「説明会」と「セミナー」の違いは?

「説明会」、「セミナー」、どちらも就活ではよく聞く言葉ですが、実際その二つに違いがあるのかいまいち分からない学生は多いはずです。違いを理解し、今自分がどちらに参加すべきなのか見極められるようになりましょう。

セミナーと説明会の違い、なんだかわかりますか?

就活で良く聞く「説明会」と「セミナー」。このふたつの違いって、わかりますか?そもそも、違いはあるのでしょうか。そんな疑問にお答えします。

はじめに

どちらも企業側が「会社をアピールするため」に開催しています。そのため、大きな違いがないように思えますが、実際には行う内容が異なります。ただ、同じ内容のイベントのことを指す場合でも企業によって「説明会」と言ったり、「セミナー」と言ったりするので、注意が必要です。関心のある企業の指す「説明会」や「セミナー」は、どのような内容を行うものなのか、事前に確かめておくことが大切です。そして、時間を有効に使うためにも、今の自分はどちらに参加すべきなのか、判断できるようになりましょう。

説明会とは

説明会とは、文字通り、会社の説明をする会です。どのような職種があるのか、具体的な業務内容はどのようなものなのか、福利厚生、選考フローなど、その会社のことを企業側が説明します。学生は基本的には話を聞いているので、受け身です。説明会に参加するメリットは、多くの企業を知れることです。そのため、幅広く業界を見て自分のやりたいことを探す、という時に利用すると良いです。実際、合同説明会は学生がブースを自主的に回り、説明を聞くというスタイルで行われます。1日で複数の企業について知ることができます。もちろん自社説明会もありますが、業界を絞る前の段階は合同説明会に参加すると良いでしょう。ただし、合同説明会は企業側に自分をアピールする場ではないので、業界や企業を絞った段階で参加してもあまり得られるものがありません。自分が就活のどのステップにいるのかを把握し、合同説明会に行くべきなのか、自社説明会あるいは次に述べるセミナーに参加するべきなのかを判断しましょう。

セミナーとは

セミナーとは、説明会のように誰もが参加できるものではありません。事前エントリーや選考を行い、人数制限を設けて行われる場合が多いです。セミナーの趣旨は会社説明会同様、「会社について知ってもらう」ものですが、学生が能動的に参加するイベントです。具体的には、グループディスカッションやワークショップが行われます。また、説明会とは異なり参加できる人数に限りがあるため、自分をアピールできるチャンスもあります。ただし、セミナーは説明会と違い、ただ行けば良いというものではありません。自分をアピールできる場であるというのは、社員の方に自分を見られるということです。ディスカッションなど、セミナーで行われることの準備を事前にした上で参加し、良い意味でアピールできるようにしましょう。

まとめ

説明会とセミナー、どちらも企業側が、「会社について知ってもらいたい」という趣旨で開催しています。しかし、説明会は「説明を聞く」だけであるのに対し、セミナーは「参加型」です。どちらに参加するべきかは、自分の就活が今どの段階にあるのかを知ることによって、判断できます。まだ向いている業界も、やりたいことも分からない、という人はまずは説明会に参加してみましょう。一方で大体業界は絞れてきたけれど、どの企業が良いか分からない、という人はセミナーに参加してより深く企業のことを研究しましょう。

企業説明会で就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ