企業研究をしよう!セブンイレブンってどんな会社?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

セブンイレブンは、アメリカ発祥のコンビニエンスストアです。日本においてセブンイレブンは最大手でもあり世界最大の店舗数を有しています。

セブン&アイホールディングスの子会社である、株式会社セブンイレブンジャパンが展開しています。

セブンイレブンはいつ設立された

セブンイレブンは1927年、アメリカテキサス州でジェファーソン・グリーン氏が始めた小さな店でした最初でした。消費者が求めるものを必要な時に提供する店としてさらに店舗を展開し、10年間で60店舗に拡大しました。

1946年に営業時間の変更に伴い、店舗名はセブンイレブンに変更されました。

1969年には国際展開が始まり、1974年に日本に上陸しました。関東を中心にフランチャイズ店の出店を進め、1980年には1000を突破しました。

1990年、経営危機に陥っていたアメリカのセブンイレブンをイトーヨーカ堂とその子会社のセブンイレブンジャパンが買収を行う異例の展開となり、その後はセブンイレブンジャパンが中核として運営を行なっていきます。

セブンイレブンの社長古屋一樹はどんな人

現在の代表取締役社長は、古屋一樹です。いつでも、いつの時代も、あらゆるお客様にとって「便利な存在」であり続けることを目標としてきました。

そのため、消費者の利便性を徹底的に追求し、時代の変化に応じて適切なサービスを提供しています。また、定番品にも強くクオリティーを保ち続けることにも長けています。

このように、いつの時代でも安定したサービスを提供ことが可能であるという強みがあります。

セブンイレブンの事業内容とは

主に、店舗経営相談員(OFC)として経営コンサルティングを行います。本部と加盟店を共同事業とし、業務を分担してお客様の嗜好の変化に対応していきます。

本部

本部のOFCは、経営相談、商品開発、販売設備の貸与、物流や情報システムの整備、広告宣伝などで支えていきます。

加盟店

加盟店のオーナーは、従業員の採用・教育、商品の発注・陳列、経営数値の管理といった店舗経営に専念します。

このように、分担して既存中小小売店の近代化と活性化を目指していきます。

セブンイレブンが事業展開を続けている理由

暮らしのライフラインを作り続けることが、セブンイレブンジャパンのビジネスです。そのため、消費者のニーズを探りサービスの充実に努め、日々新しく変化するニーズに合わせて、いくつもの業界初を作り出してきました。このように、時代やお客様のニーズを形にするために事業を展開しています。

まとめ

セブンイレブンは、コンビニエンスストアの最大手であり、これからも活躍して行く企業です。これからの時代は、経営理念にもある通り、柔軟な発想と新しいことに積極的にチャレンジすることが必要です。そのため、固定概念い惑わされることなく、新しいことに挑戦したいという方は、ぜひ選考を受けてみてください。

[参考URL]

・iroots search [https://iroots-search.jp/9321]

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 利用者内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 勝てる履歴書をサクッと「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定をゲット「就活市場エントリー」
  • イベント参加で就活を有利に「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ