例文つき!『情報収集能力』をアピールする方法とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

いまの時代は、誰もが容易に情報にアクセスできます。でも、自分は周囲の人よりも情報をキャッチするのが得意!と思っている方、いませんか?それはじゅうぶんアピールできる事柄です。

今回は、「情報収集能力」のアピール方法について紹介していきます。

アピールポイントの意味とは

就活において、ESでも面接でも、自分をアピールすることはとても大切です。多くの学生と接し、採用活動を行う企業にとって、周りと同じ学生は印象に残りません。魅力的な人柄や入社への熱意など、その学生に惹きつけられるものがあってはじめて、企業の方の印象に残ります。

そのためにも、「自分はこういう人間です」とアピールすることはとても重要になります。なかでも、「情報収集能力」はどのような企業にも求められていることであるため、幅広い業界・職種を希望する人が使えるアピールポイントではないでしょうか。

これをアピールする人はどんな人

では、具体的にどのような人が「情報収集能力」をアピールできるのでしょうか。

  • 日頃から調べることが好きな人
  • ひとつの事柄を多方面から知るために多様な情報を入手しようとする人
  • 情報を分析できる人

以上に当てはまる人は、これをアピールポイントにすることができるでしょう。

何がアピールできるの?

では、どのようにアピールしていけばよいのでしょうか。

まず、「情報収集能力」をアピールする場合は受ける企業の情報に詳しくなければ説得力に欠けてしまいます。そのため、もしESの自己PR等で書く場合は、「貴社の情報もきちんと把握しているよ」と伝えた上で、その情報の分析まで行えると効果的です。

HPに載っている情報は誰でもアクセスできるものです。そこからどう組み込んだ調査を行ったのか、問い・動機・手段・分析を詳しく述べることが必要です。実際のエピソードを元に書くと良いでしょう。

ただ、注意が必要なのは、「情報収集能力」=「なんでも知っている」という意味ではないことです。

「情報収集能力」が高いというのは、ただ情報を知っているだけではなく、分析を行えたり、多様な方法で情報にアクセスできる能力のことを言います。

そのため、もしこれをアピールポイントとする場合には、ただ「知っていること」をアピールするのは避けましょう。

例文

私は「情報収集能力」に長けています。貴社HPに書かれている、◯◯(例:グローバルな社風)という点に魅力を感じます。

説明会でも社員の方から「弊社の魅力は◯◯です」と伺いました。

しかし、◯◯とは具体的にどのようなことを意味しているのかと疑問に思い、まず◯◯(例:グローバルを謳う企業)に関連のある最近のニュースを調べると、◯◯という傾向が強いのではないかと思いました。

さらに複数の書籍から、◯◯ということもわかりました。

そこから、◯◯という意味に込められているのは、◯◯(自分の結論)なのではないかと理解することができ、より貴社で働きたいと強く思うようになりました。

本や新聞、OB訪問などで得た情報は、他の学生と差別化することができます。いまはネットでなんでも調べられる時代だからこそ、HPなどの情報だけを鵜呑みにする学生が多いのです。

「自分はそうではない!」ということをきちんとアピールすることができます。

どんな企業がこのアピールポイントを求めている?

「情報収集能力」は、どの業界にも求められる能力です。どの企業であっても、社会の動きを把握したり、同業他社の動向を把握したりすることは重要となります。

これらは言ってしまえば全て情報です。つまり、どの社にとっても情報は欠かすことのできないものなのです。

最後に

いかがでしたか。「情報収集能力」は、どの業界、どの企業でも求められている能力です。この能力をもっていると感じる人は、ぜひアピールポイントとして自己PRを考えてみてください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ