就活の疑問を解消!「笑顔」は自己PRポイントにするべきか?

1705_2_195 (1)

就活では高確率で企業から問われる項目ながら、多くの人を悩ませるのが自己PRです。良い回答が思い浮かばないまま、面接を迎えてしまう人も多いでしょう。そんなとき、「笑顔」をPRポイントにしてしまう人もいます。しかし、笑顔と答えるだけでは無個性な自己PRとして低評価を下されることもありえます。もちろん、笑顔をPRするのが悪いのではなく、PRの文脈次第では有利に働くこともあるのです。ここでは、自己PRで笑顔と答える際の注意点について解説します。

「笑顔」に加えるポイントこそが重要

結論からいえば、自己PRを聞かれたときに「笑顔です」と答えるだけでは効果的とはいえません。特に、面接官への印象を残せないばかりか、評価を悪くしてしまう可能性すらあります。一般的に考えて、笑顔で人と接するのはごく当たり前の行いであり、「普通のことを普通に答えただけ」と捉えられてしまうからです。ただし、あなたの笑顔が特別な力を持っているとPRできれば、面接官も心を動かされます。そこで、「笑顔」と答えるだけではなくもう一歩踏み込んだPRを行いましょう。「私のPRポイントはどんな困難な状況でも笑顔を忘れずに、前向きな思考ができることです」と答えれば、より詳しい自己PRとなります。あなたの個性を説明しているともいえるでしょう。
1705_2_195 (2)

「笑顔」が生み出した結果を話そう

企業面接とは「会社に貢献してくれる人材」を見つける場所であり、単に「印象の良い人」を求めているわけではありません。笑顔を自己PRポイントにしたいのであれば、笑顔が仕事に役立つことを証明する必要があります。そこで、実体験を基にして笑顔が何らかの結果を生み出したエピソードを語るようにしましょう。たとえば、「私はカフェでアルバイトをしていたのですが、仕事を覚えるうちから誰よりも素敵な笑顔を作ろうと心がけていました。すると、お客さんと仲良くなることができ、先輩からも仕事を教えてもらいやすくなりました。笑顔は能力や経験に関係なく実践できることであり、私はできることから全力で努力することの大切さを学びました」などのエピソードです。

「笑顔」と答える表情が笑顔になっているか?

「笑顔」で自己PRをするにはあなたが明るい人間だと思わせる必要があります。意外と見落としがちなのが、「私のPRポイントは笑顔です」と答えるその表情が笑顔になっていないという状況です。企業面接では極度のプレッシャーがのしかかってくる人も多く、つい表情も固まってしまいがちです。緊張することは悪いことではなく、面接官からも「真面目で謙虚な人だ」と思ってもらえることすらあります。ただし、笑顔をPRしたいなら笑顔を作らなければ説得力がないでしょう。自己PRのときだけではなく、入室後から意識的に笑顔をつくることをおすすめします。PRの内容と本人の印象が伴っていれば、面接官への印象も良くなるでしょう。

こんな「笑顔」PRは評価されない

自己PRで「笑顔」と答えても、面接官から評価されないケースがあります。理由としてはまず、「笑顔」という言葉が抽象的に聞こえてしまうことが考えられます。たとえば「コミュニケーション能力に長けている」など、ビジネスシーンに相応しい長所に言い換えてみるのがおすすめです。より実践的なイメージを加えられれば、面接官の記憶にも残りやすくなります。また、笑顔のPRが押し付けがましく感じられてしまう可能性もあります。笑顔とは本来、自然と顔に浮かぶものなので強調することを疑問に思う面接官もいるでしょう。また、真面目な人材を求めている企業の理想からかけ離れてしまう場合もあります。企業の理念を踏まえたうえで、PRポイントを練るようにしましょう。
1705_2_195 (3)

「笑顔」と答えるからには内容を深く準備する

人間関係を円滑にする笑顔ですが、企業への自己PRポイントにするにはいくつかの工夫が必要だといえそうです。笑顔そのものがプラス材料になるというよりも、笑顔によって企業に何がもたらされるのかを深く考えるようにしましょう。企業の面接官は具体的な回答を好む傾向があります。あなたの笑顔にまつわるエピソードや結果を上手く伝えられたら、採用される確率は高まるでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る