MRのエントリーシート、志望動機はどう書けばいい?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

製薬業界の中でも、MR(Medical Representativeの略称)を志望する学生は多いのではないでしょうか?MRとは、医薬情報担当者を英語に直した際の頭文字で、医療機関や医療従事者を訪問し、医薬品の情報を交換、収集する職業を指します。非常に人気の高い職なので、信頼の厚い大手のMRを中心に、毎年競争率が高いことで知られています。そんなMRに志望する際、気になるのは志望動機についてです。どのような志望動機を書くのが好ましいのか、実際の例文や面接における質疑応答などについてご紹介していきます。

MRの志望動機を見つけるコツ

志望動機について悩んでいる人の中にはそもそも志望動機が思い浮かばないという人もいると思います。そんなときは以下の方法で志望動機について考えてみると良いかもしれません。

自己分析で自分を知る

そもそも志望動機が思い浮かばない、という人はこの部分が不十分である可能性が高いです。MRという職業を志望するに至った経緯には、何かしらの理由があるはずです。過去に医療機関にお世話になった、家族がMR職に就いている、理系で医療分野に興味があるなど。そういった根幹の部分を自己分析で掘り下げましょう。

自らが会社に与えられることを考える

会社に入りたい、働きたいという気持ちは大切です。しかしそれだけでは、求めるだけ、望むだけの志望動機になってしまい、企業側が学生を採用する理由を提示することができません。採用されることで、自分が会社に何を与えられるのか、どのように貢献することができるのかという目線で考えてみてください。

MRの志望動機例

医者や看護師、薬剤師など、直接的に患者様と関与する職業は当然大切なのですが、その一方でMRのような、普通の方には知られない製造・上流の部分にも大きな責任とやりがいがあると私は感じました。

 

その上で、製造の実績と、業界での信頼が厚い御社であれば、安心して働きながら正しい知識を身につけられると思いました。また、企業理念である「人と健康を繋ぐ」という部分に大変感銘を受け、私もその企業理念を胸に、医薬品を求める人のために働きたいと切望しました。

面接で聞かれやすい項目

次に、MRの面接で聞かれやすい質問内容についてご紹介します。

  • 自己紹介
  • 長所や短所
  • MRという仕事に対する考え
  • その企業を志望した理由

他にも聞かれることはあると思いますが、上記の項目は恐らく高確率で聞かれる質問内容です。最低でもこれらの項目に関しては、必ず答えを考えておきましょう。質問に答える際に意識するのは次の点です。

「他の企業でもよくない?」を言わせない

日本には多くの企業が存在します。当然製薬会社や、MRを雇用している企業も無数に存在するのです。外資も合わせればその数は更に増えるでしょう。半端な志望動機では「それって他の企業でもよくないですか?」と言われてしまいます。そのようにならないためにも、志望動機は盤石なもの、その企業でなければ成立しないものを考えなければいけません。

事前に徹底した企業研究を行う

では次に、その企業のオンリーワンとなる回答を考えるためにどうするかというと、これは企業研究を繰り返すしかありません。志望動機は自己分析、面接は企業研究ということです。ホームページなどに出ている情報だけではなく、その企業の深い部分まで徹底的にリサーチしましょう。

模擬面接

面接の練習を事前にしておくことも大切です。どんなに素晴らしい回答を用意していても、雰囲気に慣れていなければ実力を発揮することはできません。

終わりに

MRに志望する学生は、志望動機と面接対策を入念に行いましょう。学生の多くはこの職の福利厚生や給与面に魅力を感じています。しかし当然、その理由では面接を通過することはできません。もっと深い部分、もっと詳細な部分で突き詰められるように、しっかりと準備をしておいてください。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ