自己PR方法徹底解説。チームワークを尊重する会社には何をPRすればいい?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

企業という組織の中では、常にチームワークが求められます。時には単独で働くこともありますが、集団が連携をとって働くことの成果というのは、そこでしか出すことができないものです。そして、世の中に存在する企業は、既にある程度のチームワークを構築しているものです。

新入社員を選ぶ際には、既存の輪の中に上手に入っていくことができるのか、ということも問われるわけです。逆に言えば、チームワークのある人間は、企業から歓迎されるというわけです。

では、就活の面接でチームワークをPRするには、どのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか。

チームワークを尊重する企業の特徴

最初に、チームワークを尊重する企業の特徴からご紹介します。チームワークを尊重する企業は、一人ひとりの力が組み合わさることで企業の成長につながると考えています。そのため一人ひとりが長所を活かして協力しあい、物事を進めていく傾向にあります。

また、一人ひとりが「自分がチームに貢献している」という意識を持つことで、責任感を持って仕事に取り組むことができるようになるので、チームというものが、働くことのモチベーションや、成果を出す上で大きな役割を担っているのです。そういった企業では、企業自体が社員一人ひとりに目を向けてくれるので、やりがいも感じやすいです。

そこで働く社員それぞれの性格を考慮し、仕事内容や目標をきちんとすり合わせながら仕事をすることができるので、アットホームながらも良い成果を挙げられる企業の場合が多いです。中にはそういった社風に対して苦手意識を感じる人や、個人で営業を頑張ったり、ガツガツ仕事に取り組んだりすることにやりがいを感じる人もいると思います。そこは自己分析などを行い、自分に合った働き方を模索しましょう。

協調性を発揮して仕事をこなせる力をアピールしよう

次に、そんなチームワークを意識する会社へのPR方法を考えていきます。チームワークを重視する企業は、いかにチーム一丸となって協力しあい、目標を達成できるかを常に考えています。協調性がある人や、連携プレーが得意な人というのはチームに歓迎されますから、そういったことを積極的にアピールしていきましょう。

物事を推し進めていくリーダーシップがあるなど、周りを引っ張っていける人というのも重宝されます。反対に、自分勝手な人や我が強い人、気配りができない人というのは毛嫌いされてしまうので、自分にそういった節があると自覚している人は、しっかりと向き合うようにしましょう。

企業が育んできたチームワークに、いかに貢献できるかをアピールすることで、企業にとって必要な人材になるのではないかと思わせるように意識してください。

具体的なエピソードを盛り込もう

ここまで、チームワークを重視する企業にPRするべき有効な内容をご紹介してきましたが、それらを単純に面接の場面で口にするだけではまだ効果が足りません。口に出すだけなら誰でもできますし、面接は少しでも自分を魅力的に見せる場ですから、その場しのぎのことを口にする学生は大勢います。

その中で、自分は本当にチームワークがあるのだ、ということをアピールするためには、実際のエピソードを話すのが最も効果的です。大学のサークルや部活、あるいはアルバイトで自分がチームワークを発揮して、課題の解決に取り組んだということを上手に伝えてみてください。

そしてその際には、なるべく企業にも応用できそうなチームワークの話をするように心がけてください。仲間内や特定の環境でしか意味のないものではなく、社会人になってからも通用するようなチームワークであれば、面接官にもあなたのことが魅力的に映るでしょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

20卒向け就活市場公式LINEアカウント