履歴書の本人希望記入欄はこう書く!新卒の就活の場合

就活をするときに欠かせない「履歴書」。その中にはたくさんの記入欄があるため、書き方や書くことに困ってしまった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

その1つである「本人希望記入欄」は、給与や勤務地などの希望を記入することができる欄です。しかし、希望記入欄だからといって自分の希望を何でも書きたい放題というわけではありません。その書き方にはある程度のルールがあり、書き方次第で書いた人の印象を損ねてしまう可能性もあります。

ここでは、本人希望記入欄の書き方について説明します。

履歴書の本人希望記入欄には何を書くことができる?

履歴書にある本人希望記入欄とは、職種や勤務地、給与、勤務時間、連絡が可能な時間帯などについての希望を書くことができる欄のことです。しかし、希望といっても何でも書いて良いわけではなく、書いていいのはどうしても譲ることができない条件であることが基本です。具体的な例を確認していきましょう。

どうしても譲れない条件がある場合

例えば親の介護をしているため勤務地は自宅から通勤可能な場所にしてほしいといった、やむを得ない事情や正当な事情が背景にある場合に記入します。

一方、東京や大阪などの都心で働いてみたい、初任給は25万円以上は欲しい、残業はしたくないなど、自分にとって都合の良い内容や本音は書かないようにしましょう。

募集職種が複数ある場合は希望を記入する

募集職種が複数ある場合は「総合職希望」など、職種についての希望を記入しましょう。

このときに注意しなければならないのが表記の仕方です。例えば、会社の募集職種に「ウェディングプランナー」とあるにも関わらず「プランナー」とだけ記入したり、希望勤務地を選んで良い場合に地名を省略したりしないようにしましょう。企業側を混乱させる事態を招かないように、企業側が記載している通りに記入するのが基本です。

連絡に応じられない時間帯がある場合は希望を記入する

授業の関係で電話に出られないという場合もあるでしょう。その場合は、希望の時間帯を記入しましょう。記入することで連絡をスムーズに取ることができ、また企業側に連絡を無視しているというマイナスイメージを与えてしまうという状況を避けることが出来ます。

新卒の場合は「貴社規定に準じます」が一般的

新卒の就活の場合、履歴書の本人希望記入欄には「貴社規定に準じます」や、「貴社規定に従います」と記入するのが一般的です。

新卒の場合は就業経験がないことが前提のため、謙虚な姿勢で臨んだ方が無難でしょう。ただし、介護などの特別な事情がある場合は、勤務地などの希望について正直に記入する必要があります。

「特になし」や空欄での提出、給与についての希望の記入は避けましょう!

履歴書の本人希望記入欄に何も記入することがない場合、「特にありません」などと記入したり、空欄のままにしたりすることは避けましょう。

前述にも述べた通り、何も希望がないときには「貴社規定に準じます」などと記入するのが一般的のため、空欄のままなどで提出すると社会人としての常識に欠けていると思われる可能性がありますし、場合によっては記入漏れとしてみなされたり、やる気がないと捉えられたりすることも考えられます。 

また、新卒の就活の場合は、本人希望記入欄に給与についての希望を記入することは避けた方が無難です。給与は実績や経験などに応じてあがっていくものであるため、最初から給与にこだわりを見せることは印象を損ねることに繋がりかねません。就活には謙虚な姿勢で臨むようにしましょう

面接ですり合わせよう

選考が二次面接、最終面接と進んでいけば、自然と待遇や勤務条件について話し合える機会が来ます。

そのため、「この勤務地で働きたい」「この勤務条件で働きたい」という希望があっても、絶対に譲れない条件でなければ「貴社の規定に従います」と記載し、面接で聞かれる機会を待ちましょう。こうすることで、企業にネガティブなイメージを与えずに済みます。

希望がある場合の書き方とは?

1705_1_53 (2) 介護のため勤務地に希望がある、在学中のため電話連絡に応じることができない時間帯があるなど、履歴書の本人希望記入欄を記入するときは分かりやすく書くことが基本です。できれば理由も一緒に記入できると良いですが、もし理由を書くと長くなってしまいそうな場合や複雑になってしまいそうな場合は、面接などで理由について聞かれたときにきちんと説明できるようにしておきましょう。

書き方は箇条書きを利用するケースが多くみられ、例えば「希望職種:総合職」や「連絡可能な時間帯:大学の講義があるため、平日のご連絡は15時以降でお願い申し上げます。」といった記入方法があります。

また、きちんと希望を記入すべきところを、不採用を恐れて記入しないといったことは避けましょう。採用された後のことを考えて本人希望記入欄に記入をすることも、履歴書を書くうえで大切なことです。

履歴書の作成に不安はないですか?

履歴書の作成に不安はありませんか?特に志望動機や自己PRなどは内容が十分なのかと不安を感じる人も多いと思います。

そんな人には就活市場エージェントをおすすめします!

就活市場エージェントでは経験豊富なエージェントが一人一人にマンツーマンで向き合います。

プロに添削してもらうことで、あなたの魅力が最大限にアピールできます。

就活市場エージェントの登録者の内定率は驚異の95%!利用料は無料です!

https://shukatsu-ichiba.com/agent/

本人希望記入欄は謙虚な気持ちで記入を

1705_1_53 (3) 勤務地や勤務時間帯の希望を記入することができる、履歴書の本人希望記入欄。しかし、自分の都合の良い内容を記入したり、または特に記入することがないからと空欄のままにしたりすると印象を損ねかねません。新卒の場合は「貴社規定に準じます」などと、謙虚な気持ちで記入すると良いでしょう。やむを得ない事情がある場合は、理由とともにきちんと記入をすることも大切です。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ