大学2年生で内定を獲得する方法とは?早期獲得のメリットも紹介

「大学2年生でも内定を獲得できるって本当?」 「大学2年生で内定を獲得するためにはどうしたらいいの?」 「就職活動のために今からしておくべきことは何?」 このように現在では、大学2年生と言う早い段階から就職活動を始め、内定を獲得することができることをご存じでしょうか。

本記事では、内定の早期獲得の方法やそのメリットについてもご紹介をしています。また、今から就職活動に向けてやっておくべきことについてもまとめました。

この記事を読むことで、就職活動のために今から何ができるかが明確になり、すぐに行動を開始することもできるでしょう。また、いつから就職活動を行うべきかも検討することもできます。就職活動について不安がある方は、是非チェックしてみて下さい。

大学2年生でも内定を獲得できる?

大学生にとって、就職活動は多くの学生が頭を悩ませることの1つではないでしょうか。自己分析や企業研究などから始まり、内定先を獲得するまでは多忙の日々が続きます。

そのためなかにはなるべく早い段階で内定を獲得し、最後の学生生活を謳歌したいと考えている方もいるでしょう。一般的に就職活動と言うと、大学3年生の3月からエントリーが開始されます。そして4年生の4月から選考が始まり、早い人だとその月に内定が出ます。

しかし、実は大学2年生の間にも内定を獲得する方法があります。そしてその方法はやる気さえあれば誰でも挑戦できるものです。早めに内定を獲得したいと考えている方は、まずはその方法を知るところから始めましょう。

大学2年生で内定獲得をするには?

大学2年生という早い段階で内定を獲得するための方法は、2つあると言われています。そしてどちらもその方法を行っている企業を探すところから始める必要があります。

しかし内定を早く取りたいからと言って闇雲に早期内定をくれる企業を探すのは良くありません。まずは、自分が卒業後何をしたいのかを考えるところから始めるようにしましょう。

長期のインターンに参加しよう

まず1つ目の方法が長期インターンを利用する方法です。長期インターンとは3か月以上のインターンのことを指し、実際の実務に携わることができます。

また企業側は優秀な学生をなるべく早い段階で確保したいと考えている場合があります。そのため長期インターンに参加した学生の中で、その企業にとって魅力的な人材であると感じてもらえた場合、そのまま本選考が受けられる可能性もあるでしょう。

長期インターンは行っている企業とそうでない企業があります。長期インターンに興味がある場合は、まずは自分が希望している業界の中で開催している企業を探してみるといいでしょう。

通年採用の選考を受けよう

以前の新卒の就職活動と言うと、一括採用がメインでした。しかし、2018年に経団連が就職活動のルールを廃止すると表明した後は、通年採用という1年中採用活動を行っている企業が増えていると言われています。

通年採用を行っている企業の中には、大学1年生から選考試験を受けられるような企業もあります。早い段階で、自分のやりたいことや働いてみたい企業があり、その企業が通年採用を行っている場合はエントリーしてみるのもいいでしょう。

出典:採用選考に関する指針|一般社団法人 日本経済団体連合会 参照:https://www.keidanren.or.jp/policy/2018/015.html

内定獲得のアプローチ術|2年生が長期インターンを獲得するには?

前述したように、長期インターンに参加することはその企業で内定を獲得するための近道とも言えます。そして、たとえその企業で内定をもらえなかったとしても、長期インターンでの経験は就職活動では役立つことが多くあるでしょう。

しかし一方で長期インターンへ参加するためには、就職活動同様、面接などの選考を受けなければなりません。また参加できる人数が限られているので、長期インターンは狭き門とも言えます。

次は、大学2年生が長期インターンの参加券を獲得する方法についてです。またここでご紹介する方法にプラスして、自己分析や企業研究などはしっかり行った上で長期インターンの選考は受けるようにしましょう。

合同説明会で社員とのコネを作る

早めの内定や長期インターンに興味があるなら、まずは合同説明会に参加してみましょう。合同説明会では、多くの企業の説明を聞くことができます。

そして気になる企業が見つかったら、その企業のブースに行き社員の方に直接話しかけてみるのもいいです。合同説明会に来る社員の方の多くは、新卒採用の部署で働く方です。そのため直接話しかけることで、その人に印象を残すことができる可能性もあるでしょう。

主催している企業にお願いする

もし働いてみたい企業が決まっていれば、その企業のブースに行き直接長期インターンシップの希望している旨を伝えてみるのもいいでしょう。履歴書を持っているようならば、それを渡してみるのもおすすめです。

しかし企業によっては、合同説明会ではそのようなことはしていないと断れることもあります。そのような場合は合同説明会を主催している企業のスタッフに話しかけ、協力をお願いするのも1つの手です。主催企業側のスタッフの紹介となると、快く学生の話を聞いてくれる可能性もあるでしょう。

よりオープンな社員と話す

企業の社員に話しかける際は、話しかけやすそうな方に話しかけてみるのも1つのアプローチ術です。たとえば女性ならば女性同士の方が話しかけやすいこともあるでしょう。

このように自分が話しやすそうな人を見つけて、声をかけてみるのもおすすめです。また、話が弾んだ場合などは最後に名刺を頂けないかお願いしてみるのもいいでしょう。

メールで会食の機会を獲得する

合同説明会で自分が興味ある企業の社員の連絡先を頂いた際は、お礼のメールなどをすると好印象です。またメールの返信があった場合は、会食の機会をもらえるか頼んでみましょう。

その企業で働く人と話す機会がもてると、いろいろなことを聞くことができます。そして再度自分がこの企業に興味があるかを検討することもできるでしょう。

またもちろん断られてしまう場合もあるでしょう。その際はクヨクヨすることなく、次の手を考えましょう。

会食でインターン面接をお願いする

会食までこぎつけることができた場合は、インターンにも興味があり面接を受けたいことを必ず伝えましょう。企業側も会食に来てくれたようならば、少なからずあなたの積極性に魅力を感じている可能性があります。そのため最後まで積極的な行動を心がけ、インターンを獲得できるよう行動するといいでしょう。

大学2年生で内定を獲得するメリット

大学2年生という早い段階で内定を獲得するメリットはいくつもあります。たとえば、卒業後の進路を決めてしまうことでその後の学生生活をさらに有意義に過ごすこともできるでしょう。

次は、その他のメリットについてご紹介をします。ここであげるメリットを魅力的に感じたなら、大学2年生での内定獲得を目指してみるのもおすすめです。

  • 内定保有が他企業の選考で好印象になることがある
  • 自分に自信を持てる
  • 研究や留学など大学で熱中したいことに取り組める

内定保有が他企業の選考で好印象になることがある

就職活動はたとえ1つの企業から内定を頂いていたとしても、さらに上を目指すために続けることも可能です。そのため他企業での面接の際に、すでにある企業から内定をもらっていると伝えて自己アピールをするのもいいでしょう。そして企業側はあなたのことを、すでに他の企業で内定をもらえるくらい魅力的な人材なのではと感じてもらえる可能性もあるでしょう。

自分に自信を持てる

内定をもらうということは、あなたがその企業にとって魅力的な人材であると認めてもらえたということになります。そのため、内定の早期獲得はあなたの自信につながることもあるでしょう。

また、すでに内定をもらえているということは安心にもつながります。そしてその安心感のおかげで、落ち着いてその後の就職活動を続けることもできるでしょう。

研究や留学など大学で熱中したいことに取り組める

内定をもらった企業に卒業後はそのまま就職をすると決めた際は、その後は自分が学生時代にしたいことに熱中することができます。たとえば研究活動や留学などに時間を使うのもいいでしょう。

学生時代にしかできないことは山のようにあります。就職活動を早めに終わらせることができた場合は、今しかできないことに熱中して取り組んでみるのもいいでしょう。

就職活動に向けてやっておくといいことは?

就職活動ではどの企業でも面接を行います。その際には自己アピールを行い、自分がその企業によって魅力的な人材であることをアピールしなければなりません。

そしてそのためには日々大学生としてやっておくべきことがいくつかあります。次は就職活動で有利になるために今からやっておきたいことについて、ご紹介をします。

頑張った経験を積む

就職活動の面接では、一般的に今まで頑張ったことは何かを聞かれます。そのため、就職活動のためにも、何か頑張ったことを見つけておくといいでしょう。そしてそれがまだないという場合は、どんな経験でもいいので今から熱中できそうなことを見つけて、取り組んでみるようにしましょう。

アルバイト

大学生と言うと多くの学生がアルバイトを行います。アルバイトは社会の一員として働くことができる貴重な経験です。

また就職活動を踏まえてアルバイトをするならば、お金以外の目標をたててアルバイトをしてみるといいです。そしてその経験で得たことを就職活動で話してみてはいかがでしょうか。

サークルや学園祭などの行事

学生の時にしか経験できないサークルや学園祭などの行事に力を注ぐのもおすすめです。サークルも行事もどちらも、グループ活動です。グループの一員として、目標達成のために努力した経験は社会人になった際も役立つことがあるでしょう。

またサークル活動は言い方によってはただ遊んでいただけと思われてしまうことがあります。そのためサークル活動を頑張った経験にしたいならば、何かしら運営側の役割を行うといいでしょう。

学生起業

最近では学生起業を行い、それを頑張った経験にする学生もいます。起業は経営のノウハウを学ぶこともでき、成功すればいい自己アピールになります。またたとえ失敗してしまった経験だとしても、起業ができるほど実力がある学生と感じてもらえる場合もあるでしょう。

しかし起業は、やり方次第ではリスクを伴います。そのためしっかり経営について学んでから挑戦してみるようにしましょう。

授業をきちんと受ける

就職活動で早期内定を獲得したい場合は、1年生の頃から授業はきちんと受けておくようにしましょう。単位がまだまだ残っているような学生は、企業側に好印象を与えません。

また就職活動では大学では何を学んでいるのか、どんなことに興味があるのかなど、学校の授業について聞かれることもあります。そのため、大学の授業にも興味を持ち頑張って取り組むようにするといいでしょう。

社会人や先輩の話に耳を傾ける

情報収集は、就職活動ではとても重要です。特にすでに社会で働いている先輩や就職活動を終えた先輩に話を聞いてみるのもおすすめです。

大学生には社会人に比べて時間がある場合が多いです。そのため時間を有意義に使い、いろいろな人から話を聞き将来に役立ててみるといいでしょう。

また、本を読み知識を付けるのもおすすめです。さまざまなところにアンテナをたてることで、新しい世界が広がる可能性もあるでしょう。

大学2年生で内定を獲得する方法を知って納得いく就職活動をしよう

大学2年生の間に内定を獲得することで得られるメリットはたくさんあります。しかし一方で、内定を早い段階で獲得することは狭き門とも言えます。そのため早期内定獲得を狙うようならば、それなりの準備が必要です。

また何よりまずは、自分がやりたいことや働いてみたい企業を見つけることが大切です。業界や企業について調べながら自己分析を行い、自分の進路や就職活動についてこの記事を参考に今一度考えてみてはいかがでしょうか。

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ