【他己分析】他己分析とは?自己分析とは何が違う?必要性とやり方を解説!

はじめに

自己分析がなかなかうまくいかない人もいるはずです。

そんなときは焦らず他己分析をしてみてください。

他己分析は、自分をより知るのにピッタリの方法です。

他人に自分の分析をしてもらうことで、自分の新たなる一面を探し出せます。

うまく利用すれば、自己PRの幅が増えたり、自分の欠点を補ったりするのに役立てるでしょう。

【他己分析】他己分析とは?

他己分析とは、他人に自分を分析してもらう方法です。

自分の自分に対する印象と、他人の自分に対する印象の差は意外に大きいことが多いです。

この差を明らかにできるのが他己分析であり、周囲が自分に対してどんな印象を持っているのかがわかります。

また、もう1つのポイントとしては、就職試験の際に、あなたを評価するのは、他人であることです。

他人からの評価が前提になりますので、他己分析によって他人が自分に何を思っているかを知っておくのは非常に重要です。

また、長所だと思っていたことが短所だったり、短所だと思っていたことが長所だったりすることがわかることもあります。

【他己分析】自己分析と他己分析。何が違う?

実は、他己分析と自己分析を比較してみると、まったく違うことがわかります。

そもそも、自己分析は自分自身を自分で分析する方法です。

一方、他己分析は、文字どおり他人に自分を分析してもらう方法です。

また、他己分析は、1人にお願いするのではなく、10人、20人といった具合にそれぞれ自分の印象を聞いてみることもできます。

他己分析してもらう数が多くなればなるほど、分析の精度は高まってくるでしょう。

さまざまな人に他己分析をお願いすることで、自分が世間でどう思われているかが、明確になっていくのです。

自己分析で得られるものは、あくまでも自己評価なので、この時点で2つの分析方法には大きな差があることがわかります。

さらに、他己分析は、自己分析で導き出した結果の再確認という意味で利用できます。

【他己分析】就活における他己分析の重要性とは?

他己分析を就活に役立てたいなら、まずは他己分析の就活における重要性を把握しましょう。

他己分析により、得られる恩恵はたくさんあります。

たとえば、自己PRの精度を高めるためにも他己分析は使えるのです。

自己分析だけではなく、他己分析も併用することで、自分が感じている長所が、他人や社会に通用するのかがわかります。

さらに、面接での引き出しを増やすメリットもあるのです。

面接対策などをしているときに、引き出しの少なさを痛感しているなら、他己分析を取り組み、引き出しを増やしておくことで、本番の面接をうまく乗り切れる可能性が高まります。

自己 PRの説得性を高める

これは他己分析を自己分析の再確認として利用した場合のメリットです。

就活に向けて自己分析する人は多いと思われます。

そして、その結果と他己分析の結果を照合することで、自分の長所より明確にできます。

実は、自分が長所だと思っていることが、他人はそれほど長所だと思っていないことは、珍しくありません。

そのため、就活において自己PRをしても、イマイチ面接官に響かないこともあるのです。

しかし、他己分析によって、自己分析の結果を再確認しておけば、周囲と自分の考えに不一致がないかをあらかじめ確認できます。

これは他己分析の大きなメリットだと言えますので、しっかりと把握しておきたいものです。

面接での引き出しを増やす

他己分析には、面接での引き出しを増やす効果もあります。

自己分析でも引き出しを増やせるのですが、自分の長所は自分で考えても、意外にわからないものです。

しかし、他己分析で長所を教えてもらえれば、面接での引き出しを増やせるでしょう。

また、他己分析は1人の人間にしてもらうだけではないので、分析してもらう人が増えれば増えるほど、それだけ引き出しが増える可能性も高まるのです。

【他己分析】他己分析を行うメリット

他己分析の重要性を知るなら、メリットを把握しておきましょう。

他己分析には、自己分析では得られないようなメリットがあり、さらに自己分析の効果を最大限にするようなメリットも備わっています。

たとえば、他己分析では、自分では発見しにくい自分の強みを発見できるのです。

自分を客観的に見るのが苦手な人は、自己分析で自分の長所を発見できないことも多いのです。

そんな人こそ他己分析で、強みを見つけましょう。

さらに、自分の短所を知り、それを改善につなげられます。

短所は長所以上に見つけにくいので、自分の知られざる短所を探してみるのも良いです。

他己分析は、自己評価に客観的な目線を取り入れ、自分への理解を深められるので、面接の際には説得力をアップさせられます。

自分では気がつかない自分の「強み」を知ることができる

自己分析で自分の武器が見つからないと嘆いている人もいるでしょう。

人には、就活で役立つ武器が必ず備わっています。

しかし、自己分析だけでは、それを見つけられないこともあるのです。

このようなときに役立ってくれるのが他己分析です。

他己分析は、他人に自分の長所や短所を発見してもらえるので、自分が思ってもいなかった、新しい長所を発見できる可能性があるのです。

そこに自分なりに肉付けができれば、就活で役立つ強みを手に入れられるかもしれません。

また、逆に自分が長所だと思っていた点が、別に長所ではなかったという勘違いに気づけることもあります。

そのままの状態で面接に臨んでいれば、イマイチぱっとない結果になってしまっていたでしょう。

しかし、他己分析でその点を修正することができれば、新たな長所をアピールできるのです。

自分の短所を知り、改善につなげることができる

他己分析は、長所を知ることだけでなく、短所を知ることにも役立ちます。

そして、短所は、長所に比べて非常にわかりにくいのです。

普通に生活していると、長所を褒めてくれる人はいるでしょう。

しかし、短所を指摘してくれる人は、年齢を重ねれば重ねるほど、少なくなっていきます。

そのため、あえて、他己分析で短所を指摘してもらうことによって、これまでには気づけなかった自分自身の改善点を発見できるのです。

もちろん、改善点を指摘されたら、しっかりと直す工夫をしましょう。

1人に指摘されたくらいでは、その短所を受け入れられないかもしれません。

しかし、多数の人に短所を指摘されることで、さすがに直す気持ちになるはずです。

客観的な視点を取り入れ、説得力を増すことができる

他己分析では、面接での説得力を増えさせられます。

これは、自己PRに客観的な視点が入るからだと言えるでしょう。

自己分析の結果だけで、自己PRをすると、どうしても自分本位なものになってしまいます。

しかし、他己分析により、客観的な視点から自分を見ることを覚えると、より深みが増し、それが説得力につながるのです。

自分と他人で自分の長所が同じ場合、なぜ長所だと思うのかは、人によってそれぞれです。

そのため、長所をアピールするのにおいても、いろいろな視点から自分をアピールできるようになります。

これは、面接においてかなりのメリットになるでしょう。

【他己分析】基本的なやり方!

他己分析の重要性がわかったら、今度は基本的な他己分析のやり方を紹介します。

他己分析はそれほど難しいことはありませんので、ちょっとしたポイントを踏まえれば、今すぐにでも始めることは可能です。

簡単に取り組むことができ、自己分析では得られない結果を得られるので、ぜひ取り組みたいところでしょう。

就職試験においては、他人からの評価がどうなのかという目線は非常に重要になってくるのです。

基本的な一連の流れ

他己分析の基本的なやり方は簡単です。

他人に自分のことを聞くだけなので、普段の会話で行っているようなことをそのままやれば良いだけです。

まずは、他己分析をしてもらう人を集める必要があるでしょう。

そして、事前に依頼内容や質問集を作っておきます。

他己分析は、誰に何を聞くかがポイントです。

ここがしっかりとしていなければ、まったく意味のない行為になってしまうので注意しましょう。

最後は、自己分析の結果と他己分析の結果を照らし合わせて終了です。

身の回りの人に回答を依頼 さまざまな人に依頼しよう

他己分析をするなら、まずは準備を整えましょう。

他己分析とは、他人に自分を評価してもらう行為なので、他人が必要です。

そして、この際に注意したいのが、できるだけいろいろな人を揃えることです。

それぞれの属性が違えば最高ですし、家族や友人、親戚も候補に入るでしょう。

さらに、友人と言っても、同級生や先輩、後輩、中学時代の後輩といったように幅を持たせるようにします。

また、近年はインターネットで就活生のお悩み相談などに応じてくれる人もいます。

そういった人が、他己分析をしてくれる場合もあるのです。

いくら人数を増やしても、属性が同じような人ばかり集めていたのでは、精度の高い他己分析をするのは難しくなってしまうでしょう。

依頼内容・質問例

次に依頼内容や質問例を考えましょう。

必ず取り入れたいのが、単刀直入に自分の長所と短所です。

また、長所と短所という聞き方ではなく、特徴や性格などの聞き方でも、これらを知ることは可能でしょう。

さらに、自分の第一印象を聞いたり、その第一印象が付き合ってから、どのように変化していったのかも聞いたりしてみると良いです。

さらに、その知人が自分を他人に紹介するときに、どんな紹介の仕方をしているのかを聞くと、意外なヒントを知れるかもしれません。

また、自分にどんな仕事や業界が向いているのかを直接聞いてみるのも良いかもしれません。

自己PRでは印象に残るエピソードなどを書くこともあるかと思われますが、これを質問してみるのも良いです。

得られた意見を自己分析と照らし合わせる

自己分析と他己分析を比較してみて、どちらが劣っていることはありません。

どちらも就活に役立ってくれることでしょう。

そして、重要になってくるのが、他己分析の結果と自己分析の結果を照らし合わせる行為です。

自己分析の結果を他己分析に照らし合わせることによって、自己PRの精度は高まってくれるでしょう。

また、自己分析の結果と他己分析の結果に違いが見受けられた場合は、それをあらためるきっかけになります。

他己分析と自己分析の結果をそれぞれ単体で利用するのは、とてももったいないことなので、ぜひ組み合わせて比較してみましょう。

さまざまな方法がある!

他己分析は就活においても重要なポイントなので、さまざまな方法が確立されています。

今まで紹介した方法以外の他己分析の方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ジョハリの窓を利用した高度な他己分析を行う方法もありますし、ネットツールを利用した他己分析もあります。

「ジョハリの窓」を使う

他己分析にはいろいろな方法がありますが、ジョハリの窓を利用するのも良いでしょう。

ジョハリの窓は自己分析モデルで、自己分析と他己分析の結果を比較する際に役立ってくれる考え方です。

自己分析と他己分析を4つの項目に絞って管理することによって、より洗練された自己分析を行えます。

ジョハリの窓による自己分析は、少し通常の自己分析とは違い複雑なので、解説サイトを確認しながら進めていくのが良いでしょう。

わかりやすい解説サイトを利用すれば、ジョハリの窓を就活に活用できます。

Webやスマホアプリで行う

他己分析をしようと思っているが、他己分析を頼める人が少ない人も言えるでしょう。

この場合でもあきらめる必要はなく、家族や親戚以外の人は、Webやスマホアプリで見つける方法もあります。

他己分析アプリもありますし、ネット配信などを通じて、他己分析の相談を受け付けている配信者もいるのです。

他己分析の方法も一昔前までとはかなり違っていて、ネットツールをうまく利用できれば、他己分析を頼める人がいない場合でも問題ありません。

また、ネットツールを利用するメリットとしては、かなり多くの人に他己分析をしてもらえることです。

まとめ

就活における他己分析の意味をご紹介しました。

就活の事前対策として、他己分析はぜひやっておくべきものです。

自己分析だけではなく、他己分析を併用することで、自分の中に残っていた不安を解消できるでしょう。

また、ネットツールなどを利用できるので、近年はさらに精度の高い他己分析が可能です。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ