業界別志望動機と例文。ホテル編

様々な方法でお客様をもてなすホテル。

華やかなイメージから人気の業界でもあります。

東京オリンピックに備え、都内ではホテルの建設ラッシュも起こっており、今後は益々需要が期待できる追い風の業界でもあります。

当然その分ライバル達も多く、彼らとの戦いを制しながら内定を獲得しなければいけません。

そのためには魅力的な志望動機を考えるということは不可欠となります。

憧れのホテル業界への内定を掴むために、魅力的な志望動機を考えられるようにしましょう。

【ホテル業界の志望動機を書くコツ】そもそもホテル業とは

ホテル業とは

ホテルで働く場合には、接客などを実際に行う店舗で働くか、本社で働くかを選ぶ必要があります。

店舗で働く場合にはフロント業務やクローク、ベルボーイ、レストランといった役職の中から、順番で経験したり、特定の場所を担当したりすることになります。

全ての業務に共通して接客という要素があるので、接客やサービス業というもの自体に苦手意識がある方は、ホテル業への就職について今一度考え直してみるのが良いかもしれません。

本社で勤務する場合には一般的な事務や営業、物件の管理、企画といった業務を行うことになります。

店舗と本社運営を行き来するという企業もあるので、必ずしも本社勤務だけ、店舗勤務だけとは限りませんが、宿泊業界で働くのであれば、自分がどういった業務を希望しているのかをある程度固めておくようにしましょう。

ホテル業界の志望動機を書く際の4つのポイント

なぜサービス業界のなかでもホテル業界なのか

数多あるサービス業界の業種ですが、特にホテル業界を選んだ理由は明瞭に書く必要があります。

抽象的に書いてしまうと、「サービス業ならどこでもいいんだな」という印象を与えてしまい、採用する側に見切られてしまいますので、注意しておきましょう。

ホテル業界の中でもなぜそのホテルなのか

さらに、もう一つ注意が必要なことに「ホテル業界とはいえ、なぜそのホテルが良いのか」と言う事を明らかにして書きましょう。

さまざまなホテル会社、ホテル形態がありますので、数あるホテルの中からなぜそのホテル選んだのかを伝えることは非常に大切です。

ここでは特に、そのホテルでの宿泊経験や、特別な体験、ホテルスタッフの印象やもてなしがとても良かったなど、具体例を交える事をお勧めしておきます。

接客業が好きな理由

サービス業界に志望する上で、やはり「接客が好き」である理由は必須として記載しましょう。

もちろんいろいろな理由がありますが、「ホテルにおける接客」につながるように意識しておくと、とても効果的です。

例えば、「明るい接客をすると、とても喜んでもらえたのがきっかけで、接客がとても好きになりました」では、抽象的で、どのサービス業界にも適用できてしまい、使い回しの文章であると思われてしまいます。

参考として、「今まで接客で、グラスの空いたコップなどをすぐに下げたり、その時に追加の注文を聞いたり、常にお客さんに意識を向けていると、お客さんにとても褒められた経験がきっかけで、接客業が好きになりました。さらに御社のホテルに宿泊した時は、反対に、サービスを受ける側として、どうすればお客様が快適に過ごしてもらえるかが考えられていて、自分も御社のような、お客様のことをもっと考えられるような人材になるよう努力していきます。」と書くと、このホテルのサービスが自分にとって目標であることも伝えられます。

その会社に入ってあなたが貢献できること

最後に、志望動機を書く上で大切なこととして、「その会社に入って、何ができるのか」と言うことを必ず書きましょう。

ホテルに快適に泊まれるという、シンプルな体験の裏では、スタッフが見えないところで、常に動き回っています。

自分が働く上で、どういったことを強みとして動いていけるのか、どのように成長していきたいのか、ということを書いていきましょう。

【ホテル業界の志望動機を書くコツ】そのホテルを志望する動機を考える

そのホテルを志望する動機を考える

ホテルラッシュということもあり、国内にはかなりの数のホテルと、ホテル運営会社が存在します。

日本に参入している外資系企業も合わせると、その数は更に増えます。

それらのホテルの中から、自分がなぜそのホテルに志望したのかという動機を考えるのはとても重要なことです。

サービスに魅力を感じたのか、コンセプトに魅力を感じたのか、経営理念に魅力を感じたのかなど、動機は様々だと思いますが、面接官を納得させられるだけの理由を用意しておきましょう。

【ホテル業界の志望動機を書くコツ】アルバイト経験などを絡める

アルバイト経験などを絡める

志望動機を語る上では、アルバイト経験などを絡めるのも有効です。

ホテルで働く場合、店舗勤務の場合は必ず接客が絡んでくるので、その基礎が備わっているというのはとても大切なことです。

特にマクドナルドユニクロなどといった、接客に厳しいことで有名な店舗でのアルバイト経験は、面接で有利に働く可能性が高いです。

早くから宿泊業界や、サービス業界を志望していることが決まっているという方は、就職活動が本格的に始まる前に、アルバイトなどの経験を積んでおくのが良いかもしれません。

その際にはコンビニエンスストアなどではなく、前述したようなマクドナルドやユニクロなど接客に厳しい店舗でのアルバイトが良いでしょう。

ホテルによっては大学生のアルバイトを募集しているので、実際にホテルで働いてみるというのも良いかもしれません。

また、アルバイトからの正社員登用を実施しているホテルも多数あるので、そういったことも事前に確認してから働くと、通常のアルバイト以上に多くのものを得られるでしょう。

【ホテル業界の志望動機を書くコツ】ホテル業界への志望動機例文

例文

私は幼い頃より、宿泊業界に強い興味を抱いておりました。

毎年家族で海外旅行に行く関係上、ホテルに泊まることも多く、いつしか自分もホテルで働きたいと考えるようになっていました。

また、語学にも強い関心があり、特に英語には自信があったので、社会人になってからも語学力が活かせるような仕事をしたいとも考えていました。

そういった背景がありホテル業界への就職を希望していましたが、数あるホテルの中でも御社は、充実した研修制度と徹底したサービスといった部分に重きを置いており、私が最も大切にしたいと考えているホスピタリティ精神を鍛えることのできる環境だと感じました。

幅広い部署に携わることができるので、ホテルの仕事を総合的に覚えることができるというのも非常に魅力的でした。

さらに近年の業績が非常に安定しているというのも志望度を高める決め手となりました。

御社での勤務を通して、立派なホテルマンとなり、多くのお客様をおもてなししたいと考えています。

終わりに:ホテル業界の志望動機を書くコツ

サービス業の中でも高い接客技術と、スキルを磨くことができるホテル業界で働くことができれば、他のサービス業界でもその経験は生きてくるはずです。

もちろん同じ宿泊業界の中でも転職などが有利になるため、この業界に興味があるという人は、是非とも新卒で内定を勝ち取りたいところです。

そのためにも、事前の準備をしっかりと行い、面接官の首を縦に振ることができるような志望動機を考えられるようにしましょう。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ