【成長したい!】社会人で参加できるインターンの特徴とは?

はじめに

pixta_59103944_M

社会人のインターンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

多くの人は大学生インターンは知っていますが、あまり社会人のインターンという言葉は知りません。

今回は、この社会人インターンについて紹介しますので、社会人インターンの特徴を把握して、自分が使えるか使えないかの判断材料にしてみると良いでしょう。

こういったインターンは、成長をしたいという人にぴったりで、うまく利用すれば、いっきに時代の表舞台に立てるかもしれません。

また、社会人インターンを利用するメリットや注意点もありますので、そちらについてもあわせて確認しておきたいところでしょう。

もし、就活で失敗してしまった人であっても、社会人インターンで改めてて、希望の企業を狙うことによって、一発逆転があるかもしれません。

社会人でもインターンに参加できるって本当?

インターンといえば、大学生を思い浮かべる人が圧倒的に多いでしょう。

しかし、社会人のインターンも存在します。

企業によっては学生よりも社会人をインターンとして雇いたいと考えているケースも意外にあるのです。

しかし、社会人でインターンは珍しいので、かなり少数派の部類だと言えるでしょう。

ただし、社会人インターンをうまく利用することによって、良い進路を選べた人もいますので、社会人インターンについても把握しておくべきでしょう。

また、社会人インターンという選択肢がある以上、企業も何らかの意図を持って実施していることがわかります。

そういった意図をしっかりと汲み取ることも重要になってくるのではないでしょうか。

社会人をインターンとして起用する企業の狙い

ここでは社会人をインターンとして起用する企業の狙いを確認しておきます。

こういった狙いを把握することができれば、インターンに参加しやすくなる可能性もありますのでしっかりと確認しておきましょう。

優秀な人材の確保という意味合いもありますし、中途採用に力を入れている企業の場合は、こういったインターンを積極的にするところもあります。

ほかにもいくつかの理由がありますので、ぜひ把握してみてください。

優秀な人材の確保

優秀な人材の確保というのは、企業にとってはいつでも重要です。

また、優秀な人材というのは、必ずしも大学生の新卒ばかりではないのです。

さらに、社会人でインターンに参加しようとするほど意識の高い人材は優秀であるケースが多いこともあり、そういった部分から優秀な人材を確保しようという企業は多くなっています。

そうした人材を採用することで大きな利益を見込む場合や囲い込みという狙いがあります。

仮に、そうした人材をライバル企業に取られてしまうと、差をつけられる結果も考えられますので、世間ではあまり一般的ではない社会人インターンを使ってまで確保したいところなのです。

ただし、この理由で社会人インターンをやっている場合は、当然、企業の見る目はかなり厳しいと言えるでしょう。

中途採用を視野に入れている

中途採用に力を入れているような企業だと、社会人インターンにも力を入れている可能性があります。

自社に対して興味を持ってくれる人材の入社後のミスマッチを減らすために事前にインターンとして就業してもらってカルチャーに馴染めるかを判断してもらう狙いがあります。

こういった理由でインターンをしてくれる企業は、とても良心的な会社だと言えるでしょう。

事前に、インターンで自分の感覚と実際の企業とに違和感がないかを確認させてくれます。

仮にインターンがない状態で、中途入社をして、自分が思っていたのと違っていた場合には、大きなロスとなってしまいます。

社会人がインターンに参加するメリット

ここでは社会人がインターンに参加するメリットを紹介します。

メリットを知らなければ、参加しても思うような成果をあげられない可能性もありますので、非常に重要な部分です。

たとえば、スタートアップの社長などの近くでノウハウを盗めるといったメリットもありますし、自由に休めるというメリットもあります。

こういったメリットをうまく使いこなすことによって、良い経験になってくるでしょう。

スタートアップの社長などの近くで起業のノウハウなどを盗める

将来起業するつもりがあるのならば、この経験は大きなメリットです。

スタートアップの社長などの近くで仕事をすることができれば、かなり具体的なノウハウを盗むことができます。

また、インターンの場合は、そこまで重要な役割を任されるわけではないので、そういったスキルを盗むのに集中できるというメリットもあるでしょう。

企業によっては、こういった状況ではないかもしれませんが、それでもじっくりと仕事について向き合う機会がもらえるというのは悪いことではありません。

就職している時と変わらない業務を任されるものの自由に休める

社会人インターンというのは、とても優遇された存在です。

大学生のインターンとは違い、就職している時と変わらないような業務を任されることも多いです。

しかし、企業の戦力として認められているわけではないので、休みについては比較的自由に設定することができます。

そのため、そうした時間を有効活用すれば、自分の時間を取って勉強の時間に充てるといったことも可能でしょう。

社会人がインターンに参加するデメリット

今度は逆に社会人インターンのデメリットについて紹介します。

メリットがあればデメリットもありますので、そちらもあわせて確認しておきたいところです。

インターンゆえのデメリットとして給料が安定しないというものもありますし、企業によっては自分の求める成果を得られないこともあります。

こういったデメリットもありますので、それらもしっかりと踏まえておきたいところです。

給料が安定しない

これはインターンなのでしょうがないところですが、給料が安定しないという点があります。

比較的自由に働くことができる代わりのデメリットとも言えますので、その点はしっかりと工夫する必要があるでしょう。

ただし、給料が安定しないからといって、そこまで長期間インターンが続くわけではありませんので、計画的に行動すればそこまで気になるデメリットでもないかもしれません。

逆にギリギリの生活を送っているような人にとっては、かなり気になるデメリットと言えるでしょう。

企業によっては自分の求める成果を得られないことがある

社会人インターンは、企業によっては自分の求める成果を得られないこともあるでしょう。

そもそも、社会人インターンに取り組んでいる企業は多くはありませんので、どうしても、自分が思っていたのとは違うという感想の人も多いのです。

これは仕方がないことでもあって、仮に社会人インターンで自分と思っていたのと完全に一致するような成果を得られたのであれば、それは非常に幸運なことだと言えるでしょう。

社会人でインターンに参加する人の特徴

ここでは社会人インターンに参加する人たちの特徴を紹介します。

そういった人たちの特徴を把握しておくことによって、これから参加するインターンに役立ってくれるかもしれません。

まず、転職を前提に働いている人は、参加する可能性が高いでしょう。

また、将来起業を考えているような人もインターンに参加することが多いです。

転職を前提に動いている求職者

転職を前提に働いている求職者は、こういったインターンに応募することが多いです。

企業とのミスマッチを恐れて事前にインターンに参加したいと考えている人でもあるでしょう。

将来起業を考えていて、そのためのスキルやノウハウをつけたいと考えている人

将来起業を考えている人は、こういったインターンに参加することが多いです。

うまくインターンに参加すれば、起業に関するノウハウを非常に近い部分で見られる可能性があります。

社長などの近くで働くことで自分の視野を広げたいと考えている人なども該当するでしょう。

起業に関しては、セミナーなども提供されていますが、そういったセミナーで決して得ることができない現場の生の声を体験することができますので、そういった知識や技術こそ、起業する際に活きてくるものなのです。

フリーターから就職を考えて、企業で働くことのイメージを掴みたい人

フリーターの人が、社会人インターンになることもあります。

フリーターの場合は、企業で働く前に、ワンステップ欲しいことが多いでしょう。

フリーターで生活していたものの、就職を考えた時に働いたことがないからわからない、一度企業で就業体験を積みたいと考えている人になります。

こういった人にとっては、かなり良い経験の場になってくれますので、とても有効な使い方をしていると言えるでしょう。

社会人でインターンに参加するには

最後に社会人でインターンに参加するためには、どういったプロセスが必要なのか紹介します。

社会人インターンというものを実施している企業は少ないため、なかなかそういったプロセスがわからないという人は多いのです。

サンカク

社会人でインターンに参加したいのならば、サンカクを利用する方法もあるでしょう。

こちらのサービスは、ワンデイインターンというものを提供していて、非常に手軽なインターンになっています。

どちらかといえば、サンカクのインターンは、キッカケという意味合いが強いでしょう。

ワンデイインターンがキッカケになって、転職先を見つけた人もいますし、キャリアプランを見つけた人もいるのです。

さらに、サンカクを利用した人たちの中には、このインターンがキッカケで新しい人脈が広がったという人もいます。

サンカクのインターンで出会った人とコンビを組んで起業したというような人もいますので、いろいろなメリットが考えられるでしょう。

ワンデイインターンなので、たとえ失敗しても時間的な傷が浅いというのもメリットの大きな部分でしょう。

PROJECT INDEX

PROJECT INDEXは、これまでに多数のインターンを紹介している企業になっています。

どちらかといえば、起業をしたい人などにおすすめだと言えるでしょう。

というのも、経営者や事業リーダーとの接点が多いインターンになっていますので、そうした人たちからスキルを盗みたいと思っているような人たちにぴったりです。

さらに、もう一つの特徴としては、実践型インターンシップになっていて、新規事業や課題解決などリアルな現場に触れ合えるのもポイントが高いと言えるでしょう。

PROJECT INDEXに紹介されたインターンの場合は、実際に現場のメンバーとして携わっていくことになりますので、その他のインターンに比べると、かなり得られるものがあるかもしれません。

インターンを踏み台にしたような人たちにはおすすめのサービスだと言えるでしょう。

Infraインターン

Infraインターンもインターンを提供しています。

さらに、長期のインターンも紹介していますので、じっくりとインターンに参加したいというような人にもおすすめだと言えるでしょう。

さまざまな条件のインターンが紹介されますので、自分のライフスタイルに合致したインターンを探したい時にもおすすめです。

インターンに参加してみたはものの、なかなか自分のライフスタイルに合わないという人も多くなっていますので、そういった意味で、Infraインターンの選択肢の豊富さは役立ってくれるのではないでしょうか。

たくさんの選択肢があれば、それだけ自分にとって意義のあるインターンを選びやすいので、重要なポイントになってくるでしょう。

おわりに

社会人インターンについてかなり理解が深まったのではないでしょうか。

社会人インターンに参加する場合、メリットもありますし、デメリットもあります。

また、長期インターンに参加することになる場合には、それなりの時間を使うことになりますので、本当にそのインターンに参加して良いのかという部分をしっかりと考える必要があるのではないでしょうか。

将来的には起業を目指しているような人にも、インターンはおすすめだとわかったでしょう。

経営層に必要なスキルを身近で学ぶことができるので、これは大きなポイントになってきます。

さらに、これまでにあまり社会や会社を経験したことのない人が、ワンクッション置くために利用するインターンもおすすめです。

このように、社会人インターンには、いろいろな特徴があります。

社会人インターンがキッカケで、うまく軌道に乗ることができれば、メリットは大きいので、起死回生の策として利用するのもありかもしれません。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ