真面目なだけでアピールできるの?『真面目さ』を自己PRするときの3つのポイント!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

仕事を行う上で、真面目さというのはとても大切なことです。昨今は社員による横領や不祥事なども頻発しており、企業が社員を信用できないという例も少なくありません。そんな中で真面目さという資質は、清潔なイメージがあり喜ばれそうな印象です。最初から最後まで実直に物事と向き合い、やり通すということは大切なことですし、それだけでも価値のあることです。では自分の真面目さを就活の場で上手にアピールするためにはどうすればいいのでしょうか。また、企業にとって真面目な人材というのはどのように映るのかというのを、今回はご紹介します。

 

真面目さを自己PRに使用する学生は多い

前提として、エントリーシートや面接での自己PRに、真面目さをアピールしたいと考える学生は多いということを知っておきましょう。当然人数が多いということはありきたりということで、ありきたりなアピール要素と内容では人事に目を向けてもらえません。ではどのように真面目さをPRするかという、その方法が重要になってきます。長所として真面目さをPRする時、内容を差別化しなければならないのは勿論ですが、「真面目」という言葉を使わないのがその第一歩です。仕事への取り組み方や物事への考え方など、間接的な部分で真面目さを表現するよう心がけてみてください。

 

真面目さをアピールするためのポイント

次に、真面目さをアピールする際のポイントをご紹介します。ポイントは3つで 

  • 具体的なエピソードを話す
  • どのような結果に繋がったのかを話す
  • 努力したこと、努力していることを話す

ということを意識してください。具体的なエピソード、つまり然るべき根拠がなくては自分の長所が本当なのか、そしてそれが将来企業の中で活きてくるのか分かりません。そしてエピソードの結果、どのような結末にたどり着いたのかまで話して初めて、話に説得力が加えられます。忘れてはいけないのが、結果を勝ち取るために工夫したこと、努力したことをしっかり述べるということです。

これら上記のポイント以外に、話す順序などもしっかりと考えておくと、よりPR全体がブラッシュアップされるでしょう。企業側が重要視しているのは、長所をいかに仕事の現場で活かせるか、ということです。そのことを意識しながら話を考えなければ、担当者の心には響きません。企業がお金をかけて雇用するのに見合った活躍ができるだろうと思わせることができれば、良い評価に繋がります。人事の気持ちになって、自分の魅力を最大限に表現していきましょう。

 

真面目さを関連づけた自己PR例文

私は物事に妥協できない人間です。

大学の研究では友人と共に介護ロボットの開発を行っていました。

現場で実用性が高いロボットの条件を考えた時、「動きの速さ・滑らかさ」「耐荷重」「大きさの最適化」といった部分を大切にしました。

中でも重要視したのが耐荷重の部分で、そこをどれだけ強化するかで実用性が大幅に左右されるため、研究メンバーの中でも意見が割れました。

結局、過半数が私の予定していた耐荷重を下回る設計案を支持したのですが、私はそれでは研究の意味がないと思い、その後もメンバー一人一人に説得を試みました。

その上で具体的な設計図、予算、工程と期間を算出し、現実的な案であることを強調していきました。

次第にメンバーの心は動き、最終的に私の案が採用、そして完成に至りました。

妥協せずに作り上げたものに、私だけではなく、全員が満足していました。

しかしその満足は終着ではなく通過点です。

貴社ではその経験を活かしながら、介護ロボットの開発部門で勤務したいと考えております。

結果に満足せず、しかし選択には常に満足できるような働き方をしていきたいと思っております。

 

おわりに

例文では、真面目さを「妥協できない」と言い換えました。ありきたりな表現である真面目さを、自分の言葉に直すことができればオリジナリティの高い自己PRとして他のものと差別化が図れます。真面目さを武器にする学生の中で、光るエピソード、勝ち取った結果、そのための工夫を整理して、自分が誰よりも真面目であり、企業に貢献できると伝えられるよう、入念に準備しましょう。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ