【参考例文あり】就職活動の面接で特技を聞かれた場合のアピール方法やアピールの重要性とは

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活生であれば、就職活動の面接において「あなたの特技は何ですか?」という質問を受けることは非常に多いでしょう。

就活生の中には、「自分の特技がわからない」「特技として言っていいものなのかわからない」という悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

面接官の質問にはそれぞれ意図がありますので、その意図を汲み取った上で適切な回答を心がけましょう。

今回は、「あなたの特技は何ですか?」という質問をされた際の伝え方やアピールする特技の重要性をご紹介します。

面接でアピールする特技の重要性

面接でアピールする特技の重要性

そもそも就職活動の面接で特技を聞かれるのにはどのような意味があるのでしょうか。

特技の説明の仕方を見ている

特技とは、その人自身が得意なこと・得意だと思っていることです。

面接官は、その特技について知らないことや名前は聞いたことがあっても詳細はわからないということもあります。

社会に出ると、営業やコンサルティングなどで相手の知らないことに対してわかりやすく説明して理解してもらう機会は非常に多いです。

そのため、面接官は「わかりやすく説明する能力」を見ています。

具体的に自分は何が得意なのか、そしてなぜその特技を選んだのかを説明できるようにしましょう。

アイスブレイク

就活生にとって就職活動の面接は非常に緊張するものです。

就活生が面接で話しやすくなるように、アイスブレイクとして特技の話題を提供している可能性もあります。

面接官も就活生の素の部分や本質的な部分を見て評価をしたいので、冒頭に就活生の緊張をほぐすアイスブレイクを兼ねて特技を質問していることもあります。そのため、リラックスして答えるようにしましょう。

資質を見ている

特技ということは、何かしら自慢できる成績やスキルなどがあるという風に考えられます。特技の成績やスキルを獲得・習得するにあたり、

  • どのような目標を立てたのか
  • どのようなことに取り組んだのか
  • 上手くいかなかった時にどのような工夫をしたのか
  • 取り組んだ結果、何を学んだのか

など、「特技は再現性があるもので、入社後に活躍できる資質があるのか」を見極めていることも考えられます。

なので、アピールする特技が何なのかはそこまで重要ではなく、特技の説明の仕方や資質を見られていること、単なるアイスブレイクとして聞かれているだけかもしれません。緊張しすぎず、リラックスして答えるようにしましょう。

面接でアピールすべき特技の例

面接でアピールすべき特技の例

面接ではどのような特技を言えば良いのでしょうか。

まず特技は次のような流れで探して見てください。

  1. 自分の趣味や好きなこと・得意なことを書き出してみる
  2. 面接を受ける企業もしくはその業界で求められているスキルや特徴を書き出す。
  3. 1と2で近しいものを選ぶ。
  4. 3で合致するものがある場合は、具体的な体験談や取り組んだ内容を思い起こし、時系列で整理しておく。
  5. 3で合致するものがない・わからない場合は、1の中から自分が一番伝えたいことや自信を持って伝えられるものを選ぶ。そのうえで、具体的な体験談や取り組んだ内容を思い起こし、時系列で整理しておく。

また、何も思いつかないという就活生のために特技とアピールできる内容の参考例をご紹介します。

スポーツ

  • 目標を立てて実行して成果を残したこと
  • チームを率いて何かに取り組んだこと
  • チームの中で自分の役割を探し、チームに貢献したこと

映画鑑賞

  • 自分のストレスをコントロールする方法
  • 映画を見た後に感想をブログにまとめて更新していること
  • 映画に携わる関係者がそれぞれどういう役割を担っているかの研究

旅行

  • 行ったことがない地域に行き、自分の視野を広げること
  • 様々な地域の文化に触れ、多様性を受け入れられるようになったこと
  • どのルートで行くと一番安いのかなどの計画を立てること

  • 自分を表現する方法を身につけたこと
  • 時間を忘れて没頭できることを見つけたこと
  • 自分の作品を他の人に見てもらい、何かしら感じてもらうこと

音楽

  • 音楽を通して自己主張できるようになったこと
  • 自分で曲を作ったり、披露したりすること
  • 時代ごとの流行りの音楽の共通性を見つけること

読書

  • 特定の領域の知識を身につけたこと
  • 業界など問わず幅広い知識を身につけたこと
  • 一人で楽しむことができるものを見つけ出したこと

ファッション

  • 服の個性を活かして自分を魅力的に見せることができること
  • 知り合いや友人にコーディネートを頼まれること
  • シーンに応じた服装を選べること

パソコン

  • プログラミングや解析など特定のスキルを身につけていること
  • パソコンの設定や操作などをマスターしていること
  • パソコンを組み立てて作れること

上のものはあくまでも一例ですが、定量的であれ定性的であれ、自分が特技だと思えることは特技です。

他の人よりこだわっていること・得意なことを特技に紐づけてアピールしてください。

特技を面接で上手に伝えるには?

特技を面接で上手に伝えるには?

「あなたの特技は何ですか?」という質問に対して、「〇〇です。」と答えるだけは、面接官もその特技はどういうもので、どういう観点で特技と思っているのかなど全くわかりません。

なぜその質問をしたのか、その質問を通して自分の何を知りたいのかを汲み取って答えるようにしましょう。

特技を面接で上手に伝えるポイントを5つ紹介します。

最初に結論から答える

まず質問に対して結論から答えることを心かけましょう。

今回の場合、「あなたの特技は何ですか?」と聞かれているので、まず「〇〇です。」と答えることが重要です。

そうすることで、面接官は最初に答えた特技について話すのだということを理解できる上、本人も途中で何について話しているのかわからなくなるということを防ぐことができます。

特技の概要を説明する

質問に対して答えた特技を面接官が知らない場合もあります。

そのため、その特技はどういうものなのかという概要を説明することで、面接官もより詳細にイメージすることができます。

具体的なエピソードを入れて話す

なぜその特技を答えたのかをエピソードを交えて説明しましょう。

  • どのような目標を立てたのか
  • どのようなことに取り組んだのか
  • 上手くいかなかった時にどのような工夫をしたのか
  • 結果、何を学んだのか

など、自身の体験談や考えたことを主観だけでなく客観的に掘り下げましょう。

面接官もきちんと特技とその理由をイメージしやすく説明することで、面接官もきちんと考えて準備しており、自己分析もきちんとできているということで評価をしやすくなります。

仕事と関連づける

ただ特技の説明をするのではなく、その特技を仕事にどのように活かすことができるのかを説明できるとなお良いです。

例えば、

特技はランニングです。自分で決めたことを一度やりきりたいと思い、大学3年生の時にフルマラソンを走ると決めました。フルマラソンで完走するために自分に何が足りていないのか、どれくらい練習をすれば目標を達成できるのか、計画を立てて随時PDCAを回しました。結果フルマラソンを目標タイム内で走りきることができました。今後仕事においても『フルマラソンでの自分で立てた目標と計画をきちんとやりきる』ということは活かすことができます。

というように、自分の特技やその具体的なエピソードを仕事と関連づけて話すことで、さらに良い回答をすることができます。

業種や職種によって変える

特技や特技を元にした自己PRは、面接を行う企業の業種や応募した職種によって変更することが望ましいです。

業界や職種が異なることにより、求められる特徴やスキルなどは異なります。自分の特技をいくつかリストアップし、それぞれ求められる特徴やスキルに当てはまるものを選択して、話してみてください。

また、それぞれ特技を用意すること以外にも、一つの特技を軸として求められる特徴やスキルに沿うようなエピソードのレパートリーがあると、柔軟に対応しやすくなります。

面接で話す特技でNGなのは?

面接で話す特技でNGなのは?

面接で話す特技は、自分が一番伝えやすいものや企業に合わせたものがベストですが、なんでも良いかというとそういうわけではありません。

世間的にマイナスなイメージがあるものや法に触れるものなどは、かえって悪い評価を受けることがあります。

具体的にどのようなものが該当するのかをご紹介します。

ギャンブル

パチンコやスロット、競馬や競輪などのギャンブル自体が悪いわけではありませんが、就職活動という場では就活生の堅実性や計画性などで良くない評価を受けてしまう可能性があります。そのため、不利になってしまう可能性も。(志望会社の業界や仕事内容と関係する場合は問題ありません。)

政治や宗教

政治や宗教は、個人の価値観や家族などの影響によってわかれるため、就職活動において避けた方が無難です。

就職活動の面接では、その人が特技に取り組む姿勢などを評価しようとしていますので、他の特技を書くことをお勧めします。

ゲームやアニメ(業界にもよります)

ゲームやアニメはNGというよりも伝え方に気をつけた方がいい可能性があります。

近年、ゲームやアニメなどの規模が大きいイベントが開催されるなど、社会現象となることも増えてきましたが、その特技が会社に入ってから活かすことができるのかイメージを持ちにくいのです。

面接官の方が高齢の方であれば、ゲームやアニメに関して全く知識がない可能性もあるので、きちんとわかるように説明することも重要です。(志望会社の業界や仕事内容と関係する場合は問題ありません。)

犯罪のニオイがするもの

もちろん、犯罪に関係すること、連想させることはNGです。

企業は情報セキュリティーやコンプライアンスなど、自社の情報や資産をきちんと管理する義務があります。

特技が犯罪のニオイがするものであれば、なかなか面接官も信用を持つことができません。

犯罪に手を染めないことはもちろん、犯罪に関する誤解を招くようなことは控えるようにしましょう。

自分の特技がない・わからないからと言って、自分に関係ないことや得意でないことを話すのはやめましょう。

面接官は特技そのものを知りたいのではなく、特技に関連した情報を知りたいので、特技の情報を深掘って質問された時に上手く答えられずボロが出るのは確実です。

また、そこで嘘をついてその場は評価されても、自分の希望と合わない配属になったり、後ろめたい気持ちになったりするので、この後ご紹介する特技の探し方で探すなどして、嘘をつくのはやめましょう。

特技がない場合は面接でどう話す?

特技がない場合は面接でどう話す?

自分の特技がない、わからない場合でも、「ありません。」と答えるのはNGです。

自分がこれまで打ち込んだこと、チャレンジしたこと、少しでも好きなことなどを一度整理して、自分では特技と思っていなかったけれども、他の人よりできること、興味が強いことなどは必ずあるはずです。

「特技ではないですが、今こういうことに興味を持っていて・取り組んでいて、今後特技にしていきたいです。」

などと答えることで、面接官もそこから話を深く掘り下げることができます。

それでも特技がわからない場合は、アルバイトやサークルでの経験を話しましょう。

なぜそのアルバイトやサークルを選んだのか、どういうことをやって、何を学んだのか、その学んだことをどう活かしていきたいのかなど、ストーリー立てて説明できるようにしておきましょう。

どうしても特技がわからず話せないという場合は、「特技」の項目がない履歴書を用意しましょう。

基本的に就職活動の最初の面接は、履歴書やES(エントリーシート)に記載されている内容を元に進められます。

そこで特技の項目のない履歴書を用意することで、特技に関して質問される可能性は低くなります。

面接で話す特技の探し方

面接で話す特技の探し方

面接で話すことができる特技がない場合は、特技を見つけていきましょう。

これまでの人生を振り返る

まず、これまでの人生の中で以下のような経験があれば、書き出してみてください。

  • 褒められたこと
  • よく頼まれたこと
  • 人によくアドバイスを求められたこと
  • 時間をかけてやってきたこと
  • 無意識のうちにやっていること

まずは特技を見つけようと堅苦しく考えず、とにかく書いてみましょう。

そこから自分の特技に当てはまるもの、他の人よりも得意なことを絞り出してみましょう。

家族や友人など身近な人に聞いてみる

自分では気づけていないけれども、他の人から特技だと思われていることもあります。

まずは自分のことを誰よりも知っている家族に聞いてみましょう。

何十年という月日を過ごしていて、本当の自分を知ってくれているからこその意見もあるでしょう。「何をしている時が楽しそうか」「無意識にやっていることはないか」などの質問をしてみると、自分でも気づけなかった特技を見つけることができるかもしれません。

特技の一覧のカテゴリーを見てみる

履歴書趣味・特技の例 一覧では、趣味や特技のカテゴリーを一覧で表示しています。

このカテゴリーを見て、自分の特技に当てはまりそうなものをいくつか選択してください。

自分では気づいてなかった得意なことも見つかる可能性もあるので、一度じっくり確認することをおすすめします。

普段の生活から探す

日々の行動をチェックしてみると、自分では習慣になっていても他の人からするとすごいこともあることでしょう。

  • 自炊
  • 掃除
  • 洗濯
  • 早寝早起き
  • 飲み会の幹事
  • 社外活動

など、幹事であればその飲み会の趣旨にあった飲食店を探すことが得意など、余暇活動も特技と言って良いでしょう。

適性診断を受けてみる

最近では、自己分析のツールとして適性診断を受けて、統計データから自分の特技を見つけることもできます。

いくつかの質問に答えることで、自分がどういう人間なのか、何が得意で何が苦手なのかを客観的に分析してもらうことが可能です。

インターネットで検索をすれば適性診断を受けることのできるサイトがありますので、特技を見つけるヒントにしましょう。

ご紹介した5つの方法を活用することで、まずは自分の興味があること、他人から評価されていること、統計データからみる自分の傾向を把握することができます。

いきなり「特技」を見つけることは難しいですが、まずは興味があることや好きなことなど広げて絞って行くことで、特技を見つけやすくなります。

まとめ

今回は、就職活動の面接における「特技」に関する質問の意図や、特技を見つける時の参考例などをご紹介しました。

就職活動の面接で非常に多く使われる質問なので、自分で考えることや他の人に聞くこと、適性診断を受けることなど、調べ方・見つけ方は色々あります。

しかし、重要なことは面接官の質問の意図を考えて、その意図を汲み取った上で回答することです。

ぜひ、特技の質問だけでなく、面接官側の視点に立って面接に臨んでください。

ご紹介した特技の見つけ方、話し方以外にも就活市場では、就活に関する多くの情報を発信しています。特技だけでなく、その他にも不安を抱える新卒者の方に役立てていただきたいです。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ