【職種別対策】インターンに落ちた!落ちた時にすべき対応や本選考への影響を徹底解説!

【職種別対策】インターンに落ちた!落ちた時にすべき対応や本選考への影響を徹底解説!

「志望企業のインターンシップ選考に落選して落ち込んでいる」

「インターンシップの選考になかなか通らない」

上記のような悩みを抱えている人に、本記事では「インターンシップ選考に落ちたときにするべきこと」というテーマでアドバイスします。

結論を述べると、インターンシップ選考を突破するには「アピールするエピソードの再考」および「模擬面接の積み重ね」が大切になります。

インターンシップの採用選考を突破した経験は、就活本番でもそのまま活かせます。

就活の予行演習だと思って頑張りましょう。

【インターンに落ちた】インターンの選考で落ちるのは普通なのか

「インターンシップなんだから、すぐに企業からも採用が来るだろう」

インターンシップに応募する前はなんだかんだ言って油断して望みがちですよね。

しかし実際にインターンシップ選考に落選するとがっかりするもの。

大学の友人には普通に選考を突破する人もいるなかで「なぜ自分だけダメなんだ」「選考を突破できない理由が分からない」と落ち込みがちですよね。

果たしてインターンシップの選考は、落ちるのが当たり前なのでしょうか。

以下の順番で解説していきます。

この見出しの内容
  • 倍率が高いインターンシップではよくあること
  • 落ちた場合の本選考への影響

倍率が高いインターンシップではよくあること

インターンシップの選考は競争が激しいもので、特に人気のある大手企業や知名度の高い企業のインターンシップでは倍率が高いことから、選考に落ちることはよくあることと理解しておくことが大切です。

一方で、エントリーすれば全ての応募者が参加できるインターンシップも存在します。

これらは通常、企業の業務体験よりも企業説明会に近い内容になりがちですが、企業文化や働く環境を理解する機会としては価値があります。

したがって、あなたがインターンシップに何を求めているのか、どのような経験を得たいのかによって、どのインターンシップを選ぶべきか考えるべきです。

「落ちる=人格否定」というわけではない

選考に落ちたという結果は、あなたとその企業との間にマッチしない何かがあったことを示しているだけです。

それは必ずしもあなたの欠点や不適合を意味するものではないのです。

そのため、落ち込む必要は全くありません。

選考を通じて得られた経験は、自己理解の一助になるでしょう。

選考で良かった点や改善すべき点を振り返り、それを次のチャンスに活かすことが重要です。

選考結果をポジティブなフィードバックと捉え、持続的な自己成長につなげていきましょう。

落ちた場合の本選考への影響

インターンシップ選考に落ちたとしても、それが直接本選考に悪影響を及ぼすことは少ないと言えます。

まず、インターン選考に落ちたからといって、本選考へのエントリーが不可能になるわけではありません。

しかしながら、特定の状況下では影響が出る可能性があります。

例えば、インターン選考と本選考を同じ人が担当している場合、インターン選考時の印象が記憶に残っている可能性があります。

また、インターン選考での能力検査結果が本選考に再利用されるケースもあります。

ただし、一般的にはインターンと本選考で能力検査の形式が変わることが多いので、このリスクは限定的でしょう。

目指す企業での本選考を通過するために、インターン選考での結果を反省材料とし、その理由を克服する努力をすれば、成功の可能性は十分にあります。

【インターンに落ちた】そもそも企業がインターンを開催する目的とは

前述したとおり、インターンシップはインターンシップ、本選考は本選考です。

基本的には分けて考えれば良いのですが、せっかく落ちた経験を得たなら、それを活かす方法を考えてみましょう。

本選考へのエントリーで大切になってくるのが、インターンシップ応募時に自分に足りなかった可能性のあるアピール内容です。

それを知るためには企業側がどのような考えを持ってインターンシップを実施しているのか、その目的を企業の立場で考え直してみるのが一番でしょう。

以下の順番で解説していきます。

この見出しの内容
  • 多くの学生に企業について知ってもらうため
  • 未来の内定者になってもらうため
  • 人柄や、性格、スキルを業務を通して見るため

多くの学生に企業について知ってもらうため

企業がインターンシップを開催する主な目的の一つは、多くの学生に自社について知ってもらうことです。これは採用活動を進める上で重要な戦略であり、学生が企業の仕事内容や文化、ビジョンなどを具体的に理解することで、採用後のマッチングの精度が上がります。

その結果、学生が企業に対する深い理解を持つことで、入社後の離職率を低く抑えることが可能となります。

未来の内定者になってもらうため

企業側は業界や自社に興味を持っている学生に実際に働いてもらうことで、双方ともにメリットを感じたら将来的には本選考にも応募してもらい、ぜひ内定を勝ち取ってもらいたいと考えています。

もちろん学生が結果的に違う業界・企業を選ぶことも自由ですが、せっかく相思相愛なら、ぜひもう一度正式な形でアプローチしてもらいたいですよね。

つまり、未来の内定者になってほしいという思いを持ってインターンシップ制度を敷いている企業は、とてもたくさんあるということです。

そうした意味では、そもそもその業界や企業にあまり興味がなさそうな学生のエントリーは、企業としてはあまりうれしくありません。

将来そこで働くかもしれないという意欲や熱意がうまく伝えられないと、落とされてしまう可能性はあるでしょう。

人柄や、性格、スキルを業務を通して見るため

長期インターンシップなら尚のこと、たとえ短期間でも職場で一緒に働くということはとても重要なことです。

企業の一員として招き入れるべきかどうか、さまざまな面から確かめたいと考えるのは当然でしょう。

社風に合う人柄や性格か、求める一定レベルのスキルを持っているかどうか、実際の働きぶりは業務を通して見ることになりますが、選考時にうまく伝わらないとやはり評価は下がってしまいます。

企業がインターンシップ選考で学生から得られる情報はごく限られていますので、その中でできるだけ多くの情報を得られたほうが、選びやすくなります。

自分がどんな人物なのか、どのようなスキルを持っているのか、それをうまくアピールできないと、落とされてしまう確率が上がることは否めません。

【インターンに落ちた】インターンの選考に落ちる原因3選

インターンの選考で落ちる原因は何があるのでしょうか。

考えられる原因としては、以下の3つが挙げられます。

この見出しの内容
  • 志望動機が具体的でない
  • 結果だけをアピールしている
  • オリジナリティが薄い

上記の3つについて以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

志望動機が具体的でない

志望動機が具体的でないと、あなたがその企業を深く理解し、真剣にその企業で働きたいと考えているという熱意が伝わりません。

そのため、選考者はあなたの動機が表面的であると感じ、他の候補者と比べて評価が低くなる可能性があります。

これを防ぐためには、事前に十分な業界研究と企業研究を行い、企業の特徴や魅力、自分がその企業で働きたい理由を具体的に示すことが重要です。

そのような準備を通じて、熱意を感じさせる具体的な志望動機を作り出すことができます。

結果だけをアピールしている

企業は選考を通じて、あなたの優秀さだけでなく「人柄」も重視します。

あなたが結果を出すためにどのように行動したのか、どのような困難に直面し、どのようにそれを乗り越えたのかといったプロセスを知りたがっています。

これにより、あなたがその企業の職場でどのように働くのかを見越すことができます。

したがって、自己アピールの際は、結果だけでなくその過程を詳細に伝え、あなたの人柄や考え方、努力の様子を示すことが大切です。

オリジナリティが薄い

自己PRや志望動機など、自己紹介の場面でありきたりな内容だと他の応募者と差別化することが難しく、企業からの注目を集めることが困難になります。

特に倍率が高い企業のインターンシップでは、多くの応募者との競争になるため、あなた自身の主体性や個性があふれるオリジナリティの高い自己PRが求められます。

あなたがどんな人間なのか、自己成長の過程や自身の強み、その企業を選ぶ独自の理由など、他の学生と差別化できる要素を明確にすることが重要となります。

そうすることで、企業側もあなたの個性や能力、価値観を理解しやすく、選考の際に有利な状況を作ることができます。

【インターンに落ちた】落ちた時にするべき対応5選

「インターンシップの採用面接で落ちた。これからどうするべきか分からない」

上記のような悩みを抱えている人に、下記では具体的なアドバイスをしております。

結論から述べると、インターンシップの採用面接に落ちたあとにとるべき行動しては「企業への応募をあきらめない」「アピール方法を考え直す」ことです。

インターンシップの採用選考は、就活本番に向けて良い予行演習となります。

インターンシップ選考に落ちても「ダメだった」ではなく「就活で苦労するリスクが高かったけど、インターンシップ選考のおかげで自分に足りない部分に気付けた」など、前向きに捉えてみませんか?

以下の順番で解説していきます。

この見出しの内容
  • 業界研究・企業研究を深める
  • 自己PRと志望動機を見なおす
  • 結論から話す
  • OB訪問を実行する

業界研究・企業研究を深める

志望企業に対する熱意を示すためには、その企業が何をしているのか、どんな業界に属しているのか、どのようなビジョンを持っているのかなど、具体的な理解が求められます。

選考過程では企業が自分の会社を志望する理由を見ています。

そのため、「業界No.1のシェアを誇る御社の〇〇という技術についての理解を深めたい」といった具体的な志望動機を提示することで、自分が真剣にその企業を理解しようと努力していることをアピールできます。

その結果、企業側もあなたが真剣にそのインターンシップに取り組む意志があると感じ、再度の選考でもその熱意を評価してくれる可能性が高まります。

自己PRと志望動機を見なおす

選考に落ちた際の一つの対応として、自己PRや志望動機の見直しは非常に重要です。

特に書類選考で落ちた場合、自分の伝え方が適切でなかった可能性があります。

次の6点に注意を払って見直しを行いましょう。

1. 文字数をしっかりと埋めている。
2. 誤字脱字がない。
3. 話の結論から入る。
4. 具体的な事例を挙げている。
5. 専門用語を避け、誰にでも理解できる表現を心掛ける。
6. 自己PR全体としての一貫性を持たせる。

書類選考ではわかりやすさが求められます。

短い範囲で自己の魅力を伝えるには、明瞭で整理された文章が不可欠です。

結論から話す

選考に落ちた際、特に面接で不合格だった場合は、伝え方に問題がある可能性が高いです。

その一つの解決策として、「結論から話す」というスキルを身につける必要があります。

質問に答える時、状況や経緯から詳しく述べていくと、話が散漫になり、聞き手が「結局何が言いたいのか」を理解しにくくなります。

そのため、まずは結論を述べ、その後に具体的な経緯や根拠を述べるという手法を取ることで、聞き手に対して明確に自分の主張や考えを伝えることが可能になります。

この方法は、聞き手が追いつきやすく、また自分自身の思考を整理するのにも有効です。

面接以外でも、プレゼンテーションや日常的なコミュニケーションでも重用なスキルです。

模擬面接が効果的

模擬面接を行うことで、自己紹介や志望動機の説明、質疑応答など、面接の一連の流れを練習することができます。

これにより、実際の面接での緊張感を和らげ、自己表現を明確にし、自信を持って本番に臨むことができます。

方法は様々です。

友人や知人に協力を求める方法、大学のキャリアセンターが提供する模擬面接サービスを利用する方法、専門的なフィードバックが得られる就職エージェントに依頼する方法などがあります。

どの方法を選ぶにせよ、模擬面接は実際の面接に向けた貴重な準備の一部となるでしょう。

OB訪問を実行する

アルバイトは就業経験として良いエピソードですが、社会人とコミュニケーションをとったエピソードとしては不十分です。

なので就活が本格化するまえにOB訪問を積極的に行うことをおすすめします。

OB訪問は業界研究だけでなく、社会人とコミュニケーションをとる良い練習の場になります。

またOBに気に入っていただけたら、就活時に思わぬ恩恵をウケられるチャンスもあります。

たとえば一部の企業ではリクルーターという、学生に対してOBが一人ついて人物評価をするといった採用システムをとっている会社もあります。

OB訪問を継続して行っていればリクルーターに当たり、高評価を獲得できるチャンスが増えます。

OB訪問は就活生のみに許された特権です。

どんどんチャレンジしてみましょう。

【インターンに落ちた】職種別!人事が選考で見ているポイントを把握しよう

インターンシップ選考で人事がどこを見ているかはとくに気になるポイントです。

ESや面接での質問事項から大まかなポイントは予想できますが、それ以外にもとくに注意しておきたいのが職種別のポイントです。

企業の仕事にはさまざまな役割があり、インターンシップがどの職種で応募されているかによって見られる部分も変わります。

その職種について一定の理解ができていることをアピールするためにも、業界研究や企業研究に併せて職種研究も進めておきましょう。

以下の順番で解説していきます

この見出しの内容
  • 営業
  • エンジニア
  • マーケティング
  • 企画
  • ライター

営業

営業は売上に直結し、企業の業績を左右するため花形と言われる部署です。

詳しく知らない人でもなんとなくイメージを持っている仕事ですが、それだけに果たして営業とは一体何なのかをきちんと理解しないままエントリーしてしまう学生も少なくありません。

本質的なことを言えば営利を目的とした業務全般を指しますが、たとえば商社の営業とメーカーの営業とでは業務の質が変わりますし、代理店の営業もまた異なる能力が求められます。

もちろん学生に最初からそこまで高いレベルのスキルは求めませんが、人事はその人のポテンシャルの有無はしっかりと見ています。

可能性のありそうな学生には大いに期待を寄せますし、インターンシップにも通りやすくなるでしょう。

仕事内容

営業の仕事内容は営利活動全般です。

業界によって取り扱う商材がかなり変わりますし、有形無形問わず、国内外問わず、一般消費者にも企業にもあらゆる商品をセールスするのが仕事です。

段取り力や折衝力、調整力やコミュニケーション力などが求められ、メーカーの営業であれば商品に関する専門知識も求められる仕事です。

よく、セールスは物を売りつけるのが仕事ではなく、相手の抱える課題や問題を解決するのが仕事だと言われます。

自分が売りたいものを売るのではなく、相手が真に求めるものを必要なタイミングで提供できる営業こそが、企業のみならず社会から求められる営業と言えるでしょう。

営業のインターン選考で人事が見ているポイント

人事は営業部門のインターンシップ選考をする場合、応募者の第一印象をとても重視します。

ハキハキとした受け答えや明るさ、元気さなどがプラス評価となり、そこから適切なコミュニケーション力など必要なスキルがあるかどうかをチェックするのが一般的です。

営業は人と接することが仕事の大半です。

たとえ直接面と向かって営業を行うシチュエーションではなかったとしても、必ずそこには相手がいますし、ほぼ毎日不特定多数の人を相手に業務を進めなければなりません。

面接ではとくに身だしなみから立ち居振る舞いまで気をつけるべきことがたくさんありますし、書類選考だったとしても、書かれている内容から受ける印象や人となりなどはとくに重視されますので覚えておきましょう。

エンジニア

エンジニアと聞けば、多くの人がなんとなくイメージするのは工学の専門家でしょう。

それは間違いではなく、工学(エンジニアリング)の専門知識や専門技術を持つ人がエンジニアと呼ばれ、日本では技術者とも呼ばれています。

時代に合わせてどんどん業務内容が進化していく職種でもあり、近年のインターネット普及によりITエンジニアという職種も大いに活躍することになりました。

近代の社会インフラを支える重要な仕事であり、もはや世界経済に欠かせない職業と言えるでしょう。

長期インターンシップ制度を敷いている企業も多く、実際の業務においてスキルの有無を確認する環境も少なくありません。

ただ一言でエンジニアと言っても幅広い業務があるため、自分が応募する企業や事業展開についてはしっかり研究しておく必要があります。

仕事内容

エンジニアの仕事は種類によって大幅に変わります。

いずれも大きな枠ではエンジニアリングが業務ですが、内容は実にさまざまですので、きちんと把握してから応募する必要があります。

たとえばシステムエンジニアなら、システム開発における設計・開発・テストまでの一連の流れが主な仕事です。

クライアントからの依頼を受け、課題をクリアするための提案を行うのがメイン業務となります。

プログラマーは、システムエンジニアが制作した仕様書をもとに機能を実装するのが仕事です。

コーディングを行う人員はコーダーとも呼ばれます。

サーバ構築やネットワーク管理など社会インフラを担当するインフラエンジニアやネットワークエンジニア、WEBサイトやアプリケーションを設計開発するWEBエンジニアなどもいます。

エンジニアのインターン選考で人事が見ているポイント

エンジニアのインターンシップには長期プログラムが少なくありませんが、これは実務レベルを担当することが多いからです。

そのため応募時にも一定の専門スキルを有する条件があったり、人事も実務に耐えられたりするスキルがあるかどうかを問うことが多いでしょう。

ただ、数は決して多くはないものの、プログラミング未経験から参加できるインターンシッププログラムも中にはあります。

そうしたときにも重視されるのがコミュニケーション能力です。

プログラマーの仕事はモニタに向かって黙々と行うものというイメージがありますが、企業として業務を推進するためにはコミュニケーション能力は必須です。

一人で成し得るプロジェクトなどないと考え、チームと協働して成果を上げられる人物となることを意識しましょう。

マーケティング

マーケティングの具体的な仕事内容は、ピンと来ない人も少なくありません。

概要としては調査や分析をすることで間違いはありませんが、単に市場調査をするだけがマーケティングではありません。

細かくはさらにさまざまな職種に分かれることも少なくありませんし、企業によっては所属部署も変わったり、各部署にマーケティング部門を持っていたりする場合もあります。

営業寄りの業務もあれば開発寄りの業務もあり、プロモーション色の強い業務などもありますので、どのような業界・企業のどのような部署での応募なのかを事前に調べて臨む必要があるでしょう。

よくわからないままエントリーすると、的の外れた受け答えになってしまう可能性があります。

仕事内容

マーケティングの仕事は、前述のとおり調査・分析です。

ただし、どのような目的で何をどのように調査・分析するかによって、求められる仕事も成果も大きく変わることを理解する必要があります。

たとえば新商品を開発するために商品の性能や機能、仕様のほかコストや利益など資金についても分析し、戦略を練って価格設定まで行うのもマーケティングです。

自社のWEBサイトをユーザーに提供し、そこに集客する手段を講じるのもマーケティングです。

営業や商品開発、販売促進や広告といったあらゆる業務において必要とされるのがマーケティングですので、一概にまとめることはできません。

ただ流通経路や販売戦略に関わり、営業・販売、生産・研究などあらゆる他部門と連携が不可欠な企業活動の根幹を担う職と言えるでしょう。

マーケティングのインターン選考で人事が見ているポイント

マーケティングのインターンシップでは、広告の運用やSEO、リサーチなどWEBマーケティングのプログラムが比較的多く見受けられます。

そうした中で人事が見るポイントは、リサーチ力や分析力の有無、発想力、ヒアリング力など実に幅の広いポイントがあります。

一般ユーザーが何を求めているかを常に考えるべき仕事のため、物事を深く考えるロジカルな思考を持ちつつ、能動的に行動できる人材が評価されると言えるでしょう。

基本的には数字に強く、物事に細かく、慎重にコツコツと努力を継続できる人が向くと言われますので、そうした適応能力があるか、ポテンシャルがあるかをチェックします。

企画

「企画」という業務は実際にはどの仕事にもあるもので、社会のありとあらゆる仕事は企画なくして実施はできません。

多くの人がイメージする企画者というものは、チームメンバーと一緒にアイディアを出し合う姿や、颯爽とプレゼンテーションを行う姿でしょう。

もちろんそうした業務もありますが、それだけでは実務には程遠い曖昧なイメージと言わざるを得ません。

学生から非常に人気の高い職種であり、アイディアを出すクリエイティブな仕事だと憧れを抱く人も多いですが、応募するからにはその企業の事業展開を調査研究し、具体的にどのような仕事を求められているかをしっかり理解してから臨みましょう。

単に、面白いアイディアや突拍子もない提案するのが企画ではありません。

仕事内容

企画の仕事は、マーケティングやリサーチの分析などを踏まえ、営業戦略なども含めて現状の課題を解決する方策を練るのが主な仕事です。

社内プレゼンテーションなども重要な業務ですが、それはコストを投じて企画を実施するだけの意義があるか、説得力を持たせることが可能かを測るためです。

近年ではメディアの企画職も増えており、WEB記事の編集やスマートフォンアプリの企画制作を行う仕事もあります。

いずれにしてもマーケティング部署と連携し、各部署が納得するアイディアを生み出す責任を担う仕事です。

具体的には、営業企画や商品企画のほか、販売促進、広報などに企画関係の職種が設けられていることが多いでしょう。

企画のインターン選考で人事が見ているポイント

企画職に求められるのはクリエイティブな発想力だけでなく、人のニーズを客観的に分析する能力です。

個人の好き嫌いに関係なく常に各方面にアンテナを張り、情報を収集する熱意も必要とされますので、そうした面があるかどうかが人事が気になる点と言えます。

また数値分析や資料作成も必須のため、情報処理能力や分析能力も必要です。

プレゼンテーション力やコミュニケーション力、調整力や折衝力も求められますが、学生にそこまでのレベルを求めることはないもののポテンシャルは鋭く見ているでしょう。

主に向く性格としては、読書好きや新しもの好き、こだわりがある、慎重といった傾向があります。

知識が豊富で幅広く、旺盛な好奇心を持ち合わせている人は期待されそうです。

ライター

ライターはライティングが仕事ですので、書くことがメインとなるのは間違いありません。

どんなものをライティングするかで仕事は千差万別ですが、コラムもあればコピーライティングもありますし、実際に取材して情報を集め、記事を書いたりする仕事もあります。

いかなるものでも、なるべく多くの人が読むことを想定し、読みやすい・読みたいと感じられる文章を制作することが重要です。

作文が得意なら基本的な適正はありますが、単に書いて終わりではないため、インターンシップではどのような文章が求められるのかを事前によく把握してから応募する必要があります。

仕事内容

近年はWEBがメディアの主流となり、ライティングもWEBの業務が格段に増えました。

インターンシップではWEBサイト自体を運営するプログラムなどもあり、単に文章を作成するだけでなくWEBサイトの運営についても実務を知ることができる場合もあります。

ただライターという職種の仕事内容としては、「依頼を受けて文章を作成する」ということに尽きます。

つまり、クライアントが存在する以上自分の好き勝手に文章を書けるわけではなく、興味の有無に関係なく書くべきものについて調査を行い、適切な文章を作成するのが業務です。

いずれにしても得た知識を他者に適切に伝えることが目的のため、必ずターゲットと狙う成果を踏まえたうえで文章を作成する必要があります。

ライターのインターン選考で人事が見ているポイント

ライティングが主となりますので、作文能力があるかどうかは当然チェックポイントです。

ESに誤字脱字があるようでは困りますし、質問事項に適切に答えているか、意図がきちんと伝わって来る文章になっているかは見られていると考えましょう。

とくに、誰が読んでも内容が理解できる文章をライティングするためには、物事を体系的に伝えるスキルが必要です。

簡単に言えば、自分が伝えたい内容をちゃんと相手に伝える、わかりやすく伝えるという能力ですので、これは応募書類を一通り見れば人事にはすぐにわかってしまうことでしょう。

欲を言えば、読み手が心を惹かれる何か魅力的な要素があれば理想です。

学生時代のエピソードなどは腕の見せどころですので、ぜひ人事にアピールできる内容を考えましょう。

まとめ

インターンシップの選考は人気企業になるほど倍率も上がるため、落選することは普通にあることです。

落ち込まず、志望職種のインターンシップ先がないかチェックし応募を続けることが大切です。

また就活本番に向けて「自己PRの練り直し」「業界研究およびOB訪問の実施」「模擬面接の継続」といった対策をすることも大切です。

インターンシップに落ちるのはよくあることです。就活本番では志望企業から内定獲得できるよう原因を分析し、改善を続けましょう。

柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ