面接中の自己PR!サークルはアピールしていいの?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

学生時代、サークル活動や部活動に所属していた学生は、就活でその要素を活かしたいと思うのが当然です。アルバイトや勉学、資格取得など、人によって学生時代に力を入れたことは違いますが、サークルというのはその代表的なものの一つです。しかし、同時にサークルをPRテーマとして据えている学生が多いということを忘れてはいけません。そうなってくると、面接などで自己PRをする際、サークルの話をするのは自己PRになるのか疑問にもなってきますよね。ですが、正しくアピールすれば、サークル活動も立派な武器になります。今回は、どのようにアピールすれば、サークルを活かした自己PRができるかを、例文なども交えつつご紹介します。

 

自己PRでサークルについて話すのは有効?

自己PRを考える上で最初に知っておかなければいけないのは、サークルの話に対して企業側がどのように思っているかです。残念ながら、サークル活動自体に興味を持つ企業はほとんどいないというのが正直なところです。ある調査では、所属クラブやサークル活動を重視している企業は10%程度しかいないということが判明しています。反面、サークル活動を自己PRする学生は多いため、ここに企業と学生間でギャップが生まれてしまっています。このことを知らないままサークルの話を得意げに語っても、良い結果を得るのは難しいでしょう。サークルの業績や活躍を話しても意味がない。このことを大前提として心に留めておきましょう。ではサークルの話はするべきではないのかというと、そんなことはありません。サークル内容ではなく企業が重視する、人柄や企業への熱意、今後の可能性についての話をメインにしながら、そこに適度にサークルという要素を混ぜるのです。

 

サークル活動を通じて自分のことをPRする

ここまでのことを踏まえて重要になるのが、サークルの実績を話してはいけないということです。大切なのは、サークルを通じて自分を伝えることに気を使う、ということです。自分の長所や人柄を説明することを必ず意識しておきましょう。結局のところ企業が知りたいのは学生の人柄、次いで熱意やスキルといったものが挙げられます。例えば、長所を発揮した場所がサークル活動だったというような内容を話し、そこに具体的に行動したエピソード、努力のプロセスを語るというのは、主軸がサークル活動ではないので、有効な話し方です。

 

サークルを関連づけた自己PR例文

私は仲間と協力して、世の中を変えていくことが好きです。

歌うことが好きで、大学では4年間アカペラサークルに所属していました。

そこでは毎月2回と、ハロウィンなどのイベントの際に街に出て、ゴミ拾いをするという活動を行なっていました。

メインであるアカペラのみに参加したいという学生も多かったのですが、私は部活の本来の目的と同じくらい、この取り組みに魅力を感じていました。テロ対策などの理由でゴミ箱が置かれていない渋谷や都心は比較的ポイ捨てが多く、イベントなどが重なると街はかなり汚くなりました。

しかし、毎年、根気強くゴミ拾いを繰り返す中で街は確実に変わっていきました。

通りすがりにゴミ拾いを手伝ってくれる人や声をかけてくれる人もいましたが、何よりも驚いたのは、少しずつゴミが減っていったことです。

それは微々たる変化だったかもしれませんし、気付かない人も多くいるかもしれません。

しかし小さな取り組みの積み重ねが確実に変化を生んでいると、私は信じています。

それはゴミ拾いに限った話だけではなく、企業でも同じだと考えています。

貴社に入社した後も仲間や先輩、いずれできることになる後輩たちと協力して、小さな変化を積み重ねていきます。

そしてそれを継続することで、大きな成果を生み出せるよう、最大限の努力をしていきます。

 

おわりに

企業側はサークルについて興味が薄いだけではなく、スポーツやその分野に関しては素人である、ということも忘れてはいけません。話をする際には普遍的な題材であること、そして例文のようにサークル以外の場所にスポットを当てて、難しい言葉、専門用語を使わないよう心がけましょう。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ