【就活】金融業界の仕事とは

金融業界とは、銀行をはじめ保険会社や証券会社などの金融商品を取り扱う仕事を行う企業のことを指します。

その仕事内容は様々ですが、営業フィナンシャルプランナー事務職などが主な職種として挙げられます。

また、最近ではネットバンクネット証券など、金融業界にもIT業務が必要不可欠になってきました。

この金融とITを組み合わせた新しい技術は「フィンテック」と呼ばれ、金融業界でなくてもIT技術を駆使して金融業界に参入するといったケースも見られるようになりました。

そんな金融業界ですが、具体的にどんな仕事をしているのでしょうか。

今回はそんな金融の仕事に関する疑問やITとの関わりについてご紹介をいたします。
特にこれから金融業界の選考を受けようと思っている新卒学生の方は、金融の仕事について正しく理解し、面接での話題や対策などに役立ててください。

金融業界の仕事内容

pixta_35545840_M

金融業界と一言で言っても、その仕事内容は様々です。

例えば、銀行であれば預かったお金企業個人へ貸し出し、その際の金利から収入を得ています。

証券会社や保険会社の場合、株式・債券などを運用することで収入を得ており、その資金源となるのは保険料であったり金融商品を買う際の仲介手数料です。

以前はそれぞれの業務が棲み分けされていましたが、昨今では銀行と証券会社、銀行と保険会社などで連携をする動きが強まり、自社グループ内で複数の金融会社を設立している企業もあります。

いずれにしても顧客の資産を取り扱う仕事となりますので、顧客の要望や状況に合わせた提案力、そして金融商品について情報を収集したり新商材について勉強する勤勉さが求められる仕事と言えます。

金融業界は給与や福利厚生などの待遇が良く、安定しているイメージが強いため、就活においても高い人気を誇る業界です。

ですが、会社や顧客の資産を扱うというプレッシャー月々のノルマなどシビアな面もありますので、行きたいと思う企業については採用ホームページなどを通し、仕事内容が自分に合うかどうか良く調べておくようにしましょう。

また、ここでは金融業界における職種についても簡単に紹介をいたしますので、参考にしてください。

営業職

銀行であれば資金の貸し出し、保険会社や証券会社であれば商品の販売など、個人や法人を対象としたセールスを行います。

営業の仕事は、資産運用に必要な資金源を集めることです。
資金を集めないことには仕事が成立しないので、営業にはノルマが課せられることがほとんどです。

特に外資系などでは、成績が良ければ数百万や数千万単位で年収やボーナスに反映されることもあれば、成績が悪いと減給や降格、場合によっては解雇など、厳しい評価基準が設けられていることもあります。

ファイナンシャルプランナー

専門家として顧客の資金計画資産運用のアドバイスをする職種です。

ファイナンシャルプランナーには国家資格民間資格があり、金融業界の中でも人気の仕事といえます。

また、資産運用という点では富裕層の顧客を対象としたプライベートバンキング、法人から預かった資産を投資運用するファンドマネージャーなども同系列の職種といえるでしょう。

顧客層や扱う金額は違いますが、いずれも顧客の資産を運用するという点で、計画的な資産運用を行うための知識提案力が必要になります。

その他の仕事

営業や運用の他にも、金融業界には様々な仕事があります。

例えば、金融商品の研究や開発を行う職種もあれば、企業の将来性や社会の動向から株価の変動を予測分析する証券アナリスト、世界経済や日本経済の動向を調査し情報を提供するエコノミストなどが挙げられます。

詳しくは後述しますが、近年は金融業界においてもIT業務が必要不可欠になってきましたので、IT業務の専門知識を持つ人材も重宝されています。

また、営業の補助的業務をする事務職などもありますので、必ずしも専門的な勉強や資格を持っていないと金融業界で働けないというわけではありません。

金融業界のメリット・デメリット

それでは、金融業界ならではのメリットやデメリットについて紹介しましょう。

一見するととても稼げそうな金融業界ですが、実はメリットもデメリットもあります。

金融業界のメリット

まず、金融業界のメリットについて紹介しましょう。

金融の現場で働くからこそ得られるメリットというのは、実は結構あるものです。

高収入

まず、その一つはやはり高収入であることでしょう。

金融系の人はお金持ちの傾向があり、やはりそれは間違いがないものです。

というのも、金融業界に就職すると初年度の500万円からのスタートということも多く、新卒でもがっつり大きな収入を得られるのは間違いないでしょう。

また、年収のベースアップも大きな傾向があり、比較的大きな収入を得られるため、とにかく収入を狙いたい人にはオススメの業界となっています。

類似して、福利厚生も安定している傾向があります。

もし収入よりも福利厚生を重視という人でも、金融業界はオススメです。

金融に関する知識が身につく

もう一つは、金融に関する知識が身につく点でしょう。

働いていると自然と金融や資産運用、お金についてのさまざまな物事や情報に詳しくなります。

知識がないと勧誘ができなかったり、時代の流れに取り残されてしまったりする可能性がありますので学習は必要です。

法改正や技術進化による変動が今後もあり得るのもまた、金融業界ならではの側面と言えるでしょう。

金融業界のデメリット

その一方で、金融業界には意外なデメリットもあります。

強靭な人でもつい潰れてしまうことがあるので、よく気をつけておきましょう。

精神的に疲れる

まず、精神的に疲れる側面が大きいことです。

具体的にノルマがある、決まりがあるという点が多く、法規制が厳しかったり、積極的にお客様が見つからなかったりするなどの精神的なストレスがかなりある点が強くなっています。

とくに人の金銭に関わることですから、大きなストレスが発生しやすい傾向があるでしょう。

時に自分が売った金融商品が大暴落し、誰かの人生を大きく狂わせる可能性もあるかもしれません。

この点がとても大きなストレスになりがちなのです。

チャレンジがしづらい

もう一つは、チャレンジがしづらい点です。

金融の場合は積極的に斬新なことをすることが難しく、実際には何かしようとしても安全性や安定性を重視する人が多いため、どうしても新しいことをやるという点では二の足を踏みがちな業界なのです。

このため、自分の裁量がなかったり、自分が自由にやることや改善することができなかったりで、仕事に対してやりがいを感じづらいという人もいます。

そのため、「給料が高く福利厚生がいい」という側面はあるものの、仕事で「自己実現をしたい」「名を上げたい」という人にとっては、あまり好ましくない業界かもしれません。

異動が他の業界よりも多い

最後に、移動が他の業界よりも多い会社もあります。

これは一つの仕事に固定させると、そのまま会社の特定のお客様と仲良くなりすぎるあまり不正を働いたり、情報を流出させたりするなどの可能性もあるためです。

ほかの業界と違って、金融業界では明確に不正防止をしなくてはならないという大義名分がありますから、異動が他の業界よりも多く、地域をまたいだ大きな異動なども多いのです。

金融業界へ就職するためには

pixta_36659026_M

前述のように、金融業界は就活でも新卒学生に人気が高い仕事です。

他の業界と比較しても選考に応募している人数が多かったり、面接の回数が多かったりするのが特徴といえます。
それでは、そんな金融関連の仕事に就くためには、どうすれば良いのでしょうか。

まず第一に、インターンシップや説明会など、3月1日の就活解禁までに可能な限り沢山動いておきましょう。

その際、最初から「自分は銀行だけを志望したい」と絞り込みすぎず、出来るだけ色々な企業を見て回りましょう。

もちろん、金融業界以外の企業でも構いません。

色々な企業を見ることで比較検討ができ、自分に合っているかどうかなぜ金融業界がいいのかなどの自己分析業界研究を効率的に進めることが出来ます。

次に面接対策ですが、資格が必要な専門職を志望しない限りは、他の業界と大きな違いはありません。

新卒の場合、知識や経験は入社してから教育できると考えている企業が多いので、重視されるのは新卒学生の性格や特徴が自社に合うかどうか、そして入社後に活躍する姿がイメージできるかどうかです。

自己分析や業界研究はもちろん、その企業の採用ホームページやOB・OG訪問を通し、企業のことをしっかりと研究しておきましょう。

金融業界で有利になる資格

金融業界で内定を得るためや、入社後にバリバリと仕事をこなし、自分のポジションを確立していくうえで、どのような資格があると有利なのでしょうか。

銀行や証券会社、保険会社など金融業界で仕事をしていくうえで、持っておきたい資格や目指したい資格についてご紹介します。

中には大学生のうちに取得できる資格もありますし、大学時代から勉強をスタートできる資格もありますので、自分が志望する業種や職種に合う資格を検討してみましょう。

ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルプランナーは家計のかかりつけ医などと呼ばれ、人生の夢や目標を実現するために経済的な側面からアドバイスをし、総合的な資金計画を立てる専門家です。

さまざまな金融商品は保険、住宅ローンの知識、不動産や相続、年金制度や税制まで幅広い知識を学び、顧客への提案へと活かしていけます。

銀行や保険会社、証券会社など業界全体で取得者が増えています。

ファイナンシャル・プランナーは金融財政事情研究会と日本FP協会が認定する資格があり、試験への合格と一定の実務経験を積むことで、1級ファイナンシャル・プランニング技能士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士・3級ファイナンシャル・プランニング技能士の国家資格も同時に得られます。

AFPと呼ばれる初級資格であれば、大学生でも取得可能です。

銀行業務検定

銀行業務検定は銀行や保険会社、証券会社などの金融機関の行職員を対象にした検定なので、大学生のうちは受験ができませんが、入社後に積極的に受けたい検定の1つです。

業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力を学ぶとともに、その習得度を測る基準となっています。

23系統36種目もの検定が用意されており、法務・財務・税務・外国為替・金融経済・証券・信託実務といった分野や、法人融資渉外・個人融資渉外・窓口セールス・年金アドバイザー・経営支援アドバイザー・預かり資産アドバイザー・相続アドバイザー・事業承継アドバイザーなどの各職種や担当する仕事別、営業店管理・融資管理・事業性評価といった管理部門、投資信託・保険販売・金融商品取引・デリバティブ・金融リスクマネジメントなど商品別の知識を学んだり、実力を確認できたりする検定が用意されています。

証券アナリスト

証券アナリストは専門知識と分析技術を応用して、各種情報の分析や投資価値の評価を実施し、投資のアドバイスや投資管理サービスを提供するエキスパートです。

日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)になるには証券アナリスト第1次レベル講座、第2次レベル講座を受講し、3年間の実務経験を積まなくてはなりません。

大学生でも証券アナリスト講座を受講でき、第2次試験まで合格している方もいます。

実務経験がないため、CMAの認定は受けられませんが、満25歳になるまで検定会員補の登録料と登録継続費が免除される制度が用意されており、入社後の実務経験を経て正式な認定が受けられます。

金融に向いている人の特徴

では、金融の仕事に向いている人はどのような人なのでしょうか。

経済学部や商学部、経営学部といった経済や商業系の学生をはじめ、証券アナリストを目指す方の中には分析力に強い理工学部系の学生も少なくありません。

一方、文学部や教育学部、社会学部などの出身で金融業界を目指す方もいます。

経済や金融に関する学部でなくても仕事ができるのか、金融の仕事に向いている人の特徴をご紹介します。

数字やお金に強い

金融業界で仕事をする以上は、やはり、数字やお金に強いことは必須です。

数学が苦手、数字を見るだけでも寒気がする、計算が苦手といった方は向いていません。

顧客の大切なお金を預かり、運用などをしていく仕事ですから、1円たりとも間違うことは許されず、責任を持って取り扱うことが求められます。

そのため、数字やお金に強いことはもちろん、責任感や倫理観、正義感があり、誠実でち密で正確性が高い人が求められる仕事です。

文系出身者でも数学が得意という方、子どもの頃、そろばんなどを習っていて暗算が得意な方には向いています。

数字が苦手という方も、学生時代から簿記の勉強を始めて、簿記3級、2級レベルまで合格できれば、金融業界に進む素養ができます。

日頃から情報収集をしている

金融業界では株価や為替、商品先物市場など世界を見渡せば、24時間365日、価格が変動し動き続けています。

世界各国の動きや国際情勢、経済変動をはじめ、戦争や災害、感染症の拡大などあらゆることに敏感に反応して動きます。

金融の仕事をしていくうえでは、こうした目まぐるしい動きに冷静に対応し、顧客にアドバイスをしたり、顧客の資産を守るように提案を行ったり、態勢を整えなくてはなりません。

そのため、日頃から経済情報をはじめ、政治や国内外の動きといったマクロの動きから、少子高齢化や地域の課題、企業の動きや市場トレンドなどミクロの動きに至るまで、敏感に情報をキャッチアップすることが求められます。

学生時代のうちからニュースに敏感になり、ある情報によって、経済がどのように動くのかをよく観察しておきましょう。

交友関係や人脈が広い

金融の仕事は法人リテール、個人セールスと営業の仕事も多く、銀行の窓口でさえ、預貯金の受け払いといった事務手続きだけでなく、保険商品や投資信託などの金融商品を提案営業するケースが増えてきました。

営業力をつけることの一環として、交友関係や人脈が広いことも不可欠です。

今の時代、企業への飛び込み営業や個人宅を巡っての営業先開拓には限界があります。

信頼を得て企業や個人客を紹介してもらう、異業種交流会などに参加して積極的に名刺交換を行い、ビジネスチャンスを広げるといったことが大切です。

そのためにも、学生時代から交友関係や人脈が広い積極的でコミュニケーション力が高い方は、金融の仕事に向いています。

金融業界に就職するための選考対策

さまざまなメリット・デメリットはあるものの、金融業界はやはり人気のある業界です。

この金融業界に就職するためには、適切に選考対策をする必要があるでしょう。

自己PR対策

まず、自己PR対策です。

金融業界の場合は、とにかく信頼できる人間であり、信用に値する人間だと信じ込ませる必要があるでしょう。

不正が起こったり何かあったりすると、それこそ会社の信用にすら影響を及ぼしかねません。

クリーンで正義感が強い、口が堅いなど、その人の信頼性が大きく存在するような個性が求められます。

このため、対策には時間が必要です。

詳しくは「https://shukatsu-ichiba.com/article/12336」を見てみるといいでしょう。

志望動機対策

次に、志望動機対策です。

金融業界の場合、もっともやってはいけないのが「お金が欲しいから」「高収入だから」というようなアピールです。

金融業界はお客様の資産も扱いますから、お客様の資産にまで手をつけてしまいそうな人は好まれません。

対策をするのなら「https://shukatsu-ichiba.com/article/12885」などの志望動機対策についてチェックしましょう。

面接対策

最後に、面接対策です。

金融業界はお客様とやり取りをする窓口として、その人の外見や個性、人柄を重視します。

見た目がクリーンで信頼ができそうな人という印象を与えることは大事ですが、そのほかにもコツがあります。

詳しくは「https://shukatsu-ichiba.com/article/11530」を見てみてください。

金融とITの融合~フィンテックとは~

pixta_38896376_M

フィンテック(FinTech)とは、金融(Finance)IT(Information Technology)を組み合わせた造語です。

アメリカを中心に世界各国で注目を集めており、金融各社がIT分野に精通した人材を採用したり、IT業界の企業が金融業界へ参入したりと、様々な変化が起きています。

フィンテックによって生まれたサービスの代表的な例が、クレジットカードによる決済仮想通貨などです。

これらは金融とIT、両方の技術が融合したことによって生まれたサービスで、今では多くの顧客が利用しています。

また、転職市場でもIT業界経験者が金融業界に転職をするケースが増えてきています。

例えばネット証券の場合、ネットでの注文システムや投資情報を顧客に提供するためのツール開発、セキュリティ対策など、IT技術が必要となる場面が数多くあります。

そのため、ITに関する知識や技術を持っている人材は、金融会社においても魅力的なのです。

フィンテックはまだ具体的な定義づけこそされていませんが、今まさに社会構造の変化を起こしており、今後に注目が集まっている新しい金融サービスの形といえるでしょう。

まとめ

今回は金融業界の仕事内容や採用について、そしてIT業界との関連性についてご説明をさせていただきました。

金融の仕事は厳しいノルマやプレッシャー、高い専門知識など決して楽な仕事ではありません。

ですが、待遇や企業の方針など魅力的な金融会社が多くあるのも事実です。

また、IT技術との融合や新しい商材の開発、海外への進出など、これからの社会に必要不可欠なサービス展開を行っていますので、仕事を通して社会に貢献することもできます。

これから金融業界の選考を受けることをお考えの新卒学生の方は、自分が受けようとしている企業が自分の志望に合っているか、また入社後にどう企業に貢献していくかなど、具体的にイメージして臨んでください。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ