ガクチカがない…。ガクチカが思い当たらない人に書き方を紹介

ガクチカとは「学生時代に力を入れたこと」の略語です。

学生時代力を入れたこと(頑張ったこと)は、履歴書やエントリーシートで必ず聞かれる質問です。

よく使われる質問だからこそ、ガクチカという略語になっているといえます。

選考に通るためには、ガクチカにしっかり答える必要がありますが、ガクチカが無くて困っている学生は多いものです。

この記事では、ガクチカが無い方でも問題無く書けるような、ガクチカの書き方をご紹介します。

【ガクチカがないと困っている人へ】ガクチカを聞く意味は?

lp043_cont02-4

聞かない企業は存在しないといってもいいほど、定番の質問がガクチカです。

しかし、なぜ企業はガクチカを聞いてくるのでしょうか?それは、ガクチカを聞くだけで、その学生の人となりや持っている能力がよく分かるからです。

具体的には、以下のようなことが見ています。

・その学生がどんなことに対して興味を持つか(志向性)
・その学生は、どのように問題に対してアプローチしたか(思考力)
・その学生は、実際に何をしたのか(行動力)

このように、ガクチカを聞くと、学生の人物像がだいたい把握できます。

企業は、新卒の採用にあたっては能力よりも人柄ややる気といった点を重視しています。

ガクチカはこういった点がよく分かる質問なので、重宝されているのです。

話のテーマが幅広く、学生の数だけガクチカがあるともいえ、ひとり一人の個性を表現することが可能な質問です。

なぜ企業が学生の人物像を把握する必要があるのかというと、自社にマッチした人材かどうかという点を見ているためです。

業界はもちろん、企業ごとに働いている人材のタイプは異なります。

社風といいますが、社風に合わない社員だと、本来なら優秀な学生でもうまく自分の力を発揮することができず、最悪早期離職につながってしまいます。

そうしたミスマッチが起こらないよう、ガクチカの内容から、物事の捉え方や考え方など深い部分まで確認し、自社で活躍できるタイプの人材か見極めているのです。

ガクチカは人より優れた経験である必要はない

pixta_34685204_M

ガクチカとなるような経験が無いという方は、そもそもガクチカを勘違いしています。

ガクチカは珍しい経験や人より優れた経験である必要はないのです。

人を惹きつけるような学生生活を送ってきた人など、100人に2、3人くらいなので、エピソードの内容が大したことないことを理由に、落とされることはないので安心してください。

ほとんどの学生は普通の学生生活を送ってきたはずです。

その普通の生活の中から、自分なりに頑張った経験をピックアップすればいいのです。

大学生なら、普通に暮らしていれば、サークルやアルバイト、ゼミなど何かしらの出来事は経験していることでしょう。

これらはどれもありきたりな内容ですが、何に興味を持ったのか、どのように頑張ったのかなど具体的な取り組み方は人によって異なります。

そこで、他の学生と差別化をはかればいいのです。
一番やってはいけないのが、エピソードが思い当たらないからといって、ウソをつくことです。

ウソをつくと突っ込んだ質問をされた時に、事実のつじつまが合わなくなりやすいです。

事実の相違点が見つかると、簡単にウソがばれてしまいます。

面接でウソをつく学生など信頼できないと思われることにもなりかねませんので、ウソをつくのは止めたほうが賢明です。

自分の過去の経験をよく思い出して、自分の言葉で、自分が何を考えて行動したか、どんなことをやったのかなど伝えるようにしてください

ガクチカがない人へ

ガクチカは大した内容でなくても構わないといっても、なかには、バイトもゼミもサークルもやっておらず、本当に頑張ったことが見当たらないという方もいらっしゃるでしょう。

その場合でも、ガクチカとなる経験を練りだすことは可能です。

ガクチカとなる経験が本当に見当たらないという方は、もっと身近な生活に目を向けてみましょう。

結論からいうと、どんなことでもガクチカになりうるのです。

企業が重視しているのは、「取り組んだ内容」ではなく「なぜ打ち込んだのか」というところです。

つまり、企業が知りたいのは、あなたの考え方や価値観などです。

いい結果を残せたに越したことはありませんが、あなたの考え方や価値観が分かるエピソードであれば、何でもいいのです。

例えば、深夜アニメが趣味だという方は、そのエピソードを使って下記のようなガクチカを作成可能です。

(例)
私の趣味は、深夜アニメを見ることです。

リアルタイムで見ると、次の日の授業に遅刻したり寝不足で授業に集中できなくなったりしますから、毎日欠かさず録画しておりました。

撮っただけでアニメを消化しないと、レコーダーの容量が足りなくなるし友達との話題にもついていけなくなりますから、毎日録画したアニメを見る時間をもうけ、録画と消化(アニメを見ること)を同時に行っていました。

以上です。エピソード自体は「アニメを見る」という趣味に関するたわいもない内容ですが、このエピソードから「健康管理に気を使っている」「要領がいい」といった、あなたの特徴や強みが分かります。

このように、何の変哲もないエピソードでも、あなたの取り組み方をしっかりと伝えれば、あなたの人柄や強みを面接官に伝えることができます。

ですから、歯磨きや挨拶といった、誰もがするようなことからでもガクチカを作ることは可能なのですよ。

【ガクチカが思いつかない】ガクチカを考える際の3つのポイント

pixta_40350802_M

これといって特別なガクチカがないという人は、ちょっとした勘違いをしている場合が多いです。

実はどんな就活生でも、ガクチカと呼べることはあるのです。

ガクチカが思い浮かばない人のために、ガクチカの本当の意味と答え方ポイントについて解説します。

実績ではなくどう考え行動したかを伝える

なにかしらの表彰や地位、華やかな実績こそがガクチカと思っている人は、それこそが勘違いです。

ガクチカとは、結果や実績ではありません。

たとえ結果が名誉あるものでなくとも、そこに至るまでの過程こそがガクチカなのです。

たとえば陸上部に所属しているものの、鈍足で入賞したことは一度もないという人もいるかもしれません。

私は入賞経験がないのでガクチカとは言えないと思っているとすれば、それは間違いです。

入賞しなくとも、大会に向けて必死で練習に励んだのであれば、それこそがガクチカといえます。

自信を持って、陸上部で頑張ったことを伝えればよいのです。

ガクチカにおいて企業が知りたいのは、どんな状況でなにが起きて自分自身がどのように行動したかについてです。

実績よりも取り組み方こそが重要であることを知っておきましょう。

コミュニティのあなたの役職はそこまで興味ない

中には就活のために、集団での役職に就こうと立候補するような人も見られます。

部活動での部長などは部員や顧問からの推薦かもしれませんが、サークル活動やアルバイトやゼミなどでは、自ら進んで役職に就くこともできるでしょう。

しかしながら、就活において企業は、役職に就いているだけで高く評価するわけではありません。

役職に就いているならば、その立場でどのような立ち振る舞いをしたのかが大切です。

また、特に役職ではなくともサポーター的な存在や個々それぞれの頑張り方があり、面接官はその頑張りに注目します。

コミュニティにおける役職作りを無理に行う必要はありませんし、それがガクチカになるとも限らないのです。

なにか人と違った内容を話さなくてもよい

学生時代にボランティアをしていたと話すと、「凄いね」と感心されるものです。

留学経験なども誰でもしていることではないでしょう。

そういった珍しい体験がガクチカであり、自分にはそういった経験はないのでガクチカが話せないと悩んでいる人もいます。

しかし企業としては、特に珍しい体験をした人間を求めているのではありません。

平凡な学生時代を送っていても、その中で人間関係やふとした出来事で頑張り乗り越えた瞬間があるのではないでしょうか。

ガクチカとは、日々の生活の中でどんな壁にぶつかり、そこからどのように這い上がり頑張ったかという過程のことです。

人と違った特別なことを話さなければいけないと思う必要はないのです。

ガクチカ=自己PRと勘違いしない

履歴書などの自己PR欄には、自分自身の長所や強みを書きます。

それに対してガクチカとは、経験からなにを得たのかを話します。

自己PRとガクチカを混同してしまうと、ガクチカについてうまく伝えることができなくなります。

たとえば自己PRには吹奏楽部で協調性を身に付けたことが強みとなっていると書いたなら、ガクチカでは吹奏楽部でどんな試練がありそれに対してどのように取り組んだかを説明すればよいでしょう。

エピソード別!ガクチカで話した際の印象をご紹介

pixta_9729050_M

ガクチカでは、サークル活動やアルバイトをはじめ、近年では留学経験について話す人も増えてきました。

どんなことでも学生時代に頑張ったことは「ガクチカ」に当てはまりますが、それぞれ面接官が持つ印象も違ってきます。

話した際の印象についても知っておけば、ガクチカを何について話そうか悩んだときに役に立ちます。

面接官にインパクトを与えられる内容のガクチカを話したいものです。

アルバイト

学生時代にはアルバイトを頑張ったという学生も多いものです。

学生でありながら社会人経験ができるというメリットもありますし、接客マナーなどのスキルが身に付くことも魅力です。

しかしながら、非常に多くの学生がアルバイト経験をしているためにほかの就活生と話が被る可能性も高くなります。

ほかとは違う特殊な仕事経験を話すなどの工夫が必要です。

また、アルバイトにより身に付いた能力などを、しっかりとアピールしたいものです。

アルバイトをガクチカで話すのであれば、受ける企業の業界や業務内容に活かせる内容へとつなげて話すことがポイントと言えます。

体育会サークル

ラグビーや野球、登山や駅伝といったスポーツに関するサークルは、ガクチカで話すことで根性やタフさなどをアピールできます。

体育会系の世界で頑張ってきた人間は、礼儀正しく情熱的という印象を与えることができるでしょう。

また、サークルによっては合宿が行われているところもあります。

普段と違った環境に身を置いて成果を上げるために集中して頑張る習慣は、仕事にも活かせる点が多いです。

現場の仕事やハードな営業職を受ける場合にも、体育会サークルで頑張った話は評価が高くなる傾向にあるでしょう。

文科系サークル

ブラスバンドや茶道などの文科系サークルのガクチカは、集中して何かを極める力があると評価されやすいです。

文科系サークルにもさまざまな種類がありますが、たくさんのメンバーで何かをやり遂げるサークルの場合は協調性があると見てもらえます。

茶道や華道などは礼儀作法を身に付けることができるガクチカでもあり、ビジネスマナーにもつながるのではと良い印象を与えることができるでしょう。

さらに、文科系のサークル活動では、大学の外でさまざまな人との交流が持たれることも多いです。

大人として落ち着いたコミュニケーションが取れる点も高評価になります。

ゼミや研究室

何か1つのことについて追究していく姿勢は、仕事にも大いに活かせます。

ゼミや研究室での研究内容をガクチカで話す際には、授業の単位をもらうためではなく何かを突き詰めていった体験について、しっかりと伝えることがポイントです。

好奇心旺盛で探求心が強く、納得がいくまで調べる姿勢が強みです。

留学経験

昔に比べると、在学中に海外留学をする学生が非常に増えています。

海外が好きで行ってみたかったというような軽い話ではなく、留学をしたことで得たものやどんな目標を持って留学したのかなどを話すことが大切です。

語学力を伸ばすために留学する学生も目立ちます。

語学力が付くことは職種によっては活かせる強みですが、ほかの就活生と被る可能性も高いので、それ以外の学びも伝えましょう。

たとえば、見知らぬ環境に身を置くことでコミュニケーション力が付いたというのも良い話です。

環境適応能力が育ったなども、面接官に良い印象を与えるはずです。

旅行

お金と時間があれば誰でも旅行はできます。

楽しかった旅行経験をガクチカで話しても、面接官は「学生時代を謳歌しましたね」と感じるくらいです。

そうではなく、旅行について話すのであれば旅先でどんな行動をして何を学んだのかをアピールしなければいけません。

世界一周旅行をした学生も見られますが、世界を旅した事実だけでは何も伝わらないでしょう。

わざわざお金をかけて旅をすることで、何を得たかったのか、実際どうであったのかをしっかり話しましょう。

インターンシップ

学生時代に就労体験をしたことは、真面目で勤勉な人間だと面接官の目に映ります。

インターンシップにより、社会人としての常識や接客マナーなども身に付いたことでしょう。

実際に受けている業界と同業界でのインターンシップをしたのであれば、その業界でとにかく働きたいという意欲のアピールにもなるはずです。

資格取得

さまざまな資格がありますが、いずれにせよ勉強しなければ資格は取得できません。

学生時代に資格取得を頑張った話は、勉強熱心で努力家である印象を持ってもらえます。

その資格内容が、入社後の仕事に役立てるためというのであれば尚のこと、評価の高いガクチカとなるでしょう。

将来のために資格を取っておこうという前向きで積極的な姿勢は、好印象を与えることができます。

学業

学生が学業に励むのは当たり前とも言えます。

しかしながら、実際にはガクチカで勉強を頑張った話を取り上げる人は少ないです。

何か非常に学びたいことがあり、予習復習を欠かさずに頑張って優秀な成績を収めたというようなガクチカは、面接官にしてもある意味新鮮で学生らしいと感じます。

入社してからも仕事に関する知識はしっかりと勉強しなければいけないので、真面目に学業に取り組む姿勢は良い印象につながるはずです。

ガクチカがない人の書き方の注意点

pixta_41108296_M

ガクチカのエピソードは何でもいいとお伝えしましたが、それでも書き方の注意点がいくつかあるのでご紹介します。

まず、ガクチカと自己PRで同じ題材を使うことは好ましくありません。

例えば、自己PRの根拠となるエピソードでアルバイトのことを書いたのに、ガクチカでもバイトのことを書くのはよくないのです。

ガクチカと自己PRを混同している学生も少なくありませんが、ガクチカと自己PRはあくまでも別物です。

ガクチカは「頑張った経験」を記述するものですが、自己PRは「自分の強み」について書くものだからです。

ただ、ガクチカから得られた強みと、自己PRの強みが一致するのは構いません。むしろ、この場合、アピールする強みに一貫性があるので好ましいといえます。

また、第三者を批判する内容も良くありません。

ガクチカに批判的な内容を含んでしまうと、「この人を採用すると、会社のこともすぐ批判しそうだな」と思われ、採用されない可能性が高くなってしまいます。

ありがちなのが、苦労したエピソードをガクチカで語ろうとした時に、第三者を批判する内容になってしまうことです。

「当時のサークルの代表が専制君主的な人だったので~」「バイトで自分だけ仕事量が多かったので~」など、他人に責任転嫁するような言い方は慎みましょう。

また、自分と他人を比較する内容もNGだとされています。

ガクチカを伝えるに当たって、どうしても批判的な内容を伝えなければならないのであれば、出来る限り、やんわりとした言い方を心がけましょう。

また、自分ではなく周りの人が頑張った話も良くありません。

例えば、大学のラクロスサークルの大会で優勝したという題材で、自分がどのように頑張ったのかという点を話さず、「サークルで優勝した」という事実を中心に話すというケースが考えられます。

こうした伝え方をすると、あなたの人柄や努力が伝わりません。

優勝したという事実はすごいことですが、あくまでも自分が行ったことをガクチカにするようにしてください。

あと、大学受験をガクチカに書く人もときたま見ますが、これも良くありません。

実際に、人生で一番頑張ったことは「大学受験」だという方も少なくないでしょう。

ものすごく勉強を頑張って、模試で出ていた偏差値よりもずっと高い難関大学に見事合格を果たした…。

そのこと自体は非常に素晴らしいことです。しかし、多くの学生が大学受験では苦労しています。

そのことは採用担当者も理解していて、他の学生が他のエピソードを書いている中、受験勉強をガクチカに書いてしまうと「その後の大学時代は何をしていたんだろう…」と思われてしまいます。

また、受験勉強は個人でやることなので、それを頑張ったことと言われると「コミュニケーション力」に不安を持たれてしまう恐れもあります。

ガクチカを伝える際のポイント

ガクチカを伝える際は、結論ファーストで伝えることを意識してください。

結論から、伝えることで、面接官に何を伝えたいのか明確にできます。

ガクチカの結論とは、「頑張ったこと」や「そこから何を得たのか」といったところです。

これは面接官がガクチカで知りたいことでもあるので、最初にズバーンと求めていることを述べれば、面接官の印象に残ることでしょう。

また、頑張る前と頑張った後の変化について述べると、より分かりやすいガクチカとなります。

他人との比較は良くないと先に述べましたが、過去の自分との比較であれば、それはすなわち成長を意味しており、積極的にアピールしたほうがいい事柄だといえます。

例えば、「昔は一人っ子で人見知りでしたが、サークル活動でコミュニケーションを頑張った結果、人付き合いに積極的になれた」というようにです。

そして、ガクチカで得られた能力を、どのように仕事に生かすことができるかという点まで伝えられたら最高です。

例えば「アルバイトの接客業で人見知りを克服しました。その経験を生かして、御社の営業部で活躍したいと考えています。」のように、仕事で活かすことができることを伝えます。

しかし、何でもかんでもアピールすればいいというものではありません。

企業の求める人物像がありますから、その人物像にマッチするような能力を伝えるようにしてください。ときには、企業や業界によって、ガクチカを変えることも必要でしょう。

最適な伝え方【PREP法】

ガクチカが思い当たらない人と悩んでいる方は、まずはガクチカの書き方を確認しておきましょう。

書き方を知ることで、どのような内容を選べばいいのかが見えてくるかもしれません。

せっかく、何か思い浮かんでも、書き方を事前に理解していないと当てはめることができず、振り出しに戻ってしまう虞もあります。

書き方の基本となるのがPREP法です。

この方式に基づいて書いていくことで、説得力が増し、アピールしたいことが明確に伝わりやすくなります。

PREP法とは?

PREP法とはPOINT(結論)→REASON(理由)→EXAMPLE(具体例)→POINT(まとめの結論)という流れで、伝えたいことを書いたり、話したりする手法です。

ビジネスの現場ではプレゼンや商談、営業トークをする機会も多くなりますが、こうした機会に話をする際や資料をまとめる際にも基本の伝え方の手法として使われているものです。

問われている問いや解決すべき課題に対して、自分の考えや伝えたいことの結論から述べていく方法です。

利点

 

まずは結論から伝えることで、あなたが何を言いたいのか、伝えたいのか、アピールしたいのかが明確になります。

ガクチカであれば、最初に「自分が学生時代に何に最も力を入れたのか」を明確にすることで、あなたが頑張ってきたことを、ダイレクトに伝えられます。

何の話かが最初に理解できることで、その後の話を読んでいくうえでの準備ができ、その後の話がスッと頭に入ってくるのも利点です。

まずは結論を述べ、次にその理由を述べることで、なぜ、それに力を入れたのかや、なぜ一番頑張って取り組んだのかも明確になり、エピソードの理解がしやすくなるのも利点です。

多くの就活生からエントリーシートが提出される中、何を言いたいのか最初に明確にすることは重要なポイントです。

解説

PREP法の具体的な使い方や意味について、しっかり理解し、他の就活生から差をつけられず、エントリーシートをしっかり目を通してもらえるガクチカを考えましょう。

PREP法はPOINT(結論)→REASON(理由)→EXAMPLE(具体例)→POINT(まとめの結論)の流れでアピールしたい内容を構成していく手法で、それぞれの頭文字を合わせてPREP法と呼ばれています。

POINT(結論)でまずは結論を明確にします。

ガクチカであれば、学生時代に最も力を入れたことは何なのかを、「私は学生時代に○○に力を入れていました。」と端的に伝えればいいわけです。

次にREASON(理由)を述べます。

なぜ、その結論に至ったかを「なぜならば、」と簡潔に説明します。

ガクチカであれば、なぜ、それを頑張ってきたのかや、それに一番力を入れた理由を説明しましょう。

3番目としてEXAMPLE(具体例)を紹介します。

学生時代に力を入れたことについて、具体的に紹介することで、嘘偽りではなく、本当に力を入れたのだと相手を説得できる照明になります。

最後のPOINT(結論)では、本来のPREP法では最初に述べたポイントを繰り返すのが基本ですが、ガクチカの場合は、これまでのまとめとして、学生時代に力を入れたことをもとにどのように企業で活躍したいかをアピールしてまとめましょう。

【ガクチカが思いつかない】ガクチカを作る際の4つのNG例

市販の履歴書、大学指定の履歴書それぞれのメリットとは?

自分のガクチカについて頭を悩ませるあまりに、考えた内容がNGであるケースも少なくはありません。

せっかく考えたガクチカも、採用側からよくない評価を得る結果になっては残念です。

ガクチカを作る際には、娯楽関連や誰かを批判するような内容は控えましょう。

気を付けるべきガクチカ例について参考にしてください。

娯楽に関するガクチカ

人それぞれ趣味や特技は様々で、学生時代にゲームやアニメに没頭したという人もいるでしょう。

コスプレに必死になり、コスプレ大会で優勝した経験者もいるかもしれません。

けれどもゲームやコスプレといった部類は娯楽に当てはまります。

娯楽に励んだことは、就活ではあまりよい評価を得ることはできないといえます。

自己PRと同じ内容のガクチカ

自己PRとガクチカは、別の内容にすることが望ましいです。

同じことを書いていると、書く手間を省いたと思われてしまうこともあります。

自己PRは「強みに関する性格的な内容」であり、ガクチカは「経験した内容」です。

この2つを分けて考えることが大切です。

他の人を批判するようなガクチカ

第三者と自分を比較するような内容や誰かを批判するガクチカはやめましょう。

また宗教批判的な内容もNGです。

大学受験関連のガクチカ

大学受験を頑張ったというガクチカを書く人がいます。

しかし考えてみれば、学生である限りすべての人が大学受験は経験しています。

もちろん、勉強方法は異なりますし受験に向けてものすごい努力をしたという人もいるでしょう。

けれども、頑張った結果偏差値の高い大学に入れたというのは、あまりオススメのガクチカではありません。

ガクチカは、大学受験以外の話題を考えたほうがよいといえます。

まとめ

企業がガクチカを聞くのは、端的にいうと、学生の人物像を見極めるためです。

自社にマッチした人材が判断するために、ガクチカは非常に有効な質問なのです。

ガクチカが無いという方は、ガクチカの題材に気を捉われすぎだといえます。

題材自体は基本的にはどういったものでもよく、重要なのは、そのエピソードにおいてあなたはどんなことをしたのか、どういったことを得られたのかという点です。

結果よりもプロセスを重視していると言えますね。

ですから、ガクチカが無いと悩んでいる方は、もっと身近な日常生活に目を向けてみましょう。必ず、何かしら頑張ったエピソードは見つかるはずです。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ