業界別志望動機と例文。信用金庫編

就職活動において金融業界は非常に人気の高い業界です。そのうちの一つである信用金庫への就職を希望する学生も毎年多くいます。一方で、都市銀行や地方銀行といった同じ業界の別業種とも比較されることが多く、信用金庫の志望動機を考えることに苦戦するという学生も少なくありません。

就職活動において志望動機は非常に重要な項目となり、採否を決める上でも大きなウェイトを占めることとなります。逆にいえば、志望動機を上手に書くことができれば、他のライバルたちに大きく差をつけることも可能であるということです。

そこで今回は、信用金庫を志望する学生がどのような志望動機を考えれば良いのかについてご紹介していきます。

金融業界とは?

金融業界は国民経済を支えるサービスを提供する業界であり、個人や法人、国の機関などにお金がスムーズに流通し、循環する仕組みを担っています

金融業界にも様々な種類があり、代表的なものが銀行、証券会社、保険会社です。

銀行の主な業務として預金・融資・為替業務が挙げられます。

銀行は個人や法人から預かった預貯金をもとに、個人や法人に融資を行い、預金金利と貸出金利の利ざやから収益を得るとともに、預貯金を投資で運用するなど資産運用なども行っています。

証券会社は株式・債券、投資信託などの値動きのある金融商品の売買の仲介を行う他、法人企業の上場や社債発行などのサポートや資金調達の支援をする金融機関です。

保険会社は生命保険、損害保険に大別されますが、人生における万が一のトラブルや災害における損害を補填するための保険商品を開発し、販売し、損害が発生した場合には保険金を支払うというのがメインの業務です。

また、支払いに備えて保険契約者から支払われた保険料を運用する、資産運用業務も重要な業務の一つとなっています。

金融業界の中でも重要な位置付けにある銀行には、さらに規模や取引内容などによって種類が分けられます。

メガバンクを筆頭に大都市を中心に展開する都市銀行、地方の一定地域を主な拠点とする地方銀行、顧客の資産コンサルティングや不動産管理、遺言信託などの信託業務も担う信託銀行など様々です。

また、特定の地域に営業エリアを限定し、出資をした会員や組合員を対象に、相互扶助の理念のもとで地域住民や中小・零細企業へのサービスを提供する信用金庫や信用組合も、銀行のカテゴリの一つに位置付られます。

信用金庫を理解する

信用金庫を理解する

信用金庫の志望動機を考える上では最初に信用金庫といったものがどういった業界であるのか、ということをしっかりと理解しなければいけません。その上で外すことができないのが、業界研究や企業研究です。

金融業界全体に対する理解を深めるのはもちろんのこと、自分が志望する信用金庫が他の信用金庫と比較して、それらにどのような違いがあるのかということについても徹底的に調べ上げなければいけません。当然信用金庫のことだけではなく、地方銀行や都市銀行との違いについても調べておきましょう。

信用金庫と銀行の違いとしては、直接金融であるか、間接金融であるかといったことが挙げられますが、当然違いはそれだけではありません。信用銀行を志望する際には、面接で何を聞かれても答えられるように基礎知識など、一通りのことはあらかじめ調べておくようにしましょう。

信用金庫と銀行の違い

信用金庫も銀行も、個人や法人への預貯金業務や融資業務を行う点では同じですが、根拠法や経営理念、サービスの対象者や融資方針などが異なっています。

銀行は銀行法に基づいており、信用金庫は信用金庫法に基づいて設立され、経営される金融機関です。

銀行の対象者は特に定めがなく、全国の個人、法人が預貯金の預け入れができ、融資条件を満たして審査に通れば借り入れも可能です。

これに対して、信用金庫は地域限定かつ会員限定で、預貯金の受け入れや融資を行うのが基本となっています。

個人の会員資格は信用金庫の営業エリアに居住している方か勤務している方に限られます。

一方、法人の会員資格も限られており、単に中小零細企業であれば良いのではなく、信用金庫の営業エリアに立地しているのを前提に、従業員300人以下もしくは資本金9億円以下の企業でなければなりません。

大手企業とは呼ばないレベルであっても、この規模を超えて来ると信用金庫の融資対象や会員にはなれなくなります。

銀行が大手企業などを中心に融資などを行っており、時に中小企業や個人に対しては審査基準が厳しく、融資を実施しないケースも少なくありません。

これに対して信用金庫は、地域密着型で地域の中小企業の経営活動や個人の暮らしを支援するのが目的です。

信用金庫の基本理念として、地域のお金は地域に還元するというのがあります。

銀行が銀行法において、国民経済の健全な発展に資するとされているのとは大きく異なり、一定地域の発展を目標とする金融機関です。

そのため、信用金庫の営業地域は一定の地域に限定されており、会員制度を構築して運営されています。

信用金庫では地域の会員から預けられた預金を、地域の中小零細企業や住宅ローンや生活ローンなどを通じて会員である個人に融資することを通じて地域経済を支えています。

この点、融資については会員を対象にするのが原則ですが、700万円以内の小口融資については会員以外の方でも利用できる場合があります。

融資の対象や金額などに条件が付されているのも、銀行とは異なる点です。

全国民を対象に、国民経済の健全な発展を目指して、大手企業や国の機関なども含めた国民経済を支える役割を果たす銀行に対し、地域密着で地域経済を支えているのが信用金庫です。

中小企業や地域住民のための協同組織による地域金融機関であり、会員や利用者、地域のニーズに応えることを経営の基本に置いています。

会員の出資による協同組織の非営利法人であるのも、大きな特徴です。

これに対して銀行は株式会社組織の営利法人であり、個人や法人の顧客への預貯金業務や融資業務を通じて、最終的には株主の利益を優先させなくてはなりません。

つまり、利益第一主義の金融機関です。

信用金庫は一定地域の方が会員となって互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織であり、利益第一主義ではなく、会員および地域社会の利益が優先される点でも違いがあります。

金融業界を志望するうえでは、両者の違いをよく理解し、国民経済を支える大きな仕事をしたいのか、地域密着型で地域を支える役割を担いたいのか、しっかり検討していきましょう。

確固たる志望動機を練る

確固たる志望動機を練る

企業研究や業界研究を通して、信用金庫に対する理解を深めることができたら、次に志望動機を本格的に考えていきましょう。信用金庫に限った話ではありませんが、企業に使用する場合大抵の場合は他の企業と比較されることになりません。「その理由であれば他の信用金庫でも良いのではありませんか?」と聞かれることを想定しておきましょう。

このように聞かれて何も言い返せない場合にはその志望動機は弱いかもしれません。面接官がどのような質問をしてくるのかということを想像しながら志望動機を考えてみてください。信用金庫の志望動機を練る上でのポイントは地域性です。株式会社ではない信用金庫は、利益還元を株主に行わないという特徴があります。そういった部分にフォーカスしながら志望動機を練ってみたり、一般企業との違いを明確化し、信用金庫ならではの特色といったところから考えてみたりすると良いかもしれません。

独自性のある志望動機を練り上げるためには、積極的に他の信用金庫についても調べてみることをオススメします。比較をすることで企業に対する自身の志望度を高めるきっかけになるかもしれません。

地元の信用金庫は就職が有利

地元の信用金庫は就職が有利

前述した通り、信用金庫は株式会社とは違い、利益を地域に還元することが大きな特徴となっています。そのため信用金庫に志望する際には地域貢献といった部分をメインとするのが常套手段とされています。志望する信用金庫がある地域で育ったという学生は、そのことを志望動機に組み込むと、就職活動でも好印象を与えることができます。信用金庫への就職を希望する場合は、最初に自分が育った地域の信用金庫が新入社員を募集していないかということを調べてみると良いでしょう。

その地域の人でなければ採用しないというわけではありませんが、客観的に見て学生と地域に関連性が見られない場合にはなぜその信用金庫に志望しようと思ったのか、理由は必ず聞かれると考えておいた方が良いでしょう。その時になって慌てるのではなく事前に答えられるようにしておいてください。

金融業界に向いている人

信用金庫をはじめ、金融機関に向いている人はどのような人なのでしょうか。

信用金庫を志望しようか迷っている方にとっては、自分の性格や能力に合うかを見極めたいところです。

どんな人が向いているのか、どのような人物が求められているのかを、まず理解しておきましょう。

自分にない能力だからあきらめるというのではなく、その力を養うことはできるかや、自分にはない能力をカバーする能力がないかを考えることも大切です。

数字に強い

数字に強いことは、金融機関にとっては基本的な能力であり、スキルです。

お金を扱う業務であり、1円単位での正確な計算や扱いが求められます。

わずか1円でも狂えば帰れなくなるほどの正確性が求められる業界ですから、数字が苦手、計算が苦手といった方には基本的に向いていません。

数字への苦手意識をなくし、計算力をはじめ、財務諸表などを読み解く力も高めていきたいところです。

計算や財務関連の書類を読むのが得意でないという方は、簿記の勉強をするなど、スキルアップをしていきましょう。

また、数字に強いことと同時に、お金を大切に扱う意識もしっかり持つことが大切です。

お客様から預かる大切な資産に対する責任感を持つようにしましょう。

日頃から経済の動きを見ている人

みなさんは、経済新聞などを読んでいますか。

信用金庫をはじめ、金融機関を志望するなら日本経済新聞の熟読は必須です。

今の時代はオンライン版がありますので、契約をして毎日目を通すことが大切です。

また、テレビの経済ニュースをチェックすること、世界経済の動きに敏感になることも不可欠です。

国内外の政治情勢や地域紛争、災害や感染症拡大などが起きたとき、どのようなことが起こるのかを日頃の情報収集を通じて分析したり、予測できたりするように経験を積んでいきましょう。

日々の為替の動きや日本や米国の株価や金利、GDPや失業率などの主要指標は逐一チェックしておきましょう。

アナリストなど専門家の意見も参考にしながら、自分なりに経済を読み解く力を養成していくことが求められます。

コミュニケーション力がある人

信用金庫は営業エリアが限定され、地域で暮らす方や地域で働く人、地元の商店や中小零細企業の頼れる金融機関としての役割を担っています。

1人ひとりのお客様のニーズに寄り添うこと、抱えている悩みや問題を親身に聞き、解決できる手段がないかを提案していくことが求められます。

そのためにも、コミュニケーション力は必須です。

敷居が高い、相談しにくい、話を聞いてくれないなどと思われないことが、信用金庫職員に求められる能力の1つです。

お金に関することはシビアで責任感や倫理観、責任感がとことん求められますが、地域のお客様に対しては笑顔で接することや、親しみやすさも求められます。

論理的思考能力がある人

お金を扱い、お金を動かしていくうえでは感情や勘任せで動くのではなく、論理的思考力も欠かせません。

とくに地域の個人事業主や中小零細企業の事業主の相談に乗り、融資の判断などをしていくうえで、適切に論理的思考力を働かせていく必要があります。

資金調達のサポートはもちろん重要な役割ですが、不良債権を抱えるわけにもいきません。

抱えている問題や相談内容を紐解き、提出された事業計画書や再建計画書などを読み解いて、将来を見通し、融資をするかの判断が求められます。

時に相談者は感情的になったり、温情を求めたりしてくることもありますが、そこは金融機関の人間として冷静に判断しなければなりません。

論理的思考力を活かして説得力のある説明を行うことで、相手も納得できるのです。

マネジメント力がある人

信用金庫をはじめ、金融機関は基本的に縦型社会の組織です。

入社時は一般行員として営業や店頭窓口、バックヤードの業務などを経験し、人事異動によって多彩な業務を経験しながら一人前になっていきます。

その後、能力や経験が認められれば、主任になり、課長になり、部長になり、副店長へと昇格し、やがては店長として、地域における1つの信用金庫をマネジメントしていく人材になることが期待されています。

高みを目指す方はもちろん、顧客との対応でもマネジメント力は必須です。

顧客のライフスタイルなどに合わせた金融商品を提案する力、現在抱えている問題と将来を見据えて企業に融資をするにも、マネジメント力が求められるからです。

信用金庫の志望動機例文

例文

私は大学を卒業したら生まれ育ったこの地域に戻ってくると決めていました。そして就職する際には、地域に貢献できるようなやりがいのある仕事に就きたいという風に考えておりました。その上で真っ先に思い浮かんだのが、信用金庫での就職です。

通常の銀行などとは違い、地域に利益を還元するという点に魅力を感じました。また地域の財政や人口に関わる問題の解決に携わることができるのではないかと思いました。

信用金庫という立場から、地域の企業と連携して自分の故郷を盛り上げていきたいと考えております。

終わりに

信用金庫の面接では、高確率で銀行との違いや同業他社との比較をした質問をされることになります。様々な質問パターンを想定しながら自然に入念な準備をしておくようにしましょう。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ