【例文付き】自己PRと長所の違いを解説!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

「長所や自己PRは何を話せばよいのか分からない」と悩んでいる就活生の方も多いのではないでしょうか。

どちらも「自分の良い面をアピールする」という意味では同じですが、どちらも全く同じエピソードをアピールすると内定獲得は難しいです。

この記事では「自己PRと長所の違い」「具体的にどのようなエピソードをアピールするべきか」という悩みにアドバイスしていきます。

自己PRと長所の違いを解説

pixta_33762982_M

まずは自己PRと長所の違いについて確認しましょう。
自己PRは「面接官視点で考えたときに、自分を採用するメリットはなにか」をアピールするものです。

一方で長所は「自分の性格や人柄」を面接官に伝えるべきです。

自己PRに偏りすぎると

  1. 優秀そうなのは伝わってくるけど、どんな人なのかが伝わってこない
  2. 入社後に会社に馴染めるだろうか。すぐに辞めてしまわないだろうか

といった不安を面接官に与えてしまいます。

また長所のアピールばかりすると

  1. 人当たりは良いけど、入社後に業務についていけるか不安
  2. 良い人なのは伝わったけど、他の候補者と比較して採用するメリットが薄い

と思われてしまうリスクがあります。

長所と自己PRはどちらか一方だけ質問される場合も多いです。

その時は面接官との質疑応答の中で「自分を採用するメリット」「自分の人柄」を伝えるように意識しましょう。

長所について聞かれそうにない場合は、面接の中で自分の性格を伝えるようにできるだけ意識し、自己PRが聞かれなかった場合は最後の質問で意気込みと採用するメリットをアピールしましょう

自己PRは「あなたを採用するメリット」をアピールするべし!

自己PRと聞くと「自分がアピールしたいことを話せばよいのか」「自己紹介のようなものだろう」ととらえている人もいるかと思います。

しかし内定獲得を本気で目指すのであれば、自己PRは企業があなたを採用することで得られるメリットについて話したほうがよいです。

「企業があなたを採用することで得られるメリット」という問いについては、業界や会社によって求められるスキルが異なるので一概には言い切れません。

しかし企業があなたを採用することで得られるメリットを考える上で大切なことは同じです。

自己PRの精度をあげるためには「会社研究を徹底的にすること」が非常に大切です。

会社のホームページや採用パンフレット、会社説明会への参加やOB訪問などを徹底的に行えば「この会社で求められる人材像」がなんとなく想像できるはずです。

入社後に活躍できる根拠を、エピソードからアピールしよう

OB訪問や会社説明会で人事担当者へ質問したエピソードは、自己PRで話したほうが説得力が増します。
具体的なエピソードは積極的に盛り込んでいくことをおすすめします。

ダメな自己PR

野球をずっと頑張ってきたので継続力があります。御社の仕事でも継続力を活かせます。

良い自己PR

小学3年生から大学時代までずっと野球部に所属していました。

OB訪問時に先輩社員の方から「コツコツ細かい作業を積み上げる必要がある」と聞き、野球部で鍛えた私の継続力が役に立つと思います。

どちらの自己PRがより説得力を感じるか、説明するまでもないですよね。
具体的なエピソードはどんどん盛り込んでいきましょう。

長所は「自分の人柄」をアピールするべし!

一方で長所の場合は「自分の性格・人柄」をアピールすることをおすすめします。

たまに長所でも採用するメリットを訴える就活生の方がいますが、 自分の持っている雰囲気などを伝えたほうが良いです。

なぜ長所では自分の人柄をアピールしたほうがよいのでしょうか。答えは「早期離職しない人材か、人事側は見極めたいから」です。

新卒入社しても3年以内に退職してしまう人は少なくありません。
せっかくコストをかけて採用した人材がすぐに辞めてしまっては、人事としては非常に困ります。

退職理由は「人間関係」を挙げる人が非常に多く、それだけ会社と新卒のマッチングは難しいということです。

そこで面接官は就活生の人柄を重視しています。
性格的に会社の社風とマッチしているならうまく会社に馴染んでくれると判断し、そうでないなら人間関係に悩んで退職してしまう可能性が高いと判断します。

自分の性格を偽って内定を獲得しても入社後につらい思いをするのは就活生です。
できるだけ性格は偽らずに、自分の長所をアピールしましょう。

大学時代のとっておきのエピソードを語ろう

長所でアピールするエピソードは「大学時代に自分が頑張ったこと」を素直に話しましょう。

たまに話しを盛る人・ウソをつく人がいますが、エピソードの凄さと話しているあなた自身の雰囲気がマッチしていないので、面接官にウソっぽいと思われるリスクがあり、オススメしません。

あなたの人柄が面接官に伝われば良いので、エピソード自体はなんでも良いと思います。
部活やサークルの話でも良いですし、アルバイトや趣味についてアピールしてもOKです。

面接官も仕事が終われば一人の人間です。
仕事以外のあなたの魅力についても十分評価してくれるはずですよ。

自己PRや長所は「長期間がんばったエピソード」をアピールしよう

自己PRと長所の違いが分かったところで、次はアピールすべきエピソードをどう選ぶか考えてみましょう。

アピールしたいことが明確に決まっているのであれば良いですが、話したいことが複数あるときは「長期間頑張ったこと」を優先してアピールすることをおすすめします。

なぜかというと、長期間継続したエピソードは基本的に面接官のウケが良いからです。

まれにベンチャー企業などでチャレンジ精神挑戦した回数を重視することがありますが、一般的には長期間がんばったことのほうが評価されやすいです。

少なくとも大学時代、できれば幼いころから続けていることをアピールしよう

小学生や中学生から継続していることをアピールできればベストですが、小さい頃から継続したエピソードがない人は、大学時代に継続したことをアピールしましょう。

大学時代のエピソードなら2~3年は継続して頑張ったことがあるはずです。

その中からアピールしやすい話を選んでみましょう。

注意点として、たまに中学生や高校生時代のエピソードを話す人がいますが、やめておいたほうが無難です。面接官は「いまのあなたについて」知りたいので、高校生以前のエピソードはアピール材料としては賞味期限切れです。

なぜ面接官は「長期間がんばったエピソード」を好むのか

上記でも少し触れましたが、面接官は新入社員が短期離職することを非常に恐れています。

採用活動にお金をかけ、人手を使い、複雑な入社手続きを経て雇用したのに短期間で離職されては会社としては大損です。

では就活生はどうするべきかというと「自分は短期離職しない人材である」とアピールするのが手っ取り早い内定獲得のノウハウになります。
そしてもっとも手軽なアピール方法が「長期間努力したエピソード」をアピールすることです。

もちろん長期間努力してきたからといって短期離職しないわけではありません。
しかし「長期間努力したエピソードは面接官ウケが良い」ことは紛れもない事実です。

「長期間がんばったこと」がない人はチャレンジ精神をアピールしよう

そもそも大学時代もふらふらしていたから長期間頑張ったエピソードがない人もいることでしょう。

長期間がんばったことがない人は「様々なことに挑戦し続けた」とアピールすることをおすすめします。

バイトを転々とした、サークルは入ったり辞めたりといった状況でも言い方を変えれば「自分が納得する状態を求めてチャレンジし続けた」とも言えます。

アピールのコツは「自分の目的達成のためには辞める必要があった」と伝えることです。
たとえばバイトを転々とした理由は「海外旅行が趣味で、長期間旅行にいくためには短期バイトを繰り返す必要があった」と自分の目的を明確に伝えましょう。

そして「〇〇という仕事に惹かれて、ぜひ御社で働きたい」と働く目的を伝えてすぐに離職しない人材であるとアピールしておきましょう。

自己PRや長所のアピールで気をつけること

pixta_35957066_M

最後に自己PRや長所のアピール時に気をつけるべきことをご紹介します。

就活の情報は成功するためのアドバイスが多いですが、「就活に失敗しない方法」も知りたいですよね。

就活で成功する秘訣なんて、 学歴やコミュニケーション能力のあるなしで大きく変わってきます。

しかし失敗する原因は多くの人に共通しているので、失敗する原因 を理解してしまえば、失敗しないように立ち振る舞うことができます。

就活面接全般に関していえることも多くアドバイスしていますので、ぜひチェックしてみましょう。

注意点1:アピール内容が矛盾している

自分が気づいていないだけで、あなたの長所や自己PR内容は矛盾していることがあります

例えば

例文

小学校から大学まで野球部に所属してきた。苦しいことから逃げない姿勢を身に着けた

と自己PRするとしましょう。

次に長所で

例文

いろいろなことにチャレンジすることが好きな、挑戦的な性格です。

野球部ではさまざまな練習方法やポジションに挑戦してみました。

とアピールしたとします。

どのような印象を受けますか?

  • あれ?忍耐力をアピールしてたのに、やけにフラフラと練習方法やポジションを変えているな

と違和感を持った方も多いかと思います。

自己PRで「忍耐力・苦しいことから逃げない姿勢」をアピールするなら

例文

実力が伸びずにポジション変更も考えましたが、どうしても諦めたくなくて練習を重ね、実力を伸ばすことができました。今のポジションでは誰にも負けません。

と語ったほうがスッキリした内容になります。

注意点2:自己PRと長所を説明するエピソードが同じ

自己PRと長所は内容が矛盾するのもNGですが、まったく同じエピソードでもいけません

たとえば

例文
  • 自己PR
    「継続力がある」
  • 長所
    「粘り強い」

ことをアピールする場合、

  • 裏付けエピソード
    小学校から野球を続けてきました

だけはもったいないです。

野球の話をすでに十分アピールできた場合は、次に軸をずらす

  • お風呂でのストレッチは欠かさなかった

または別の一面を見せる

  • マラソン大会にも毎年出場している

ことを考えたほうが効果的です。

エピソードやアピールする内容は軸をずらそう

この「軸をずらす」という考え方は非常に重要です。

多くの就活生はあれもこれもアピールしなければと思い、いままでの人生で経験したエピソードを1つでも多くアピールしようとします。

しかし面接官からみると「アピールしている内容が多すぎて結局この就活生は何を伝えたいのかわからない」と感じるケースが多いです。
もちろんそうなると内定獲得は難しいです。

そこでおすすめの対策としては、アピールして伝えたいキーワードをあらかじめ明確に1つ決めましょう。

たとえば「辛いことから逃げ出さない・忍耐力がある」ということを面接官につたえたいと決めて、エピソードの軸をずらしてもアピールしたいことは明確に伝えるよう心がけましょう。

注意点3:必ず模擬面接をしておこう

最後に重要なアドバイスをします。

  • みなさん模擬面接はしっかり受けていますか?

就活セミナーでも、友達同士でも良いですが必ず模擬面接はこなしておきましょう。

ぶっつけ本番で面接に望むと、緊張してうまく口が回らなかったり準備した内容をど忘れすることも多々あります。
模擬面接がしっかりできていないと、就活本番の面接で落ち続けることになります。

十分すぎるくらい模擬面接は受けておいて損はないです。

暗唱はNG!キーワードを決めて面接に臨もう

面接慣れしていない場合に多いのが「準備してきた内容の暗唱・スピーチになってしまう」ことです。
面接はスピーチではなく、自分を売り込むプレゼンの場です。

その場の雰囲気や面接官の表情に応じてうまく立ち振る舞う必要があります。

面接でアピールする内容は事前に準備するのが当たり前ですが、丸暗記ではなくキーワードで覚えるようにしましょう。

たとえば「小学校から大学まで野球部に所属し、つらいことから逃げない姿勢をつけた」といったエピソードの場合は

  1. 忍耐力
  2. 野球
  3. 部活

といったキーワードを意識し、その時々に応じてアドリブしてみましょう。
エピソードの丸暗記より面接官の印象が良いですよ。

まとめ

就活における自己PRと長所の違いが理解できたでしょうか。

どちらも「自分の良いところをアピールする」という意味では同じですが、伝えたいことが「採用するメリット」「自分の性格」によって話すべき内容がことなります。

就活の面接はできるだけ友達や就活セミナーの講師に模擬面接してもらいましょう。
自分ひとりだけで面接対策は難しいですし、結局面接官の受ける印象次第で合否が大きく変わってしまいます。

ぜひ第三者に、客観的にあなたの面接のフィードバックをしてもらいましょう。

自己PRと長所をうまく使いこなし、早期かつ第一志望企業からの内定を獲得しましょう!

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ