集団面接の自己紹介って何を話せばいい?落とされないためのポイントを解説

集団面接の自己紹介で何を話せばいいか分からないと悩んでいる方も多いです。

自己紹介が全てではないですが、集団面接では1人ひとりの学生が話す時間は少なくなるため、自己紹介でどれだけ印象付けられるかということも重要になります。

この記事では集団面接で話す内容や落とされないための注意点を紹介しています。

最後まで読めば集団面接の自己紹介をうまく乗り切ることができるでしょう。

集団面接の自己紹介の話に入る前に集団面接の意義を知っておこう

集団面接を企業が行う一番の理由は効率よく学生の選別ができるためです。

大企業や人気のある企業だと応募者が大勢いるため、1人ひとり面接を行っていては莫大な時間や手間がかかってしまいます。

その点、集団面接であれば一度に複数の学生の対応ができるので、採用活動の手間が軽減します。

集団面接は基本的に、明らかに相応しくない人から落とす「ネガティブチェック」です。

集団面接では時間が限られていますから、1人ひとりの学生の人物像や志望動機などを深堀りする余裕はありません。

そのため、基本的な部分が出来ているのかという点を重点的に確認されます。

つまり「他の学生より優位に立とう」とするのではなく「落とされないように悪目立ちしない」ことが大切なのです。

集団面接を受ける際は、まずこのポイントを押さえてください。

もちろん、集団の中の振る舞い方や受け答えの内容などもチェックされているため、通常の面接と同様きちんと対策が必要です。

集団面接の自己紹介のポイント

集団面接では、最初に自己紹介が行われます。

面接の中ではじめて話すパートである自己紹介。

「最初が肝心」とも言われるように、自己紹介の出来不出来によって面接が有利に進むか不利に進むか変わってきます。

ここでは、集団面接の自己紹介のポイントを紹介しています。

自己PRをすべき場ではないことをわきまえる

面接官にアピールするために自分の強みや経験など本来なら自己PRで述べることまで自己紹介で話す学生がいますが、これはいけません。

自己PRはその後の質問で聞かれるため、自己紹介で話す必要はありません。

また、面接官は自己紹介で「まずは簡単にそれぞれの学生の雰囲気を掴みたい」と思っています。

そこに突っ込んだアピールをされてしまうと「なんだかズレた人だな」と思われる可能性が高いです。

自己紹介ではあまり力を入れすぎず「挨拶の一貫」くらいに気楽に挑めばよいのです。

こうした自己紹介の目的を意識し、自己PRと混同しないよう気を付けましょう。

面接官の指示を守る

自己紹介の際は「まずは簡単な自己紹介をお願いします」と面接官から指示を受けて始められます。

その時「30秒程度で」「名前と学部だけ」などより具体的な指示がされることもあります。

こうした指示は確実に守るようにしてください。

事前に自己紹介文を完璧に暗記して臨む学生もいますが、その場合面接官の具体的な指示に対応できなくなる可能性もあるため注意してください。

面接官の求める情報にたいし、適切な回答を心掛けましょう。

簡潔に話す

集団面接の自己紹介は時間が限られているので、できる限り簡潔に話すのが大切です。

自分の経歴を過去から遡ったり、強みや長所まで盛り込んだりとダラダラ話すのはNGです。

限られた時間の中で自分の特徴が伝わるような自己紹介をするためには、伝えたい内容を絞り簡潔な表現を用いることを意識しましょう。

くれぐれも何も考えずに話しはじめることなどはせずに、言いたいことは事前に考えておいてください。

他の学生の自己紹介はきちんと聞く

どうしても自分の自己紹介に気がとらわれがちですが、他の学生の自己紹介もきちんと聞くようにしましょう。

集団面接では自分が話している時だけでなく、他の人が自己紹介をしている間の態度も見られています。

他の人の自己紹介を真剣に聞いている様子が面接官に伝われば、「コミュニケーション力が高い学生だな」という印象を与えることができます。

緊張して他の人の話を聞くどころではないかもしれませんが、表面上だけでも構わないので頷くなど聞いているアピールをしましょう。

明るくハキハキと話す

面接では、話す内容ももちろんですが同じくらい「話し方」も重要となります。

できる限り明るくハキハキ話すように努め、面接官に好印象を与えるよう心掛けましょう。

実際、話す内容よりも「声のトーン」や「話し方」のほうが相手に与える影響が強いという心理学の調査もあります。

ボソボソ自信なさげに話してしまうといくな魅力的な内容だとしてもその魅力が相手に伝わりづらくなってしまうのです。

集団面接の自己紹介では何を話せばいい?

集団面接の自己紹介のポイントを紹介してきましたが、そもそも自己紹介ではどんなことを話せばいいのでしょう。

実はある程度型は決まっているので、そのパターンをご紹介します。

自己紹介で興味を持ってもらえたら優先的に質問してもらえる可能性も

この記事のはじめで、集団面接は基本的には「ネガティブチェック」であるとお伝えしました。

確かに悪目立ちしないことは重要なのですが、良い目立ち方ができる自信があるならば前章で紹介したポイントを踏まえた上で、伝えてみてもいいでしょう。

自己紹介で興味を持ってもらえたら、優先的に質問してもらえる可能性がありますす。

何か人と違った特技や経験を持っているのなら、自己紹介で触れてみましょう。

自己紹介で話すべき内容

自己紹介の目的はあなたの人となりを短時間で知ってもらうことです。

そのために必要な情報をシンプルに伝えましょう。

自己紹介で伝えるべき内容は、以下の5つです。

・氏名

・大学、学部

・学生時代頑張ったこと

・自分の性格・特徴

・企業の魅力に感じたポイント

自己紹介の適切な時間は30秒から1分だと言われているため、この時間に収まるよう上記の内容を簡潔にまとめます。

自己紹介の例文

良い自己紹介の例文を紹介します。

1分という短い時間であなたという人間を知ってもらい、もっと話を聞いてみたいなと思わせることが大切です。

例文①

私の名前は、田中祐です。

東南大学経営学部商学科出身でゼミでは牛丼チェーンの出店戦略を神奈川県全域にわたり調査しまとめました。

大学生活では3年間牛丼チェーンでアルバイトリーダーを経験し、シフト管理の手法やお客様とのコミュニケーションの大切さを学びました。

御社のスタッフとして働く人に魅力を感じ、志望しました。

本日はお忙しい中、貴重なお時間を頂きありがとうございます。

宜しくお願いいたします。

上記の例文は大学で学んだこととバイトでの経験に一貫性があるため、面接官が納得いきやすい内容です。

会社への志望動機にも触れており、面接官の興味を引きだすことが可能です。

例文②

東都大学出身の高田いずみです。

私が学生時代頑張ったことは塾講師のアルバイトです。

最初は生徒にうまく教えることができず悩みましたが、問題を解けるようになった生徒からの「先生ありがとう」の言葉に励まされ続けていくうちに、仕事の面白さややりがいを感じるようになりました。

今ではバイトリーダーとして後輩たちの指導も任されるようになり、塾生が通いやすい明るい雰囲気の塾になるよう先頭に立って頑張っています。

上記の例文では「継続性」と「リーダーシップ」を表現することができていますね。

自己紹介は自己PRの場ではないですが、この程度のボリュームであれば自己PRと似たようなことを話しても問題ありません。

この後の自己PRの質問でもっと深堀りしたいと感じさせる内容です。

他の学生と差をつけたいなら特徴的な内容も入れる

先手必勝、自己紹介でガツンと印象を与えたいと考える学生もいるでしょう。

他の学生と差を付けたいなら特徴的な内容を入れるべきです。

例えば、分かりやすいのが「甲子園の出場経験」や「海外留学」などですかね。

しかし、学生時代特に大それた活躍もしていないし特別な経験もしていない方も多いものです。

そのような場合、珍しい趣味や特技などを自己紹介で伝えるのもアリです。

注意してほしいのは事実だけを伝えるのではなく、その経験を通して得たことまで話すことです。

面接官が一番知りたいのは学生の人柄ですから、あなたの考えや価値観が伝わるような内容を伝えることが重要です。

集団面接では自己紹介だけでなくマナーにも気を配ろう

集団面接はネガティブチェックですから、面接では基本的なマナーにも気を配るべきです。

補足事項として、集団面接で気を付けるべきマナーの内容をお伝えします。

身だしなみ

これから社会人になるのですから、身だしなみに気を付けることが大前提です。

面接の身だしなみでは気を付けるポイントは「相手に不快感を与えないこと」です。

具体的には以下のような点に気を付けましょう。

■清潔感

■面接に相応しくない服装

清潔感を出すためには「髪の毛は長すぎずきちんと整える」「スーツやシャツはしわが無いものを着用する」「靴の汚れは落としておく」といった点が重要です。

また「鮮やかな緑の靴下を着用している」「クールビズでもないのにノーネクタイで面接に望んでいる」等が面接に相応しくない服装としてありがちです。

言葉づかい

言葉づかいも基本的なビジネスマナーの1つです。

面接によくありがちなミスとしては「敬語が間違っている」「口調がタメ語」「挨拶が無い」などです。

謙譲語と尊敬語の区別が出来ていない学生は少なくないので、事前に確認していきましょう。

また話の途中で「~なんだけど」や「~だから」など話し言葉を使ってしまうケースも多々見られます。

こういった話し方をしてしまうと「ビジネスマンとして大丈夫なのかな」と不安を与えてしまうので、言葉づかいには気を付けましょう。

立ち振る舞い

「貧乏ゆすり」や「腕組み」など無意識での立ち振る舞いも、面接官には見られています。

特に面接官にチェックされているのが「待ち時間中のスマホ」です。

時間が空くとすぐスマホをいじってしまう癖がある学生は多いですが、面接での待ち時間くらいは我慢するよう気を付けて下さい。

まとめ

集団面接の自己紹介では必要なことを簡潔に述べることが大切です。

<>集団面接では悪目立ちをした学生から落とされるため、特に意気込んで自己紹介に臨まなくても大丈夫です。

<>話す内容ももちろんですが、身だしなみや口調、言葉づかい、態度などビジネスマンとしての基本を押さえているかという点もかなり重要です。

おかしなところをださないように気を付け、集団面接を乗り切ってください。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ