アルバイトの掛け持ちを魅力的な自己PRに変える方法はコレ!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
学生時代は金欠で、アルバイトの掛け持ちをせざるをえないという人もいることでしょう。そのため、アルバイトに追われてボランティア活動などの、就活で自己PRできる活動ができないと悩んでいる人も多いかもしれません。しかし、アルバイトの掛け持ち経験もまた、就活で自己PRする際の貴重な要素となります。もしも、アルバイトの掛け持ちが自己PRにならないと考えている人がいれば、今回の記事を参考にして、少しアイデアを変えてみてはいかがでしょうか。

さまざまなバイト経験は就活時の武器となる

アルバイトの掛け持ちは、自己PRとして利用できるのかどうか疑問に思う人もいるかもしれません。しかし、失敗経験はないけれど成功経験や努力もしたことがない人と、苦労や努力を重ねていろいろな経験したことがある人とでは、どちらが人材として魅力的に映るでしょうか。実は、さまざまなアルバイト経験がある人は、視野が広かったり他人とは良い意味で違った価値観を持っていたりすることがあるので、企業側から一目置かれる可能性があります。また、アルバイトの掛け持ちは、どこへ行っても問題なく仕事ができるコミュニケーション能力の高さがあるということも表しているので、就活の際の自己PRには適しています。 1705_2_115 (2)

アルバイトはサークルやボランティア活動と同様に使える

就活時の自己PRで、サークル活動やボランティア活動をアピールする人は多いです。これらは自分の人間性を企業に訴えかけるのによく使われる手段ですが、アルバイトを掛け持ちした経験も同じようにアピールとして使うことができます。アルバイトでは金銭が絡むため、学生同士のサークルや上司も同僚もいないボランティア活動よりも、シビアな人間関係や努力、適応力などが求められます。そのため、企業が多くのアルバイト経験がある人に興味を示すことは、何ら不思議なことではありません。また、アルバイトの掛け持ちをする際にはタイムマネジメント能力も必要となるので、そちらも企業としては注目する点となります。

アルバイトの掛け持ちから学んだことを整理しよう

ただアルバイトをいくつも経験しただけでは、自己PRとして使うのは難しいかもしれません。アルバイトの掛け持ちで何を得たのかを自分で整理したうえでしっかりと理解しておくことで、アピールポイントへと変えることができます。アルバイトのなかには楽しく働けたものもあれば、辛い経験をしたものもあることでしょう。なぜ楽しく感じたのか、なぜ辛いと思ったのかを自分で分析してみてください。辛い経験から何を学んだのかを見つけておくと、より面接時に面接官の興味を引くことができるでしょう。辛い経験もストレス耐性や順応性、柔軟性などを得るためには必要な経験なので、なかったことにはせずに見つめ直すことが大切です。

アルバイトの掛け持ちはあくまで就活時にPRすること

アルバイトの掛け持ちは就活にはプラスのアピールポイントとなりますが、アルバイトの面接時にはマイナス要素になる可能性があるので注意しましょう。アルバイトでは柔軟にシフトに入れる人を募集している傾向があり、いくつもアルバイトを掛け持ちしている人はいざというときに使いづらいと考えられることが多いです。就活中の資金を得るための手段としてアルバイトをしたかったり、アルバイト経験を自己PRにしようと考えたりする人は、アルバイトの掛け持ちはあくまでも企業へ就活するときに利用できるものだということを改めて確認しておいてください。 1705_2_115 (3)

就活ではどんな経験も無駄にしないでPRを

就活の面接では、何が面接官の琴線に触れるかはわかりません。面接官はひとりひとり異なる経験や価値観を持っているため、アルバイトの掛け持ちを大いに評価する人もなかにはいるのです。ただし、ただ掛け持ちをしていたことをアピールしても魅力には繋がらないため、そこで何を得たのか、何を身に付けたのかということを具体的に説明できるようにしておきましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!