にミーティングを開くことで意見交換をする場を作り、それぞれが感じている不満の解消やお互いの信頼向上を図りました。

その結果、1年間で辞めるアルバイトをゼロにできました。

貴社に入社後はこのコミュニケーション能力を生かして部門間の連携を強化し、効率的なプロジェクト運営に貢献していきたいと考えています。

例文2:塾講師のアルバイト

私の強みは、課題解決能力があることです。

課題解決能力が生かせたのは、塾講師のアルバイトでの経験です。

その塾で担当していた生徒の多くが、学校の勉強についていけていないという課題がありました。

その課題を解決するために、ゲーム化や実生活に関連する問題を取り入れて勉強を面白いと感じてもらえるようにし、勉強を強制されている感覚を取り除く工夫をしました。

その結果担当していた生徒の成績が改善して、9割が志望校に合格という成果を出せました。

貴社に入社後はこの問題解決能力を生かし、課題の本質を捉えて創造的かつ効果的なアプローチで課題に取り組みます。

そして克服することで新製品開発に貢献していきたいと考えています。

例文3:ドラックストアのアルバイト

私の強みは、分析力があることです。

分析力を発揮できたのは、アルバイト先のドラッグストアでの体験です。

ドラッグストアでは、食品部門の販売個数が伸び悩んでいる課題がありました。

その課題を解決するためには、顧客の声を知る必要があると思い顧客アンケートを行いました。

アンケートでは、目当ての商品が見つけ辛いという声が多くみられました。

そこで商品の棚割りや配置を見直して、人気の商品にはPOPを付ける試みをしました。

その結果、他の部門と同程度まで売り上げが回復しました。

この分析力を活かして貴社へ入社後は、的確な市場ニーズの分析を行い満足度の高いサイト設計をすることで広報活動に貢献したいと考えています。

【アルバイト経験の自己PR】アルバイト経験を活かして充実した自己PRを完成させよう

どんなアルバイト経験でも、伝え方によっては立派な自己PRとして使うことができます。

アルバイト経験を話すというと、単に会社や仕事内容を説明するだけというのがよくある失敗例です。

アルバイトで学んだことや考えたことなどを具体的なエピソードとして盛り込み、応募企業の社員としてどのように活躍できるのかをアピールしましょう。

あくまでも「自己PR」であることを忘れずに文章を組み立てることがポイントです。

柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ