エントリーシート(ES)の趣味・特技欄で自己PRを!具体的な書き方やNG例なども紹介

はじめに

「就活のエントリーシート(ES)で趣味・特技欄があるけど何を書いたらいいか分からない」「なぜエントリーシート(ES)で趣味・特技が問われるの?」

この記事をご覧のあなたは、上記のような疑問を感じていることでしょう。

もちろん、就活のエントリーシート(ES)で趣味・特技を聞くことには意味があります。

この記事では、エントリーシート(ES)の趣味・特技欄の役割や書き方、好ましくない記載例などを紹介します。

趣味・特技が無いという方でも書ける方法を教えますので、最後まで読めば、エントリーシート(ES)の趣味・特技欄については丸わかりです。

エントリーシート(ES)の趣味・特技欄の役割

企業がエントリーシート(ES)で趣味や特技を聞いてくる大きな目的はあなたの「人となり」を知ることにあります。

趣味や特技からは「あなたがどんなことに興味があるのか」「あなたが人より優れている部分はどこか」など人柄が現れます。

そして、企業が新卒の採用で最も重視しているのはこの「人柄」です。
一緒に働きたいと思える人物なのか、エントリーシート(ES)の趣味・特技を通して判断しているのです。

そのため、無理に背伸びしてカッコいい内容を書く必要はなく、あなたのありのままの趣味を伝えればいいです。

とはいえ、何でも書いていいというわけではありません。

趣味・特技欄に書くのは望ましくない内容も存在しますので、それについては後で説明します。

また、企業が面接で趣味・特技を聞いてくる場合、学生の緊張をほぐそうとしている意図もあります。

緊張してしまい、自己PRや志望動機をうまく話せない学生も多いですが、好きなことや得意なことならまだ話しやすいだろうと気を遣っているのです。

面接官のその優しさに甘え、趣味や特技を述べることで気持ちを落ち着けてください。

そして、あなたが他の人が持っていないユニークな趣味を持っていれば、面接を盛り上げることも可能です。

それでなくても、採用担当者と同じ趣味であれば共通点を話題に盛り上がりやすいですよね。

このように、企業が趣味や特技を聞くのは重要な意味があるのです。ですから、たかが趣味といっても侮ってはいけません。

うまく答えることができ場を盛り上げることができれば、他のライバルたちに一歩差を付けることが可能です。

エントリーシート(ES)の特技・趣味欄に力を入れるメリット

エントリーシート(ES)の趣味・特技欄に力を入れることで得られる利点には、以下のようなものがあります。

一つひとつ見ていきましょう。

面接官と趣味の話で盛り上げる可能性があるため

面接官も同じ趣味を持っている場合や珍しい趣味を持っている場合には、その趣味について内容の濃い話をして、場を盛り上げることができる可能性があります。

見知らぬ人同士が共ともに働いてパフォーマンスを上げるようになるためには、互いに親近感と信頼感を醸成することが重要です。

たとえば、シリコンバレーなどでは、アイスブレイキングとして、スパゲティータワーを作らせたるなど、ちょっとしたゲームを行ってでも親近感や信頼感を育て、リラックスしてパフォーマンスできるような環境を整備する工夫をしているほどです。

場を盛り上げることのできる人材は、このアイスブレイキングが自然にできる人材であるといえます。

そして、そのような人材であれば、新たな職場環境でもすぐに順応するだけでなく、職場全体の団結意識を高め、全体パフォーマンス向上につながる可能性があります。

面接の現場でも、場を盛り上げることで緊張がほぐれ、自信を持って話すことができるようになるでしょう。

担当者に珍しい趣味とあふれる自信で強い印象を残すことに成功するという形で、結果はすぐに目に見えて返ってくるかもしれません。

その意味で、場を盛り上げられるような奥深い趣味や珍しい趣味を持っておくことは、他の学生よりも有利に働く可能性があるといえます。

どのくらい企業研究をしたのかアピールできるため

企業によっては、部活などの課外活動を福利厚生の一環と捉えて充実させようとしている場合があります。

この場合、趣味を企業の課外活動に関連させて説明すれば、詳しく企業研究をしてきたことをアピールできるでしょう。

たとえば、定期的に社員旅行を実施する企業の場合、趣味が旅行であれば、「企業のそのようなきめ細かな社員の待遇にも魅力を感じた」などとして、志望動機を補強しつつ企業理解を強調することが可能です。

趣味や特技であなた自身の自己PRができるため

趣味・特技欄には、好きなことや得意なことを書くわけですので、その内容は当然、あなたの魅力の一つです。

趣味や特技で得られた成長を、その過程とともに具体的に記しましょう。

そうすることで、スキルアップの能力があることや継続して物事に取り組めることなどをアピールすることが可能です。

エントリーシート(ES)の趣味・特技欄を自己PRに利用しよう

趣味や特技がエントリーシート(ES)で重要なのはご理解いただけたと思いますが、それでも「珍しい趣味が無い」「アピールできる特技が無い」といった方はいらっしゃるでしょう。

そういった方におすすめなのは、自己PRポイントを補強できるような内容を記載することです。

例えば、自己PRで英会話が得意であることをアピールするなら、特技欄で「TOEIC800点」と記載すれば、英会話が得意であることの信ぴょう性が増します。

このようにアピールポイントを際立たせるために趣味・特技欄を利用するのも有効なのです。

エントリーシート(ES)の趣味・特技欄で印象をよくするポイント

エントリーシートの趣味・特技欄では、しっかり自分の強みをアピールしたいものです。

人事担当者にいい印象を持ってもらえるような書き方ポイントについて理解しておきましょう。

一言で伝えるのではなく「見出し」と「説明」に分けて書く

趣味・特技欄には、ただ一言単語を書けばいいと考えている人もいるかもしれません。

しかしながら一言だけを書くよりも、それに対する説明を添えるほうが内容もわかりやすく丁寧です。

趣味・特技欄は「見出しのキーワード」と「説明」の2段構成で書くようにしましょう。

説明書きの内容としては、「いつからはじめたのか」「どういった内容か」など具体的に書きます。

例を挙げますと、「そろばん」とだけ書いてあるものはNGになります。

「そろばん 小学生の頃からそろばん教室に通っており、歩きながらでも3桁の暗算ができます」などと添えることで、面接官にも伝わりやすく好印象になります。

具体的な表現法として、数字も活用したいものです。

短すぎず長すぎないようにする

趣味・特技欄はそんなに広いスペースではありません。

かといってたった一言で済ませるのは避けましょう。

単語一言では、人間性や個性などが伝わりにくいです。

捉え方によっては、エントリーシートを書くのを手抜きしているようにもみえてしまいます。

反対に、狭いスペースに小さな字で長文の説明を書く人もいます。

あまりにも長文は、逆に読み辛くて人事担当者も疲れてしまうでしょう。

趣味・特技欄は短すぎず長すぎず、ほどほどの長さでまとめることがポイントといえます。

こうした気遣いも、その人の人間性が現れるものです。

人事担当者は、エントリーシートの記入の仕方からも人間性を読んでいることが多いです。

エントリーシート(ES)の特技・趣味の内容を考えるときのポイント

趣味・特技欄は、何よりもまず、あなたの魅力を打ち出すための場です。

面接を視野に入れて話が膨らみやすい面白い趣味を書くか、企業理解を示すために、企業の課外活動に関連した趣味を書くか、自己PR欄の補強に専念するかは自由に選んでかまいません。

しかし、どんな場合でも、広い意味での自己PRであることは常に意識するようにしましょう。

志望する企業や業界、職種によって内容を変える

多趣味な方であれば、志望先の業務内容につながりそうなものを、応募先の職種や業界ごとに変えて提出することも可能です。

具体的には、IT企業にはプログラミングスキルを、多国籍企業には英会話スキルをアピールすることなどが考えられます。

また、特定企業に固有の福利厚生内容に密着させた内容を書くことも選択肢の一つです。

たとえば、社会人野球の強い企業に対しては大学時代の野球経験を詳しく記し、野球部のない企業には職業に関連するスキルを書くなどの書き分けが、可能性としては考えられるでしょう。

趣味が絞られている方でも、同じ趣味のどんな側面をアピールするかで、企業への訴え方を変えることができます。

たとえば、プログラミングを趣味とする方なら、コンサルティング業界に対しては、それによって培われた論理的思考力を、IT業界に対しては、実際のスキルそのものを強調する方向で記述するなどの書き分けが可能です。

いずれの場合でも、企業ごとに魅力を感じるであろう趣味・特技の内容は異なってきますので、それに合わせた内容を書くことで、それぞれの企業に対してより強い印象を与えることにつながります。

趣味や特技で何をアピールしたいのかをあらかじめ明確にしておく

趣味・特技は広義の自己PRに当てはまりますので、それによって、企業にどんな性格や能力などをアピールしたいのかはハッキリさせるようにしましょう。

エントリーシート(ES)の自己PRや志望動機の記入内容とも比較し、枠ごとにまったく切り分けるのではなく、全体で一貫した書類になるように心掛けると、アピールポイントは考えやすくなります。

たとえば、自己PRにおいて真面目さを挙げた場合、趣味・特技欄では、長年継続して積み重ねてきた努力の過程などを詳述すると、一貫して真面目な人物であるということをアピールすることが可能です。

もちろん、自己PRとはまた違った切り口や魅力を売り込むことも一手ではあります。

しかし、一般論でいうと、多芸は無芸です。

ごく少数の例外を除き、多方面で活動する人は、どれ一つとってもそれぞれの道に絞って究めた人と比べると、中途半端になりがちです。

したがって、複数の魅力を売り込むと、多彩な魅力があるというよりも、どのアピールポイントも相対的に中途半端であるという印象を与えるリスクが生じます。

また、書類全体としてみた場合も、それぞれの記入欄の相補性や関連性がわかりにくく、まとまりが悪い印象を与える可能性が高くなります。

たとえ、一見すると自己PRとは結びつきにくい趣味を選ぶ場合でも、自己PR欄を参考に、どんな趣味でも可能な限り、それを補強できる方向性に持っていく記述をするように心掛けるとよいでしょう。

そのうえで、仕事への理解や志望動機の補強もできれば、さらにワンポイントアップさせることが可能です。

ただ、最初からすべてを詰め込んでそのレベルを目指すよりも、まずは自己PRの補強であることを主眼に基礎から固めていったほうが、ブレなく趣味・特技を説明できるでしょう。

趣味や特技がない場合の対処方法

中には趣味や特技が全く思いつかないという方もいらっしゃるでしょう。

そういった方でも趣味や特技を見つける方法をご紹介します。

過去の経験を振り返ること

まず一つ目は「過去の経験を振り返ること」です。

自分の過去の経験の中でどんなことをする機会が多かったか、何をしている時に楽しいと感じたかをよく考えてください。

「子供の頃、よく放課後集まって遊んでたな」→「何をしてたっけ?」→「バスケットボールやどろけいをしていたな」となれば、「バスケ」や「鬼ごっこ」が趣味の候補として挙がってくるわけです。鬼ごっこであれば、鬼から逃れるためにどのように隠れ方を工夫していたかという話をしてもいいでしょう。

自分の興味があることにフォーカスする

また、自分の興味があることにフォーカスしてみるのも良い手段です。

美味しいラーメン屋を探すことにハマっているのであれば「ラーメン屋めぐり」でもいいですし、大学の授業で興味がある内容があれば「その内容について調べる」ことを趣味にしてもいいでしょう。

「一番時間をかけて努力したこと」や「やっていて楽しいこと」を記載する

また、得意なことが見つからないのであれば、少し視点を変えて「一番時間をかけて努力したこと」や「やっていて楽しいこと」を記載するようにしましょう。

時間をかけて行った物事はどんなものであれ上達します。

また「好きこそものの上手なれ」という言葉もありますし、時間をかけてやったものや好きで続けていたことが、いつの間にか得意と呼んでもいいレベルに達していることもあるでしょう。

エントリーシート(ES)の趣味・特技欄の書き方を紹介【具体例付き】

趣味・特技欄のエントリーシート(ES)への記載の仕方を紹介します。

上述した通り、趣味・特技はあなたの人柄をアピールするために記載するものです。

そのため、「野球」や「旅行」など単語で終わる書き方は避け、自己PRにつながるようなちょっとした説明を付けたしましょう。

文字の説明だけでは分かりづらいかと思いますので、趣味ごとの具体例をご紹介します。

趣味特技一覧
・旅行
・球技
・読書
・ドライブ
・ランニング
・映画鑑賞
・陶芸
・ゲーム
旅行を趣味で書けば「行動力」や「計画性」がアピールできます。球技であれば「積極性」や「体力」、読書であれば「記憶力」や「知性」、ドライブでは「行動力」、ランニングでは「自己管理能力」などがアピールしやすいでしょう。

旅行

私の趣味は旅行です。知らない場所に行って景色や美味しいものを楽しむのが好きです。

旅に行く前には、予算やスケジュール、交通手段などを事前に確認し、計画的かつ効率的に行動するようにしています。

遠方で臆せず足を伸ばせる行動力を、貴社でも活かしていきたいと思います。

スポーツ

私の趣味は野球です。

大学時代は草野球サークルに所属し、他の大学のサークルと試合を行う、合宿をするなどの精力的に活動をしていました。

試合ではもっぱら一番打者として出場し、塁に出ることを常に考えて打席に立っていました。

チームを盛り上げるため、ベンチからも積極的に声を出していました。

1番打者として培った積極性を生かし、御社でもリーダーシップを発揮できればと考えております。

読書

私の趣味は読書です。

主に、寝る前や通学の電車のなかで読んでおりました。

小説を好んでおり「東野圭吾」や「伊坂幸太郎」の作品をよく読みます。

読んだ本で感動した箇所には、蛍光ペンでラインを引いたりノートにイラストを描き、記録に残すようにしています。

ドライブ

私は、自分の知らない景色を見るのが好きなので、休日はよくドライブしています。

最近では奥多摩まで行き、自然を堪能しました。地図を見たり計画を立てたり、道案内するのも得意です。

ランニング

私はランニングを趣味とし、毎年市で行われるマラソン大会に出場しております。

ランニングは早朝に行っていて、規則正しい生活も心がけています。

平日は5km走るようにしているので、体力や根気には自信があります。

映画鑑賞

私は休日はよく映画を観ます。

映画館に行くのもDVDをレンタルして観るのも両方好きです。北野武監督の作品が好きで、彼が出演・監督するものは全て見ています。

今までで見て一番面白かったのは「菊次郎の夏」です。

菊次郎は中年男性とは思えないほど奇想天外な行動をしトラブルばかり巻き起こしますが、なぜか羨ましく見えるあたりに監督の上手さを感じました。

陶芸

私は陶芸教室に通っています。

作成したものは友人や家族にプレゼントしています。プレゼントした人の喜んだ顔を見るのが至福の瞬間です。

ゲーム

私はオンラインゲームを楽しんでいます。

オンラインゲームではチャット機能があり、他のユーザーとチャットで会話ができます。

顔を合わせることがないですが、コミュニケーションを取る相手に不快な思いをさせないよう、柔らかな言葉づかいを心掛けています。

エントリーシート(ES)の趣味・特技欄で好ましくない記載内容は?

趣味や特技は基本的に自由なものであり、エントリーシート(ES)ではあなたの人柄や適性をを伝えるためのポイントです。

ただ一般的に受け入れられていない内容の趣味や特技をエントリーシート(ES)に書いてしまうと、アピールするどころかマイナスポイントに入れられてしまいます。ここでは、エントリーシート(ES)の趣味・特技欄で好ましくない記載内容をご紹介します。

ギャンブル

競馬や麻雀、パチンコといったギャンブル系を趣味・特技に記載するのはやめてください。

ギャンブルを趣味にすること自体は悪いことではありませんが、仕事に応募するための書類に書く内容としては好ましくありません。

それどころか、「計画性」や「堅実性」といった評価項目でマイナスとなる可能性があります。

犯罪を連想させるもの

ハッキングや大麻栽培など、犯罪に該当するような内容の趣味を記載するのも好ましくありません。

人間観察を趣味に挙げる人もいますが、どことなく危ない人だと感じさせるので、電車内の他の乗客や街中での通行人など公共の場で観察しているという内容は、事実だとしても控えたほうがいいでしょう。

近年、コンプライアンスが重要視されていますが、コンプライアンスを適切に守るために、採用の段階できちんとした倫理観が備わっているのか確認する企業も多いです。

犯罪を連想させる趣味・特技を記載してしまうと、倫理観に疑問が生じるので、採用に不利となるケースが多いです。

政治・宗教など人の思想に根差す内容

布教活動やデモ活動といった、政治や宗教に関連する内容も好ましくないとされています。

政治や宗教は人の価値観や思想に大きく関係しているところです。

企業には色々な考え方を持った人がいますから、あまりに特定の思想や宗教に固執するところを見せてしまうと、周りの人間と上手くやっていけるのかなと不安を感じてしまいます。

価値観よりも個性を表すことができる趣味を記載するようにしてください。

何も書かない

説明してきたように、エントリーシート(ES)の趣味・特技欄は、自分の人柄をアピールできる絶好の機会です。

それなのに、特に思いつかないからといって何も書かないのは勿体なさすぎます。

また「特に無し」と書く人も一定数いますが、これも同じことです。

何も書かなかったり「特に無し」と書いてしまうと、自己アピールで不利に働くばかりか、入社意欲が足りないのでは、と思われる恐れがあります。

上述した「趣味や特技がない場合の対処方法」を読んで、自分なりの趣味・特技を絞り出すようにしてください。

面接で趣味や特技が聞かれることを想定した準備

エントリーシートを元にして、面接が行われることが多いです。

エントリーシートの趣味・特技欄は、面接で聞かれることを想定して記入したいものです。

言い換えればエントリーシートの記入は、面接の準備ともいえます。

なぜその趣味や特技をアピールしたのか理由を答えられるようにする

多趣味な人は、どの趣味をエントリーシートに書こうか迷うこともあるでしょう。

企業がどのような能力を求めているかを把握して、その強みをアピールできる趣味・特技を選ぶことが大切です。

面接では、「その趣味を通して、長所にもつながる部分を教えてください」といった質問をされることがあります。

なぜその趣味をアピールしたいのか、自分のどんな強みを活かせる趣味であるのかを定かにすることが大事なのです。

趣味や特技について深堀りされたことを想定し返答を考えておく

面接では趣味・特技について、非常に深堀りした質問をされることが多いです。

たとえば、「音楽鑑賞」と書いていた場合に、「どのようなアーティストが好きなのか、そのアーティストのどういった部分を尊敬しているのか」という内容にまで突っ込んだ質問をされる可能性もあります。

そのほかにも「音楽を聴くことで自分にとってどのような影響がありますか?」、「音楽鑑賞の趣味を持つことで、仕事面に活かせそうなことはありますか?」など、あらゆるパターンの質問が考えられるのです。

ただエントリーシートを埋めるだけでなく、面接で聞かれそうな質問についても考えられることを箇条書きにして回答も準備しておく必要があります。

面接での話し方テンプレートを学んでおく

エントリーシートの趣味・特技欄はコンパクトにまとめて書きますが、面接では内容の濃い説明をしなければいけません。

面接での質問を想定して、趣味・特技に関する回答をしっかりと組み立てておきましょう。

その際に基本となるのが「PREP法」です。

PREP法とは、POINT=ポイント(結論)、REASON=(理由)、EXAMPLE=(事例)、POINT=ポイント(結論を繰り返す)という文章構成を表します。

何かについてプレゼンする際には、結論から話すことでいいたいことが伝わりやすくなります。

だらだら前置きは要りません。

そしてその結論を証拠付けるためのエピソードを話します。

PREP法では、REASON=(理由)とEXAMPLE=(事例)に当てはまります。

「なぜその結論になるのか」、「それについてどういった経験をしたのか」を具体的に伝えましょう。

その際には問題や課題を掲示し、それに対する取組み方を含めることでよりいっそう理論的な内容になります。

最後に、そこから得た結果や学びを話します。

いい結果には至らずとも、何かしらそこから学んだことがあるはずです。

そしてまとめとして、再度結論を述べて締める形になります。

まとめでは、入社後のビジョンや自分の強みをどのように活かすかを組み込むことも忘れないようにしましょう。

趣味・特技についての質疑応答でも、PREP法を基本にすることで説得力のある回答ができるはずです。

まとめ

企業は、エントリーシート(ES)の趣味・特技欄を通して、あなたの人柄を知ろうとしています。
ですから、真剣に記載する必要があります。

また、自分の強みを補強できるような趣味・特技を記載するのが、戦略的で良いでしょう。

趣味や特技が思い当らない方でも、何かしら好きなことや継続してやってきたことはあるはずです。

過去の経験を思い出して、自分だけのオリジナリティのある内容を表現してみましょう。
 

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ