【例文付き】短所を「マイペース」と答える際の必勝法とは

現在、就職面接で短所を聞く企業が増えています。

志望者の中には、短所を面接で答えるのは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、短所をマイペースと答える際のポイントを解説しますので、面接官の評価を上げられるようにさっそくチェックしてみましょう。

【短所をマイペースと答える際の必勝法】なぜ企業は短所を面接で聞くのか

pixta_38454639_M

面接官がなぜ面接で短所を聞くのかをご存知でしょうか。

それは、志望者の誠実さを見ているだけでなく、自分のことをしっかりと客観的に見ることができているかという点を判断しているのも理由として挙げられるでしょう。

また、自社の社風や仕事内容にマッチしているかを判断する場合や思わぬトラブルが起こってしまった際に志望者が課題解決能力を発揮して解決することができるのかといった点も面接で見極めているのです。

自分のことを客観的に見られているかを知るため

仕事をするうえで自分のことを客観的に見られているかという点は、とても大切なことです。

きちんと自己分析し短所が言える人は、客観的に自分のことを見ることができているといえます。

自分のことを客観的に見ることができる人は、周囲と円滑に物事を進めることができ、問題解決能力が高いため、仕事の場でも大きな成果を上げることができるといわれています。

面接で短所を聞くのは、企業にとって本当にふさわしい人物であるのか、さらに入社後にその短所を活かしてどのような活躍をしてくれるのかを見極めているのです。

会社の社風や仕事内容にマッチしているかを判断するため

面接で短所を聞くことで志望者が会社の社風や仕事内容に適しているかを採用担当者は判断しています。

応募者の短所によっては、会社の社風に見合っていないと判断されてしまうこともあるでしょう。

短所がマイペースだと周囲とのスピードに合わせることができず、輪を乱してしまうことや円滑に仕事を進めることができないと思われてしまうこともあるかもしれません。

入社後に仕事内容に適しておらず、せっかく入社したのに数ヶ月で退社してしまっては志望者だけでなく企業側にもメリットはありません。

短所を聞くことで仕事の向き不向きを判断し、自社でやっていける人物であるかを面接官は判断します。

そのため、採用確率を上げるためには、短所を少しでもプラスのイメージを与えることができるように言葉を言い換えることや根拠となるエピソードを用いて話すことが欠かせません。

課題解決能力があるかを確認するため

短所を話す際には、自分のマイナス点にもしっかりと向き合わなければいけません。

社会人になるとさまざまな困難に立ち向かわなければいけないときもあるでしょう。

自分の短所を克服しプラスに変えて行動できる人は、仕事で大きな問題に直面したとしても上手に乗り越えて自身を成長させることができます。

人間誰しも短所があり、それを自分で理解しかながら生活しています。

面接の場では、短所をどのように対処し、どう克服しようとしているのかも面接官は見ています。

短所としっかり向き合い、それを克服しようとする応募者の姿勢を見ることでトラブルや苦手な面に対してもきちんと逃げずに対応することができるのかどうかという点に関しても判断することができます。

【短所をマイペースと答える際の必勝法】人事から見た短所がマイペースの方のイメージ

lp043_cont02-7

面接で短所を聞かれたときにどのように答えればよいのかわからないと悩んでしまう人が大半です。

答え方によっては、採用担当者にマイナスイメージを与え、自身の評価を下げてしまうこともあるでしょう。

短所がマイペースな人は、言ったことを最後までやらない場合やマネジメントしづらいと思われてしまうこともあります。

なぜ、人事にそのようなイメージを持たれてしまうのか面接で成功するためにチェックしてみましょう。

言ったことを最後までやらない

マイペースな人は、自分のやり方を最後まで変えることができず融通が利かないというイメージを持たれがちです。

また、周囲からは、自分勝手だと思われてしまうもあるかもしれません。

不器用で複数のことを同時に終わらせることも苦手なため、言ったことを最後までやらないといったマイナスイメージを持たれてしまうこともあるでしょう。

マイペースな人は、こだわりが強い性格の持ち主ともいえますが、目の前の仕事に集中しすぎてしまうあまり、急なトラブルが発生してしまうとそちらの問題に目が向きやすくなってしまいます。

そのため、最後まで言われた仕事をやることができないといった悩みを抱えている人も少なくありません。

自分のやり方やスピードを変えず仕事をこなしたいという気持ちもわかりますが、円滑に業務を進めていくためには周囲のアドバイスを聞き入れることも大切です。

マネジメントしづらい

同僚たちと一緒に仕事をしていてもやり方やスピードにこだわりがあるため、周囲の空気を乱し、迷惑をかけてしまうことがあります。

マイペースすぎて一緒に仕事をすることがストレスだと同僚に思われてしまうこともあるでしょう。

独自の価値観や世界観で生きているという人も多く、上司からはマネジメントしづらいと言われてしまう方もいるようです。

マイペースな人は、自分の価値観や考え方を基準にして生活しています。

そのため、周囲からは自己中心的だなと思われてしまうのです。

自分自身では、とても気持ちよく毎日を過ごせていると思っていても周囲にはストレスを与えてしまっているかもしれません。

仕事の場では、臨機応変な対応を心掛け周囲のペースを乱さないということも大切です。

短所から長所を見出す方法

pixta_38063448_M

自分には短所しかないというネガティブ思考の方も、長所は必ずあります。

なぜなら、短所は見方を変えれば、長所にもなるからです。

マイペースすぎて、いつも人よりやることが遅いと悩んでいる方や、周囲の迷惑を考えない人と指摘を受けて落ち込んでいる人も、マイペースは短所かもしれませんが、長所でもあります。

マイペースゆえに周囲で何が起ころうとパニックに陥らず、自分が設定した目標や与えられた仕事を全うできる人かもしれません。

人より仕事は時間がかかるかもしれませんが、ミスなく正確にこなせる人かもしれません。

マイペースという短所を長所に変えて、自分に合った仕事を探すことも可能です。

時間をかけても完璧を求められるような仕事や、コツコツと努力を重ねて成果が求められる研究職などを選ぶ手もあります。

選ぶ仕事によっては、短所を自分の強みや仕事に活かすこともできるのです。

マイペースなところを短所で回答する際の構成

pixta_20569313_M

短所を問われてマイペースなところと回答する際、どのように構成すればいいのでしょうか。

短所は誰にでもあるもので、企業の選考担当者としても短所があるからと採用しないというスタンスで尋ねるわけではありません。

短所を話す際のポイントは、単に「短所はマイペースなところです」と伝えることではなく、それを改善しようと頑張っていることをアピールする点にあります。

以下の構成に沿って、単に短所を述べるのではなく、マイペースなところを改善しようと努力していること、なぜ改善しようと思うに至ったのかのエピソード、そして、その経験を活かしてエントリーした企業で活躍したいという点をアピールしましょう。

結論:私の短所はマイペースなところです

短所を聞かれたら、まずは端的に「マイペースなところ」と結論を述べてください。

採用してもらいたいのに、面接官に短所を言うなんてとんでもないことだと不安になり、余計な言い訳からスタートする方も少なくありません。

「短所という短所はないのですが、あえて言うなら、マイペースなところでしょうか。」などと回りくどく言うのはNGです。

短所がない人間なんて通常いませんし、社会人1年生になる人が自分は短所のないパーフェクトな人間だと豪語しても説得力がありません。

以下の構成で短所の改善努力をアピールすることになりますから、堂々と自分の短所を挙げてください。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇ということがあったからです

次になぜ、マイペースなところが短所だと思ったのかの理由を述べます。

人にはいろいろな面があり、短所も1つとは限りません。

また、マイペースであることを自分の長所だと考える方もいます。

そうした中で、自分の短所はマイペースだと感じた理由を具体的な経験をもとに述べてください。

こんな経験でマイペースであったために失敗した、人に迷惑をかけたといった話がなかったかを振り返ってみましょう。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

次にマイペースであったことで問題や課題に直面したエピソードを話します。

まずは、そのエピソードの概要を説明しましょう。

なお、エピソードを選ぶ際にはマイペースであったために問題に直面し、かつ、マイペースな性格を改善せねばと思うに至り、改善に向けた行動を取ったエピソードであることがポイントです。

エピソードのシーンは学生時代の出来事でも、アルバイト先での出来事でも、日常生活における出来事でもかまいません。

ですが、あなたが自分と向き合い、改善に向けて動き出した話であることが必要です。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードの概要を説明したら、そこで直面した問題について説明しましょう。

はじめてあなたの話を聞く面接官が、その状況をすぐに思い浮かべられるように、わかりやすく、かつ、短くまとめて話すことがポイントです。

行動:今の現状が〇〇のため、私は〇〇しなければいけないと考えました

次にその問題に直面したことで、あなたが何を考え、どういった行動に出ることにしたのかを伝えてください。

自分のマイペースな性格により、問題に直面し、それを放置してしまったり、仕方ないとあきらめたりした話ではいけません。

どうせ自分はマイペースだから仕方ないとスルーしたのではなく、今までの自分を変えねばと思うに至った経験であることがポイントです。

改善:そのため、今〇〇を行い、短所の改善を行っております

マイペースな自分を変えようと思ったという話なら、誰でも簡単にアピールできます。

重要なのは自分を変えなくてはと思っただけでなく、それに向けて現在も改善努力をしていることです。

どのような点に気をつけているのかや、具体的な改善法は何なのか、面接官が納得できるように伝えましょう。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

最後の結論として、短所を改善しようという努力とそれに至った経験を踏まえ、その企業でどう活躍していきたいか、どう貢献できるかをアピールしましょう。

短所を問われた際の構成をこれまで知らなかった方にとっては、最後に内定獲得に結びつくようなアピールができるなんて驚きかもしれません。

短所を話すことは多くの就活生がマイナスイメージを抱いており、どうやって話せばいいのかとか、マイナス評価を受けにくい短所はないだろうかと探しているケースも多いからです。

ですが、この構成を踏めば、短所もあなたの強みに変えられます。

短所はマイペースであることという結論から始まり、自分の短所がマイペースだと感じた理由を述べ、具体的なエピソードを通じて、それを改善しなければと思ったことを伝え、実際に改善に向けて努力している成長できる人間だということをアピールしましょう。

短所の質問が来るということは、ある意味自らを変えられ、改善努力ができる人間だと伝えることで、企業にも役立てるとアピールできる機会なのです。

【短所をマイペースと答える際の必勝法】短所である「マイペース」を面接で魅力的に伝える4つのポイント

pixta_13003378_M

マイペースという意味を改めて考える

面接で短所がマイペースであることを魅力的に伝えられるように、まずはマイペースという意味を考えてみましょう。

辞書でマイペースという言葉を調べてみると「他人に左右されず、自らの方法や進度を崩さない性格」という意味があることがわかりました。

何かをするときのスピードは人によって違いがありますが、仕事の場では周囲に合わせて円滑に業務を行う必要があります。

そのため、短所がマイペースであることが面接官には、大きなマイナスイメージを与えてしまうこともあります。

マイペースを言い換えて話す

では、マイペースを少しでも魅力的に感じてもらうためにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、そのままマイペースという言葉を使うのではなく、言い換えて伝えることもポイントです。

たとえば、マイペースだけど慎重に仕事ができる、周囲に影響されず自信を持って仕事に取り組めるなど言葉を換えるだけでプラスな印象を与えることもできます。

あなたの短所がマイペースという理由を明らかにする

短所を面接で話す際には、まず自己分析をすることが大切です。

中には、自分の短所を一人で考えていても答えが見つからないという人もいるでしょう。

そんなときは、自己分析するだけでなく他者の意見を聞いてみることもおすすめの方法です。

家族や仲のよい友人は、よいところはもちろん、悪いところも客観的に見ることができます。

そのため、自分では気付かなかった短所をしっかりと見つめることができるでしょう。

自分の短所がマイペースであるという理由を明らかにすることで、面接官にも今後どのように短所を克服し社会人として活躍することができるのかを伝えやすくなります。

結論から話す

短所を話す際には、まず結論からズバッと伝えてしまうこともポイントです。

結論から伝えると、面接官の知りたいことを明確に伝えることができます。

もちろん、短所を話したあとには、どのようにその短所と向き合い克服しながら仕事に活かしていくのかを話さなければいけません。

面接では、面接官がどのようなことを知りたがっているのかに注目してみましょう。

たとえ短所を伝える場であったとしても面接官が聞きたいことをはっきりと明確に話すことができていれば、それだけで信用度を上げることができ好印象につながります。

「短所はありません」はNG?

pixta_49496939_M

稀に自分には短所なんてないという自信家の方がいて、短所はないと堂々と述べることもいます。

一方、短所があると言ったら面接に通らないのではないか、内定がもらえないのではと心配して、そう答えてしまう方も少なくありません。

ですが、それは実はNGです。

自分は完璧と思っているケース

自分は完璧と思っている方も、それは学生時代までのお話です。

勉強もスポーツも常にトップで、できないことはなかった、いつも一番だったという方も、社会人になればそうはいきません。

誰もが初めて体験する仕事を、一から覚えていかなくてはなりません。

初めから完璧にできる人はいないので、その際になんらかの自分の短所や弱点が露呈するものです。

にもかかわらず、短所がないという方は、本当の自分と向き合ったことがなく、自分のことを理解していない人と評価されてしまいます。

短所がないと本気で思っている人の短所といえば、その自信過剰なところともいえます。

なかにはマイペースすぎて気付いていない、マイペースゆえに短所を短所と思えない方もいるかもしれません。

マイペースゆえに周囲から振り回されることもなく、叱られ、注意を受けたしても全く気にならない性格だからこそ、自分に自信を持てる方もいます。

もちろん、他人に振り回されない、何事も気にせずネガティブに捉えないところは、ビジネスパーソンとして必要な要素でもあります。

自分に自信を持って仕事に取り組めることも大切です。

しかし、だからといって、自分に短所がないと思い込んでいる方は、客観的に自分を分析できておらず、大きくつまずいたときに立ち直れなくなる可能性もあります。

謙虚な姿勢で自分の短所を見出し、それを改善する努力や短所をうまく活かした活躍をしてくれる人材を、企業では期待しているのです。

短所をうまく利用すれば、仕事に役立つ能力にもなります。

短所があると内定がもらえないと思い込んでいるケース

就活生の中には、面接で短所を尋ねるのは、ふるいにかけようとしているからだとネガティブに考える方や、短所があったら内定がもらえないと思い込んでいる方もいるかもしれません。

もちろん、企業にとってあまりにもリスクがあったり、業務に支障が出そうであったりする場合は、評価が下がる可能性はあります。

ですが、そうでない限り、短所があるからと選考外になることはありません。

マイペースといった理由で落とされることはほとんどないので安心しましょう。

では、なぜ、企業は短所を尋ねるのでしょうか。

それは、その人のことをしっかり知りたいと思っているからであり、自分をきちんと把握している人なのかを知りたいと思っているからです。

自分の短所と長所をしっかり認識している人は、長所をうまく伸ばして活躍できるうえ、短所をコントロールしようとすることや改善努力をすることで、より成長が期待できるバランスの取れた人材です。

自分の短所に気付いていない人は、自分のコントロールができないことを意味し、仕事をしていくうえでも壁にぶち当たることや、すぐに離職してしまうケースも少なくありません。

人材不足の時代に企業としては、なるべく長く働いてもらいたいと考えています。

短所をあらかじめ把握しておけば、配属先を決め、入社後のフォローをするのにも役立ちます。

短所がマイペースな方なら、上から命令を下してガンガン仕事をさせる上司の部署は避けたほうがいいかなと考え、逆に競争の激しい部署で鍛えてみようかななどと考えることができるのです。

そもそも、面接で短所を尋ねる際は、短所がない人はいないというのが前提です。

そのため、短所を言って内定がもらえなくなる心配はありません。

むしろ、短所をしっかり伝え、それをどう活かし、改善するかを述べられるかが、内定を得るためのポイントといえます。

【短所でマイペースと話す際の必勝法】短所がマイペースの例文

pixta_41108296_M

①私の短所は、マイペースで自分のスピードで物事を進めてしまうところがあります。

しかし、これでは周囲に迷惑をかけてしまうのではと思うようになりました。

私は自身のマイペースな性格を改善できるように事前に計画を立てることを心掛けています。

しっかりと計画を立てることでどのように進めていけば効率よく物事を進めることができるのか、どれくらいの時間がかかるのかを把握することができ、自信にもつながっています。

御社では、周囲と歩調を揃え仕事に邁進し、仲間とともに成長することを目標に頑張りたいです。

②私の短所は、マイペースなところですが、誰よりも慎重に物事を進めることができると思っております。

しかし、マイペースが原因で周囲に迷惑をかけてしまっては意味がありません。

そこでマイペースなところを改善するために、今自分が何をすべきかに注目しながら行動することを心掛けています。

周囲の状況を確認するようにしたところ、以前よりもスムーズにさまざまな物事に対応できるようになりました。

③私は、家族にマイペースだと指摘されることがあります。

家族と一緒に出かけるときに待たせてしまうことがあり、このままでは周囲に大きなストレスを与えてしまうと思いました。

そこで事前に予めタイマーをセットし、時間を気にして行動するようにしました。

時間を気にして行動するということを心掛けるようになってから、集中して物事に取り組めるようになったと感じています。

御社に入社した際には、時間に意識して行動し、効率よく仕事に取り組みたいと思います。

まとめ

今回は、短所をマイペースと答える際のポイントを解説しましたがいかがでしたか。

面接官がなぜ短所を聞くのかといった点やどのように伝えることが正解なのかをご紹介しましたが、伝え方によっては短所を長所として面接官に捉えてもらうこともできます。

ぜひ今回の記事を参考にして短所を魅力的に伝えてみてください。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ