マーケティングってどんな仕事?向いてる人ややりがいなどを徹底解説

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

マーケティングって何だか響きがいい、カッコいいと思っている学生さんは多いのではないでしょうか。

業種や職種により求められることは異なりますが、主に市場リサーチや分析を行ったり、新しい市場の開拓や販売戦略の策定や提案などを手掛けたりする仕事です。

マーケティングの仕事は具体的にどんな内容であり、どんな人が向いているのか、やりがいや求められるスキルなどについてご紹介します。

【マーケティングの仕事とは】マーケティングとは

マーケティングの一番の目的は商品やサービスが売れる仕組みや儲かり続ける仕組みを構築することにあります。

商品やサービスの種類や業種などの違いにより、新しい商品やサービス開発目的や新規出店を目的としたマーケティングリサーチや商品の新規開発のために行うプロダクトマネジメント、新規および既存商品やサービスの価格戦略、CMや現在トレンドになっているSNSなどを使ったプロモーション&コミュニケーション戦略、ネット広告やDM、折り込みチラシなどを使ったダイレクトマーケティングなど多彩な手法があります。

業種や職種、売り込みする商品やサービスの種類やプロダクトサイクルのいずれの段階にあるかによって、採用される手法や求められることは異なるため、特にどんな分野でどのような仕事をしていきたいか、業種や職種を絞り込むことも必要です。

メーカーに勤めて商品開発や販売戦略のためのマーケティングを行いたいのか、フランチャイズ本部や店舗運営を手掛ける飲食チェーンなどで新規出店のためのマーケティングを行いたいのか、不動産会社で再開発やビルやマンション、商業施設の建設に向けたエリアや土地のマーケティングを行いたいのか、さまざまな業種で活躍する機会があります。

リサーチ会社やコンサルティング会社などに勤めて、さまざまな企業や個人からの依頼を受けて、販売戦略の見直しや売り上げ増大、出店場所のリサーチなどさまざまな依頼に応えるコンサルタントなどになる道もあります。

【マーケティングの仕事とは】具体的な仕事内容

マーケティングの仕事は売り上げや収益を上げるにはどのような商品を開発すればいいかや、誰をターゲットにすべきか、どのようなお店をどこに出店すべきかなどをリサーチし、収集した市場データを分析して売れるための仕組みを造り上げることです。

企業の商品やサービスのイメージをどのようにして伝えるか、潜在的な顧客をどのように獲得するかといった戦略を考えていく役割も担います。

マーケティングの仕事の一般的なプロセスとして、まずは市場を調査することからはじまります。

一般消費者や法人などのターゲット客が求めているものを知り、売れる商品やサービスを検討するための調査や分析を行う仕事です。

具体的には公的機関の統計データの収集や分析、消費者へのアンケートの実施や、アルバイトを雇っての交通量調査など、業種や商品、サービスの種類によって調査対象も手法もさまざまなものがあります。

最近は消費者アンケートをネット上のリサーチ会社やアンケートサイトを使って行うことも増えてきました。

リサーチした結果やデータ解析の結果を報告書や提案書にまとめ、社内の商品開発部や商品企画部などに提出したり、相談したクライアントにプレゼンなどを行ったりします。

また、新規開発した商品やサービス、既存の商品やサービスについて認知のための広告宣伝や売り上げアップのためのプロモーションなどの計画や企画を立てます。

事前に行ったマーケティングリサーチと分析の結果を踏まえ、消費者や時代のニーズや関心のある方法で訴えかけることになります。

かつてはテレビCMや雑誌広告などが主流でしたが、最近はネット広告やSNSを使った発信、読者モニターや影響力があるブロガーを使った戦略など方法も多様化しているのが特徴です。

常に消費者の心理や時代のトレンドを先取りでキャッチアップしながら、どんなプロモーションが成功するのかリサーチ、解析していくスキルも求められます。

マーケティングの仕事は売りだしまで行ったら、終わりではありません。

一連の手法や戦略が、実際に商品やサービスの売り上げにつながっているかを逐一検証するとともに、すべての活動にかかったコストと得られた売り上げを算出して、費用対効果を分析しなくてはなりません。

これに基づき、販売戦略の見直しや次の商品開発などに活かしていくのも仕事であり、ご自身のノウハウも徐々に蓄積されていきます。

【マーケティングの仕事とは】マーケティングのメリット

マーケティングの仕事は商品開発や新規出店計画などの根幹から携われる仕事で、何もない状態から市場開拓を行ったり、ニッチ市場を見つけ出してこれまでにない商品やサービスを生み出したりすることも可能です。

また、既存の商品やサービスがもっと売れる仕組みを作ったり、プロモーションの方法を新たに生み出すなど、リサーチに基づいたさまざまなアイディアを出したり、チャレンジができます。

商品開発者や出店を希望する企業やオーナーなどの相談相手になり、裏方として支える仕事ではありますが、自分のリサーチ力や分析結果、提案がもとになって売り上げ貢献などに結びつくため、責任感のある仕事であり、やりがいがあるのがメリットです。

【マーケティングの仕事とは】マーケティングのやりがい

マーケティングのやりがいは、新規市場の開拓や市場分析に基づく新規商品やサービスの開発の最前線に立てることです。

リサーチや分析の結果、次の段階に進めないこともありますが、自分が携わったマーケティングに基づき新しいお店が成功し、ヒット商品や注目のサービスにつながればうれしいものです。

売れ行きが伸び悩んでいる商品やサービスの販売戦略の見直しや、売り上げを伸ばしたい店舗の移転などのサポートをして、それが成果につながれば、やりがいが生まれます。

もちろん、成功することばかりではありませんが、失敗や成功を繰り返し、そのプロセスをしっかりと検証しながらPDCAサイクルを繰り返すことで、マーケティングのノウハウが蓄積され、キャリアも積み上がっていきます。

【マーケティングの仕事とは】マーケティングに向いてる人

マーケティングには事実や数値といったデータを客観的に分析できる力と、そのデータから市場のニーズや消費者心理などを読み取る力、移り変わりやすい消費者のトレンドやニーズにどう働きかけるかのアイディア力も求められる仕事です。

リサーチや分析の面では細やかで、数値や客観的なデータを冷静かつ論理的に分析できることが求められます。

一方で、消費者心理の分析や新たなプロモーション手法を考えていくうえでは柔軟性や豊かな創造力、思考力も必要です。

リサーチャーや分析者としてのデータに強く論理的思考力と、柔軟な思考力の両方を持ち合わせる人が向いています。

わかりやすくいうと、理系的な側面と文系的な側面の両方が求められるということができます。

マーケティングの仕事というと経済学部や経営学部の出身など文系のカテゴリーに思われますが、理系出身者も少なくありません。

また、文系の中でも右脳が豊かな純粋な文系の人よりも、数学や数値に強い右脳も発達した人や、両方のバランスが取れた人に向いています。

【マーケティングの仕事とは】マーケティングに就職する際に持っておくべき資格

マーケティングについて大学の授業などで学んだという方もいれば、仕事には憧れるものの学んだことがない方もいるかもしれません。

また、大学で学べる理論的なことよりも、もっと実践的なことを学びたいという方もいるでしょう。

そうした場合に役立つのが、マーケティング・ビジネス実務検定やマーケティング検定です。

試験の受験に向けて学ぶことで、マーケティングの基本から実際によく使われている手法などを学ぶことができます。

履歴書のスキルや資格欄に検定合格を記載できれば、マーケティングへの興味が強いことの説得力を増すことにもつながります。

グローバルに広がる市場で活躍したいなら、貿易実務検定も学んでおくといいかもしれません。

マーケティングをはじめ、海外企業との商談や契約、代金決済、信用状、クレーム対応など貿易実務について幅広く学べます。

また、近年需要が増しているマーケティングデータアナリストやデジタルマーケティングアナリストとして活躍したいなら、ウェブ解析士やデータ解析士といった資格を取得するための勉強をしてみましょう。

ネットショップやネット販売でのマーケティングを手掛けていくうえでは、ネットショップ実務士の資格取得も知識の研鑽に役立ちます。

広告代理店でクライアントへのコンサルティングや提案などを行いたいといった場合、近年のネット広告をメインに得意分野にしていきたいなら、Google AdWords認定資格や、Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験などサイト上でメジャーとなっているサービスについて学び、検索広告・ディスプレイ広告やモバイル広告・動画広告・ショッピング広告などについての知識やスキルを極めておくのもおすすめです。

マーケティングデータアナリストを求める第二新卒や転職者向けの求人には、Google AnalyticsなどでWebアクセス解析を行っていた経験がある人といった応募条件が求められるケースもあるので、スキルアップやキャリア形成にも役立ちます。

まとめ

マーケティングの仕事は業種や取り扱う商品やサービス、店舗運営などのスタイルによっても携わり方や手法はさまざまです。

主な仕事としては新規の市場開拓や新商品や新サービスの開発に向けた市場リサーチや分析と提案、既存商品やサービスの販売戦略の見直しや策定などが挙げられます。

数値に強く、リサーチデータや事後の検証を客観的に分析ができる左脳が働く理系的な側面と、柔軟な思考力やアイディア提案力といった右脳が働く文系的な側面も求められる仕事です。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ