就活面接の自己PR、向上心はアピール材料になる?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

社会に出てから重要になることというのは沢山ありますが、成長する上で欠かすことができないのは何と言っても、向上心ではないでしょうか?

向上心のある人は様々なことに挑戦できますし、職場で周囲の社員にプラスの影響を与えてくれます。そこを自分のストロングポイントとして、就活の面接でも話そうと考えている学生は多いのではないでしょうか?

では就活の面接で向上心をアピールする際には、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。また、向上心をPRすることで、相手に対してどのような印象を与えることができるのかというのも含めて、今回は例文を交えてご紹介します。

向上心をアピーすることで期待できる効果

向上心を売りに出すことで、企業の担当者に対してアピールできることは多くあります。その中でも一番大きな効果は「この人がいると会社に、ひいては社員に良い影響を与えることができる」と思わせることです。

向上心がある人や、やる気のある人というのは、自分だけが頑張るのではなく、周りも引っ張っていき、リーダーシップなどを発揮することがしばしばあります。会社組織の中では、そういった人間が非常に求められているので、上手に自分の向上心や魅力を相手に伝えることができれば、内定を勝ち取ることができるでしょう。

向上心をアピールする学生が多いことに注意

向上心というのは資格や目に見えた成果ではありません。ですからアピールする材料が見つからなかった学生も、向上心を面接でアピールすることがあります。言ってみれば、本当に向上心があるかどうかというのは、雇ってみなければ分からないことなのです。そんな向上心を周りの人間よりも的確にアピールするためには、とにかく具体的な内容を語っていくことが大切です。

過去の経験や失敗、成功などの話と交えて自分の向上心を伝えることができれば、周りの学生と差別化を図ることができます。

そして重要なのは、「向上心」という言葉を別の言葉に言い換えることです。向上心や熱意、情熱というのは、はっきり言って、手垢のついた表現です。それをいくら口にしたところで、聞いている人間の心には中々響きません。向上心という言葉を、上手に自分なりに言い換えてみてください。

この後に書く例文も参考にして、自分なりの言い回しを上手に探してみましょう。

向上心を関連づけた自己PR例文

常に新しいことに挑戦し続ける、というのが私の信条です。

大学入学当初、私は幾つかの目標を掲げました。

「全ての教科で良以上をとる」「特別な事情がない限り大学を休まない」「免許を取得する」といった、簡単なものから難しいものまで、様々な目標です。

しかし大学で生活しているうちに「成績はやはり全部優を獲ろう」「免許だけではなく簿記や語学の資格にも挑戦してみよう」「大学が休みの日は必ず読書をしよう」など、目標設定が高まったり、数が増えたりしていきました。

結果的に私はそれらの目標を全て達成し、「自分の大学生活は悔いのないものだ」と自信を持って言えるようになりました。

高い目標を設定すること、それを叶えることが人生を豊かにするものだと私は知っています。

御社に入社した後も当たり前や、現状維持というものに満足するのではなく常に一歩、十歩先の目標を掲げていきたいと考えております。

私が働くモチベーションはその目標や企業の成長、会社への貢献に宿り、そのモチベーションは必ず会社の武器になると確信しております。

終わりに

例文では、向上心を「挑戦し続ける」という風に表現しました。この言い方であれば、向上心だけではなく忍耐力、継続力といったものも同時にアピールすることができます。また、具体的なエピソードも交えているので聞いている方としてもイメージをしやすいです。

ただ、挑戦という言葉も特段に新しい表現ではないので、今回の例文のようにエピソードの中で熱意を強調したり、別の箇所に特別な見せ場を作れたりすると良いでしょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ