焦りは禁物!就活がうまくいかない時の気持ちの切り替え方は?

就職活動には根気が必要となりますが、残念ながら必ずしも自分が望むような結果になるわけではありません。志望している企業の選考に通らなかったり、周りが内定をもらっていたりするのを見ると焦ってしまうということは、誰にでもあります。そうやって就活がうまくいかないと焦ったり、落ち込んでしまったりする時こそ、うまく切り替えて次の行動に移ることができたらいいですよね。しかし、気持ちが落ち込んでいるときには、自分でも思うように気持ちを切り替えることができないものです。そこで今回は、就活がうまくいかない時の気持ちの切り替え方を紹介していきます。

 

就活がうまくいかない人の特徴

先ず、就活が上手くいかない人には、どのような原因や特徴があるのかということを考えていきます。志望している業界や企業は本当に自分に合っているのか、社会人になる心構えはできているか、人事の方とコミュニケーションはきちんととれているか、魅力のある自己PRをできているか、エントリー数は少なくないかなど、原因として一般的に考えられることは無数に存在します。それらの中で、自分は何が原因で躓いているのかというのを、きちんと理解することが必要です。どうして内定をもらえないのか、どうして選考に落ちてしまうのかというのを客観的に観察できたらいいですね。そもそもそういう状況に陥っている人は、焦っていて、自分を客観的に見られない状況にいることも少なくありません。だからこそ、上手に気持ちを切り替えていきましょう。

 

焦る時こそ深呼吸を

自分の状況を把握し、反省点を見出すには、焦っている状況から抜け出すことが先決です。焦るときこそ深呼吸、急がば回れという精神で臨むようにしていきましょう。具体的には、以下のような方法で気持ちを落ち着かせるのがオススメです。

 

人と話す

悩んでいる状況を一人で抱え込まずに家族や友人、先生、相談できる人に話してみるというのは非常に効果的です。それこそ、誰かと関わりを持つことで、自分以外の人から、今の状況に対して客観的なアドバイスをもらうことができるので、冷静さを取り戻すことができます。

 

趣味の時間を持つ

就活に根を詰めすぎている、と思ったらリラックスできること、好きなことをするように心がけてください。あえて就活から離れて、自分の趣味に没頭する日というのを設けてみるのも良いでしょう。

 

物事の捉え方を変えてみる

失敗を引きずるのではなく、落ちた企業とは縁がなかった、自分の魅力に気付けない、みる目のない企業だったと考えると気持ちが楽になります。反省も大切ですが、それを引きずりすぎてしまうと、成功は遠のいてしまいます。

 

きちんと休む

思い切って就職活動を休むことも大事です。就活はゴールではなく、あくまでも人生の一部、通過点と見なして立ち止まってみるのです。焦っているときや、自分の問題点、課題が見出せないときは、一度立ち止まってみてください。

 

状況別、気持ちの切り替え方

次に、状況別の気持ちの切り替え方をご紹介します。

 

書類選考に通らなかったとき

早い段階で結果が出たから時間を無駄にせずに済んだ、と思うようにしましょう。あるいは潔く、受からなかった企業とは相性が合わなかったと考えたり、自分が否定されたわけではなく、ただマッチしなかったのだと切り替えたりするのが得策です。

 

面接に受からなかったとき

学びの機会だと切り替えて、あえて面接でのやり取りを思い出し、反省点を見つけ出して次に活かそうと練習してみるのも良いと思います。または、綺麗さっぱり、縁がなかったのだと忘れるのも良いでしょう。人と会って不安などを打ち明けたり、面接練習を一緒に行ったりするのも効果的です。悩みすぎたり、その失敗に固執しすぎたりしないよう、切り替えることを心がけてください。

 

おわりに

就活で失敗が続いたときや上手くいかないときは、何が悪いのかを考えましょう。自己PRや志望動機を見直すなど、就職活動をもう一度見つめ直すことも重要です。一方で、考えすぎずに、しっかり休み体と心の調子を整えて、自信を持って就職活動に挑むことも忘れないでください。どんなときでも、笑顔を意識して臨んでください。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ