志望動機の8割は構成で決まる!しっかりした構成を考えるポイントとは?

内定獲得に欠かせないものの一つが「志望動機」です。そして志望動機作りには「構成」が欠かせません。

構成があやふやなまま、志望動機を作り上げますと、チグハグな内容になってしまいます。それを読んだ人・聞いた人には全く伝わりません。当然ながら、それでは内定を得ることはできません。

この記事では、志望動機の構成が重要な理由について解説すると共に、その構成を考えるための重要なポイントについてもご紹介しています。例文もありますので、ぜひ参考にしながら、志望動機を作り上げてください。

志望動機は話の構成で8割決まります

内定を取れるか否か、就職活動で一つの大きな鍵となるのが「志望動機」です。ESに記載する必要もありますし、面接でも必ず質問される項目です。

大切な志望動機ですから、なんとか早めに作りあげたいと、いきなり志望動機を書き始めていませんか?だとすれば、書こうとする手をいったんストップしてください。

志望動機の作成は「話の構成を練るところ」から始まります。労力のほとんどをこの構成を練る作業に充ててよいくらいです。

ではなぜ構成が重要なのでしょうか?まずはその理由についてみてゆきましょう。

構成があやふやだと、行き当たりばったりの志望動機になってしまう

志望動機の構成があやふやですと、その内容は適当で行き当たりばったりになってしまいます。

それを読んだ面接官は「で、結局何が言いたいの?」という感想をいだくでしょう。当然ながら、そこで試合終了。面接にもたどり着けません。

しっかりと構成を練ることで、理路整然とした内容になりますし、読む側も納得行くものになるのです。

志望動機は時間をかけて練りましょう

志望動機はその企業への就職を希望するすべての学生が書くものです。それはつまりライバルたちの志望動機と比較されるという事でもあります。

ライバルの志望動機よりも優れたものでないと、当然ながら内定には繋がりません。ですから、志望動機は時間をかけて、納得がいくものを作成する必要があります。

ただし、むやみに時間をかけても良い志望動機には繋がりません。そこで次章では、志望動機作成のポイントについてご紹介していきたいと思います。

志望動機の構成は「話の一貫性」にこだわりましょう

志望動機を作成におけるポイントの一つが話に一貫性を持たせるということ。なぜ一貫性が重要なのか、まずはその理由について解説してゆきたいとおもいます。

「話の一貫性」にこだわるべき3つの理由

話に一貫性を持たせる理由は大きく分けて以下の3つです。

面接官に違和感を与えないため

説得力を持たせるため

論理的思考力をアピールするため

それでは早速、それぞれの詳細についてみてゆきましょう。

人事担当者に違和感を与えないため

企業の人事担当者は送られてくる大量のESに目を通す必要があります。そのため、一つ一つにかけられる時間はごくわずかです。

志望動機を読んで「んっ、なんかおかしいな…」と感じた場合、その違和感を解消するためにじっくりと読むという事はありません。

「志望動機がよくわからないから不採用」とするのみです。

それは面接に関しても同じです。

一貫性のない志望動機を答えてしまいますと、「何言ってるのかよくわからない…」という印象を与えてしまいます。

また面接という短い時間でその印象を解消する事は不可能と言っても過言ではありません。

人事担当者に違和感を与えないために、志望動機には一貫性が必要です。

自分の強みアピールに説得力を持たせるため

志望動機の中で自分の強みをアピールする事もあるはずです。話に一貫性がありますと、その「強み」に具体性が生まれ、説得力をます事になります。

説得力がある喋りができる人と、そうでない人、採用につながるのはもちろん前者です。

論理的思考ができる人材だとアピールするため

論理的思考力というのは、仕事をスムーズに進めるための基本的な能力です。

志望動機に限らず、話に一貫性がありますと、「論理的思考力が高い」という印象を与えることに繋がります。

一方で、志望動機に一貫性がなく、行き当たりばったりな形で話を進めてしまいますと、面接官は「この人、ちゃんと考えて喋ってるのかぁ…」という印象を持ってしまいます。これでは当然ながら内定には繋がりません。

では、一貫性のある志望動機はどうすれば作れるのでしょうか?

続いてはそのポイントをご紹介してゆきたいと思います。

一貫性のある志望動機を構成する3つのコツ

前章で述べた通り、志望動機に一貫性があるというのは、内定獲得にとって欠かせない要素の一つです。

では、どのように考えれば志望動機に一貫性が生まれるのでしょうか?そこには3つのコツがあります。

それぞれを意識して、面接官を納得させられる志望動機を作成しましょう。

ステップ①「同業他社では無くなぜこの会社なのか」を明確にする

志望動機には「御社だからこそ入社したい」という思いをしっかりと明記する必要があります。

例えば工作機器メーカーを受けるとして、「とにかく日本のモノづくりを支えたいから、貴社を志しました」とESに書いたとします。

これを読んだ人事担当者は「それなら別にウチじゃなくても良くない?」と思います。日本のモノづくりを支える企業は日本中にいくらでもありますから。

そんな印象を与えないためには、「日本に於ける製造業の現場には、必ずと言ってよいほど貴社製品が使われているという事を知り、貴社を志望しています」など、より具体的に書く必要が出てきます。

ステップ②「なぜこの業界を選ぶに至ったのか」を明確にする

世の中には実に様々な仕事があります。製造、メディア、サービス、コンサルティング、広告代理店…挙げればキリがありません。しかも製造業という括の中には大量生産もあれば、完全受注生産もあります。

それだけ多くの仕事があるなか、なぜこの業界に興味を持ったのか。それは当然気になるポイントですし、その理由が無くては面接官を納得させることはできません。

先ほどの例に続けるとすれば以下のようなイメージです。

「私の実家は小さな町工場を営んでおります。現場が休みの日には「機械を指さしコレ何?」と父に聞いておりました。それが御社と私との出会いです。そして父からは「この機械のおかげで仕事がずいぶん楽になったんだ」と聞かされました。そういった経験から、だんだんと、工作機器メーカーに興味を持ち、さらには貴社を志すようになりました。」

これがあれば、面接官にあなたの本気が伝わります。

ステップ③「自分の強みがどう活かせるのか」を明確にする

ステップ①、②で、あなたがいかにその会社を目指しているのかが明確になりました。

ただ、これだけでは「あなたが好きです!」とアピールしているにすぎません(もちろん好きだと明確に伝えるのは大前提です)。

けれど他にも「好きだ」と言っている人は多数いるわけですから、その中であなたを選んでもらう必要があります。

そこで重要になってくるのが、自分の強みをアピールする事です。もちろんそこにも話の一貫性が求められます。

例文としては以下のようになります。先ほどの例文の続きとお考えください。

「私は大学時代の3年間、飲食店で接客業のアルバイトを続けてきました。それだけ長く続けてきた理由は、お客さんとのコミュニケーションが楽しかったからです。常連さんはもちろんのこと、初対面の人と話す事も得意としております。この能力を活かし、お客様とのコミュニケーションを密に取ることで、貴社での商品開発などで活かせればと考えております。」

このサンプルでは、コミュニケーション能力をアピールしていますが、飲食のアルバイトを長く続けてきたという具体例を添えることで、信頼性を高めています。

また、例では工作機器メーカーへの就職を希望しているわけですが、コミュニケーション能力が会社でどう活かせるのかについても具体的に示されています。

それこそが一貫性の元となります。

逆にダメな例を一つ挙げておきます。ステップ①、②の後で「英語が得意なので、海外向けの仕事でもお手伝いができる」と書いたとしましょう。英語力が高いという事は一般的にはアドバンテージですが、ここではそうとも言い切れません。

というのもステップ①、②では「日本のモノづくりを支えたい」というトーンで来ています。そこでいきなり「海外での仕事」となりますと、「アレ?日本のモノづくりは…」と面接官を混乱させてしまうからです。

この場合、英語力は別の欄でアピールしましょう。一番簡単なのは資格の欄に「TOEIC 830点(2019年3月)」などと記載する事です。

このようにステップ①、②、③に一貫性を持たせ、面接官がスッと納得できるように流れを作ることが肝心です。

【まとめ】志望動機の構成は論理的に組み立てましょう

志望動機の構成について見てきましたが、イメージはつかめましたか?志望動機は読んだ人・聞いた人がスッと腑に落ちるように作る必要があります。

そのためには構成を論理的に考え、しっかりと練ることが大切です。また話に一貫性を持たせることも欠かせません。

志望動機はすべての受験者が作るものです。ライバルに負けないためにも、構成にはしっかりと時間をかけて、より良いものを作り上げてください。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ