就活面接の最難関は雑談?一体どうやって切り抜けるべきか

19

書類審査をくぐり抜けて、就活の最後の砦ともいえる面接まで進むことができたとしましょう。多くの就活生は志望動機を練り上げたり、自分の今までの活動内容をまとめたりと、面接で慌てないように事前に入念な準備をしていることでしょう。しかし、実際の面接では、面接中の雑談を重要視しているケースも多く、なんてことないと思っているかもしれない雑談には、実は深い意味があるのです。そこで今回は、面接の雑談に隠された意味を探っていきます。

☆雑談面接の目的とは

自己紹介や志望動機、キャリアプランなどの説明がひと通りうまくいったとしても、内定がもらえなかったという人もいるのではないでしょうか。その原因のひとつには、面接中の雑談での印象が挙げられます。雑談中にうまく面接官との会話ができなかった場合は、コミュニケーション能力が低いとみなされたり、社会人との会話ができないという烙印を押されたりして、最終的に合格通知をもらうことは難しくなってしまいます。就職の面接に雑談が必要な理由は、相手が投げた会話のボールをきちんとキャッチして投げ返せるかを見るためです。雑談は志望動機などとは違い、内容が決まっていないので、就活生が柔軟に物事を考えられるかの判断材料として利用されます。

☆雑談中の反応は早い方が良い

面接官は常に、面接者が会社に就職した後どうなるかということを考えながら面接者を観察しています。職場でうまくやっていけそうか、取引先に連れて行っても問題はないかは、通り一辺倒の面接の質問ではなかなか知ることができません。面接での雑談では、面接官が振った話題に素早く適切な答えを出すことが望ましいです。より良い答えを返そうと思ってしばらく考え込み時間を消費してしまうのは、雑談においてあまり良いことではありません。会話の流れを断ち切ってしまわないよう、できるかぎりテンポよく会話を進めていく方が、良いイメージを相手に与えることができるでしょう。

☆就活の雑談では幅広い興味や知識が試される

雑談では、時事問題から会社内部の話、面接者の学生時代のことなど、さまざまなジャンルの話題が取り上げられる可能性があります。時事ネタや社会問題に関しては、事前に勉強をしておいて知っておくことが重要なポイントです。しかし、場合によっては自分が知らなかったものが会話の中心になることもあるでしょう。いきなり思いもよらなかった質問をされて、ただ「分かりません」と答えてしまうと、相手にマイナスのイメージを与えてしまいます。知らない話題についての雑談が始まったときは、自分の勉強不足を認め、それについて教えを請うような切り口で会話を続けると、悪い印象を持たれずに済む可能性があります。

☆雑談中の人懐こさも重要な要素

特に、まだ学生である場合、大人とテンポよく雑談できる人は珍しいかもしれません。若者には、若者なりの年上との接し方があり、人懐こさや愛嬌の良さは面接の雑談において強みとなります。面接官の方でも、面接や雑談で100%企業が思い描くような返答を、まだ若い就活生たちができるとは期待していません。未熟ながらも可能性を感じさせたり、相手に対して悪い気を与えない態度で話ができたりするだけでも、プラス要素となります。面接がうまくできなかったと思っても、内定通知をもらえることがあるのは、人に自然と好かれる態度を取っていることが理由のひとつに挙げられるでしょう。

☆雑談面接はもう怖くない!?

面接中の雑談は、面接官にとって面接者の人物像を引き出す有効的な手段です。雑談は、企業が求めている人材かどうかを見極める重要な要素となっているので、甘く見ずにしっかりと事前に対策をしておきましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る