キャリアアドバイザーって何?実際にどんな仕事をしているのでしょうか?

就職活動を通じてキャリアアドバイザーについて知った方、アルバイト探しなどの際にサポートを受けた経験がある方など、キャリアアドバイザーに興味を持つ方も増えています。

就活中の学生さんの場合、転職経験がないのでキャリアアドバイザーに直接相談したことがない方も、人材不足を支える専門家として将来性のある仕事ではないかと考える方もいることでしょう。

キャリアアドバイザーはどんな仕事をしている人なのか、わかりやすくご紹介します。

キャリアアドバイザーとは

キャリアアドバイザーは人材派遣会社や人材紹介会社、求人サイト運営会社をはじめ、ハローワークや専門学校や大学などの就職課などで、就職や転職の相談に乗ったり、適職探しのアドバイス、キャリア形成のためのプランニングやコンサルティングをしてくれる人です。

特別な資格は求められませんが、仕事のキャリアについてアドバイスをしたり、相談者の経験や能力、学歴や学部、性格などから適切な職種などの診断をする仕事であるため、豊富な人生経験や職業経験などを持つ方が就業しているケースが多いです。

企業で長年、人事担当として人材育成や人材配置などをしてきた方、転職経験が豊富な方、人材派遣会社や人材紹介会社で営業などの仕事をしていた方が少なくありません。

また、心理カウンセラーなどカウンセリング資格を持つ方やキャリアコンサルティング技能士資格、平成28年4月より国家資格として認められるようになったキャリアコンサルタントの資格を取得して仕事をされている方もいます。

新卒や職業経験が浅い方がキャリアアドバイザーになるには、経験的には不利な面がありますが、入社後イチから先輩について育成指導を受けたり、キャリアコンサルティング技能士になるための勉強をして専門的な知識やノウハウの習得に務めることが求められます。

求職者対応

キャリアアドバイザーとしての重要な業務が、求職者対応です。

勤務する職場の種類にもよりますが、学生さんから第二新卒やフリーター、一般社会人の転職希望者や失業者、ブランクのある方の職場復帰や主婦の就職サポート、近年ではシニア層の再就職などをサポートすることも増えてきました。

障害をお持ちの方や引きこもりなどの方の就業サポートをするケースもあります。

相手が希望する業種や職種、就業条件などのヒアリングと、その方の適性診断やどのような会社がマッチするかのアドバイスやコンサルティングを行っていく仕事です。

法人対応

キャリアアドバイザーは求職者へのアドバイスやサポート業務だけでなく、法人対応をすることも少なくありません。

相談をしてきた求職者と企業をつなぐ交渉や提案だけでなく、法人側から人材確保や人材育成、人事コンサルティングなどの依頼を受けることも少なくありません。

その法人に適した新たな人材の紹介や新人の育成に関わるほか、既存の従業員に対するキャリアアドバイスやキャリアプランニング、育成プランや研修プランの構築や運営を任されることもあります。

近年はどの業界でも人材不足が深刻化しており、いかに離職を防止して人材の定着を図るかがカギを握ります。

経験や能力が活かせない、スキルアップやキャリア形成が望めない、適切な評価が受けられないといった不満から転職してしまう人が少なくありません。

そのため、人材の引き留め対策や離職防止の見地からも、一人ひとりに合わせたキャリアプランの構築やスキルアップのための支援が求められてきました。

そこで、外部の専門的な人材としてキャリアアドバイザーに支援を求めたり、人事改革や人材育成改革のための法人コンサルティングを求めたりするケースが増えています。

キャリアアドバイザーの具体的な仕事内容

求職者向け、法人向けの主な業務での役割についてご紹介しましたが、さらに細かな仕事内容についてみていきましょう。

求人の紹介

求職者の相談に乗り、キャリア形成のアドバイスなどをしながら、その方に合った求人を紹介します。

単なる求人マッチングサイトなどと異なるのは、その人の希望条件などだけではなく、本人の適性を見抜くとともに、将来のキャリアも踏まえた求人の提案を行う点です。

本人は事務職を希望しているけれど、コミュニケーション能力の高さなどから、営業や接客の職に向くと提案することもあります。

また、家族を支える必要があるなど本人の置かれている立場やライフプランまで、丁寧にヒアリングして分析を行い、必要な収入などを割り出し、本人が望むより、より条件のいい求人を積極的に紹介することもあります。

単なる求人紹介ではなく、本人の能力や性格、これまでの経験や持っているスキル、ライフスタイルや家族構成、ライフプランまで含めて、本人に合った求人を紹介するのが仕事です。

求職者の選考対策

求職者の中には高い能力やスキル、経験があるのに、志望動機などの書き方がわからず、書類選考が通らない方も少なくありません。

一方で、面接で思ったような受け答えができず、最後まで残らない方も多いものです。

紹介した求人に合わせ、業種や職種、その企業に合わせたエントリーシートの書き方や履歴書・職務経歴書の書き方指南、面接対策などを行うのも仕事の一つです。

添削をしたり、面接官役になるほか、面接時のマナー講師役となったり、書類選考や面接に通るための身だしなみやヘアスタイルなどのアドバイスをすることもあります。

企業の採用コンサルタント

今、多くの企業が人材不足をはじめ、すぐに辞めてしまう人材に悩んだり、求めている人材に出会えないと悩みを抱えています。

労働者の数の減少傾向が続く中で、企業の立場に立ちつつ、労働市場の現状を細かく分析しながら、採用のアドバイスや人材育成などに関わっていくお仕事です。

新卒や第二新卒という若手の採用から、フリーターや転職者などの中途採用、少子高齢化で活用が期待されているブランクのある主婦やシニア層の有効活用、さらに外国人人材の活用なども視野に入れていかなくてはなりません。

労働者関連法規の熟知はもちろんですが、今後は外国人雇用に関する法規制やルールの理解をはじめ、語学力なども求められてくるでしょう。

キャリアアドバイザーに向いてる人

キャリアアドバイザーは単に仕事を見つけてあげればいい、就職できればいいのではなく、その人の生活や人生にまで影響を与える仕事と言っても過言ではありません。

本人が気づいていなかった適性や潜在能力を引き出して、その人の未来や職業人生を切り開くお手伝いができる一方、いい加減なアドバイスや提案では、すぐに辞めてしまい転々と職を変える転職貧乏な人生への後押しをしてしまうこともあります。

そのため、専門知識や技術を磨きながら、自分の経験やノウハウを結集して、一人ひとりとしっかりと向き合い、親身で責任を持ったアドバイスができることが求められます。

企業コンサルティングにおいても同様で、アドバイス一つで企業のコストや将来の人材育成に大きな影響を与えかねません。

コストも人材も企業にとっては重要な経営要素であるため、仕事の責任は重大です。

自分に求められていることを明確にし、責任を持った専門的な対応ができる人が求められています。

聞き上手な方

求職者をはじめ、企業の経営者や人事担当者などもさまざまな悩みや問題を抱えて相談に訪れます。

こちらから一方的にまくしたてるのではなく、ヒアリングをしっかりと行い、現状の問題点やこれから何がしたいのかといった話の内容を整理する能力をはじめ、相手の言葉や話し方から性格や適性などを見抜ける力も求められます。

相手を否定しない方

相談に来る求職者は悩みや不安、不満などを抱えて訪れます。

今の職場や仕事への不満、好きで入った会社や仕事だったのにうまくいかなかったと自分に自信を無くしている方も少なくありません。

一方で、自分の能力以上の収入を求めたり、妥協のない理想の条件を並びたてたりする方もいることでしょう。

どんな状況であっても、基本的には相手を否定しないことが大切です。

自分に自信を失っている方や不安を抱えている方は否定されれば、なおさら自信を失い、仕事へのモチベーションさえなくなり、引きこもりなどになるリスクもあります。

理想が高すぎる、現実的でないと感じてもすぐに否定するのではなく、理想を実現するには何が足りないのかを分析したり、目標を達成するために必要なスキルや経験を身に着けられるよう前向きなキャリアアドバイスをしたりするのが基本です。

適切なアドバイスをすることができれば、無理だと思っていたことも、本人がアドバイスをもとに努力を重ねることで花開くこともあるからです。

情報収集能力がある方

その人に合った適正職種や求人を探すうえでも、企業コンサルティングのために現在の労働市場や労働者の特性などを知るためにも、情報収集能力は不可欠です。

求人や採用、人材育成のうえでは労働関連法規や制度の知識も求められます。

近年は働き方改革など制度の新設や法改正の動きも活発化しているため、最新の情報をいち早くキャッチアップし、正しい理解をしたうえで、業務に活かしていくことが求められます。

万が一、ルール違反などがあれば、人材紹介会社などあなたの勤務先をはじめ、採用した企業なども罰せられることもあるので注意が必要です。

ForYou精神のある方

自分のアドバイスによって、人の職業人生やライフプランにも大きく影響を与えるかもしれない仕事です。

相手の立場に立ち、親身で丁寧なコンサルティングと責任を持った提案ができる人でなくてはなりません。

まとめ

キャリアアドバイザーは求職者の相談に乗ったり、キャリアプランを提案したりするほか、企業側の人材採用や人材育成のコンサルタントとしても活躍できます。

人の人生や企業の経営にも影響を与える責任ある仕事であるため、専門知識やノウハウの研鑽が不可欠です。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ