入社後の評価がここで決まる?意外と重要な内定者懇親会とは?

はじめに

内定者懇親会のお知らせがきたが、出席したほうがよいのだろうか?出席しようと思うが、どんな点に注意すればよいのかと悩むでしょう。

内定は決まっているものの、内定者懇親会で粗相をしたら入社後響くのではないかと心配になるかもしれません。

ここでは内定者懇親会とは一体何なのか、また注意するべきポイントについて紹介します。

内定者懇親会とは?

内定者懇親会とは一体何なのでしょうか。

内定者同士や内定者とその企業で働く社員と、親睦を図るために開かれる会のことをいいます。

ホテルの会場を貸し切ったり、居酒屋で飲み会のような形で行われたり、食事会が開かれたりと各企業によって細かい点が異なります。

職場見学、グループトーク、事務連絡が行われる場合もあります。

場所や行われる内容はさまざまですが、どの企業も目的は同じです。

内定式までの過ごし方や今後のスケジュールについての説明、入社まで課題がある場合はその旨の説明などがあります。

入社前の研修がある企業もありますが、いつ開かれるか、持ち物など注意点が説明されます。

内定承諾書が、内定者懇親会にて配布されることもあります。

これから入社までのスケジュールについての説明、待遇についての説明など大切な事務連絡がありますので、筆記用具を忘れずに持参してメモするようにしましょう。

内定者懇親会には参加するべき?

内定者懇親会は、必ず参加しなくてはいけない会ではありません。

中には欠席する学生もいます。

また欠席したからといって、内定が取消になることはありません。

しかし、内定者懇親会に参加することで得られるメリットはたくさんあります。

まず同期入社の他の学生と知り合う機会になります。

連絡先の交換をして、内定式や入社までに連絡を取りあう学生も多いです。

内定者懇親会に参加しなかったことで同期の学生と交流が持てず、入社してから打ち解けるまでに時間がかかる方もいます。

他の同期が仲のよいグループになってしまい、1人ぼっちになることもあるので注意しましょう。

また、先輩社員との交流も持てます。

どんな社員が働いているのか知ることができますし、連絡先を交換して入社までに連絡を取りあうこともできます。

先輩社員と仲良くなることで入社してからも面倒を見てもらえた場合や緊張せず話しかけられるようになったという学生も多いです。

中には職場見学を行う企業もあります。

どんな職場か雰囲気を知ることができたり、その企業が現在どんな事業に携わっているのか詳しい説明が聞けたりと、その企業について興味を深められます。

入社する前に自分が働く姿や力になる姿をイメージしやすくなるので、入社してから戸惑うことが少なくなるでしょう。

マナー研修を行っている企業もあります。

就活中に社会人としてのマナーを学ぶ学生も多いですが、実際社会で働く先輩社員より、直接マナー研修を行ってもらえます。

実際どのような点に注意すればよいのか、新社会人として注意したい点など現場の声が聞けるためよい機会となります。

各メリットがあることから、内定者懇親会に参加する学生は多いです。

できる限り予定を開けて参加するようにしましょう。

内定者懇親会に関するマナー

内定者懇親会で粗相をしてしまったら、入社後目立つかもしれないと心配になるでしょう。

ここでは、内定者懇親会に関するマナーについて説明します。

内定は決まっているので、就活の面接のように緊張する必要はありません。

しかし何をしてもよいということではないので、各ポイントについて押さえよい時間を過ごしましょう。

服装や髪型

どんな方でも服装や髪型について気になるでしょう。

はじめに服装からですが、必ずしもスーツ着用ということではありません。

企業より服装の指定がされるケースがほとんどですので、その指示に従いましょう。

私服と指定されたのに、スーツを着用すると失礼にあたります。

内定者懇親会が開催される場所に応じて服装を合わせます。

オフィス内で行われる場合は、その企業に勤める際の服装を選びます。

スーツの場合はスーツ、オフィスカジュアルの場合はオフィスカジュアルです。

ホテルの宴会場の場合はスーツが無難でしょう。

居酒屋や飲食店などで行われる場合は、平日の夜であれば勤務時の服装、休日であればオフィスカジュアルが無難です。

服装の指定がなく、どうすればよいかわからないときは人事担当者などに確認すれば問題ありません。

私服と指定された場合ですが、ラフすぎる服装は避けましょう。

サンダルや半ズボンなど、肌が露出する服装は避けたいです。

オフィスカジュアルを意識すると、私服という指定を守れますし企業側にも失礼にあたりません。

続いて髪型についてですが、ベストなのは最終面接時の髪型です。

内定を貰ったから、最後の学生生活を楽しもうと金髪など派手な髪色に染めてしまったという学生もいるでしょう。

しかし内定者懇親会では派手な髪型はNGです。

ハイライトやメッシュなど入れている場合も、黒染めをするなど落ち着いた髪色に戻しましょう。

入社後、染色が認められない場合は男女とも黒髪で参加するのが好ましいです。

加えて女性で髪の毛が長い場合はまとめる、男性は襟足より伸ばさないなど、清潔感がある髪型がふさわしいでしょう。

メールマナー

内定者懇親会のお知らせがメールにて配信されることが多いです。

メールが届いたら、できるだけ早く返信しましょう。

企業側は内定者懇親会の準備をしなくてはいけません。

参加人数によって内容を変更するなど、対応に迫られるケースもあるため早めの返信が好ましいです。

予定が空いていて参加できる場合は、その旨返信しましょう。

すでに予定が入っていて参加できない場合は、家庭の都合など理由を添えてメールを返信してください。

予定がまだわからない場合は、いつまで返事を待ってもらえるか担当者に連絡しましょう。

一旦出席で連絡したものの、急遽予定が入って参加できなくなった場合も連絡が必要です。

お詫びの旨伝えることと、簡単に理由を添えるようにしてください。

前日まではメールで欠席の旨連絡してもよいですが、急に体調が悪くなり当日になって欠席する場合は電話連絡が好ましいです。

電話した後、先ほどの件ですがとメールもあわせて送信するとベストです。

実際、卒業旅行などで内定者懇親会を欠席する学生もいます。

無理に出席しようとするのではなく、出席が難しいと判断したら欠席の旨連絡しましょう。

あわせてメールについてですが、内定者懇親会が終わった後お礼メールを送信しても問題ありません。

必ず送信しなくてはいけないということではありませんが、感謝の気持ちを伝えたい場合は翌日など早い内に送信しましょう。

こんな点がよかったと、感想もあわせて伝えると好印象です。

内定者懇親会で聞いておくべき質問とNGな質問

内定者懇親会では同期入社の学生、そして先輩社員との交流があります。

せっかくのよい機会ですので、どんどん質問しましょう。

ここでは聞いておくべき質問と、NGな質問について説明します。

聞いておくべき質問

面接時には聞けなかったことを中心に、どんどん先輩社員に質問してみましょう。

先輩社員だからこそ答えられる現場の声など、貴重な情報が得られます。

・実際どれぐらい残業するのか?いつまで仕事をしているのか

・入社までに取得しておいたほうがよい資格はありますか?

・現在どんなプロジェクトに参加されていますか?

・今抱えている仕事で大変なことは何ですか?

上記のような質問がよいでしょう。

1日のスケジュールについて質問することで、何時から何時頃まで勤務しているのか、またどんな仕事から取り掛かっているのか詳しく話が聞けます。

自分が入社してからのイメージ像が湧きやすく、スムーズに仕事に取り掛かるでしょう。

また現場で頑張っていることなど、仕事に対しての感想を聞くのもベストです。

せっかくですので、入社までに取得しておいたほうがよい資格があれば聞いておきましょう。

入社までに少し時間がありますので、勉強をして知識を増やしておくと戦力になりやすいです。

NGな質問

では続いて、NGな質問についてです。

ホームページに記載されていることをはじめとして、調べればすぐわかることについては質問を避けましょう。

しっかり企業研究をしていると見られるほうがベストです。

福利厚生についてもいろいろ聞きたくなりますが、あまり細かく聞くと内定を貰っている他の企業と比較するのではないかと心配されます。

有休の消化率、フレックスタイム、転勤はあるかなど突っ込んで聞かないよう注意しましょう。

もし内定者懇親会を欠席する場合は?

内定者懇親会を欠席したい場合はどうすればよいでしょうか。

欠席したいけれども、どうしようと悩み、連絡が遅れることや連絡を怠ってしまうことがないよう注意しましょう。

内定者懇親会を開催する旨がメールで届くケースが多いですが、その際はできるだけ早く欠席の連絡をしてください。

その際、「せっかくの機会でしたが」などとせっかくお誘いいただいたのに申し訳ありませんという気持ちを伝えましょう。

当日欠席以外は、基本的にメールでの欠席連絡で問題ありません。

できれば理由を添えたいところですが、どうしても理由を伝えられない場合は当日予定が悪いとシンプルに断ってもよいです。

「なんとなく出席したくないから」「卒業旅行の予定を入れていたから」といった理由を伝えるのは避けましょう。

「学業の都合でどうしても予定が開けられない」「家庭の都合で予定が合わない」といった理由が好ましいです。

当日キャンセルは特に避けたいですが、熱が出たなど体調不良の場合はその旨伝えましょう。

まとめ

内定者懇親会は、同期入社の学生そして先輩社員との交流ができるよい機会です。

どうしても都合がつかない場合は除きますが、できるだけ参加しましょう。

入社直後は環境が大きく変わり辛くなる人が多いです。

そんなときに内定者懇親会で知り合った同期の社員、もしくは先輩社員が相談に乗ってくれるかもしれません。

その企業についてより深く知れる機会ともなります。

欠席する場合は担当者に失礼のないように断りましょう。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ