志望動機が作れない!前日でも間に合う志望動機の書き方

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

面接の前日になっても、エントリーシートや履歴書が完成しない。面接一週間前だというのに、面接官に伝える自分のアピールポイントが思い浮かばない。こういったことは就活生の多くが経験したことがあると思います。

就職活動を続けていると、提出書類には度々頭を悩まされるものです。そういった方の多くは、志望動機の考え方や組み立て方を理解すると、驚くほどすんなりと志望動機が完成するということも珍しくありません。

そこで今回は、志望動機を書く際の考え方や、参考にするべきサイトなどをご紹介していきます。面接まで時間がないという方は、ご紹介するポイントを参考にしながら志望動機を考えてみてください。

転職者向けのサイトを参考にしてみる

転職者向けのサイトを参考にしてみる

志望動機を書くまでにもう時間がないという方は、先ず転職者向けのサイトを見てください。新卒者の就職活動なのに転職者向けのサイトを見ることに疑問を感じる方もいるかもしれませんが、転職者向けサイトには大きなヒントが隠されているのです。

それは、その企業の離職者が書いたコメントです。志望動機を考える際には「どうしてその企業を辞めてしまったのか」という観点から考えて、自分はその環境でも離職しないということを強調するのがポイントです。企業側も転職サイトなどは見ている場合が多く、転職理由をもとに改善を試みているということも珍しくありません。

そんな中で、懸念している離職という問題に対して心配がないという人材が来れば、採用に対しても前向きになるはずです。「残業が多く体力的に厳しくてやめた」という口コミが書かれていたのであれば「体力には自信がある」というべきですし、「転勤が多くてしんどかった」と書かれていたら「場所にこだわらず働くことができます」と面接で答えることで、好印象を与えることができるはずです。

単純な方法かもしれませんが非常に有効でもあるので、時間がないという方は先ず転職者向けのサイトに目を通してみると良いでしょう。

企業サイトのIR情報で研究する

企業サイトのIR情報で研究する

続いて企業のIR情報を研究するということも有効です。IR情報というのは「企業情報」であり、その企業の経営規模や企業理念、業務内容や社員数といった情報を確認することができます。上場している企業であれば、ほぼ必ずこの情報を掲載しているので、志望動機に関わらず、企業研究や業界研究の段階でも必ず目を通すようにしてください。

IR情報を中心とした企業の概要を注意深く観察すると、どういった人材を求めているのかということに加え、様々な情報を入手することができます。前年度の新入社員のインタビューを載せているサイトなどもあるので、採用の傾向を分析することもできます。そこから企業の好みがわかってくるので、得た情報を参考に自分なりの志望動機を考えてみてください。

志望動機の例 (医療業界)

例文

私は幼い頃から父の仕事の都合で転勤をする生活が当たり前になっており、自分自身もその環境を楽しんでいました。

大きくなったら父のように様々な土地や国で働きたいとも思っておりました。

御社は世界的にも事業を展開しており、様々な場所で人々の役に立つ仕事に携われるということが一つの魅力だと感じております。

医療という人々に寄り添う仕事において、より広い範囲で多くの人の生活に携わることができる点に大きな魅力を感じ、企業理念である「あたり前じゃないを失くす」 という言葉にも深く共感いたしました。

私自身も社員の一人として、一人でも多くの人、一つでも多くの国に対して、医療を当たり前のものにできるようにしたいと考えたので、御社を志望いたしました。

終わりに

志望動機を考える際には、自分の思いを伝えるということも大切ですが、企業がどういった人材を求めているのかということをある程度理解した上で考えるということも重要になってきます。そのためには自己分析だけではなく、企業研究や、今回ご紹介した転職したサイトの観察といった作業が重要となってきます。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ