「IT業界ってどんな業界?業種や魅力、向いている人材など解説」

IT業界は近年、目覚ましい発展を遂げている業界です。

そのため、就活生から非常に人気が高い業界です。

しかし、IT業界がどんな仕事をしているのか、よく分かっていない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、IT業界で働きたいと漠然と考えている方向けに、IT業界のそれぞれの分野、職種、魅力や向いている人材の特徴など幅広い情報をお届けします。

IT業界とはどんな業界?

IT業界といっても幅広い業務内容があり、大きく「インターネット・Web業界」「通信業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」「情報処理サービス業界」の5つに分かれます。

まずは、それぞれの業界の業務内容や特長を紹介していきます。

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界は、インターネットを活用して様々なサービスを提供する企業で構成されています。企業向けにサービスを行う「BtoB」企業と、個人(消費者)向けにサービスを提供する「BtoC」企業に大きく分かれます。

企業のコーポレートサイトやHPなどを構成・運営するWebサイト制作、リスティング広告やディスプレイ広告などのインターネット広告、GoogleやYahoo!に代表されるポータルサイト・検索エンジン、amazonや楽天などに代表されるEC(電子商取引)、金融業とITを連携されるフィンテック、FacebookやTwitterなどのSNSといった幅広いサービスを提供しています。

インターネット・Web業界の企業の特徴として、単一の事業のみ集中的に行うのではなく、複数の分野にまたがって事業を展開している点があります。

例えば、Googleは検索エンジンのサービスが有名ですが、それ以外にもメール(gmail)や文章作成ツール(googleドキュメント等)などのインターネット上で提供する様々なサービスを展開しています。

この業界の企業は「Yahoo」「amazon」「Facebook」「Dena」など、誰もがその名を知る企業が多く、IT業界の中でも就活生から人気の業界だといえます。

通信業界

通信業界とは、電話回線やインターネット回線、光ファイバーなどの通信インフラを提供する業界です。通信業界の企業を大きく分けると、インターネットサービスを提供するインターネットプロバイダ、固定電話回線を取り扱う企業、スマホやタブレット端末など移動体通信を取り扱う企業の3つに分かれます。

近年、インターネットサービスが急成長を遂げましたが、その要因として大きかったのが、通信業界が提供する高速インターネット回線やスマートフォンの普及だと言われています。

通信業界は、IT業界を根底から支えている役割を担っているので、IT業界にとって不可欠な存在です。

通信業界で就活生から人気がある企業としては、「DoCoMo」「Softbank」「KDDI」といった大手携帯キャリア会社が挙げられます。

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界では、主に、WindowsやMacなどのオペレーティングシステム(OS)やスマホなどで使うアプリケーションの設計・開発に携わります。

ソフトウェア業界の企業は、クライアントの要望をヒアリングし課題を解決するためのシステム(受託ソフトウェア)を開発するBtoB企業と、市場で販売し利益を挙げることを目的に開発されるパッケージソフトウェアを作るBtoC企業の2種類に分かれます。

受託ソフトウェア開発では、クライアントの要望をもとに開発を行うのに対して、パッケージソフトウェア開発では開発を先に行うという違いがあります。

ソフトウェア業界の代表的な企業は「Microsoft」です。Microsoftの日本支社として「日本Microsoft」社があります。

ハードウェア業界

ハードウェア業界とは、PCやキーボード、スマホ、ゲーム機、家電といったハード製品の企画から販売までを一貫して行う業界です。

ハードウェア業界の代表的な企業には「NEC」や富士通があります。

ハードウェア業界では「組み込みエンジニア」という、開発したハードウェアを制御するシステムを専門的に開発する独特の職種があるのが特徴です。

情報処理サービス業界

情報処理サービス業界では、主にクライアント企業が利用する情報システムの企画・開発・運用・設計を行い、こういった業務を行う企業のことを総称して「システムインテグレーター」と呼びます。

金融機関や自治体などが運営する社会インフラを担う大規模なシステムから、それぞれの会社が事業を遂行するために利用する業務系システムまで、担当する領域が幅広いのが特徴です。

システムインテグレーターに該当する日本の企業には「NEC」や「富士通」、「NTTデータ」「日本IBM]などがあります。

IT業界の職種を紹介

業界の概要をご紹介したところで、次はIT業界の職種を紹介していきます。

これから紹介する4つの職種は、上で紹介した5つの業界のどこにおいても存在する職種です。

システムエンジニア

システムエンジニアの仕事は、クライアントの業務分析からシステム設計、プログラミング、テスト、保守・運用までシステム運用における一連の業務に幅広く携わります。

ただ設計書通りにプログラムを組むだけでなく、クライアントの要望のヒアリング、ヒアリングした結果を正しくプログラマーなどの社内の担当者に伝えることも業務の範疇です。

そのため、プログラミング能力だけでなく、論理的思考力やコミュニケーション能力など幅広い能力が必要とされる大変な仕事です。

プログラマー

プログラマーの仕事は、システムエンジニアが設計した設計書をもとに、実際にプログラムを組むことです。

アプリ開発なら「アプリケーションプログラマー」、ゲーム制作なら「ゲームプログラマー」など担当する分野によって名前が異なってきます。

プログラムを組む際はプログラミング言語を使いますが、プログラミング言語には沢山の種類があり、丹津担当する分野によって必要となるプログラミング言語が変わってきます。

Java、PHP、Ruby、Pythonといった言語が有名でしょう。

プログラマーになるならプログラミングスキルを持っていることが必要ですが、ただ指示された内容を機械的に打ち込むだけでなく、パソコンに負担がかからないように内容を工夫することも必要とされます。

また、システムのバグを見つけ修正し、仕様書通りに動かすことができるようにするデバッグというスキルも必要となります。

ITコンサルタント

ヒアリング結果や業界や経営状況などから、クライアントの問題を特定しそれを解決に導くのがITコンサルタントの仕事です。

システムエンジニアはシステムを開発することがゴールなのに対し、ITコンサルタントのゴールはクライアントの問題を解決することです。

そのため、クライアント企業とより深くかかわり本当の問題を特定し、適切な解決策の提案を行う必要があります。

システムエンジニア以上に、IT業界や業務に関連する深い知識、問題解決能力、コミュニケーション能力など幅広い能力が「深く」必要となると言われています。

その分、ITコンサルタントの年収は500万~1,000万円と、エンジニア職に比べて高めに設定されています。

営業

IT営業は、パッケージソフトウェアなどの製品、システム開発やWeb制作などITに関するサービスを営業し販売する仕事です。

自社の製品やサービスに関する知識は当然必要となりますが、必ずしも技術分野での実務経験は必要とされていません。

扱う商品がやや特殊なだけで、お客様と対人関係を築いて商品を売り込む、アフターケアまでしっかりと行うなど、仕事内容は一般的な営業と大きく変わりありません。

IT営業の仕事の本質は「お客様の問題を解決する」ことだと言われています。

お客様の抱えている問題を把握し、それを解決するために最も適切な商品をおすすめする必要があります。

IT営業に必要なのは「システム的な考え方や方法論」を理解していることです。

システムといっても何でもできるわけではなく、論理的に矛盾したシステムは構築できません。

お客様から不可能な提案や曖昧な提案をされた時に、論理的かつ明快な説明をするために、表面的なシステムの内容だけではなくシステム構築の背景や活用法など深い知識が求められるのです。

IT業界の魅力

IT業界を志している方向けに、IT業界の魅力を説明していきます。

変化が早く刺激がある

IT業界は現在も成長を続けている業界ですので、変化が早く刺激的な環境にあるといえます。

しかし、その分、常に最先端の技術を取り入れるよう努力していないとすぐ取り残されてしまう厳しさがあると言えます。

将来性が豊か

IT業界は今後も成長を続けていく業界だと考えられているので将来性があります。

ITの仕事は様々な業界と掛け合わせることが可能ですので、無限の可能性を秘めた仕事だといえます。

現在においても、金融×ITのフィンテックや農業×ITのアグリテックなど、AIやビッグデータを用いて、どんどん他分野に浸食進出を始めています。

30年後には多くの仕事が機械に置き換わるとも言われており、ITの仕事が拡大を続けるのは確実視されています。

社会に役立つ新しいモノを提供できる

IT技術によって作られたシステムは今や多くの企業にとっては無くてはならない存在です。

企業がそうしたシステムを提供することで、多くの人々の生活の利便性が増しました。

金融機関や地方自治体が運営する大規模なシステムになると、社会に与える影響力も計り知れません。

こうした社会に役立つ新しい製品やサービスを提供できることは、IT業界で働く大きなやりがいだといえます。

世界共通のスキルが身に付く

システム構築に必要となるプログラミング言語は世界共通のスキルです。そのため、高いプログラミングのスキルを身につければ、日本だけでなく世界中で働くことも可能です。キャリア選択の幅を広げる大きな可能性を持った仕事なのです。

IT業界に向いている人材

IT業界に向いている人材の特徴をご紹介します。自分にこうした特徴が備わっているか確認してみてください。

チームで働くことができる

IT業界では、個人で動くことより、チームでプロジェクトに取り組むことが多いです。

プロジェクトの成果はチームとして評価されるため、個人の業務よりもチームプレーが優先されます。

チームのメンバーを尊重し、集団のなかで自分の役割をきちんと果たすというチームプレーを楽しめるかという点が非常に重要となります。

コツコツと努力できる

IT業界は変化のスピードが速く常に成長を続けている業界です。

そのため、日々継続的に専門知識の学習を続けていく必要があります。このように、コツコツと努力できる能力はIT業界で非常に重要な能力なのです。

論理的に物事を考えられる

システムは論理的に構築されているので、システム設計を理解し、また自分でシステムを組むために論理的に物事を考える力が必要です。

さらに、クライアントの問題を特定し適切な解決手段を提案するためにも、論理的思考能力は必要となります。
このように、IT業界で働く上で論理的に物事を考える力は必要不可欠だと言えます。

IT業界に就職するためのオススメサービス

就活市場エージェント

最初に紹介するのは、株式会社リアステージが運営する就活市場エージェントです。
就活市場エージェントでは「IT業界に特化したエージェント」があなたの就活を二人三脚でサポートいたします。

選考対策だけでなく、企業の選考結果に関するフィードバックも行うため、1人で就活をしていると知ることができない情報を手にすることができます。

また、企業探しが難しいと言われているIT業界の中で、あなたに合った優良IT企業のご紹介もするため、就活市場エージェントを利用するだけで就職活動を終えることができます。

ぜひあなたも登録して、あなたのIT業界からの内定獲得をサポートさせてください。

intee

スクリーンショット_2020_01_12_23.29.23
引用:intee

次に紹介するのは、株式会社ITプロパートナーズが運営するinteeです。
inteeの最大の特徴は、就活開始前にプログラムのスキルを身につけれるところです。

実際にinteeを利用した学生は、自分自身でWebサービスを作ることができるようになり、選考中に「実際にWebサービスを作ることができます」とアピールできるようになります。

さらに、intee登録者限定で優良IT企業が集まる非公開の就活イベントに参加できます。

ライバルよりもプログラムスキルを高めてから就職するにはうってつけのサービスのため、ぜひあなたもinteeを利用してプログラムを学び、内定獲得の道を進んでください。

まとめ

IT業界と言っても幅広く、中には様々な業界、企業、職種があります。

業界としては将来性がありやりがいも感じられる素晴らしい業界だといえるので、目指す価値は大いにあります。

ただし、IT業界ではどの仕事においても、協調性やコミュニケーション能力が必要となるので注意してください。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ