就活の面接でボランティア活動をアピールする際のポイント

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職面接では、自分の過去の経験などを企業にアピールすることになります。スポーツの経験や学業、サークルなど、人によって伝えることは様々ですが、その中の一つにボランティア活動があります。営利目的ではなく、誰かのために、という気持ちで行うボランティア活動は尊いものです。実際に就活面接でボランティア活動について話す学生はどれくらいの割合で存在するのでしょうか。そして企業に対してボランティア活動をアピールするには、どういったポイントを意識すればよいのでしょうか。

 

ボランティア活動のPRは有効?

ボランティア活動の話をする学生は少ないと言われています。あるアンケートでは、ボランティアについて話したことがある学生は30%にも満たないという結果が出ています。反面、ボランティア活動の話は面接官に興味をもたれやすい題材でもあります。どんな活動をしたのか、そしてその活動や経験の中でどんなことを学んだのかという部分を採用担当者は知りたいと思っています。冒頭でも述べたように、ボランティアは非営利です。対して企業は利益を出すことで成り立っている組織です。言うなればボランティア活動と企業の仕事は正反対に位置するものなので、上手にボランティアの経験や学び、活動する目的や理由などを説明できなければ、ボランティアの経験をPRに活用することはできません。それどころか、最悪の場合、ボランティア経験を話すことでマイナスイメージを与えてしまうこともあります。ボランティアについて話をする場合は、事前にしっかり話すことを準備しておくようにしましょう。

 

活動動機を明確に伝える

ボランティアを始めたきっかけや理由を伝えることが、掴みとしては重要になります。この部分に興味を抱いている採用担当者は非常に多いので、理由が曖昧だとマイナスの効果を与えてしまうことでしょう。自己満足のため、アピールポイントを作るため、といった理由でボランティアに参加したのではないかと疑われることがないようにしましょう。活動の理由は大胆なものや大仰なものである必要はありません。自己満足やアピールポイントを作るために活動する学生も実際にいますし、面接官もそれをわかっているのが実情です。だから自分の参加目的がそういうものでない、ということが伝わるなら「友達に誘われた」「周りの大人に勧められた」など、簡単な理由でも構わないのです。というよりも、むしろ簡単な理由のほうが無難で、受け入れられやすいとも言えます。

 

活動を通して学んだことを伝えよう

ボランティア活動を通して何を学んだのかを説明することは非常に重要です。きっかけになったことや、理由よりも重要なので、なるべく学んだことは具体的に述べるようにしましょう。そしてボランティアを通して自分の成長に繋がったようなことをアピールするのですが、ここが具体性に欠けると説得力が薄れてしまいます。分かりやすいエピソードや、ボランティア活動の中で立ちはだかった困難などを乗り越えた経験を話せるようにしましょう。そしてその経験は、自分だけが体験したという貴重さをアピールするようにしてください。

 

ボランティア経験が仕事に活きるか考える

これも重要な部分です。企業としては、学生のボランティア活動が仕事に活きるかどうかを見ています。ボランティア活動をした理由、そこで学んだことだけを話すのではアピールとしてまだ弱いです。学んだことを活かして、それが入社後の働きでどのように活きるかをアピールするところまで意識しましょう。経験したエピソードと仕事を繋げて考え、相手に自分の将来の具体的なイメージを抱いてもらえるようにしましょう。

 

終わりに

ボランティア活動は上手に伝えられればとても良いアピール材料になります。採用後に活躍してくれそうだと思われるように、今回紹介したいくつかのポイントに注意しながら話してみましょう。ボランティア活動から、人柄や価値観などが分かる部分もあります。好印象を与えつつ、将来どんなふうに働いていくかを具体的に伝えられるように話を展開してみてください。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ