自己PR方法徹底解説。チームワークを尊重する会社には何をPRすればいい?

【自己PR:チームワーク編】はじめに

企業という組織の中では、常にチームワークが求められ、それは公務員でも同じことです。

時には単独で働くこともありますが、集団が連携をとって働くことの成果というのは、そこでしか出すことができないものです。

そして、世の中に存在する企業は、既にある程度のチームワークを構築しているものです。

就職・転職活動で新入社員を選ぶ際には、既存の輪の中に上手に入っていくことができるのか、ということが自己PR等で問われ、チームワークのある人間は企業から歓迎されます。

では、就職・転職活動での面接でチームワークをPRするには、どのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか。

面接やESなどの選考書類を書く際に、自己PRにて自分の魅力を文字数内で最大限に伝えるための書き方の情報をお届けします。

【自己PR:チームワーク編】自己PRでチームワークが効果的な2つの理由

仕事は一人ではできないため

当然ながら、会社というのは一人で成り立っているのもではなく、何人もの社員がいて成り立っています。

自己PRでチームワークの連携がうまいことや、まとめ役を担当していた、などの経験を発言していきましょう。

どんな業界、職種でもチームワークは必要なため

チームワークが強みというのは、どこの業界や職種でも重宝される人材です。

チームワークを生かし、何か成し遂げた経験がある方は積極的にアピールしていきましょう。

【自己PR:チームワーク編】チームワークを尊重する企業の特徴

最初に、チームワークを尊重する企業の特徴からご紹介します。

チームワークを尊重していたり、キャッチフレーズでチームワークを取り入れている企業は、一人ひとりの力が組み合わさることで企業の成長や評判につながると考えています。

そのため一人ひとりが長所を活かして協力しあい、物事を進めていく傾向にあります。

また、一人ひとりが「自分がチームに貢献している」という意識を持つことで、責任感を持って継続して仕事に取り組むことができるようになるので、チームというものが、働くことのモチベーションや、成果を出す上で大きな動機となっているのです。

そういった企業では、企業自体が社員一人ひとりに目を向けてくれるので、やりがいも感じやすいです。

そこで働く社員それぞれの性格を考慮し、仕事内容や目標をきちんとすり合わせながら仕事をすることができるので、アットホームながらも良い成果を挙げられる企業の場合が多いです。

中にはそういった社風に対して苦手意識を感じる人や、個人で営業を頑張ったり、ガツガツ仕事に取り組んだりすることにやりがいを感じる人もいると思います。

そこは自己分析などを行い、自分に合った働き方を模索しましょう。

IT業界もチームワークを重要視する

エンジニアがモニタに向かって黙々と作業をしているイメージが強いIT業界ですが、実はチームワークを非常に重要視する企業がほとんどです。

近年はリモートワークも増えている業界ですが、リモートワークになればなるほどチームワークは意識的に強めなければ業務は遂行できません。

もちろん、企業におけるチームワークは、サークルのように仲間で楽しく活動することとは異なります。

ビジネスをどうすり合わせるか、目標に向かってどのように業務を進めていくかを考える時にチームワークは必要となり、それが企業全体の業績にも反映されるのです。

実際のところ、エンジニアが最初から最後まで一人で開発することはほとんどありません。

よほどの天才なら別かもしれませんが、個人ができる範囲には限りがあり、企業が業務として取り組む内容は、個人の範ちゅうなどはるかに超えます。

プロジェクトごとにチームが組まれ、規模によって人数の多少はありますが、開発はチーム単位で取り組むことがほとんどです。

つまり、業務を進めるためにチーム内コミュニケーションが必須となり、毎日綿密に打ち合わせをしながら仕事を進める必要があるのです。

仕事には納期があり、決められた期日を守るためには進捗管理が欠かせません。

予定に狂いがないか、誰がどれくらいのタスクを抱えているかなどを逐一確認しながら進めることになります。

予定より遅れている部分があれば誰かがフォローに入る必要がありますし、場合によってはチーム間でのフォローも必要でしょう。

企業全体のトラブルを未然に防ぐために重要なのがコミュニケーションであり、規模が大きなプロジェクトなら数十人単位で常にコミュニケーションを取る場合もあります。

プログラマなどは孤独な作業だと思われがちですが、実はとてもたくさんの仲間に支えられ、自分も仲間を支えながら業務を進めていく仕事です。

その分、業務を完了した時の喜びは大きいうえに、絆が強くなれば企業力も上がるでしょう。

いかに優秀なエンジニアでも得意分野があり、すべての技術を身に付けているエンジニアはほぼいませんので、その必要もないでしょう。

常に最新技術が登場する分野なので、ある程度守備範囲を絞って勉強も続けなければなりません。

このように、IT業界の仕事はチームで行うのが基本であり、求められるのは技術力のみならずコミュニケーション能力であると言えます。

IT業界で就活を考えるなら、1つの目標に向かって仲間と協力しながら進められる能力もアピールすると良いでしょう。

【自己PR:チームワーク編】自己PRを作る際の構成

自己PRでチームワークをアピールする際、どのように構成していけばいいのでしょうか。

自分の魅力を理解してもらい、採用したい人物だと思わせる、内定につながる構成をご紹介します。

結論:私の自己PRはチームワークがあることです(アピールポイント)

自己PRを話す際の基本は、結論から述べることです。

自己PRにおける結論とは、あなたの一番の魅力や強みであるアピールポイントです。

そこで、端的に「私の強みはチームワークのよさです。」で話をスタートさせましょう。

やってしまいがちなミスは、結論からはじまらずに理由を添えたり、経験を物語ったりするなど、なかなか結論に至らない話からはじまることです。

たとえば、「私は小学校から高校までサッカーをやっており、いつもチームをまとめる中心にいたので、チームワークのよさには自信があります。」と答えるようなケースが挙げられます。

一見、話がまとまっていて、経験談から理由、アピールポイントまで網羅されているので、一文で伝えられてよさそうに思われるかもしれません。

ですが、面接官にとっては、チームワークというアピールポイントに至るまでが長く、何を言おうとしているかがわかりにくくなります。

最初に結論として、「私の強みはチームワークを発揮できることです。」と一言でアピールポイントを述べましょう。

結論が最初に来ることで、面接官はあなたの人物像を瞬時に理解でき、あなたがこれから話そうとする内容を聞く準備ができます。

結論からスタートすることは、あなたの話に興味を持って聞いてもらうためにも大切なポイントです。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇ということがあったからです

結論に続いて、自分のアピールポイントがチームワークのよさであることだと思った理由を述べます。

ただ、人との和を乱さないからとか、誰とでもうまくまとめられるからなど、漠然とした理由を述べるのではなく、具体的な経験を通じてチームワークを発揮できたことを理由として挙げましょう。

先の例で言えば、長くサッカーをやっていたことは1つの経験ですが、それだけでは足りません。

サッカーの県大会で、自分が中心になって仲間をまとめ、仲間との連携プレイで優勝を勝ち取ったなど、より具体的な1つの経験を挙げることがポイントです。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

理由で述べた経験をもとに、エピソードの概要を話しましょう。

サッカーなどのチームプレイが求められるスポーツでもいいですし、クラス対抗の体育祭や学園祭でのエピソード、アルバイトやボランティアでの活動、インターンでの活動などエピソードの内容は問いません。

ただし、エピソードを選ぶ条件があります。

それは次の構成を語るためにも必要となる、経験においてなんらかの問題が生じ、それを解決するために、あなたの強みであるチームワークのよさを発揮して解決できたエピソードであることが求められる点です。

つまり、単にスポーツチームで仲間と長年よい関係を築いてきたとか、チームのまとまりがよかったと自慢するだけのエピソードではアピールになりません。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

次にその経験で直面した問題について説明しましょう。

面接官ははじめてあなたの話を聞くわけですから、状況がイメージできるようにわかりやすく、かつ簡潔にまとめましょう。

チームプレイが必要なスポーツなのに、メンバーがバラバラに動いていたり、クラスで学園祭の準備をすべきなのに数人しか真面目にやっていなかったりするなど、さまざまなシーンが考えられます。

その問題を、あなたがチームワークを発揮させて解決するに至った問題を挙げることがポイントです。

行動:私は〇〇と考え、〇〇を行いました

直面した問題に対して、あなたが取った行動について伝えましょう。

最初に結論で述べた、あなたの強みであるチームワークのよさを発揮した行動であることが必要です。

アピールポイントとしてチームワークを挙げながら、問題解決のためにリーダーシップを発揮したなど、別の方向に話を変えてしまわないように気をつけましょう。

また、あなたの行動であることが大切で、他の誰かがアクションを起こし、それに追随しただけではアピールになりません。

結果:その結果、〇〇となり、〇〇に大きく貢献しました

あなたが行動に出た結果、直面していた問題がどうなったかを伝えてください。

ただ、行動に出たことが評価されるのではなく、どんな結果が出せたのかがポイントになります。

問題を解決した結果、チームの状態が大きく改善したなど成果を出せたからこそ、あなたの強みがチームワークを発揮できることになるからです。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

最後の結論として、あなたの強みであるチームワークのよさを、エントリーした企業にどう活かしていきたいのかをアピールしてください。

単にエピソードで終わるのではなく、その強みが企業で活かせることをアピールしてこそ、内定獲得につながります。

【自己PR:チームワーク編】自己PRでチームワークをアピールする際の4つのポイント

まとまりの良いチームワークを支えたり、チームをまとめたり、アシストできる力は幅広い業種や職場で求められる能力です。

もっとも、チーム内でどのような役割を果たせるのか、どんな風にチームワークを作れるのかを明確にできないと、自己PRにはなりません。

自己PRで伝わる、チームワークをアピールする際の4つのポイントをご紹介します。

チームワークを発揮した具体的なエピソードを述べる

単にチームワークがいいのが自分の強みだといっても、イメージが湧きません。

面接官にわかりやすく自分の強みをアピールするためにも、具体的なエピソードを用意しましょう。

いくつも並べ立てるのではなく、特にチームワークの良さが伝わるエピソードを思い出して、起承転結を踏まえて伝えるのがおすすめです。

また、エントリーする企業のカラーや業種、職種などに合わせて、エピソードを変えても問題ありません。

チーム内での自分自身の役割を紹介する

チームワークの良さをアピールする際には、自分の立ち位置も明確に伝えましょう。

リーダーとしてチームを牽引するのが上手いのか、チームがバラバラになりそうな際にまとめ、調整をする役割が得意なのか、チームが目的に向かってモチベーションを高め、挫折しそうなときにテンションを上げるムードメーカー的なポジションなのか、を紹介しましょう。

なぜチームワークが重要だと考えた理由を話す

自己PRでチームワークを挙げる際には、なぜ、チームワークを重要だと考えているかを話すこともポイントです。

挙げたエピソードから学んだことや経験を踏まえて得たことから、チームワークの需要さに気付いたという点を伝えましょう。

そのうえでエントリーした企業の業種や職種、やりたい仕事などとリンクさせながら、御社での仕事をしていくうえでチームワークを発揮することが重要と考えたという風にまとめるのがおすすめです。

チームワークを仕事にどう活かすのかを伝える

さらに具体的に仕事への活かし方を考えて、伝えましょう。

企業では単にチームワークがいい人、協調性がある人やチームを引っ張ってくれる人を単純に評価してくれるわけではありません。

自社にどう貢献してくれるのか、業績に繋がるのかを知りたいと考えています。

志望している職種や部署を踏まえて、その会社の仕事にどう活かすことができるのかを明確に伝えるのがポイントです。

【自己PR:チームワーク編】協調性を発揮して仕事をこなせる力をアピールしよう

次は、そんなチームワークを意識する会社への自己PR方法を考えていきます。

チームワークを重視する企業は、取得している自分の能力に応じて役割を理解して、いかにチーム一丸となって協力しあい、目標を達成できるかを常に考えています。

協調性がある人や、連携プレーが得意な人というのはチームに歓迎されますから、チームワークがあることをを積極的に自己PRでアピールしていきましょう。

新卒者、転職者の採用において、物事を推し進めていくリーダーシップがあるなど、周りを引っ張っていける人が重宝されます。

反対に、自分勝手な人や我が強い人、気配りができない人というのは毛嫌いされてしまうので、自分にそういった節があると自覚している人は、しっかりと向き合うようにしましょう。

企業が育んできたチームワークに、いかに貢献できるかを自己PRでアピールしましょう。

企業にとって必要な人材になるのではないかと思わせるような自己PRを、書き方の例文などを参考にしながら意識して作ってみてください。

【自己PR:チームワーク編】具体的なエピソードを盛り込もう

ここまで、チームワークを重視する企業にPRするべき有効な内容をご紹介してきましたが、それらを単純に面接の場面で自己PRとして口にするだけではまだ効果が足りません。

口に出すだけなら誰でもできますし、面接は少しでも自分を魅力的に見せる場ですから、その場しのぎのことを口にすることはNGです。

その中で、自分の強みはチームワークがあることだ、ということを自己PRでアピールするためには、経歴や過去の経験などから実際のエピソードを話すのが最も効果的です。

自分の人生の中でチームワークを発揮したという瞬間はいつか振り返ってみましょう。

大学でのゼミなどの学業や部活、あるいはアルバイトで自分がチームワークを発揮して、課題の解決に取り組んだという経験を事例として自己PRで上手に伝えてみてください。

そして自己PRの書き方として、なるべく企業にも活かすことのできそうなチームワークの話をするように心がけてください。

仲間内や特定の環境でしか意味のないものではなく、就職・転職後も通用するようなチームワークをアピールできる自己PRであれば、面接官にもあなたのことが魅力的に映るでしょう。

様々な自己PRの例文一覧から、見本となる例文に触れ、第三者から添削してもらい自己PRを作成し、次の選考につなげましょう。

具体的なエピソードの選び方

具体的なエピソード例として用意しやすいのは、部活動や大学のイベント、アルバイトなどで実際に体験した内容です。

これらの題材は多くの学生が例に用いる内容なので、ありきたりな内容や浅い内容ではなく、自分だけのオリジナルな体験から組み立てるのがポイントです。

たとえば、部活動なら試合に勝つ、成績を上げるといった目標が必ずありますので、その目標を達成するために取り組んだ課題に焦点を当てるところから始めます。

必ずしも団体競技である必要はありませんし、個人技であっても一緒に活動する仲間と切磋琢磨する行動があるはずです。

人間関係の構築や組織運営、成績を上げるための練習改善などチームで取り組み、解決を試みた過程を具体的な言葉にすれば骨子ができます。

次に、自分がその過程においてどのような役割を担ったか、チームに貢献した点を加えましょう。

練習メニューを考案した、合宿を企画し実行した、士気を高める工夫をしたなど、さまざまな行動が考えられます。

自分の成果を上げるためだけでなく、チームという組織のために行った行動に焦点を当て、チームの部分を部署に置き換えれば、そのまま会社にも当てはまるのが理想です。

次に学校のイベントから探してみましょう。

サークルでイベントを主催した経験などがあればなお良いですが、学校の行事である学園祭でもチームワークをアピールすることは可能です。

実行委員などを務めていれば題材はいくらでもありますし、そうした役には就いていなくても、自分が担当したなんらかの仕事はあるはずです。

ポイントは、イベントの目的は主催する自分たちが楽しむことではなく、来場者に楽しんでもらうことであり、自分たちが協力して他の人たちのために働いたという点です。

一人で成し遂げられることではありませんので、どのようなことを考え、どのように行動し貢献したかをまとめ、仲間と協力して無事に成果を上げたことをエピソードにまとめましょう。

そしてアルバイトを題材にする場合は、働いてお金を稼ぐというもっとも仕事に近い経験ですので、比較的まとめやすいはずです。

自分が古株なら新人を指導したことでもいいですし、始めてすぐのころ、仲間や上司に助けられた経験などをまとめてもいいでしょう。

アルバイトもまた、自分のためではなく顧客のために仲間と協力し、サービスを提供する行為です。

顧客満足のために仲間とフォローし合い、業績を上げる行動はそのまま会社の業務にも置き換えやすいため、より入社後の自分の活躍と合わせながらまとめるのがコツです。

【自己PR:チームワーク編】例文

良い例

私の強みとして、チームワーク力があります。

大学時代のバスケットボール部での活動の際、どうしても全員が同じ時間に練習することが難しかったため、チームワークが足らず、試合でなかなか良い結果を残すことができませんでした。

しかし、先輩の引退後、私が指揮をとり、部活の練習時間を調節し、あえて短時間に減らし、みんなで集まって練習できるようにシフトチェンジしました。

そうすると、フォーメーションの連携や、意思疎通が今までより、強く図れるようになり、最後の大会では九州地区大会で準優勝の成績を収めました。

この経験から、チームワークの大切さを学び、大学の研究でもチームワークを意識してきました。

御社で仕事をする上で、この強みを生かし、プロジェクトなどを担当する時にチームワーク力を意識して企画などに携わっていきたいです。

悪い例

私の強みは、チームワーク力があることです。

その強みを活かせたのは、個別指導塾の先生としてバイトをしていた時のことです。

個別指導であるために、基本的には生徒とのコミュニケーションが重視され、他の先生方とはあまり密接なコミュニケーションを取る必要性はありませんし、実際にコミュニケーションを取らない先生もいます。

しかし私は、塾の全体の雰囲気を作ることや、担当外生徒の状況を把握するためにチームワークを重視するようにしました。

その結果として、雰囲気が良くなり、生徒の入会数も増えていきました。

御社で仕事をする上で、この経験を生かし、強みであるチームワーク力を活かし、よりよい品質の向上に努めます。

この文章の何がNGなのかというと、「経験を話しているが、その上でどのように工夫したり、何を意識したかの具体例」が欠如している点です。

実際に結果だけを言っても説得力に欠けてしまい、せっかくの経験談が台無しになってしまうので、必ず具体的な事例を忘れないようにしましょう。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ