エントリーシートで必ず聞かれる「学生時代に力を入れたこと」の書き方

はじめに

就職活動の最初の関門となるエントリーシート(ES)。

エントリーシートの中で必ず聞かれる問いのひとつが「学生時代に力を入れたこと」についてです。

ここでは、学生時代に力を入れたことを書く時に役立つテンプレなどをご紹介しますので、エントリーシートの作成にお役立てください。

学生時代に頑張ったことエントリーシートにも使えるテンプレ紹介

学生時代に頑張ったことエントリーシートにも使えるテンプレ紹介

エントリーシートや面接の際には必ずと言っていいほど登場するのが、「学生時代に力を入れたこと」についての問いです。

最近では「学生時代に力を入れたこと」を略した、『ガクチカ』という言葉が就学生の間で使われているほどです。

「学生時代にこれを頑張った」と胸を張って言えるようなことがある就活生の場合は、エントリーシートにガクチカを記入することは問題ないでしょう。

しかし、他の人に自慢できるような経験や目覚ましい実績を学生時代の間に残したことがないという就学生の場合は、「学生時代に力を入れたこと」として何を記入したらいいのか分からないというケースも少なくないと思います。

何について頑張ってきたか分からないという場合でも、フレームワークに沿って学生時代に取り組んだことを深く掘り下げていくと、エントリーシートの「学生時代に力を入れたこと」の欄に採用担当者の興味を引く内容を書くことができます。

「学生時代に力を入れたこと」のフレームワークは、概要→動機→課題→行動→結果→成長の6つです。

このフレームワークを使って書くことで、あなたの人柄や能力、経験を採用担当者に簡潔明瞭に伝えることができます。

概要

長々と前置きをするのではなく、まず初めに「要するに何をやったのか」、結論をはっきりさせて書き出しましょう。

結論から述べることで、面接官もわかりやすいですし本人も言いたいことが整理しやすくなります。

具体的な実績が数字として出ている場合は、結論を述べる段階で具体的な数値も添えておくと効果的です。

結論は長々と書かずに簡潔にまとめることが大切です。

「私は学生時代、登山サークルに入り50ヶ所の山に登ることを実現しました」

動機

事実だけを述べたガクチカでは、就活生の考えが読み取れません。

面接官はガクチカを聞くことで、その人材の能力や人間性を知ろうとしています。

ガクチカを説明する際には、「なぜそれを行ったのか」という動機を必ず含めるようにしましょう。

言うなれば、「その事柄を行った理由」です。

理由を話すことで、自身の強みをアピールすることもできるはずです。

動機や理由が明確な文章は、理論的であり説得力が生まれます。

面接官を「なるほど、そういうことか」と納得させることができる文章構成を心がけたいものです。

上記の登山サークルの例文の後に続けます。

「学生時代に何かやり遂げたいという気持ちがあり、元々山が好きでしたので登山を選びました。

50ヶ所登るという目標を立てて、目標達成に向けて頑張る力も身に付けたいと思ったのです」

課題

どんなガクチカでも、それを行うために何かしらの問題や課題が生まれてきます。

乗り越えなければならない壁のようなものです。

小さな事柄でも良いので、課題を述べることでそのエピソードがリアリティを持ってきます。

さらに就活生がどれくらい頑張ったのか、その努力が伝わりやすくなります。

「山には登山のレベルがあり、50ヶ所の中には難易度の高い山もありました。

サークルメンバー全員が無事に目標達成することが大切だと思い行動しました。」

行動

学生時代に頑張ったことの内容から、面接官は入社後にどのような活躍が期待できるかを想像します。

活躍しているイメージが湧きやすい人材は、採用されやすいでしょう。

ビジネスに活きる能力をアピールするためには、課題に対してどのような行動を取ったのかを明確にしなければなりません。

具体的に、どのように行動したのかを伝えることが重要です。

「自然の厳しさに耐えて目標達成するには、何より体力作りが必要です。

みんなで筋トレや階段ダッシュなどを行い、とにかく体を鍛えました。

山の知識を得るために勉強会にも参加しました」

結果

結局どのような成果を出せたのかをまとめます。

ここでは実績を表す数字を使う他、他人から言われた言葉を使うのも一つの方法です。

「3年生の夏に、目標の50ヶ所の登山を無事に達成できました。

メンバーも、苦しい時もみんなで励まし合った成果だと言っていましたが、本当に感動でした」

成長

それらのガクチカを通して、どのようなことを学び成長できたのかを述べます。

経験からの学びは、今後仕事をするうえでの「将来の可能性」にもつながる重要な部分です。

またそこから得たものを長所や能力としてアピールすることもできるでしょう。

「毎朝階段ダッシュをすると決めたのですが、私は毎日継続することができました。

筋トレも欠かさず行い、その結果継続力や精神力が身に付いたと思います。

またメンバーが自信をなくしている時にも励まし合い、周りの空気を読みながら登山をしたので、協調性も学べたと思います。

御社のチーム営業でも、こうしたタフな精神力や協調性を活かしたいと思います」

学生時代に最も打ち込んだことの4つのポイント

学生時代に最も力を入れたことを話す際には4つのポイントがあります。

しっかりとポイントを押さえて考えることで、採用担当者にしっかりと伝えられることができるのです。

ポイントを押さえたガクチカで他の学生に差をつけましょう。

具体的なエピソードを話す

学生時代に力を入れたことを話す際には、まず具体的なエピソードを話してください。

抽象的な内容ばかり話していると実際にどのようなことに力を入れたかがわからなくなってしまいます。

またとあるワンシーンを話す場合には、その状況が頭の中に浮かんでくるように周りの状況など細かく話しましょう。

ただし、あまりだらだら話してしまうと逆効果ですので気を付けてください。

話せる話がいくつもあるのであればインパクトがしっかりと与えられる話を選びましょう。

インパクトがあまりにも薄いと他の学生と差がつけられないので、しっかり考えてください。

なぜ打ち込んだのか理由を伝える

具体的なエピソードを話したとしても、担当者にはなぜそのことに取り組んだかがわかりません。

なんでそのことに力を入れるようになったのかをしっかりと伝えましょう。

会社では新しいことややっていなかったことでも他の社員がやっていることを引き継ぐことがあります。

その際にしっかりと打ち込んでいけるのか、あきらめずに続けていくことができるかなどを見ているのです。

しっかりとあきらめないで続けていくことができる、モチベーションを持って取り組んでいけるなどをアピールしていきましょう。

困難なことを乗り越えた経験を話す

ガクチカを話す際には困難を乗り越えた話をしましょう。

ただ普段の活動や日常の部活の様子を話しているだけでは担当者にインパクトが与えられません。

しっかりとどのようなことが困難で、どうやって乗り越えたかをしっかりと伝えましょう。

困難なことがあまりにも小さいとインパクトが与えられないです。

またその困難を乗り越えた際に、どのようなことを工夫したのかも伝えると印象を良くすることができます。

その経験で何を学んだのかを話す

そして最も重要なのが、ガクチカで何を得たのかを話すことです。

学生時代に力を入れて打ち込むとなにかしら困難はあるでしょう。

その困難を乗り越えるとなにかしら学ぶことや得ることがあるはずです。

会社に入ってからも同様に困難なことがあり、そこから学び成長していきます。

担当者は学生が困難なことをしっかりと乗り越えた際に、そこからしっかりと学ぶ能力があるかを見ているのです。

学生時代にもっとも打ち込んだことで他と差をつけるための3つのポイント

エントリーシートには、「学生時代に力を入れたこと」に関する記載項目が用意されていることがあります。

ここでは、学生時代に力を入れたことをどのように書くことがベストなのかを説明していきますので、ライバルと差をつけられるように重要点をチェックしてみてください。

具体的なエピソードでアピールする

採用担当者に学生時代に力を入れたことを明確に伝えるには、具体的なエピソードを盛り込み、どのような出来事があったのかを書くこともポイントです。

また、どうしてそれに力を入れたのか、そしてそれに向かってどのような経験をし困難を乗り越えたのかを書くことを忘れてはいけません。

入社後どう生かしていくのかを伝える

次に学生時代に力を入れたことを通して得た経験や成果を入社後にどう生かしていくのかを書いていきましょう。

社会人になると思わぬ困難に見舞われることもありますが、学生時代の経験から学んだ成長を生かしてどのように企業に貢献できるのかを伝えることで、しっかりと結果を残せる人物だということをアピールできます。

成果に結びついたエピソードでアピールする

ただ学生時代に力を入れたことを述べるだけでは、採用担当者に大きなインパクトを残すことはできません。

必ず成果に結びついたエピソードを入れ、努力を積み重ねてきた人物であるということをアピールすることが大切です。

エントリーシートで学生時代に頑張ったことを聞かれたら実際に何と回答すればよい?事例紹介

実際に何と回答すればよい?事例紹介

実際にエントリーシートに「学生時代に力を入れたこと」について、どのように記載していくことができるのか、テーマ別に例文をご紹介します。

ゼミ

私が学生時代に力を入れたことは、ITビジネスのゼミでのグループ長としての活動です。(概要) 

ITの発展による社会の変化をどうビジネスチャンスに繋げられるか興味があったからです。(動機)

しかし、ゼミでは専門的な知識が必要になるため、学業との両立を難しく感じました。(課題)

そこでゼミ仲間と役割分担して、効率よく情報収集と知識の共有ができるようにしたところ、(行動)

新たに参入できるITビジネスの分野を見つけ、ゼミ仲間が会社を立ち上げることができました。(結果)

この経験を通して、仲間と協力していくことで一人では絶対にできないようなことを達成できるということを学びました。(成長)

研究

私が学生時代に力を入れたことは近代文学の研究です。(概要) 

子供のころから本を読むのが好きで、自分で近代文学の資料をまとめてみたいと思ったからです。(動機)

近代文学の研究では、作者や関係者へのインタビューを行なうまでの調整が難しく、最初は思うように物事が進みませんでした。(課題)

そこで教授に協力してもらい、出版社などとのコネクションを利用しました。(行動)

その結果、作者や関係者からの生の声を聴くことができました。(結果)

研究を通して、人脈を活かすことで不可能に思えるようなことも可能になることがあることを学びました。(成長)

部活

私が学生時代に力を入れたことはダンスサークルの部長としての活動です。(概要)

コンテストで入賞したこともあるダンスサークルで、自分のスキルを向上させたいと思ったからです。(動機)

メンバーが多く、コンテストに出られる人数が限られていましたので、(課題)

ダンスサークルのメンバーが、それぞれのレベルにあったコンテストへ出られるよう構成を考えました。(行動)

結果として、有名なダンスコンテストで入賞し、メンバー全員がサークルを楽しむことができました。(結果)

ダンスサークルの部長としての活動を通して、メンバーをまとめていくための組織力を身につけることができたのは貴重な経験でした。(成長)

留学

私は学生時代にイギリスに留学していました。(概要)

留学を通して高い英語力と、より深いスキルを身につけたいと思ったからです。(動機)

とはいえ、留学した当初は言語の壁と文化の違いに直面して苦労しました。(課題)

このままでは留学先での生活が嫌になると思い、人間関係を築くために大学内だけでなく普段から友人たちと遊ぶようにしました。(行動)

徐々にコミュニケーションもスムーズにできるようになり、真面目な話から冗談まで何でも話せる友人を多くつくることができました。(結果)

この留学を通して、留学前よりTOEICのスコアが50点アップするなど英語能力が向上したのは嬉しかったです。(成長)

アルバイト

私は学生時代にアパレルショップで接客のアルバイトをしていました。(概要) 

なぜなら、将来ファッションビジネスに関わる仕事につきたいと思っていたからです。(動機)

ショップでの課題は、売上がなかなか伸びていないということでした。(課題)

ですから、私自身が人に合わせた接客をするように心がけるとともに、ポップを使うことを店長に提案しました。(行動)

その結果、ポップを使い始めてから売上が前月に比べて15%アップしたという報告を店長から受けることができました。(結果)

このアルバイトを通して、接客することで人との距離の取り方や新しいことに挑戦することの大切さを学びました。(成長)

資格取得

私が学生時代に力を入れたことはファイナンシャルプランナーの資格を取得するための勉強です。(概要)

金融業界で働くうえで、この資格を大学在学中にとっておくと役立つと思ったからです。(動機)

しかし、講義やアルバイトと資格取得の勉強を両立するのは簡単なことではありませんでした。(課題)

ですから、試験日から逆算して、いつまでにどこまで勉強するか綿密な計画を立てるようにしました。(行動)

結果として、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得することができました。(結果)

計画をしっかり立て、それにつき従うことにより、物事を達成することができると学びました。(成長)

学生時代にもっとも打ち込んだことのNG例

ここからは、学生時代に力を入れたことを書く際のNG例をご紹介します。

NG例文を事前に確認しておくことで失敗することなく、採用担当者に自分のよさをアピールできるエントリーシートを完成させることができます。

まずは、学生時代に力を入れたことのNG例を参考にし、エントリーシートを実際に作成してみましょう。

また、自信を持って就活を進められるように自分だけで書き終えたエントリーシートを見直すだけでなく、両親や友人のアドバイスも参考にしてみることをおすすめします。

例文①

私は、学生時代に吹奏楽部に入部し、クラリネットの練習に励んできました。

また、部活動だけでなく音楽教室にも通い、練習を重ねることを怠りませんでした。

さらに空いた時間には、コンビニでアルバイトをして、学業で成果を残せるように英語の勉強に力を入れたことも自分が学生時代に力を入れたことです。

御社に入社した後も努力を惜しまず、仕事に邁進していきたいと思います。

こちらの例文は、学生時代に頑張ったことが幾つもピックアップされていますが、一つのことに絞り切れていないため、本当に伝えたいことが何なのかが明確ではありません。

学生時代に頑張ったことをたくさん挙げるよりも、もっとも打ち込んだことやアピールしたいことを一つに絞って説明していくほうが採用担当者に自分の気持ちが伝わりやすくなります。

また、入社後にどのように企業に貢献していくのかについても、もっと明確に分かりやすく述べることもポイントです。

例文②

私が学生時代に力を入れたことはアルバイトで色々な経験を積むことです。

若いうちはできるだけ多くの仕事にチャレンジしたほうがいいと先輩にアドバイスされ、一年ごとに働く場を変えて自分のスキルを向上させることに力を入れてきました。

一年目はコンビニでアルバイトをし、2年目は飲食店で働きました。

また、隙間時間を使って両親が経営するお店を手伝うなど、この数年間でさまざまな経験をし自分を高めることができたと思います。

御社に入社した後もたくさんの経験をし、多くのスキルを身につけていきたいと思っています。

こちらの例文は、学生時代に力を入れたことにアルバイト経験を述べていますが、短期間で多くの仕事に移り変わることにマイナスイメージを持たれる可能性があります。

複数のアルバイト先で働いたことで何を得ることができたのかが分からず、採用担当者にいい印象を与えることはできません。

企業は、成果をしっかりと残せる人物を求めているため、学生時代に力を入れたことを伝える際には必ず好印象となるようなエピソードを述べることが大切です。

例文③

私の趣味は旅行です。

友人と月に一度は旅行に行くと決めて、そのお金を稼ぐためにアルバイトを2つ掛け持ちしました。

さまざまな場所へ旅行に行きましたが、海外旅行に行く際には旅費が足りず両親に援助してもらい旅を楽しみました。

自由に旅行を楽しめるのは今だけという気持ちもあり、思い切ってさまざまな場所に足を運んだことは私にとっていい経験になっています。

御社に入社した後も時間を見つけて旅行を楽しみたいと思います。

学生時代に力を入れたことを書く際に旅行や遊びなどのエピソードを選ぶことは、あまりおすすめできません。

採用担当者の中には、趣味や遊びに時間を割きすぎてしまい、自分の楽しみを実現するために両親にお金を出してもらうことに対して自己中心的な振る舞いだと感じ悪い印象を持たれる可能性もあります。

学生時代に力を入れたことを述べる際には、どんなことに打ち込んだのか、またそこから得られたポジティブな経験を書くようにしましょう。

そもそもエントリーシートで学生時代頑張ったことを聞かれる理由は?

そもそも学生時代頑張ったことを聞かれる理由は?

そもそも就活生に、学生時代に力を入れたことについて、質問する理由は何なのでしょうか?みていきましょう。

学生時代の活動から、その人の人柄を見ている

エントリーシートや面接の際に「学生時代に力を入れたこと」について採用担当者が聞く理由のひとつは、その答えを通して就活生の「人柄」を知ることができると考えているからです。

就活生が学生時代に力を入れた活動にどのように取り組み、どんな課題に直面し、どのように行動したかといったことを具体的に知ることによって、採用担当者はその人の人柄を知ることができます。

採用後、企業貢献する可能性を見ている

学生時代に力を入れたことを聞く別の理由は、「どんな経験をしているのか」「どんな実績を残しているか」を知ることで優秀な学生を見分けたいと考えているからです。

普通の学生では取り組むことができないような経験をしていたり、目覚ましい実績を残していたりする学生は採用担当者から能力が高いと評価されやすくなります。

企業で活かせる学びを得ているのか

エントリーシートや面接の際に伝える「学生時代に力を入れたこと」は、研究・部活・留学・資格取得など学生によって百人百様です。

ただ、この時に採用担当者は学生自体に力を入れたことが企業でも活かせるのかどうか、という点にも注目しています。

ですから、エントリーシートに「学生時代に力を入れたこと」を記入する際には、面接先の企業で戦力になると判断してもらえるような内容かどうかを意識しながら作成しましょう。

企業に合う人材か

「学生時代に力を入れたこと」を聞くことで、採用担当者は就学生の「人柄」「能力」「経験」などを見ていますが、「企業に合う人材か」どうかというのも、面接の際の受け答えなどを見て判断しています。

序盤の面接のほうでは若手の人事や現場の社員が面接を担当することになるので、その時に「部下として使えそう」と思ってもらえるかがポイントになることもあります。

ですから、どんなことを話すかというのはもちろん大切ですが、どのように話すかにも気を配りたいものです。

学生時代に打ち込んだことがない場合

就活生の中には、ガクチカと言われても特に思い当たることがないという人も少なくありません。

部活やアルバイトをしていなかった人もいるでしょう。

特に打ち込んだことが見つからない場合の対策について紹介します。

すごいエピソードでなくてよい

ガクチカと聞くと、何かで入賞するなど高い実績を残さなくてはならないと考えてしまいがちです。

けれども実際には、そんなにすごいエピソードでなくてもガクチカに入る経験もいろいろとあるものです。

すごい実績が必要だという考え方はやめましょう。

たとえば、風邪を引かないために栄養バランスの取れた料理を研究して毎朝寒風摩擦を続けたというのも、立派なガクチカになります。

面接官の印象に残るものがないかを考える

何も部活でキャプテンを務めたり生徒会で役員に就いたりしたことが、すべて高い評価につながるとはいえません。

企業の求める人材とマッチする人間性や能力を感じた時に、内定への道が広がるわけです。

ガクチカは、その企業の性質に合っていて面接官の印象に残る何かを話せば良いといえます。

コツコツと単純作業を続ける力が必要な製造業を受けるのであれば、毎日トイレ掃除をしたというエピソードでも十分、継続力をアピールできるガクチカになることでしょう。

エントリーシートで学生時代に頑張ったことを聞かれた時のまとめ

以上、エントリーシートで必ず聞かれる「学生時代に力を入れたこと」の書き方についてお話しました。

こちらでご紹介した例文なども参考にして、自分のアピールポイントをしっかりと分かってもらえるような内容を作成してください。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ