項目別!履歴書の長所の書き方3選

これから入社したい企業に面接を申し込むにあたっては、誰もが履歴書を作成します。

その際、最も頭を悩ませるのが履歴書の中での長所についてです。

すぐに思いつく人もいれば、どう考えても自分に長所などないと思えてしまう人もいて、後者の方が書くのはより困難となります。

とはいえ、すぐに自分の長所を思いつける人でも、その根拠となる理由は何なのかを知っておかないと、面接のときに失敗してしまうリスクが高まります。

履歴書に自分の長所を書くにあたっては、会社がなぜ書くように求めるのかを、さまざまな方面に焦点を当てて分析していきます。

【長所の書き方】企業が長所を聞く目的とは?

企業は履歴書を見て、この人はうちの会社にとって戦力になりそうだとか、魅力的な人材だと考えたら、次なる段階の面接に来るようにと促します。

学生の就活では非常に多くの人が履歴書を送付するため、まずは履歴書ではねられてしまう人が大多数です。

面接にこぎつけられたということは、そこにはなんらかの理由があり、会社として求める基準に対して、履歴書という書面においては合格したことを意味します。

履歴書でパスし、さらに面接をクリアして採用にこぎつけるには、さらに一歩踏み込んで企業の意図を知っておくこと必要があります。

その意図とは、あなたの長所は何ですかという質問に凝縮されるといっても過言ではありません。

会社との相性を知るため

会社として履歴書を見る限りでは、自社の業務内容に対応できるスキルを持っていると推測でき、学業における成績も優秀であることなどを踏まえ、優れた人材として活躍してくれそうだという判断のもと、履歴書での合格とします。

ただ、履歴書でわかるのはここまでで、実際にその人がどのような性格の人かはわかりません。

人というのは、履歴からは文句の付け所がなくても、その性格によって周囲の人に与える印象が異なります。

会社としては、これまでの履歴と履歴書における長所は完璧でも、実際に入社して相性が合うかどうかを判断するために、実際に会ってその人の口から自分の長所を聞きたいと考えているのです。

どんな人物かを知るため

自分の長所はわかっていても、自分自身で自分がどんな人物なのかを理解している人はほとんどいません。

たいていは第三者からの評価によって、自分はこういう人物なのだとか、こんな人だと思われているといった具合に、他者による物差しで自分を捉えていることが多いのです。

会社は就職を希望する人と直接会って話をすることによって、どんな人物なのかを知ろうとしています。

人物を知るポイントとして、話し方や立ち居振る舞いから推測および判断することがほとんどです。

面接のマナーをしっかりと頭に入れているかどうかから、話をするにあたって落ち着いているか、あるいはソワソワしたりもじもじしたりと落ち着きがないかといった点を見ています。

話す声や話し方に自信があるか、それとも自信なさげにか細い声で話すかなどもチェックするポイントです。

入社後の活躍するイメージを掴むため

相性はそこそこ良さそうで、人物にも問題なしとなったら、会社は次にこの人を採用した場合、どこに配属したら活躍してくれるだろうかと考えます。

大きな会社になればなるほど適材適所で人員を配置しないと、役に立つどころかお荷物になってしまう可能性があるからです。

会社との相性は良さそうだし、人物にも問題ないけれど、活躍できる部署がなさそうだとなれば不採用という結果に至ってしまうこともあります。

こればかりは会社内部のことですので、就職活動をする人たちにとってはいかんともしがたいところです。

【長所の書き方】項目別!長所を探す方法

履歴書に長所を書くにあたって、自分には特に長所と言えるものが何もないと感じてしまう人におすすめの、長所を探す方法があります。

なんとなく自分自身をぼんやりと捉えると、なんの長所もないと感じがちなのですが、これを項目別に分けて考えると、意外とそういえば自分はこういうことが得意だということが見つかるのです。

それこそが、自分自身の長所となります。

性格から長所を探す

自分自身の性格をいきなり細かく分析することは難しいため、まずは大まかに考えてみます。

まじめや几帳面な性格であるとか、細かいことは気にしないおおらかな性格であるといった具合に、できるだけポジティブな方向から性格を捉えるのがコツです。

まじめで几帳面な性格なら、物事にコツコツと取り組み、最後までやり遂げるところが長所になりますし、細かいことは気にしないおおらかな性格と考えるなら、ミスをしても後に引きずることなく、今回はダメだったけれど次は頑張ろうと思える切り替えの早さが長所になります。

自信のある場所から長所を探す

自分自身の中で、これだけは自信があるというところを、一つでもいいから徹底的に探し出します。

誰にでも一つはあるもので、読書が好きで、これまでたくさんの本を読んできたし、長時間でも読み続けられるとあって、本を読んでいるときの集中力にはかなりの自信を持っているといった具合です。

はじめて会った相手とでもすぐに打ち解けられて友達が作れ、すでにできあがっている仲間内にでも緊張することなく入れるという人は、人付き合いに優れていることが長所となります。

短所を言い換えて長所を探す

話下手な人は、話すということが苦手なために聞き役に回ることが多く、もっとうまく話せたらいいのにと思っていることがほとんどです。

けれど、自分自身では短所だと思っている話下手が、実は周囲からは、あの人はいつも私の話を熱心に聞いてくれてとても話しやすいと感じられている、いわゆる聞き上手であることに気づいていません。

自分は話下手で、うまく話せないことが短所だと感じているなら、それを反対の方から見てみることで聞き上手だと言い換えられることに気づくでしょう。

会社において人の話を聞くというのは不可欠な資質ですので、短所だと思っていたところが十分長所になるのです。

【長所の書き方】就活中によくある長所を紹介

学生の就活は一斉に行われるため、誰もが自分の長所を履歴書に書いて送ります。

他の学生と自分自身の長所の内容が重複してしまうのは避けられないことから、より掘り下げて自分自身を見つめ、どんなところが長所と言えるのかを客観的に知るために、長所一覧をまとめた記事を参考にすると良いでしょう。

この一覧を見れば、こんなことも長所になるのかと目から鱗が落ちる想いを経験できますし、それなら自分にはこれが当てはまるといった具合に、ユニークな長所を見つけることができます。

就活中によくある長所をまとめた一覧記事を参考にすることによって、自分自身を見つめて長所を探す時間も短縮できるでしょう。

「長所 一覧(作成中)」こちらによくある長所の一覧がありますので参考にしてみてください。

【長所の書き方】長所の例

実際に履歴書にどのように書けば良いのかがわからないという人のために、具体的な長所の書き方の例を3つ挙げてみます。

例文①

子供のころからチームで行うスポーツをずっと続けてきた経験から、私は仲間との協調性を常に大事にしています。

スポーツを通してチームメイトとの間に培ってきた協調性は、親しい友人だけでなく、クラスメイトともうまくやっていける結果となりました。

自分の意見を言うことはもちろんですが、自分とは異なる意見にも耳を傾け、活かせるところは活かし、悪いところは修正するといった柔軟な考え方を持つことができるようになったと感じています。

考え方の異なる大勢の人の中で仕事をするにあたって、常に自分の考えを持ちながらも人の意見に耳を傾ける柔軟さは、大いに役立つと考えています。

例文②

私の長所はまじめな性格から、どんなことでも手を抜かずに真摯に取り組むところにあると考えています。

勉強においてはどの学科が重要で、どの学科が取るに足らないものだとは考えず、すべてにおいて同じように向き合ってきました。

日常生活の中ですべきことも、雑用という考え方ではなく、すべてがしなければならないことだと考えて取り組み、きちんと最後までやり通した結果、思いがけない達成感を得たこともしばしばあります。

仕事をするときにこれは大事で、これは些末なことといった考え方をせず、すべてにまじめに、手を抜くことなく取り組んできたこれまでの姿勢は、大いに活かされると考えています。

例文③

私は人からの忠告や意見を特に抵抗なく受け入れることができる自分の性格を、一番の長所だと考えています。

最も身近な人間関係は家族ですが、兄弟姉妹が親から注意されたとき、それはこういう理由があってといった具合に反論するのに対して私自身は、そう言われると私が悪かったのだといった具合にすんなり受け入れられるのです。

友人や先生からのこうしたほうがいいよとか、こうしなさいといったアドバイスから指示に至るまで、その中に良さを見つけて素直に受け入れられるところは、多くの人からたくさんの指示を受けることになる会社では長所になると感じています。

自分の考えにこだわって頑なになり、周りから教えてもらえるたくさんの知識を逃してしまうことにならないようにしたいと考えてています。

まとめ

履歴書を書く際に最も悩む長所は、漠然と捉えるのではなく項目別に分けてピックアップしていくことで、意外と自分にはたくさんの長所があったのだということに気づき、本人が一番びっくりということがよくあります。

企業がなぜ長所を知りたがるのかという理由を知れば、自分はどんな性格なのかや、この性格で何が長所になっているのかを考えなければなりません。

これが客観的に自分を見ることにつながりますので、長所を探し出すのに時間をかけることで、履歴書に書くのはもちろん、実際に面接のときにも落ち着いて話せるようになります。

人となりを見られても、面接で自分の長所を堂々と話すことができれば、採用という結果につながってくるはずです。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ