面接で失敗は当たり前!?怖いと感じるときの対処法は?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

【内々定を獲得!】経営者・人事責任者が集結する就活イベント【参加後、最短1週間で内定】

自分の将来に直結することから、就活時の面接を怖いと感じる新卒者は少なくありません。面接に行きたくない、逃げ出したいと思うこともあるでしょう。怖い気持ちから解き放たれるにはどうするべきか、面接が怖いと感じるときの対処法を紹介します。

面接が怖いと感じる理由を考えよう!

面接が怖いと感じる理由を考えよう!

書類選考、筆記試験、面接が新卒採用の一般的な流れです。書類選考はコツ、筆記試験は努力次第で克服できますが、面接はその場の雰囲気もあって苦手に感じる人も少なくありません。「面接が怖い」「できれば面接に行きたくない」と思う人もいるのではないでしょうか。

それではなぜ面接が怖いと感じるのでしょう。「面接が怖い」を克服するために、まずは面接が怖いと感じる理由を考えてみましょう。

面接が怖い原因1.自分に自信がない

面接が怖いと感じる理由の1つが、自分に自信がないことです。面接ではときに、答えにくい鋭い質問をされ、うまく答えられることができず不完全燃焼に終わってしまうことがあります。それでも採用されれば不安は消えますが、不採用だといつまで経っても失敗を忘れられません。

さらに面接落ちを繰り返すことによって、「自分は価値のない人間なのだろうか」と自信がなくなってしまいます。

面接が怖い原因2.はじめから面接に落ちると思っている

自分に自信がない原因に繋がる部分もありますが、はじめから面接に落ちると思っている自己評価の低さも面接が怖いと感じる原因です。面接は筆記試験と違い数値的に判断できるものではありませんし、100%突破できる保障もないのでさらに不安を助長してしまいます。

ただし、こうした面接に対する自信のなさは、面接のための事前準備をしっかりするなどで、ある程度克服が可能です。

面接が怖い原因3.相手からどう思われるか不安

新卒採用の面接には、自分と面接官のパターン、他の就活生も交えた集団面接のパターンがあります。どちらも自分の言動を見ている人がいるという点は共通です。そして、その人から見られているという意識が面接を怖いものにします。

「自分をしっかりアピールできているだろうか」、「自分の意見はどう思われているのだろう」と考えるほど、どつぼにはまってしまうのです。

面接が怖い原因4.面接特有の圧迫感がある

実際はそうでなくても、「この企業を逃したら次がない」「面接で落ちたら立ち直れない」と面接特有の圧迫感も面接を怖いものにします。すでに何社も採用試験を経験していると、少しは心に余裕が出てくるものですが、経験が少ないと余計な想像が膨らみ、過度に自分自身にプレッシャーをかけてしまうものです。

すべては自分の思い込みなのだと、まずは緊張感を解きほぐすことが第一歩でしょう。

面接の怖さを打ち消すために事前準備をしっかりと!

面接の怖さを打ち消すために事前準備をしっかりと!

面接に対する自信のなさや相手からどう思われているかの不安など、面接を怖いと思う気持ちは、事前準備をしっかりすることで和らげることができます。

それではどのような事前準備をすれば面接に対する不安の克服に繋がるのか、意識しておきたい4つの対策をみていきましょう。

事前準備1.入室から退室までのシミュレーションをする

入室から退室までは一般的に以下の流れです。

  1. ドアをノックして入室
  2. 名前や学校名などの導入
  3. 志望動機や希望の職種
  4. その他質問や応募者から企業への質問
  5. お礼の言葉を言って退室

面接の経験が少ない場合は、面接の状況に慣れることが大切です。そのためにも、入室から退出までのシミュレーションをすることは効果的といえます。場当たり的に面接に臨むと、緊張感が邪魔をして思うような言動ができないためです。

自分1人でのシミュレーションの他、友人や学校の関係者などを交えて何度もシミュレーションを重ねてみましょう。シミュレーションでは、応募者ばかりでなく、面接官役になることで面接官目線でも面接を把握できるようになります。友人の面接の手伝いも積極的にしてみましょう。

事前準備2.企業研究を十分にする

応募書類に記入することもある志望動機ですが、説得力のない動機だと面接でより突っ込まれることになります。なぜ応募した企業が良いのか、面接官が納得できる理由を用意しておかなくてはなりません。

そのためには、どのような企業で、どのような方針のもと活動をしているのか。また、自分の将来的の目標と企業の方向性はマッチしているのかを知るために、十分に企業の情報を得ておく必要があります。

事前準備3.自分についても分析しておく

企業研究と同じくらい重要なのが自己分析です。面接では、どのような人物か、企業の方向性とマッチするかを知るために、応募書類よりも具体的な質問が行われます。例えば、「どのような強みがあるか」「自分自身どのような性格と考えているか」などです。

このような質問には、答えと合わせて裏付けとなる体験談が効果的ですが、自分自身について理解していないとうまく答えることができません。

事前準備4.質問と回答を想定する

面接が怖いと思うのは、筆記試験と違って問題の予想が難しいからです。ただしまったくの予想ができない訳ではなく、企業面接にはある程度のパターンがあります。パターンを理解し、質問に対する予想を立てて回答を用意しておけば、面接であわてる必要がなくなるでしょう。

さらに、回答を頭に叩き込んでおくことで、自分の意見をしっかり伝えることができ、面接での失敗を少なくできます。一般的な質問例は参考書を、企業の面接パターンはインターネットの口コミなどを利用して分析し、質問の予想を立て、回答を書き出してみましょう。

怖い面接を打破する考え方

怖い面接を打破する考え方

面接が怖いという意識を和らげるためには、事前準備が有効だと紹介しました。しかし、事前準備をしても面接を泣くほど怖いと感じる人もいます。それは、面接に対する心構えが不十分だからです。事前準備と合わせて、面接という壁を乗り越えるためのメンタルづくりも行いましょう。

ここでは、怖い面接を乗り越えるための意識改革と考え方を紹介します。

面接官も普通の人間だと考える

面接が怖いと思う原因には、プレッシャーから面接官を特別視しすぎることがあります。面接官は特別な人間ではなく普通の人です。面接官も、面接を経て採用された経験者だと思えば緊張も少しは弱まるでしょう。

また、採用する側として新卒者よりも企業の方が優位な立場にあると考えがちですが、面接官も将来のために良い人材を確保するプレッシャーがあります。対等な立場にあるのだと再認識することで、不安も幾ばくか和らぐはずです。

練習だともっと気楽に考える

面接が怖いと感じるのは、面接で落とされてしまうのではという不安があるからです。面接次第では第一希望の企業に採用されない可能性もありますが、第一希望に落ちたからといって、すべての企業で不採用になる訳ではありません。

さらに、こうした不安を募らせると、本番で思うように力を発揮できなくなってしまいます。面接ばかりに囚われないためにも、この面接は練習だともっと楽に考えましょう。

不安なのは周りも一緒

面接を不安に感じるのは自分だけではありませんし、おかしなことでもありません。面接で緊張しない人は少なく、面接について何かしらの不安を抱えているのは普通のことです。

周りの人も同じように不安で緊張していると思うと、少しは気が楽になるのではないでしょうか。また、面接の時間は思い悩むほど長くありません。だいたい10~15分程度で、思い悩むのももったいないほど、あっけなく終了します。

回答できなくても大丈夫

質問に良い回答で返さなければというプレッシャーも、面接が怖いと感じる理由ではないでしょうか。実は、面接時にすべての回答にスラスラ答えられる人はそう多くありません。

思ったようにすぐに回答できない人は珍しくないのです。ですから、しっかり質問に回答できなくても気負う必要はありません。

それよりも回答できなかった場合にどう対処するかが大切です。少し回答する時間が欲しい、勉強不足だったから勉強しておきたいなど意思表示を明確にしましょう。答えに詰まって支離滅裂な受け答えをする方が印象は悪いです。

面接が怖い!緊張をほぐすためには?

面接が怖い!緊張をほぐすためには?

面接が怖いという気持ちを和らげる方法として、事前準備や気持ちの切り替えについて紹介してきましたが、面接日が迫ると緊張感が高まり、面接に行けないと思い詰める人もいます。面接による緊張感を少しでも抑えるために、緊張をほぐすための方法を知っておきましょう。

面接前にやっておきたい5つの緊張をほぐす方法を紹介します。

1.体操をする

体操することによって身体がほぐれ、血行も良くなるほか、気持ちの切り替えにもなります。できれば全身を動かすと良いですが、面接前の待合室で緊張をほぐすなら、目立ちにくい足首を動かしましょう。足首を回したり、足指をグーパーしたりするだけでも十分です。

2.寝る前に身体を温める

いよいよ面接日だと思うと眠れない夜もあると思います。緊張で眠れないときは、身体を温めるのが効果的です。身体が温まるとリラックスし、眠りにつきやすくなります。面接日前日など、緊張で眠れない夜はぬるめのお風呂に長く浸かるなどして身体を芯から温めましょう。

3.ツボを押す

緊張をほぐす方法にはツボ押しもあります。面接前におすすめなのが、合谷というツボ。親指と人差し指の手の甲の骨が交差する場所です。眠気にも効果が期待できるので、前日よく寝れなかったときにも押すと良いでしょう。

4.深呼吸をする

緊張すると過呼吸になる人もいます。なぜなら、緊張すると呼吸が浅くなってしまうためです。冷静さを取り戻すためにも、息を大きく吸って、大きく吐く、深呼吸を意識してみましょう。深呼吸なら目立たないので、面接前にもできます。

5.前向きな言葉を発する

面接の不安が頭の中を占めてしまったら、「きっと大丈夫」「失敗しても次がある」と前向きな言葉を発してみてください。口にすることで気持ちを整理できますし、冷静になることができます。たとえ面接に落ちても、次の面接を受けるだけでなるようになるのだと、気を楽に持つことで過度な緊張もなくなるでしょう。

面接は失敗して当たり前!

面接は失敗して当たり前!

10社、20社と何度も面接に失敗してしまうのは就活では普通のことです。それは、良い条件の企業ほど人が集まりやすく倍率が高くなってしまうため。できるだけ良い企業に就職したいと思うのは当然のことなので、希望をあげるほど面接で失敗する確率も上がります。

何度も面接に落ちて、これ以上面接に行けないと思ったなら、面接の常識は失敗することだと繰り返し自分に言い聞かせましょう。

失敗は成功のもと

「失敗は成功のもと」といわれますが、就活の面接にもこのことわざは当てはまります。失敗を繰り返すことで、面接に慣れますし、ある程度のパターンがわかってくることで面接の攻略がしやすくなるためです。

面接で落ちてしまうのは普通のことであり、特に珍しいことではないので、失敗は成功に繋がると信じて前向きに面接に臨んでみましょう。

重要なのは失敗しても落ち込まないこと

面接に落ちたら「自分には価値がないのか」「良いところはないのか」とマイナスにとらえがちです。面接は、企業が考える良い人材を獲得する場でもありますから、たとえ成績優秀であっても、企業の考える人材に合っていなければ落とされることもあります。

ただし、採用したい人材は企業によって違うため、同じ業界や同じ職種であっても、他の会社であれば採用の可能性はゼロではありません。重要なのは、希望の会社に採用されなかったからといって落ち込まないこと。

落ち込む時間があるなら、次の面接のために何ができるか考える方がよっぽど有意義です。面接に落ちたからと、あまり考え込みすぎないようにしましょう。

振り返って次の面接に生かそう

面接で落とされるのには理由があります。企業の方向性と自分の考え方が、ミスマッチであったなら仕方ないですが、うまく自分をアピールできなかった、説明に説得力がなかったなど反省点もあるはずです。

大切なのは、反省だけで終わらずに、次に生かせるように反省点を克服すること。アピールがうまくいかなかったのなら面接の練習を増やす、説得力がなかったなら体験談を使ったストーリーをシンプルかつわかりやすく組み直すなど工夫しましょう。

すでに何度も面接を経験している人でも、反省を生かせる人とそうでない人とでは結果が大きく変わってくるものです。自分を採用してくれる企業はあると信じて、次の面接に臨むようにしましょう。

まとめ

面接が怖いと思う感情はある程度和らげることができます。ぜひご紹介した方法を試してみてください。

この他、就活市場では新卒者向けに就活に関する情報を配信しています。就活でお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

キミスカLIVEへご招待

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

ESをラクの作成!