内定者の志望動機付き!サービス業界の志望動機の3つのポイント

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

※この記事は2018年9月に公開された記事の再掲載です。

こんにちは、就活市場編集部です。

「サービス業界を志望しているが、良い志望動機を書くことができない」と悩んでいるあなた。本記事で、サービス業界の志望動機で抑えておくポイント、大手企業から内定を獲得した志望動機を紹介します。あなたも参考にして、第一志望の志望動機を作ってみてください。

ポイント

 

1.サービス業界の志望動機は

「結論ファースト」

「お客様のため」

「企業理念に共感」

 

2.NGな志望動機は

「どこでも使える志望動機」

「話がまとまっていない」

「自分にベクトルを向けた志望動機」

 

サービス業界の志望動機を書くときのポイント

サービス業界の志望動機を書くときのポイント

サービス業界の志望動機で重要なポイントは3つあります。これらは、内定を獲得した方々の志望動機の傾向かた導いたポイントになりますのでぜひ参考にしてみてください。

結論ファーストで伝える

まず、「私が貴社を志望する理由は〇〇です。」と最初になぜその会社を志望するかを伝える必要があります。どんな小説でもあらすじを知っておけば、読み進めていく上でどんな展開なのかイメージがつきやすくなりますよね。それと同様に志望動機も冒頭で結論を伝えることにより、相手にどんな話なのかを最初の段階でイメージさせることができます。

伝え方だけを変えた同じ内容の志望動機をお見せいたします。2つの志望動機を見比べて、そちらがイメージしやすいか考えてみてください。

良い例

 

私が貴社を志望した理由は、社長の想いに共感したためです。

 

〇〇様の考えである「・・・」ということが私の夢である「・・・」と一致しているのではないかと考えてます。

 

私は人の笑顔を見るのが好きで、道に迷っている人や迷子の子供など困っている人がいるとすぐに助けたくなります。

 

一度、体調を悪くされているおばあさんがいらっしゃって、私が救急車を呼び病院まで同行することがありました。

 

そのときに、そのおばあさんから感謝をされたのですが、おばあさんのご家族から泣いて感謝されことがありました。

 

この経験で、今までは目の前の笑顔を見るのが好きで手助けをしていたのですが、その助けた方と関わっている人も笑顔にできるのだと知りました。

 

この経験から「・・・」という夢を抱えるようになり、〇〇様の考えに共感し、志望いたしました。

 

悪い例

 

私は人の笑顔を見るのが好きで、道に迷っている人や迷子の子供など困っている人がいるとすぐに助けたくなります。

 

一度、体調を悪くされているおばあさんがいらっしゃって、私が救急車を呼び病院まで同行することがありました。

 

そのときに、そのおばあさんから感謝をされたのですが、おばあさんのご家族から泣いて感謝されことがありました。

 

この経験で、今までは目の前の笑顔を見るのが好きで手助けをしていたのですが、その助けた方と関わっている人も笑顔にできるのだと知りました。

 

この経験から「・・・」という夢を抱えるようになりました。

 

そこで、貴社と出会い、〇〇様が「・・・」という考えを持たれているのを知り、「私の夢と同じことを考えている方がいるんだ」と共感し、貴社を志望いたしました。

 

いかがでしょうか?最初に結論を伝えるか伝えないかで、イメージのしやすさがかなり変わってきます。

このように、あなたも志望動機を相手にイメージしてもらいやすくするために結論はまず最初に伝えるようにしましょう。

お客様への想い

サービス業界ということで、「お客様のため」というところを重点的に置くことも志望動機において重要なポイントになってきます。サービス業界は、「お客様が目の前にいて、そのお客様の笑顔が見れる」ところがやりがいになります。そのため、サービス業界はお客様のため、いわゆるForYou精神が重要とされております。※正直度の仕事もそうではありますが、特にサービス業界は顕著です。

さらに、競合他社の多いサービス業界では、お客様に満足してもらうにも工夫が必要になります。そのため、各企業は独自の工夫をこらして営業・販売を行っていきます。その工夫に関してあなたが理解し、志望動機に盛り込むことができれば、「なぜその会社を志望しているのか」という点をよりアピールしやすくなります。

あなたもサービス業界を志望するというところで、しっかりとお客様のためにを連想させるような志望動機を作るようにしましょう。

企業理念に共感

最後は、志望する企業の理念に関して盛り込む事が重要です。企業理念とは、企業がビジネスをする上での軸となる部分を明記したものになります。そのため、社員全員がその企業理念に沿って働いてます。

さらに、企業理念は社長の想いでもあるため、この企業理念に共感した方を採用したいと考えております。なので、あなたの今までの経験企業理念に関連する部分を探し出して、志望動機に盛り込みことにより、より良い志望動機を作ることができます。

これらのポイントを踏まえて、あなたも志望動機を作ってみてください。

サービス業界大手から内定を獲得した志望動機例

サービス業界大手から内定を獲得した志望動機例

ここからは、大手企業の内定を獲得した方々も志望動機をご紹介していきます。サービス業界も様々なジャンルに分かれており、それぞれの大手企業の志望動機をピックアップしました。これらを参考にし、あなたの志望動機に活かしてください。

株式会社エイチ・アイ・エス

例文

 

私がエイチアイエスを志望する理由は、澤田社長の「もっと多くの人に世界へ飛び出してほしい、いろいろな物を見て、沢山の人に出会ってほしい」という思いに共感したからです。

 

私に趣味は予定を立てずに海外に行くことです。のが趣味海外旅行が好きで、2か月に一度くらいの頻度で海外旅行に行っています。

 

今まで様々な国に旅行したのですが、予定を立てていないため、現地の方々とコミュニケーションを取りながら予定を考えてました。

 

すると、その国々での考え方や文化などを知ることで世界が広がり、私の人間としての成長を感じることができました。

 

成長する中で、世の中にはまだ知らない世界があるのに、閉じこもっている方々が多くいると考え始め、これは非常にもったいないと思うようになりました。

 

そこで私は、様々な文化を日本に広めていきたいと考えました。

 

そんな中、貴社と出会い、多くの人々を世界へ飛び出させることを促進している考えを持たれていることを知り、一人でも多くの人に知らない世界を届けていきたいと考えたため、貴社を志望しました。

 

株式会社オリエンタルランド

例文

 

私は、「貴社の様々な人の笑顔をつくる事」に魅力に感じています。

 

私は関わる人すべてを笑顔にしたいと常日頃から考えてます。

みんなが笑っているような楽しい環境が好きで、常に人を楽しませようと企画を考えてきました。

 

中学校、高校では、友達を笑顔にするためにサプライズパーティーを企画を、大学ではハロウィンでただ仮装するだけでなく、笑顔にするために仮装しながらバーベキューすることなどを企画しました。

 

やはり、みんなが笑顔だと私も笑顔になりますし、笑顔が嫌という人も絶対にいないと思っています。

 

そんな中、貴社は、ディズニーリゾートに来ていただいた人たちを笑顔にするために様々な企画をされています。

 

例えば、ディズニーリゾートで水遊びをする企画や仮装する企画など、私も参加して友達ととても笑顔で楽しむことができました。

 

この考えは、規模は全然違いますが、私の考えてきた楽しませ方の延長線上だと思いました。

 

年間3000万人というディズニーリゾートに来ていただく人たち全員をもっと笑顔にしていきたいと考え志望しました。

 

リゾートトラスト株式会社

例文

 

私は「楽しいにこだわってほしい」という社長の言葉を魅力に感じ、貴社を志望しました。

学生時代、講義内で魅力的なビジネスモデルを展開している貴社について知り、興味を持ちました。

 

ホテル業界というくくりではありますが、お客様の満足度を求めてゴルフを楽しむ人向けやペットも一緒に泊まれるなど様々なお客様満足度を高める施策を実施しております。

 

さらに、お客様の人生を彩る点でも、他社と違った「楽しむ」を追求されているのではないかと考えております。


貴社が展開している会員制事業は、長期的なスパンでお客様を満足させないことには続かない事業だと思っており、お客様に「〇〇さんだからお願いするね」と言われる人になるという私の軸と重なりを感じました。

 

今まで私が体育会の部活で培ってきた強い精神力と体力で、一人でも多くのお客様の満足度を追求、さらにはより人生を豊かにするサービスを提供し、貴社の発展に寄与出来るよう努力いたします。

 

株式会社ニチイ学館

例文

 

私の志望理由は、貴社の「すべての人たちの豊かな人生のためにサービスを提供しているところ」に魅力を感じたからです。

 

私はあるボランティアで1年間被災地に住む高齢者の方々に対しての介護体験に参加しました。

 

そのときに、ある方から「明日も来てね。楽しみにしてるから。」と言葉をもらい、子供だけでなくあらゆる全ての人に未来があることに気づきました。

 

翌日、その方に会いに行くと、笑顔で「おはよう」と言っていただき、自分が関わることで相手が笑顔になってくれることにやりがいを感じるようになりました。

 

この経験で私は人の人生に関わる仕事に就きたいと考えるようになり、貴社に入社することで、すべての人の人生に寄り添う仕事ができると考えたため、貴社を志望しました。

 

ベネッセコーポレーション

例文

 

貴社で「教育を通じて、多くの方の人生を変えていきたい」と思い志望しました。

 

私は個別指導の塾で、中学生に受験勉強を教えるアルバイトをしていました。

 

アルバイトをしている中で、中学生の成長をサポートすることのやりがいや、自主的に勉強へ向かわせる難しさを知りました。

 

さらに、中学受験までしか面倒が見れないため、それ以降のサポートをできないことに私は不甲斐なさを感じました。

 

そんな中、貴社は多くの方の一生を「教育」を通じて支えており、教育の根幹を担う企業として、日本国内だけでなく、海外の教育事業まで視野を広げられ、常に挑戦し続けられているところに私は共感いたしまた。

 

今後、さらに教育業界は多様化するニーズに合わせ、最適なサービスの提供がより求められてくると考えております。

 

このニーズを全て満たすサービスを実現出来るのは、私の教育に対する思いと貴社の教育に関する高いノウハウや技術力にしか出来ません。

 

私は貴社に入社し、より多くの方々のニーズを満たし、教育を通じてより良い生活を支えていきたいと考えます。

 

ティーガイア

例文

 

私が貴社を志望する理由は、「未来を拓く、明日への飛躍~CHALLENGE TOMORROW~」という理念が純粋に素敵であると感じたためです。

 

私は合同企業説明会に参加した際に、貴社のブースでお話を伺いこの企業理念は実は社員が作ったとお聞きし、貴社は社長にも声が届きやすい風通しの良い会社であると知りました。

 

さらに、企業理念の考えを社員が持っているということで、私の強みでもある飽くなきチャレンジ精神を、貴社で最大限活かせると確信しました。

 

また、貴社の求める人物像の中に貴社の根底を支えるスピリットは「挑戦」と書かれていることを知り、私のことではないかと確信しております。

 

必ず、貴社に入社した際には私のチャレンジ精神をもとに挑戦し続けていきます。

 

志望動機のNGな特徴

志望動機のNGな特徴

どこでも使えるような志望動機

汎用性のある志望動機は基本NGになります。志望動機は、「なぜその会社でないといけないのか」を伝えるものになるため、どこでも使える志望動機を書いてしまうと企業は「使い回しの志望動機だな」と考えてしまい、選考を通過する確立はガクッと下がります。そのため、あなたがその会社じゃないといけない理由を志望動機として書くようにしましょう。

何が言いたいかわからない

何が伝えたいのかわからないような志望動機もNGです。伝えたいことがいっぱいありすぎるのであれば1つに絞る、話が長すぎるのであれば要点をまとめるなどして、わかりやすく端的な志望動機にすることを心がけてください。

もし、自分で読んでみてどこを直せばいいのかわからないと思うのであれば、友達などに相談してみるのも1つの手であります。また、就活市場も就活アドバイザーがいますので、就活市場公式LINEからお問い合わせいただければと思います。

問い合わせはこちら

自分にベクトルを向けた志望動機

サービス業界は、自分に重きをおいた志望動機もNGになります。サービス業界はお客様のためという部分が大きく関係してくる業界になります。そのため、自分に重きをおいた志望動機だと、お客様に迷惑をかけるのではと企業は考えてしまうため、選考の通過率は下がってしまいます。

そのため、自分に重きをおいた志望動機は基本NGで志望動機は書いてください。

まとめ

サービス業界の志望動機では、お客様のためという部分が重要になってきます。他の就活生との差別化なぜその企業でないといけないのかをしっかりと書くことによって内定獲得に近づくことができます。

あなたも本記事を参考にしてサービス業界の志望動機を考えてください。

以上、内定者の志望動機付き!サービス業界の志望動機の3つのポイント…でした。

サービス業界を志望するあなたへ

サービス業界を志望する就活生がこぞって参加する就活イベントをご紹介します。サービス業界の企業が多数参加しますので、あなたが今まで知らなかった企業とも出会うチャンスです。

大人気イベントのため、参加できる枠数が限られておりますので、ご予約はお早めに。

今すぐ参加する

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 利用者内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 勝てる履歴書をサクッと「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定をゲット「就活市場エントリー」
  • イベント参加で就活を有利に「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ