就活面接の自己PR、計画性はアピール材料になる?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

何かを入念に計画する力というのは、社会に出て働く上で大変重要になってきます。平等に与えられた時間をどのように過ごすかというのは、仕事中でもプライベートでも大切な問題です。

働いていると、上司や会社の都合で無理な納期を押し付けられることもあるかもしれませんから、自分や仕事をマネジメントする能力というのは処世術としても重要です。

就職活動の面接では、自身の計画性をアピールするべく、様々な工夫を凝らして話す学生が大勢います。そんな学生達の中でも、自分の話を一番魅力的なものにするには、どのような話し方をすれば良いのでしょうか。

今回は、就活の面接で「計画性」をPRする際のポイントを、例文なども交えてご紹介します。

計画性があることを感じさせる事例を話してみよう

計画性がある、というのを長所として話す学生は多くいますが、彼らとの差別化を図るためには、実際に計画性を発揮したエピソードを話すことが重要になってきます。それも日常の何気ないエピソードを話すのではなく、汎用性の高い内容にするように意識してください。

つまり、その話を聞いた企業の担当者が「それほどの計画性ならば、是非弊社に招きたい」と思わなければいけないのです。

そのためには具体的であることも重要ですが、きっかけから計画、実行、そして結果といったところまでを順序立てて分かりやすく説明できなくてはいけません。この部分が煮詰まっていないという人は、先ずはエピソードの選定、次に話の構成という順番で行ってみましょう。可能であれば友人などに手伝ってもらいながら、模擬面接をしてみると良いでしょう。

計画性をPRする学生は多い

就活の面接で、計画性をPRする際に知っておかなければいけないのは、多くの学生が計画性をPRしているということです。

この点については、ここまででも何度か書きましたが、およそ9割以上の学生が面接で計画性をアピールすることは有効だと考えている、というデータがあります。9割の学生全員が、計画性について話しているわけではありませんが、相当数の学生が話していることは間違いないでしょう。ですから、自分のエピソードが弱い場合や、他にもっと有効な要素を見いだすことができたならば、あえて計画性という内容で話さなくても良いのです。

自分の話に対する周りの反応や、自分自身での推敲なども合わせて、最終的に面接で計画性について話すかどうかを決めましょう。

計画性を関連づけた自己PR例文

私は物事を具体的に考えることが得意です。

高校生時代、部活の引退が遅かったこともあって、大学受験に備える時間が周りの人よりも少なかったのですが、先ずは受験の計画を綿密に練ることにしました。

一日の学習時間や模試の日程調整などは当然のこと、起床時間から食事の時間まで、学習以外のタイムテーブルについても詳細に定めることで、規則正しく、計画的に学習に取り組むことに成功しました。

また、人が連続して集中できる時間には限りがあるということを考慮して、学習と休憩のバランスについても、トライアンドエラーを繰り返しつつ、徐々に調整していきました。

結果的に、平日は1日5時間、休日は8時間の学習を無理なく継続することに成功し、大学も無事に第一志望の○○大学に合格することができました。

過密なスケジュールでも、限られた条件下でも目標を達成するため、最善とされるプランを考える力は、貴社に入社した後も大いに役立つと思います。

終わりに

なるべくならば勉強や資格、部活や、アルバイトなど硬派なエピソードを面接では話すようにしましょう。

例文では、受験勉強を例にして計画性があることを話しましたが、この題材だときっかけと具体的な計画、そして最終的な結果が非常に分かりやすいというのも強みになります。話の要所に、それらの要素がきっちりと入っているか、というのが、良いPRかどうかを見分けるコツとなるので、参考にしてみてください。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ