インターン選考で落ちた時にとるべき行動とは?対策を解説する

「志望企業のインターンシップ選考に落選して落ち込んでいる」

「インターンシップの選考になかなか通らない」

上記のような悩みを抱えている人に、本記事では「インターンシップ選考に落ちたときにするべきこと」というテーマでアドバイスします。

結論を述べると、インターンシップ選考を突破するには「アピールするエピソードの再考」および「模擬面接の積み重ね」が大切になります。インターンシップの採用選考を突破した経験は、就活本番でもそのまま活かせます。就活の予行演習だと思って頑張りましょう。

インターンシップの採用面接で落ちた。これって普通なの?

「インターンシップなんだから、すぐに企業からも採用が来るだろう」

インターンシップに応募する前はなんだかんだ言って油断して望みがちですよね。しかし実際にインターンシップ選考に落選するとがっかりするもの。大学の友人には普通に選考を突破する人もいるなかで「なぜ自分だけダメなんだ」「選考を突破できない理由が分からない」と落ち込みがちですよね。

果たしてインターンシップの選考は、落ちるのが当たり前なのでしょうか。

応募者が多いインターン企業では落ちるのがあたりまえ

結論ですが、インターンシップといえど選考に落ちることは良くあります。しかしもちろん、インターンシップ先の企業や研修内容によっても倍率は変わるので、妥協してインターンシップ先を選べばどこかには参加することができます。

しかしそうした企業は、いわゆる「1Dayインターン」などの短期インターンシップになりがちで、研修というよりも会社説明会に近い内容になりがちです。

インターンシップを受ける目的が「就活の面接でアピールするため」「志望職種の働き方を体験するため」であれば、採用難易度は上がりますが、長期間本格的に就業体験できるインターンシップに参加するべきです。

インターン選考で落ちると就活でエントリーしても無駄?

「インターンシップの選考に落ちたんだから、就活本番でも同じ企業にエントリーするだけ無駄なのではないか?」

上記のように悩む学生もいるかもしれません。結論ですが、インターンシップ選考で落ちたからといっても就活本番で応募を諦める必要はありません。

もちろん志望企業のインターンシップに参加するのは本選考においてもプラス評価となります。しかしインターンシップに参加したからといって、必ず採用されるわけではありません。

インターンシップ選考に落ちたからといって気後れする必要はありません。堂々と就活本番でもエントリーして、自分の志望動機を面接官にアピールしましょう。

インターンの採用面接で落ちたときにするべき対応策とは

「インターンシップの採用面接で落ちた。これからどうするべきか分からない」

上記のような悩みを抱えている人に、下記では具体的なアドバイスをしております。

結論から述べると、インターンシップの採用面接に落ちたあとにとるべき行動しては「企業への応募をあきらめない」「アピール方法を考え直す」ことです。

インターンシップの採用選考は、就活本番に向けて良い予行演習となります。インターンシップ選考に落ちても「ダメだった」ではなく「就活で苦労するリスクが高かったけど、インターンシップ選考のおかげで自分に足りない部分に気付けた」など、前向きに捉えてみませんか?

インターンで落ちたら:履歴書に記載するエピソードを再考する

書類選考の段階でNGとなってしまった場合、まずは自己PRのエピソードについて再考してみませんか?

・自己PR欄が最後の一行目まで埋まっていない

・自己PRが何を伝えたいのか分からない

・採用するメリットが伝わりにくい

自分の書いた履歴書を読み返して、もし上記で挙げた3点のうち1つでも当てはまるようであれば、記載するエピソードを練り直したほうが良いかもしれません。

自己PRのエピソードを改善したら、次は志望動機についても練り直してみましょう。

・志望動機欄が最後の一行目まで埋まっていない

・志望したキッカケが分かりにくい

・自己PRと志望動機に一貫性がない

上記3点を意識するだけで、書類選考の通過率が大きく向上するはずです。

インターンで落ちたら:自己PRを改善する

ここからは面接での改善点についてアドバイスします。まずはほぼ必ず質問される「自己PR」について。

面接中の自己PRで大切なのは「簡潔に話すこと」と「履歴書に記載した内容についてアピールすることです。「相手にわかりやすく伝えること」を意識することが一番大切です。

面接官は応募者であるあなたのことを理解しようとしてくれますが、残念ながら初対面の人を、わずか数十分の面接で完全に理解することはほぼ不可能です。

そこで重要になるのが「分かりやすさ」です。履歴書に記載した内容を中心にアピールすれば、選考後にどんな人物であったか思い返しやすくなります。

またついついやってしまいがちな失敗例としては「話が長すぎる」ことです。あれもこれもアピールしたいと思う気持ちは十分理解できますが、長すぎる自己PRは面接官を混乱させるだけです。

簡潔にアピールしたいことを絞って、あとは面接官からの質問があったときに答えておくという心構えでOKです。

インターンで落ちたら:業界研究をより深くする

自己PRの改善ができたら、つぎは業界研究をすすめましょう。志望業界を絞れたら、インターンシップ期間中に業界研究を済ませてしまうのが理想です。

業界研究は就活四季報など書籍で学習するのも良いですが、じつはインターネット上でも検索すれば情報がヒットすることがあります。また一番確実な業界研究はOB訪問です。すでに志望業界で働いている先輩方から生の情報をきくことが面接では一番アピールになります。

インターンで落ちたら:模擬面接を実施して受け答えに慣れる

自己PRと業界研究が終わったら、模擬面接をかならず実施しておきましょう。頭の中では良いアピール文章を考えていても、うまく言葉にできなければ宝の持ち腐れとなります。

模擬面接セミナーへの参加も良いですし、友達同士で面接官役と就活生役を交代しながら相互フィードバックする方法も良いですね。またスマホのカメラ機能を使って、模擬面接の様子を録画して後で見返すといった方法も考えられます。

面接は兎にも角にも「慣れ」が大切です。納得のいくまで模擬面接をしておきましょう。

就活本番に向けて!インターンに落ちた経験を活かす方法

「1回選考に落ちたことがショックで、他社インターン選考への応募を諦めてしまった」

「インターンシップ選考が通らずに、参加することを諦めてしまった」

インターンシップに参加できず就活時期を迎えそうになっている人に向けて、最後に「インターンシップで落ちた経験を活かす方法」についてアドバイスします。

結論ですが「自己PRエピソードの強化」「OB訪問の実施」「模擬面接の継続」こそがインターンシップ参加失敗のリカバリー方法となります。

インターンで落ちたら:自己PRのエピソードを作る

インターンシップに参加できなかった人は、就活を乗り切るための武器として「アルバイトで工夫したこと」を面接でアピールできるよう備えましょう。

アルバイトは「就業経験」という意味ではインターンシップの次に面接官のウケが良いテーマです。ただし漫然とアルバイトをするだけでは不十分。工夫したことや自分なりに努力したこと、その結果どうなったのかなど、就活でアピールできるように意識しながらアルバイトに取り組むのをおすすめします。

インターンで落ちたら:OB訪問を実行する

アルバイトは就業経験として良いエピソードですが、社会人とコミュニケーションをとったエピソードとしては不十分です。なので就活が本格化するまえにOB訪問を積極的に行うことをおすすめします。

OB訪問は業界研究だけでなく、社会人とコミュニケーションをとる良い練習の場になります。またOBに気に入っていただけたら、就活時に思わぬ恩恵をウケられるチャンスもあります。

たとえば一部の企業ではリクルーターという、学生に対してOBが一人ついて人物評価をするといった採用システムをとっている会社もあります。OB訪問を継続して行っていればリクルーターに当たり、高評価を獲得できるチャンスが増えます。

OB訪問は就活生のみに許された特権です。どんどんチャレンジしてみましょう。

インターンで落ちたら:模擬面接を続ける

上述したとおり、面接は「慣れる」ことが一番の攻略方法です。しかし面接に慣れるまで企業に応募し続けるのも大変です。そこでおすすめなのが模擬面接。セミナーで専門家からフィードバックしてもらったり、友達同士で模擬面接をするのも良いですね。

しかし模擬面接はできるだけ継続してこそ意味があります。よってスマホのカメラ機能を使ってセルフ模擬面接をするのも良いです。

スマホを使ったセルフ模擬面接の良いのはなんといっても一人で完結するところ。セミナーはたまに1回参加して終わりますし、友達と毎日模擬面接というのも現実的ではありません。

しかしスマホを使えば、一人でも自分のペースで模擬面接ができてしまいます。録画した自分の姿をチェックしてみると「喋っているときに身体が揺れている」「笑顔がない」「滑舌が悪い」といった改善点が見つかるはずです。

カメラに写った自分の姿を客観的にチェックして、面接力アップを狙いましょう。

まとめ

インターンシップの選考は人気企業になるほど倍率も上がるため、落選することは普通にあることです。落ち込まず、志望職種のインターンシップ先がないかチェックし応募を続けることが大切です。

また就活本番に向けて「自己PRの練り直し」「業界研究およびOB訪問の実施」「模擬面接の継続」といった対策をすることも大切です。

インターンシップに落ちるのはよくあることです。就活本番では志望企業から内定獲得できるよう原因を分析し、改善を続けましょう。

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ