業界別志望動機と例文。IT業界編

【IT業界の志望動機を書くコツ】はじめに

志望動機の書き方は多くの学生が悩むところですが、今回はその中でもIT業界の志望動機の書き方について、実際の例文をご紹介しながら解説していきます。また、業界に関する基本的な知識についてもご紹介するので、IT業界に関する全体的な知識を補いたいという方も、是非目を通していただければと思います。

【IT業界の志望動機を書くコツ】業界の概要

IT業界の仕事を考えたとき、それらは大きく以下の4つに分類することができます。

ソフトウェア系

エンジニア、プログラマーなどの職種を主に募集しています。

ソフトウェアの開発にあたっては、開発業務の委託を受けるためのコンペがあったり、プレゼンを行ったりするなどして競合他社と競争をしながら、仕事を得ることも少なくありません。

その役割を担っているのがシステムエンジニアです。

システムエンジニアというと開発をする人のイメージがあるかもしれませんが、実際には人前に出ることが多く、営業マン的な役割も担っています。

プレゼンから交渉、クライアントとの打ち合わせ、クライアントの要望を確認して設計を行い、プロジェクトチームを結成して開発を行い、納品、修正、アフターフォローまで担います。

プロジェクトチームのメンバー構成を決めたり、進捗管理も行ったりしなくてはなりません。

プロジェクトチームのメンバーとして、設計書や仕様書に基づき開発を行っていくのが、プログラマーの仕事です。

ハードウェア系

組み込みエンジニア、営業職を主に募集しています。

パソコンやスマートフォン、タブレット、デジタルカメラといったデジタル機器や業務用のシステムなどハード機器のシステム部分を組み込む仕事を担うのが組み込みエンジニアです。

パソコン上やクラウド上で動くソフトウェアとは異なり、ソフトウェアを動かすパソコンのシステムそのものを開発して組み込む仕事です。

メーカーがどのような機器を開発しているのかや、自分がどういったハードウェアを開発、担当したいのかから志望企業を選ぶ方が多いです。

営業職はセールスエンジニアなどとも呼ばれ、主に法人や事業者向けの提案販売などを担います。

通信

ネットワークエンジニアなどを主に募集しています。

ネットワークシステムの設計や構築、運用や保守などを担っています。

クライアントの依頼をもとにネットワークシステムを設計して、回線の構築、設置を担う業務、ネットワーク構築後のアフターサポートとして運用と保守、トラブル改善などを行う仕事です。

近年はサイバー攻撃の脅威も増しており、セキュリティーに強い人材にニーズが集まっています。

また、ICTの普及に伴い、ICTの構築ができる人材も求められています。

ICTは企業や行政機関、教育施設や住宅に至るまで推進されており、ニーズが高まっている分野です。

インターネット系

Webデザイナー、プログラマー、営業、Webディレクターなどを主に募集しています。

企業やお店からの依頼に基づき、WebサイトやECサイトなどの企画から構築、保守、運用などを行う仕事です。

企業の規模などにより、Webデザイナーが直接、クライアントとのヒアリングから提案、制作まで行うケース、別に営業担当者がいるケースをはじめ、規模が大きくなれば、プロジェクトチームが結成されます。

プロジェクトチームではWebディレクターやWebマネージャーなどが中心となってクライアントとの折衝から制作のとりまとめまで担い、Webデザイナーやプログラマーがチームメンバーとして制作を担当します。

【IT業界の志望動機】志望動機の構成

サービス業界で内定を得るためには、どのような志望動機を作成すればいいのでしょうか。

内容はもちろん大切ですが、伝え方も重要なポイントになります。

内定を得るためには、なぜ、その企業を志望するのか、あなたはどんな人物なのか、入社後にどのような貢献ができるのかを明確にし、自分を売り込むことが必要です。

そのための構成として、PREP法がオススメです。

PREP法とはPOINT(結論)→REASON(理由)→EXAMPLE(具体例)→POINT(まとめの結論)という構成になります。

結論:私は〇〇という点で貴社を志望しました

PREP法では、まず、POINT(結論)から始めます。

これはなぜでしょうか。

プレゼンなどに慣れていないと、最初に結論を述べることに抵抗があるかもしれません。

サービス業でアルバイトをしている方にとっては、お客様に何かを求められてお断りする際、「それはできません。」と結論から述べることは通常しないでしょう。

「大変申し訳ございませんが、」と前置きをつけたり、まずは事情から説明する理由から話をスタートさせたりするケースが多いはずです。

ですが、内定を得るための志望動機では結論からがベストです。

一番伝えたいことを最初に明確にすることで、選考者が一番知りたいポイントである、なぜ自社を志望したのかを把握できるためです。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇と考えたためです

次に志望動機のポイントとなった点について、なぜ、その結論に至ったかの理由を述べます。

理由を述べる際には、ただ、その企業が好きだからとか、展開しているお店に愛着があるからといった、抽象的な理由や誰もが使い回せるような理由は避けましょう。

ご自身の具体的な経験に基づき、志望するに至ったことをアピールするのがベストです。

サービス業界の場合は、ご自身がアルバイトでサービスを提供したことでお客様に喜ばれたなど印象に残った経験をしたことで生涯の仕事にしたいと思ったとか、自分が客の立場でサービスを受け、自分もこんなおもてなしができる人間になりたいと思ったなど、サービスの需給を通じた経験を挙げるケースが多いです。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

3ステップ目としてエピソードを紹介します。

これは、あなたがどんな人物であり、入社後にどんな活躍ができるかをアピールするために必要な材料です。

たとえば、あなたが「私は人への思いやり精神が高いので、サービス職に向いています。」とアピールしても、どれだけ思いやりの心があるのか、どうサービス職に向いているのかを明確にできません。

言葉で伝えるだけなら、思いやりがない方でもアピールはできます。

そこで、あなたの人物像や人柄、できることや将来の活躍可能性を示すために、過去の経験談を示して、これだけ自分には能力がある、できることがあるとアピールするのです。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードはあなたの人柄を示し、入社後にどのような活躍ができるかを証明するための材料となります。

そのため、ただの昔話や思い出話に終始してはいけません。

「私は○○というお店で接客のアルバイトをしていました。だから、御社に入社しても即戦力として働けます。」といった内容で、即戦力となることが伝わるでしょうか。

接客のアルバイトをする学生は数多くいますし、アルバイトの中には仕事ができる人、動けない人がいるものです。

即戦力と思わせるためには、あなたの活躍ぶりや仕事ができる点を証明しなくてはなりません。

そこで、エピソードでは経験において直面した何らかの問題を紹介することがポイントになります。

それをどう乗り越えたかで、活躍ぶりをアピールするためです。

行動:そのため、私は〇〇を行いました

直面した問題はどんなことでもかまいませんが、あなたが具体的な行動に出て解決したり、乗り越えたりした問題であることが必要です。

これによって、あなたが動ける人間であること、活躍できる人だと印象づけられます。

たとえば、アルバイトのエピソードを紹介するなら、お客様からクレームが入ったとか、自分や同僚がミスをしたといったトラブルなどが考えられます。

また、仕事をしていくうえで非効率だった点を改善したとか、売上や集客で伸び悩んでいた状態を改善したといった内容でもかまいません。

直面した問題に対し、あなたがどう考え、どういう行動に出たのかを具体的に説明しましょう。

自ら考えて能動的にアクションをとった経験であることが必要です。

結果:その結果、〇〇になりました

行動に出ただけで結果が伴わないと、本当に活躍できるかはまだ疑問が残ります。

そのため、直面した問題があなたの行動によって、どう変わったかを具体的に説明しましょう。

サービス業においては、お客様へのおもてなしや心遣いといったプロセスも大切ですが、お客様が満足する、納得するという結果を出すことも求められます。

いかにプロセスが良くても、顧客満足につながらなければ、リピートしてくれたり、たくさん利用してくれたりするようにはならないからです。

行動の結果まで伝えることができて、活躍できそうな人と思わせることができるのです。

結果を伝える際には、「問題はすぐに解決しました。」とただ述べるのではなく、具体的なデータやビフォーアフターを示して、どのように解決されたのかをアピールしましょう。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

最後のステップとして、全体のまとめの結論を述べます。

結びとして、紹介したエピソードで得られた経験を活かして、どのような貢献ができるかをアピールしましょう。

ただ「経験を活かして頑張ります。」と簡潔に済ませるのはNGです。

それでは、どの企業でも使い回せるので、志望した企業への入社意欲の高さが示せません。

志望した企業でどう貢献できるかを、○○に入れて具体的にアピールすることがポイントになります。

自分の強みとなる点をエピソードの行動と結果でアピールし、それで貢献ができることをしっかりアピールしましょう。

【IT業界の志望動機を書くコツ】志望動機を作る際の3つの記載ポイント

IT業界は特に論理的思考を持つ人材が求められる傾向が強いため、志望動機を作る際もロジカルにまとめるのがポイントです。

中には文系なので不利だと考える学生もいますが、IT業界は理系でなければ就職できないわけではありません。

求められる要素もコミュニケーションスキルや協調性、仕事への熱意です。

一人でできる仕事ではありませんので、チームに貢献できる人材が求められます。

志望動機を作る際は、ポイントを意識したフレームワークが有効です。

以下の3つのポイントを意識して、説得力ある志望動機を作成してください。

なぜIT業界を志望しているのか

前述の通り文系でも就職は可能ですが、文系の場合、なぜIT業界を選んだかは特に聞かれやすい点です。

理系の場合でも数ある選択肢の中でなぜITなのか、納得できる説明は必要です。

単に興味がある、生活に身近だといった内容では響きません。

IT技術やサービスの仕組みなどにも踏み込んで、どのような製品やサービスを提供したいのか、企業側の目線に立った分析が必要です。

あらかじめ業界研究や企業研究を綿密に進めるのは良いことですが、あまり業界用語は多用しないほうが無難です。

よほど詳しいなら別ですが、学生が業務内容を深く理解できていることはほぼないため、かえって理解度の低さを目立たせる結果になります。

IT業界の中でもなぜその会社でないといけないのか

IT業界には無数の会社があるのに、どうしてそこを選んだかは採用側がぜひとも知りたいポイントです。

ただこれに関しては教育制度などを挙げる学生が非常に多く、安易でよくない傾向なので覚えておきましょう。

確かにIT業界では研修制度を充実させている企業も少なくありませんが、就職するということは自分が働いて企業へ貢献することで対価を得るということです。

最初から全部教えてもらう気満々では、意欲面においても貢献度においてもあまり期待できる人材とはいえません。

説得力を生むのは、インターンシップ制度などですでにその会社の働き方や雰囲気を知っている状況です。

実際に体験して魅力を感じた点があるなら、確かにその会社を選ぶ有力な動機になるでしょう。

インターンシップ制度がないなら、OB訪問をしてみるのも良い作戦です。

実際に働く人がやりがいを持って業務に取り組んでいることを知れば、他ではなくその会社に惹かれるのは納得できます。

もちろん、その会社にどのような実績があり、将来的にどういった経営方針を打ち出しているかを調べ、そこに魅力を感じたというのは王道の答えです。

自分もそのプロジェクトに携わり、自己実現や社会貢献をしたいと考えたなら立派な動機になるでしょう。

入社後、どのように貢献できるのか

入社した後に具体的にどのような分野で活躍したいのか、何をやりたいからそこへ就職したいのかを示すことが重要です。

その会社の製品開発に参加したい、得意とする分野に携わりたいという理由もあるでしょう。

そこに自分の強みを盛り込むことで、入社後にどのように活躍できるか相手にイメージしてもらうことができます。

理系であればゼミなどでシステムやアプリの開発をした経験もあるでしょうし、文系でも趣味でプログラミングなどを勉強してきた人もいるでしょう。

そうした経験がどのように仕事に役立つと考えているのか、具体性を持って話せるようにしておくのがポイントです。

【IT業界の志望動機を書くコツ】IT業界の4つの志望動機例

IT業界への志望動機はITを使ってどのような開発や社会貢献をしたいのか、どうしてそう思うに至ったかが具体的に語れるとベストです。

基本的な構成は、まずは志望した動機、その理由、自分の経験などに基づく具体的なエピソード、そして、どういう仕事をしていきたいのかという結びで構成します。

志望動機例を4つご紹介しますので、参考にしてください。

①遠隔サポートサービスの開発に携わりたい

私はITを使って高齢者をはじめ、あらゆる方が気軽に安心の医療を受けられる社会づくりをしたいと、御社を志望しました。

御社では患者と医師や医療機関を繋ぐ遠隔診察システムの開発、導入に力を入れていて、テレビ番組の特集で外出が難しくなった高齢者や病院が遠い方だけでなく、仕事に忙しいビジネスマンなどにも遠隔診療が役立っていることを知りました。

持病の管理や緊急性を要しない軽度の症状などにも遠隔診療が役立つと知り、自分もより便利で医師にとっても患者にとっても使いやすいシステムの開発を行いたいと志望しました。

②AIでビジネスの効率化をサポートしたい

私は人手不足が深刻化する時代に、AIを使って業務の効率化をサポートしたいと考え、AIによる機械学習システムを開発している御社を志望しました。

少子化でどの業界も人材が足りない中、基本業務をAIが学習して自動的にこなせるようになれば、人材をより専門性の高い業務に集中させることができます。

学生時代に物流倉庫でアルバイトをした経験がありますが、荷札の作成や品物の管理を自動化できれば、もっと人材を減らすことができると感じました。

画期的でこれからの時代に求められるシステムの開発に興味を持ち、志望いたしました。

③キャッシュレス時代に活躍したい

私はキャッシュレス決済が国内外で求められる時代に、より画期的なシステムやアプリの開発に携わりたいと御社を志望しました。

現在、日本では国を挙げてキャッシュレス決済を推進しており、金融機関では国などと連携しながらブロックチェーン技術を用いたデジタル通貨システムの構築を目指しています。

私も買い物のほとんどをスマホアプリやICカードによる電子マネーで行っていますが、両親や祖父母は使うのが難しいと悩んでいます。

御社の一員となることで、中高年世代などITやデジタルに抵抗がある世代も簡単に使えて安心の決済ができるアプリやシステムを開発したいと志望いたしました。

④Yahooの志望動機

私はユーザーが快適にインターネットを利用できる社会を目指したいと思い御社を志望しました。

大学入学時から自分の趣味に関連するブログを運営しているのですが、それが関係して検索エンジンの思考や最適化ということに対して興味を抱くようになりました。

例えば、Googleでは自分のブログは3番目に出るのに対して、御社の検索エンジンでは一番上に出てくるなど、細かい違いがあると「なぜ」という気持ちになります。

そして「どんな検索ワードでも、その人が求めるもので、最も信頼ができて鮮度のある情報を真っ先に提案することができれば」という思いも日増しに強くなりました。

国内最大級の検索エンジンを運営する御社で、そんな世界を企業と一緒に作っていけたらと切望しております。

【IT業界の志望動機を書くコツ】志望動機のNG例

志望動機の下書きができた段階で、NG例と比べてみましょう。

就活性が書いてしまいがちなNG内容を知ることで、方向を修正することも重要です。

ただ、どの部分がNGなのかを知らないと改善しにくいため、例文の下に解説を掲載しておきます。

もちろん企業によってNGとなるポイントは異なるため一概にいえませんが、方向性を知ることでより完成度を上げることができるでしょう。

NG例文①

私はこれからのIT化社会で活躍する人材になりたいと思い、御社を志望しました。

高校時代からインターネットに興味を持ち、父のパソコンで遊ぶのが好きでしたが、大学の授業でC++を学んだことでプログラミングの面白さを知り、ぜひ仕事でも携わりたいと考えるようになりました。

御社は教育制度が充実しているため、成長できる環境が整っていることに魅力を感じています。

入社後はプログラマとしてスキルを磨いていきたいと考えております。

この志望動機から見えるのは、完全なる受け身の姿勢です。

IT化社会をどのように捉え、どのように携わっていきたいかも不明瞭ですし、おそらく業界研究も企業研究もあまりされていないのではないかと思わざるを得ません。

その結果、すべて企業側の教育制度に頼り切り、入社してから勉強を始めようとしているように見受けられます。

プログラミングの面白さを知ったなら自分ですでになんらかのアクションを起こしているはずですし、継続的に取り組んでいることがあって然るべきですが、それにも触れられていません。

企業に成長させてもらおうというのは誤りですし、その会社でなければならない理由にもなっていませんので、これでは相手に何も伝わらない文章となっています。

NG例文②

私は御社のスマートフォンのゲームアプリが大好きで、ぜひ制作を手掛ける側になりたいと思い志望しました。

たくさんのゲームアプリがある中、御社ほどユーザーが熱狂できるアプリを制作できる会社はありません。

特に~はとても画期的で、遊んだ時にはそのアイデアに深い感銘を受けました。

それ以来、御社で働くことが私の夢です。

御社に入社した暁には、世界中のユーザーを楽しませるゲームアプリを開発したいと考えます。

この事例のように、その会社の商品やサービスの大ファンであることを熱心に訴える学生は非常に多いです。

ただ、その人がどれだけその商品やサービスのことを魅力に感じているかを語っても、その人自身の魅力は一つも伝わってきません。

志望動機が単なるファンレターになってしまっては意味がありませんので、自分自身の強みもきちんと伝えるようにしましょう。

この場合、アプリを好きになったことがキッカケでもかまいませんが、そこからゲームアプリ開発に強い興味を持ち、自分で勉強ながらアプリを作り始めたといった展開ならあり得ます。

それをクラウドにアップしてURLを提示し、ぜひ時間のある時に見てもらいたいとアピールする方法もあります。

好きな気持ちや熱意は大切ですし、それを大事にする企業もありますが、それをどう仕事に活かせるのか具体性を示せるようにしましょう。

【IT業界の志望動機を書くコツ】その企業、職種を選んだ理由を明確にする

志望動機を記入する際には、その企業を選んだ理由を明確にすることが大切です。一見素晴らしいことを書いているように見える志望動機でも、よくよく読んだからどの企業でも当てはまることしか書いていなかったり、具体性に乏しい内容が書いてあったりすると、高い評価を得るのは難しいでしょう。

面接官に有無を言わせず納得させることができるような志望動機を書くためには、とにかく具体性や根拠が大切です。そのためにはわかりやすいエピソードを組み込んだり、そこでしか叶えられないようなキャリアプランを述べたりすることが有効です。

自分の書いた志望動機に魅力が足りないと思ったら、具体性や根拠といった部分を見つめ直してください。

【IT業界の志望動機を書くコツ】志望動機は結論ファースト

志望動機を記入する際には、可能な限り結論を最初に述べるようにしましょう。これは志望動機以外にも共通していえることです。長所や短所、ガクチカなど、学生が面接官に伝えることは沢山ありますが、どうすれば聞いている側がストレスを感じないかということを意識しながら構成を考えると良いでしょう。

【IT業界の志望動機を書くコツ】終わりに

IT業界は今後益々変化と成長が期待できる業界です。その中で自分が、どの企業でどんな風に働いて、どんな結果を残していきたいのかというのを上手に伝えられるようになりましょう。そのためにも、今回ご紹介した内容を参考にしたり、自己分析に力を入れてみたりしてみてください。

文系未経験だとIT業界を志望してはいけないと思っていませんか?そんな事はありません。今、IT業界は文系未経験を採用する動きを活性化させております。

文系理系関係なく、IT業界も視野に入れてみてもいいかもしれませんね!

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ