失敗を避ける就活の軸の答え方を回答例から考えよう

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

ESをラクの作成!

就活の軸は、応募したい企業を決めるうえで譲りたくない、自分にとって指針となる軸のことです。

就活の軸を決めることは、自分が就活で何を目指すのか、何を目標とするのか見定めるのに役に立ちます。

ただ「就活の軸」といってもなかなかピンとこないものです。

どういったものを就活の軸として持つべきなのか、また面接で答えるべきなのか、回答例から考えてみましょう。

就活の軸の正しい答え方?回答例ご紹介

就活の軸の正しい答え方?回答例ご紹介

企業で面接を受けるときに就活の軸を聞かれることもあります。企業側が本当に仕事にマッチする人材なのかを見極めるためです。

実際に就活の軸を面接時に聞かれた際、「たくさんの人を幸せにできること」と回答した例がありました。

しかし、回答者は面接を受けた企業に採用されることはありませんでした。

理由の1つは、就活の軸が企業にとって弱すぎたからです。

「多くの人を幸せにしたい」のなら他に選択肢はありますし、その企業を選ぶ根拠にはなりえません。

つまり、就活の軸を聞かれたとき面接担当者に好印象を持ってもらうためには、面接を受ける企業について事前に調べ、企業に合わせた回答を用意しておくことが重要です。

それでは、どのような回答をするのが適当なのでしょうか。

回答例から、就活軸の見つけ方をご紹介します。

回答例1

私は、新興国とのビジネスを通して人としても成長できることを軸に就活をしています。

ボランティア活動でさまざまな人と触れ合う中で、活動よりも人と人とのつながりの方が重要だと実感したためです。

特に御社では・・・。

解説1

自分自身の就活に対しての意気込みからの就活軸の例です。新興国とのビジネスなど自分がやりたいことを含んでいるのもポイント。

自分が経験したことを交えることによって内容が膨らみます。さらに、人との絆や繋がりを大切にしている会社であれば、企業理念も交えると良いです。

回答例2

私は、若くてもチャンスがある企業を軸に就活をしています。

先日のインターシップで社員さんの意識の高さを感じたからです。さらに、意識の高さだけでなく、実際に高い業績を上げていることも知り、自分自身そのような環境に身を置くことで切磋琢磨していきたいと感じました。

解説2

企業の環境や制度に視点を置いた就職軸の例です。

インターシップでなくても、実際に客で訪れるなど企業との接点があれば合わせてアピールすることができます。また実際に企業が取り入れている制度を回答に盛り込むとより内容に厚みがでます。

回答例をもとに自分の軸を考えよう

回答例をもとに自分の軸を考えよう

就活の軸は企業に合わせるべきではありますが、就活軸を導き出すには、自分がどのような企業に就職したいのか自分軸を明確に持つことが大切です。

自分軸の考え方についてステップごとにみていきましょう。

職は何か洗い出す

天職とは、自分にマッチした職のことです。ただ社会経験が少ないと天職が何か自分ではなかなか見極められないもの。

そうした場合、アルバイトでの経験以外に、サークル活動や部活、自分の趣味、習い事、持っている資格、知識などが参考になります。自分自身が、そうした活動を行っているときにどのように感じているかも重要です。

天職の洗い出し方の例

  1. 基本情報技術者試験などIT系の資格をいくつか持っている
  2. ハードの部分は難しいが、プログラムを組み立てるのは好き
  3. IT系企業への就職を視野に入れる

企業の軸を洗い出す

次に企業の軸を見極めていきます。

同じ業界の同じような職種であっても、企業ごとに強みにしている部分は違いますし、経営方針も違うはずです。

いくつか興味のある企業や業界に絞って、企業が何を重視しているのか企業軸を洗い出していきましょう。自分の目指す業界にどのような企業があるのかが分かってきます。

譲れない条件を考える

最後に就活の軸である譲れない条件を考える段階です。

自分軸と企業軸から自分が重視したいポイントを考え、企業選びで譲れない条件を考えていきます。

複数の就活の軸を持っておくのも企業選びに慎重になれるので良いですが、選択できる企業が限られてしまうので、まずは1つから絶対に譲れない条件として考えるのがおすすめです。

回答例を参考に!就活の軸を聞かれたときの注意点

回答例を参考に!就活の軸を聞かれたときの注意点

就活の軸は、自分が企業選びで重視したいポイントを基本に企業に合わせるのがベストですが、中には聞かれたときに就活軸として言わないほうがよいこともあります。

待遇面を就活の軸にしない

給料が高い、福利厚生が充実している、残業時間が短いという待遇は、多くの人が重視しているポイントだと思います。

しかし、それを就活軸にするのは、企業にとって魅力的ではありませんし、ときに仕事内容は見ていないのかと良くない印象を与えることがあります。

企業間で使いまわせる内容にしない

「世の中に貢献できる」「人を笑顔にできる」「やりがいがある」など、まったく触れないまで徹底しなくても内容に具体性がない使いまわしのできる就活軸は避けるべきです。

例えば世の中に貢献できるでも良いですが、なぜ貢献できるのか、本当にその企業でないといけないのかしっかりした理由を添えた上で就活軸として回答しないと「別に自社でなくても良いのでは」とマイナスイメージになってしまうことがあります。

できるだけ使いまわしができる軸は避けるのがベストです。

どうしても軸が普遍的な内容になるようであれば、理由に具体性をつけるように注意しましょう。

まとめ

企業面接では、何をポイントに就活をしているのか、就活の軸を問われることがあります。

当たり障りのない内容を話す人もいますが、企業は本当に自社にマッチする人材なのかを知りたいので、ここで普遍的な内容を言ってしまうのは間違い。

自分軸をベースに企業リサーチをしっかりした上で、経験、企業理念、制度など具体性を交えながら就活軸の回答をするように意識しましょう。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

ESをラクの作成!