キャリア設計、自己分析にもおすすめ!思考整理ツール「マインドマップ」を使ってみよう

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

マインドマップをご存知でしょうか。真ん中から放射状に伸びて行く芋づる式の図は、多くの人が目にしたことのあるはずです。何かを考える際に利用すると、すっきりと整理できるかもしれません。

マインドマップは何にでも使える思考ツール

マインドマップを直訳すると「考えの地図」。頭の中を可視化した図となります。中央に主題を置き、そこから連想するものをつなげていきます。つなげたキーワードから、さらに枝葉を伸ばしていきます。続けていくと、だんだん放射状に大きくなっていき、考えていることを表す図となります。

マインドマップは思考ツールなので、さまざまな用途に応用できます。イギリスの著述家であるトニー・ブザン氏が提唱し、今ではメジャーな思考法となりました。何かを暗記するときの記憶法として受験勉強などにも使われるほか、ビジネスプランの設計など複数要素の関係性を可視化するためにも使えます。

マインドマップを就活に応用する

さまざまな用途で使えるマインドマップですが、今回は、就活生向けの活用法をご紹介できればと思います。まず浮かぶのは「自己分析」、より長期的な視座に立つなら「キャリアプラン」が就活生向けの活用法でしょう。

いずれも、あらゆる要因が関係する難しい作業ですので、ややこしいものをシンプル化するうえでマインドマップが役立ってくれます。簡単に自分の考えを可視化できるのが、マインドマップのメリットです。頭でもやもや考えているのではなく、書き出すことに意味があります。

忘れて欲しくないのは、マインドマップはあくまで手段。マインドマップを綺麗に書くのを目的としてしまうと本末転倒です。「マインドマップ=答え」とはなり得ないので、さらに考えるための材料として、じっくり作成作業に取り組むべきです。マインドマップを作るプロセスに意味があります。

実際に書いてみる

さて、マインドマップを作成するうえで、最初に重要となるのが中央に何を置くかです。自己分析なら「私」、キャリアプランなら「キャリア」でもいいでしょう。考えすぎず、ざくっとシンプルなものでも問題ありません。そこから連想するものをブレスト的に描いていき、連想を何度もつなげていきます。そろそろ、アイデア出しに詰まってきたなと思ったら、全体を眺めてみましょう。何が見えてくるでしょうか。人それぞれの頭の中が見えてくると思います。

マインドマップが手軽に作れるおすすめアプリ

何はともあれ、試してみるのが1番です。大きめの紙を用意してアナログでやるもよし。デザイン性の高いものを手軽に作りたいなら、アプリを使うのもおすすすめです。

モバイルアプリなら「Mindly」

iOS/Androidアプリの「Mindly」なら、直感的な操作でマインドマップを作成できます。色やアイコンも自由自在。完成したものは共有したり印刷することも可能です。アプリなら電車の中でも使えますね。

iOS用ダウンロードサイトはこちら

Android用ダウンロードサイトはこちら

PCで使用するなら「XMind」「FreeMind」がおすすめ

PC上で使うものであれば、「XMind」「FreeMind」といったマインドマップ作成ソフトが人気です。いずれも、Windows/Macで利用可能。スマホアプリ「Mindly」よりも多機能で、綺麗なマインドマップを柔軟に作れそうです。じっくり腰を据えて書けるなら、PCソフトもいいかもしれません。データで残しておけるのもデジタルのメリットです。

XMindダウンロードサイトはこちら

FreeMindダウンロードサイトはこちら

ただ、マインドマップはあくまで手段と割り切るなら紙に書くのが結局1番お手軽だったりもします。とにかく、自分なりの方法で試してみてほしいです。就活中は色々悩むこともありますが、一度すっきりと可視化してみてはいかがでしょう。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 利用者内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 勝てる履歴書をサクッと「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定をゲット「就活市場エントリー」
  • イベント参加で就活を有利に「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ