グループディスカッションを練習したい!コツやおすすめの方法は?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

グループディスカッションとは、複数人があるテーマについて議論を交わすことで、GDと表記されることもあります。議論を通して、正解のないテーマについて、最終的な結論を出します。

グループディスカッションは企業の選考や採用試験でも取り入れられることがある内容です。採用試験では、このグループディスカッションを通して、各自がどのような役割を担い貢献しているかチェックしていきます。

ここまでグループディスカッションの定義を紹介しましたが、実際にやってみると意外と難しいという感想を持つ学生が多いでしょう。限定された時間内に結論を出すには練習が必要となります。グループディスカッションの倍率が高い企業も少なくないので、対策は必須といえます。

それではどのような練習をしていくべきなのか、グループディスカッションにおける練習の必要性とコツを解説します。

グループディスカッションの練習は必須!

グループディスカッションの練習は必須!

グループディスカッションを初見でするのは厳しいので、練習が必要です。それではどのような練習が必要か、実際に練習する前に採用試験におけるグループディスカッションの傾向を知りましょう。

グループディスカッションで多い人数は?

企業の採用試験におけるグループディスカッションは、2~5名の少人数で進められることが多いです。6~10人程度で行なわれることもありますが、10人以上でグループディスカッションをするケースは少なめ。少人数で進行していくため、目立つ反面、自分をアピールできる機会が多いといえます。

グループディスカッションの時間はどのくらいが目安?

短ければ10分程度、長ければ1時間近くになるケースもありますが、20~30分前後でグループディスカッションが行なわれるケースが多いようです。練習する際は、30分程度を目安に考えるとよいでしょう。

グループディスカッションの流れを知ろう

グループディスカッションは、ただ議論するだけではありません。基本的な流れがあります。企業の採用試験では、流れを汲んだ進行や役割が見られるので意識しましょう。なお、以下が一般的なグループディスカッションの流れです。

  1. 議論するテーマやルールなどの提示
  2. 簡単な自己紹介
  3. 役割分担とタイムスケジュールの決定
  4. ディスカッションや共同作業
  5. 意見をまとめる
  6. 最終的な意見の発表

グループディスカッションの流れは企業によって変わる可能性がありますが、前半でディスカッションのテーマとルールが提示されるのは共通です。

どのようなテーマが扱われる?

IT企業ならAIの将来性など企業が属する業界に関する知識が問われるテーマ、または経済問題など時事に関するテーマが扱われることが多いようです。ただし傾向があるというだけで、企業によっては全く関連のないテーマを設定していることもあります。

グループディスカッションの練習で抑えておくべきポイント

グループディスカッションの練習で抑えておくべきポイント

グループディスカッションのためにさまざまなテーマで練習してみるのもよいでしょう。しかし、豊富なテーマをただ練習するだけでは不十分です。

確実にグループディスカッションのスキルを磨くには、採用担当者がどの部分を評価しているか知ることが大切。練習中に合わせて確認しておきたいポイントを解説します。

発言しないのはNG

採用担当者は、グループディスカッションという状況下でどのような発言や質問をするか、どのような態度であるかを選考基準として見ています。全く発言しないというのは、グループディスカッションに参加していないということに他なりません。

採用担当者も発言がないと適切な評価ができないので、自分の発言に自信がなくても、萎縮せず、自らの言葉で意見を述べましょう。

迷惑なクラッシャー行為はNG

進行を妨害すること、批判ばかりすること、自分の意見を無理に通そうとすることなど、迷惑な行為をクラッシャー行為といいます。そもそもグループディスカッションは一人の個人的な能力ではなく、グループ内での役割やグループでの行動を確認するためのもので、協調性が重視されるものです。

協調性から逸脱するようなクラッシャー行為は、グループの輪を乱すものとして厳しく評価されます。

クラッシャー行為を放置しない

自身がクラッシャー行為をしていない場合も注意が必要です。グループディスカッション内で他の人がクラッシャー行為をしているとき、何もせずに放置していると放置した人もマイナス評価となってしまいます。

クラッシャー行為があった場合に、角を立てずにどのように円滑に進行するか練習しておくとよいでしょう。

声の大きさやトーンに気を配る

協調性が重視されるグループディスカッションは、周りにどのくらい関心を持てているか、気を配れているかが評価対象になります。細かなことですが、声が大きすぎないか、小さくて聞き取りづらくないか、あるいはトーンが適切か、練習の時点でお互いに確認してみましょう。

姿勢や振る舞いに気を配る

議論の内容や発言も大切ですが、グループディスカッションでは姿勢や振る舞いなどの基本的な部分も評価対象になります。つい癖で脚を組んだり、髪をいじったりしてはいないでしょうか。無意識で自分では気づかないこともあるので、こちらも練習の段階でお互いに確認し合っておきましょう。

グループディスカッションの方法を実践して、実際に議論する練習も大切ですが、評価を意識して1つ1つのポイントをクリアしていくとグループディスカッションのスキルも上がります。

グループディスカッションのセミナー

グループディスカッションのセミナー

グループディスカッションを大学など仲間内で練習・対策する方法もあるでしょう。人数が十分集まり、時間や日程が合えばよいですが何度も繰り返し練習会を開くのは難しいことがあります。また、仲間内の意識の違い、評価点が不明瞭なこともあって、必ずしも効果的とはいえません。

そこで考えられる方法が、グループディスカッションのセミナーを活用する方法です。グループディスカッションセミナーのメリットを理解し、就活に生かしていきましょう。

メリット1.企業から求められていることを理解できる

そもそもセミナーは、グループディスカッションを目的にした専用のものです。自分達で行なうグループディスカッションとはノウハウの蓄積が違います。企業や業種毎に求められていることはなにか、評価点を知って就活に生かすことが可能です。

メリット2.実際の形式に近い形で練習できる

セミナーはただ講義を受けるだけでなく、実戦形式でグループディスカッションを練習できます。頭では理解していても実践で追いつかないなど、実践とロジカルは異なるものです。セミナーで実践を積むことによって、グループディスカッションを知り、進め方を肌で感じることができます。

メリット3.自分に自信が付く

グループディスカッションのテーマは毎回変わるので、完全に対策することはできません。毎回変わるテーマを練習するのではなく、グループディスカッション攻略のコツをマスターすることが、何よりの対策になります。

コツがわかればどんなテーマになっても柔軟に対応できる力が付きます。また、それによりテーマが変わってもグループディスカッションの意味を把握しているので、自信が持てるはずです。

このように、グループディスカッションのセミナーは、自分1人では難しい対策、人数がいてもただの議論だけではたどり着けない部分までカバーすることができます。グループディスカッション対策が不安なら、セミナーを利用する方法も考えてみましょう。

まとめ

企業の採用試験や選考で扱われることもあるグループディスカッションですが、採用目線から評価を得るには、しっかりルールを理解した上で練習と対策を行う必要があります。評価のポイントを意識した練習をしましょう。

ただし個人での練習には限界もあるので、企業視点からスキルを身につけられるセミナーの活用も検討してみるとよいです。

就活市場では、グループディスカッションの対策の他、就活に役立つ情報を配信しています。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 利用者内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 勝てる履歴書をサクッと「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定をゲット「就活市場エントリー」
  • イベント参加で就活を有利に「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ