【就活生必見】有名なベンチャー企業8社!内定までの難易度は高い?

「有名なベンチャー企業を知りたい!」

この記事をご覧いただいているあなたは、このような思いをお持ちですね?

有名なベンチャーは内定までの難易度が高く、求められるスキルの基準値も高いです。

ですが早期の対策やインターンシップへの参加など、行動次第では十分可能性があります。

今回は有名なベンチャー企業の紹介だけでなく、就活生が内定を勝ち取るために必要なスキル、事前にしておいた方が良い対策等についても解説していきます。

有名なベンチャー企業に入社して大きなプロジェクトを任されたい!という強い志をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

そもそも有名なベンチャー企業とは?

まずは、有名なベンチャー企業の定義について整理しておきましょう。

今回紹介する有名企業は、以下のようなベンチャー企業を指すことにします。

若くて新しい事業を展開する企業

まずは、若くて新しい事業を展開する企業のことを指します。

ベンチャー企業というのはもともと、冒険するといった意味合いが含まれており、設立からまもない先進的なビジネスモデルを持った企業のことを言うのです。

やはり先進的なビジネスモデルをもつ企業は、比較的革新的な事業を行う傾向があります。

なので、そういった革新的な事業が社会的に認められると一気に拡大するのです。

ITベンチャーが多い

有名なベンチャー企業にはITベンチャーが多いです。

ITとは情報技術のことで、インターネットを通じた先進的な事業が多い傾向があります。

現代はインターネットを活用したビジネス領域が、世界的にも非常に注目されています。

「モノ」「ヒト」「サービス」がインターネットに繋がっている状況が当たり前になりつつあるからですね。

今後もITを活用したビジネスがさらに拡大し、革新的なビジネスモデルをもつベンチャー企業が注目される時代はしばらく続くでしょう。

入社難易度が高い

早期の対策が必要

有名なベンチャー企業は入社難易度が非常に高いです。

というのもIT企業は人的コストの削減に非常に注力しており、そもそも一定以上のスキルがある人材を中途で採用する傾向が強いからです。

例えばアメリカ的な人材の適材配置的仕組みをとっていることが多く、日本の企業に根付いている終身雇用や新卒一括採用といった文化をあまり引き継がないケースが多いです。

逆にいうとインターンの実施等早期からの採用活動が活発でもあるので、そういった早期の波にのることが内定には必要でしょう。

有名なベンチャー企業8社

ここからは有名なベンチャー企業を厳選して紹介していきます。

今回紹介するベンチャー企業は、どこも比較的少人数で新しい事業を開拓していく点が共通しているところです。

どの企業も、就活生にとって憧れの対象として見られることの多い有名な企業で、多くの大学生が日常的に当たり前のように活用しているアプリ等を開発していますよ。

有名なベンチャー企業①メルカリ

https://www.mercari.com/jp/

メルカリは「捨てる」という考え方を無くし、個人間でのモノの商取引プラットフォームを作り出した日系企業です。

もともとフリマという文化はありましたが、インターネットを活用して個人間で簡単に商取引が行えるのは革新的ですよね。

毎日数十万点ほどのモノが出品されているといわれており、多くのユーザーに活用されている有名なベンチャー企業です。

有名なベンチャー企業②ライブドア

http://www.livedoor.com/

ライブドアは現在、株式会社LDHという商号で精算株式会社となっております。

かつては株式会社ライブドアという商号で堀江貴文さんが社長を勤めており、金融、メディア、ネットワーク事業等を行なっていました。

現在はNHN Japanという韓国のインターネットサービス企業に買収され、ライブドアブログとして残り続けています。

1990年代にインターネットが普及し始めた頃、当時の堀江貴文さんが時代の流れを先取りして新規の事業を開発していったことから、有名なベンチャー企業として紹介します。

有名なベンチャー企業③LINE

https://line.me/ja/

LINEは現在日本人のほとんどが使用しているコミュニケーションツールであり、知らない人はほとんどいないでしょう。

もともとFacebookなどのSNSが普及していましたが、やり取りがオープンすぎる点から敬遠している層が一定数いました。

しかしLINEはクローズドなやり取りをメールアドレス等使用せずに簡単に行えるといった点で、リリースから19ヶ月で1億人のユーザーを獲得したと言われています。

現在の当たり前を作っている点からも、革新的なベンチャービジネスとして取り上げました。

有名なベンチャー企業④ヤフー

https://www.yahoo.co.jp/

ヤフーは生活面において必要なサービスを、インターネットを通じて網羅的に支えている有名なベンチャー企業です。

有名な検索エンジンとしてのサービスだけでなく、「ヤフオク」や「Yahoo!知恵袋」といったサービスが非常に人気です。

元々Yahoo!はアメリカで設立された会社で、日本に進出してから「ヤフー株式会社」と名付けられました。

検索エンジンという協力なプラットフォームを活用して、主に企業の広告収入によって稼いでいます。

有名なベンチャー企業⑤コロプラ

https://colopl.co.jp/index.php


 

コロプラはオンラインゲームの開発、運営を行なっているベンチャー企業です。

コロプラの開発現場は殆どがクリエイターで構成されており、”好き”をモチベーションにしたゲーム開発をコンスタントに行えているといった点が注目するポイントです。

また、コロプラが着手する事業には基本的に企画書が存在せず、スピーディな進行が先進的です。

有名なベンチャー企業⑥レバレジーズ

https://leverages.jp/


 

レバレジーズは特定の事業領域に固執するのではなく、あくまで世の中に対する問題解決を企業理念としているベンチャー企業です。

「顧客の創造を通じて、関係者全員の幸福を追求し、各個人の成長を促す(引用:https://leverages.jp/business)」という企業理念を掲げ、IT事業や社会貢献事業、若手のキャリア形成事業など幅広く行なっています。

今世の中に求められているニーズを即座に察知し、そのニーズに対して柔軟なビジネスモデルをもとにした事業展開が、他の企業に比べても圧倒的な速度で行われています。

有名なベンチャー企業⑦グリー

http://gree.jp/

グリーは「インターネットを通じて世の中をより良くする」というミッションの元、ゲームやエンタメ、メディア事業を展開しています。

インターネットを活用した幅広い事業領域は、多くの人の生活を豊かにするビジネスモデルの元展開されています。

今ではスマホゲームが当たり前の世の中になりましたが、現代ように手軽にゲームができるようなインフラを作り上げたのがグリーと考えると、革新的でしょう。

有名なベンチャー企業⑧サイバーエージェント

サイバーエージェントも有名なベンチャー企業として注目されています。

有名なアメーバブログやアメーバピグなどのメディア事業の他にも、インターネットインフラを活用した動画配信サービスなどを通じて、世の中に革新的なサービスを提供しているベンチャー企業です。

このように、人を巻き込みながら多角的でかつ斬新なビジネスモデルを次々に打ち出す姿は、多くの若手ビジネスパーソンから注目されています。

有名なベンチャー企業に求められる人材

ここまで有名なベンチャー企業を紹介していきましたが、ここからは実際に勤める際に求められる人材像について解説していきます。

就活の際は求められる人材像をあらかじめ把握した上で、それに適したアピールをしていくことが求められてきますので、是非、参考にしてみてください。

主体性がある

主体性はベンチャー企業で勤める上で最も重視されます。

というのも、自分の頭で物事を考え、自分の足や手をつかって仕事をして行かないと、独創的な新規事業をうちたてることが難しいからです。

例えば、先輩や上司から言われたことをそのまま実行するのではなく、言われたことに対して自分自身がするべきことを判断し、付加価値をつけた上で仕事に臨む姿勢が求められます。

こうした一人一人の創意工夫によって新規の革新的なビジネスが打ち立てられて行くのです。

成長意欲が強い

どんなに革新的なビジネスモデルをうちたてることができる人材だとしても、成長意欲がないと事業を伸ばし続けることが難しいです。

やはり一つの事業に固執してしまうのではなく、改善を重ねてさらに高い収益を求めることのできるようなスタミナを求められます。

なので、学ぶことや挑戦することに対して好意的に受け止めることができ、成長することにやりがいを感じることができるような人材が適しているでしょう。

クリエイティブな発想力

新規の事業を打ち立てる上で、クリエイティブな発想力は必要不可欠です。

クリエイティブな発想力とは、0から1を生み出す力であり、既存の固定概念にとらわれていてはなかなか身に着けることができません。

なので、世の中を俯瞰的に見つめることができてかつ、その瞬間の社会的ニーズを察知しながら行動できるような人材が求められてきます。

有名なベンチャー企業の特徴

有名なベンチャー企業には共通する特徴があります。

やはり革新的かつ新しいビジネスを打ち出すためには、企業の社風や社内システムも先進的でなければなりません。

社内の制度面や活動領域から有名なベンチャー企業の特徴をまとめたので、是非参考にしてみてください。

裁量がある

若手社員に仕事をしていくうえでの裁量があるケースが多いです。

どんなに優秀な企業でも、新しい価値観や風を吹かせていかないと、従来の企業モデルに依存してしまいがちになってしまうものです。

なので定期的に、若手の斬新な発想力やフレッシュな行動を企業に取り入れていかないと、企業の新陳代謝が悪くなってしまうんですね。

若手社員に対して裁量を与えることで、能動的に仕事をして行くためのモチベーションを与えるといった目的もあります。

早期に昇格できる

ベンチャー企業は勤続年数や忠誠心より、社員の仕事面における能力をみて昇格を判断する傾向が強いです。

なので、早期の段階から昇格を見込むことができるでしょう。

早期に昇格させることで、能力値の高い社員の裁量をさらに高めることができるというわけです。

また現在は転職が当たり前の時代になっており、複数の企業間で勤めることによって身に付く複合的なスキルが革新的なビジネスモデルを生み出すとも言われています。

なので、ある程度流動的な職務経験がある人材の方が、昇格スピードも早くなっていると言えるでしょう。

インターンシップが活発

有名なベンチャー企業の中には、インターンシップが活発な企業もあります。

一般企業に比べて、企業で実際に働くという経験を通じてビジネスの価値を伝えて行きたいという精神が強いからでしょう。

中でもメルカリのインターンシップは学生から非常に人気なインターン内容となっています。

https://mercan.mercari.com/articles/13497/

メルカリのシステムやプロダクトを開発〜運営していくという実務経験を通じて、仕事をしていくなかでの難しさや、やりがいを実際に体感することができるといった点が魅力です。

参加者からは「声をあげた施策がすぐに実行されメルカリのスピード感を肌で感じることができた」といった声があり、非常に先進的な社風が垣間見得ます。

有名なベンチャー企業はインターンシップ等が充実している傾向も強いので、是非、早めにチェックしてみると良いでしょう。

まとめ:有名なベンチャー企業は早期の対策が必要!

有名なベンチャー企業は革新的なビジネスモデルを打ち出すことで世の中に新しい風を吹かせています。

どの企業も、今では当たり前となっているようなプラットフォームを作り出している点が魅力でしょう。

また今回紹介したような有名なベンチャー企業に入社するためには、早期の対策をしておかなければ難しいです。

なので、インターン情報などを早い段階から仕入れておき、面接やES等の対策も早期からしておくことが必要ですよ。

ベンチャー企業は学生のナニを重要視してる?
専属のエージェントが就活を徹底サポート​!​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ