業界別志望動機と例文。鉄道業界編

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

代表的な公共交通機関の一つ、鉄道。安定した経営状況から人気の業界です。鉄道自体のファンも多いことも相まって、非常に倍率の高い業界でもあります。ライバル達の中から内定を勝ち取るためには、志望動機がとても重要になってきます。また、志望動機を考える上では鉄道業界そのものに対する理解も欠かせません。今回は鉄道業界の大まかな業務内容と、志望動機を考える際のポイント、そして実際の例文をご紹介していきます。

鉄道業界の業務内容

鉄道業界と聞くと、電車の車掌やホームのスタッフなどを想像しがちですが、それらはごく一部です。車両を安全に運行するためには整備が欠かせませんし、そのためのスタッフが大勢います。彼らは所謂裏方ですが、とても重要なポジションですし、整備士に憧れる学生も大勢います。その他にも鉄道業界は営業や開発といった業務もこなし、地域との連携を深めています。

また、不動産関連事業も鉄道業界が手がけている事業の一つです。鉄道の沿線にマンションや商業施設の開発などを行ったり、土地の売買を行ったりすることで利用者の増加に勤めています。

インフラ事業ということもあって、極めて安定感があり、リストラの心配などもないので人気の業界です。平均年収や業界規模も高く、勤続年数も長いことで有名です。一般企業よりも人気を集めるのも納得の好条件だからこそ、鉄道業界への入社は一筋縄ではいかないということを覚悟しておきましょう。

鉄道業界を選ぶ理由を伝える

鉄道業界での内定を勝ち取るには、その業界を選択する理由を明確にする必要があります。何故一般企業ではないのかというのは勿論、何故鉄道業界を志すのかということを伝えましょう。

「年収が高いから」「業界全体が安定しているから」といった理由では不十分です。仮にそれが正直な理由であったとしても、そんな理由では相手に好印象は与えられないでしょう。鉄道業界を選ぶ理由の他に、鉄道業界で自分が何を成し遂げたいのかということまで伝える勢いで志望動機を考えてみてください。

志望動機は明確に

「鉄道業界だから志望した」というスタンスではなく、「この鉄道会社でなければいけない」という視点から志望動機を考えるようにしてみてください。そのためには、どんな企業や業界でも当てはまるような普遍的で当たり触りのない内容ではなく、その企業にしかない、独自の持ち味を切り取った志望動機を意識しなければいけません。

企業ホームページを見るだけではなく、実際に消費者として列車を利用し、企業が努力している点を観察してみるのも有効です。公共交通機関だからこそ、企業研究の方法や着眼点も、他とは違う角度から行うようにしましょう。

鉄道業界の志望動機例文

私は、地域の移動手段として人々の生活に寄り添っている鉄道業界に携わりたいと、高校生の頃から考えていました。

その中でも御社を志望した理由は、単純なのですが、長きに渡って御社の沿線に住み、私自身が日常の移動手段として利用していた、というのがきっかけとして挙げられます。

高校や大学の通学の他、アルバイトや友人と遊ぶとき、デートのときも御社の電車に揺られていました。

その中で、電車というものが移動手段ではなく「サービス」であるということを学びました。

他社の電車に乗る中で、駅員の方に不快な態度を取られたり、邪険に扱われたりといった経験はありましたが、御社の駅員の方はいつも本当に丁寧な対応をしてくださり、日々安心してだけではなく、楽しく電車を利用することができました。

人の命を預かる電車という乗り物は、移動手段としての安全も守らなければいけない一方、利用する方の心の安全も守らなければいけないという大切なことを教えてくれた御社で、私も人々の安心を守りたいと切望し、志望いたしました。

終わりに

志望動機を考える際には、例文のように地域性などを絡めるのが一つの手段です。他に志望度の高い路線があったとしても、自分が住んでいる沿線の鉄道会社にもエントリーしてみるのはとてもオススメです。様々な企業で何度も面接をこなすことで、志望動機や面接の質も徐々に上がっていくでしょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「企業情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

20卒向け就活市場公式LINEアカウント